ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金融商品取引法」最新記事一覧

来月の映画公開前に:
「海賊とよばれた男」も嘆く? 昭和シェル合併話「破談」観測浮上
出光興産と昭和シェル石油の合併話が、出光創業家の強硬な反対で膠着状態となっている。先月、両社の社長が記者会見を開き創業家側に協議再開を求めたが、現在に至るまで面会すらかなっていない状況だ。(2016/11/15)

阪急阪神統合10年:
「阪急」「阪神」両ブランド共存、鉄道事業の統合効果は?
阪急ホールディングスと阪神電気鉄道が統合して10年。2つのブランドを維持し続ける以上、非効率は避けられない。主力となる鉄道事業の統合効果は限定的ではあるものの、現場では効率化に向けた変化も生まれつつある。(2016/9/30)

「3分の1ルール」に抵触:
創業家側のまさかの秘策――昭和シェル石油と出光興産の合併の行方は?
石油元売り2位の出光興産と5位の昭和シェル石油の合併計画をめぐる経営側と創業家の対立が第2ラウンドに突入した。(2016/8/19)

東芝不正会計、歴代3社長の訴追で異例の応酬 監視委「明らかな粉飾」 検察「訴追困難」
東芝の不正会計問題で、歴代3社長の刑事訴追の要否をめぐり、証券取引等監視委員会と検察当局が異例の応酬を続けている。「明らかな粉飾」とみて刑事告発を目指す監視委に対し、検察は「証拠上、疑問点が多い」と否定的だ。(2016/7/19)

LINE上場は「最悪のタイミング」? 予想以上に強かった“韓国色”
LINEの上場が決まった。ほとんどの株式を保有しているのは韓国の企業と個人と判明。上場は「最悪のタイミング」との声もある。(2016/7/11)

LINEは予想以上に韓国色が強かった…上場資料から浮かび上がった驚きの実態
無料通話アプリを展開するLINEが15日、東京証券取引所に上場する。同社の決算をみると、79億円の連結最終赤字で、韓国系役員の報酬が52億円超であることも明らかに。(2016/7/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「本音で生きる」とはどういうことか
なぜ本音を言えないのか、なぜ本音で生きられないのかのほうが分からない。(2016/7/7)

1リットルの水ようかんも:
「業務スーパー」インサイダー取引疑惑どこ吹く風 異端すぎる経営で絶好調
業務用食品などを扱う「業務スーパー」を展開する東証1部上場の「神戸物産」の業績が絶好調だ。インサイダー取引疑惑のイメージダウンもどこ吹く風、消費低迷の厳しい中でも成長し続けられる秘訣は、異端すぎる経営スタイルにあった。(2016/7/4)

今さら聞けない「FinTech」の基礎知識:
第3回:日本におけるFinTech
国内外で大きな注目を集めているFinTech。日本ではどんなサービスが登場しているのか、なぜ主役がベンチャーなのかを考える。(2016/2/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
あなたが何もできないのは「時間がない」からではない
「もっと時間があったらできるのに」……。さまざまな事業に取り組んでいる堀江貴文氏は、そんな言葉に疑問を感じると話す。本音で生きるために必要なこととは?(2016/2/4)

パイオニア社員がインサイダー取引 下方修正と提携事前に知り株式売買
パイオニア社員が下方修正と提携を事前に知って株式を売買したとして、証券取引等監視委員会が金融庁に対し課徴金納付命令を出すよう勧告。(2015/9/8)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
情報漏えい事件から考えるビッグデータとサイバーセキュリティ
「サイバーセキュリティ基本法」が全面施行され、個人情報保護法の改正に向けた作業も進んでいるが、海外ではサイバー攻撃に起因する情報漏えいが続発している。ビッグデータのメリットを維持するためには、どのような対策が必要なのだろうか。直近の事件から考察する。(2015/2/16)

新法令・通達解説:
不当な表示に課徴金を――不当表示防止法改正
不当表示を行った事業者に対して課徴金を課せられるようにする「不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律」が平成26年(2014年)11月に成立した。その詳細と、あわせてその他の新法令を、26年(2014年)12月4日までに公布されたものから紹介する。(2015/1/14)

注目したい法改正の動向:
労働時間法制の見直しで「年休消化」を企業の義務に
労働時間法制の見直しは厚生労働省にとって長年のテーマ。労働時間法制の今後の検討について、「フレックスタイム制」「ホワイトカラー・エグゼンプション」などの4つを重点検討項目として提示しています。(2014/12/18)

寄付から融資へ クラウドファンディングが資産運用を変える?
最近話題の「クラウドファンディング」について、その種類と活用法、問題点、今後の展望を語る書籍を紹介。(2014/11/4)

新法令・通達解説:
国税庁、マイナンバー制度の番号指定や通知についての詳細を公表
国民一人一人に割り当てられる「社会保障・税番号制度」、通称マイナンバー制度。個人だけでなく、法人版も平成28年(2016年)1月に始まる。指定した法人番号や行うべき手続きなどについて紹介する。(2014/10/31)

ものになるモノ、ならないモノ(56):
アイデアを世に問う試金石? クラウドファンディングの可能性
読者の中には、自分の中に秘めたアイデアをクラウドファンディングを利用して形にしてみたいと考えている人も少なからずいるだろう。日本のクラウドファンディング事情を複数の事業者に尋ねてみた。(2014/8/7)

インデックス落合会長・社長夫妻逮捕 粉飾決算の疑い
経営破たんしたインデックスの粉飾決算疑惑をめぐり、落合会長・社長夫妻が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。(2014/5/28)

法制度・規制:
市民参加型の発電事業に警鐘、ファンドの運営会社に行政処分も
長野県の飯田市を中心に市民参加型の太陽光発電事業などを展開している「おひさまエネルギーファンド」に対して、証券取引等監視委員会はファンドの資金管理に不適切な点があることなどを明らかにした。監督官庁の金融庁は5月中に行政処分を決定する見通しだ。(2014/5/20)

インデックスが破産手続きへ
民事再生手続き中だったインデックスが破産手続きに入る。(2014/5/7)

杉山淳一の時事日想:
横浜発〜秩父行き「メトロレッドアロー号」は実現するか
鉄道ビジネスにおいて、いまもっともホットな話題が「西武HDの再上場」。4月23日と予想される西武HDの株式公開は、あしかけ10年の西武鉄道再建の総仕上げとなる。その景気付けだろうか、西武鉄道の看板列車「レッドアロー号」の横浜方面乗り入れ案が浮上した。(2014/4/11)

入門クラウドファンディング:
世界でも日本でも拡大するクラウドファンディング市場
クラウドファンディングの概念はたいへん広く、なかなか正確な市場規模を把握することが難しい面があります。しかし、11年ごろを境に、日本をはじめ韓国、香港、シンガポールなど、アジア諸国でもクラウドファンディング・プラットフォームが続々と登場しています。(2014/4/11)

ゼロになることを怖れるな ホリエモン話題の新刊の“原点”を発見
ライブドアの社長として成功を収め、そこから一転し逮捕、懲役2年6カ月の実刑判決を受けた堀江貴文氏。氏の最新作である『ゼロ』の原点とも言える著作を紹介。(2013/11/28)

ゼロからはじめる株式投資入門:
株式相場のいろいろな決まり
今回は、株式投資の基礎の基礎として、株式相場のいろいろな決まりを紹介します。(2013/11/8)

NISA口座で非課税投資:
PR:2014年から始まるNISAってナニ? SBI証券で、メリットを聞いてきました
2014年から「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」がスタートします。一度はこの言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、一体どんなものなのでしょうか? FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、SBI証券にお邪魔して「NISA」について詳しく聞いてきました。(2013/9/17)

ソニー社員がインサイダー取引、ソネット完全子会社化めぐり 監視委が課徴金勧告
ソニーによるソネット完全子会社化のためのTOBを事前に知りながらソニー社員が株式を購入したとして、証券取引等監視委が課徴金勧告。(2013/8/30)

オリンパス、罰金7億円判決を受け入れ 控訴せず
オリンパスは、金融商品取引法違反などの罪で罰金7億円を命じた東京地裁判決を受け入れ、控訴しない方針を明らかにした。(2013/7/8)

オリンパス菊川元会長らに有罪判決 粉飾決算事件で東京地裁
オリンパスの粉飾決算事件で金融商品取引法違反などに問われた同社元会長の菊川剛被告に対し、東京地裁が懲役3年・執行猶予5年の有罪判決。(2013/7/3)

インデックスが民事再生申し立て 負債約245億円
アトラスブランドのゲーム事業などを展開するインデックスが民事再生申し立て。スポンサーのもと事業譲渡で再建を目指すという。(2013/6/27)

インデックスに粉飾決算の疑い 監視委が強制調査
アトラスブランドのゲーム事業を抱えるインデックスに粉飾決算の疑いで証券取引等監視委が強制調査。(2013/6/12)

NEWS
IFRS任意適用拡大を目指す経団連、事例集を公表
経団連の検討会が、IFRS適用に向けた課題や解決策を整理した文書を公表した。任意適用拡大を目指す経団連の姿勢が垣間見える。(2013/6/10)

「医薬品ネット販売解禁」「ビッグデータ促進」――規制改革会議の答申公表
政府の規制改革会議の答申には、医薬品のネット販売解禁や、クラウドファンディングの枠組みの整備、ビッグデータ推進のための個人情報保護のあり方の検討などが盛り込まれている。(2013/6/6)

イー・アクセス社員逮捕 ソフトバンク買収めぐりインサイダー取引容疑
ソフトバンクによる買収に絡み自社株のインサイダー取引をした疑いでイー・アクセス社員が逮捕された。(2013/4/11)

「ネットを使ったニュース批評を事業化したい」 仮釈放の堀江貴文氏、次の事業の展望は
「ITの仕事はもう、おなかいっぱいと思っていたが……」――仮釈放された堀江貴文氏がIT事業に再び意欲。「ネットを使ったニュース批評を事業化したい」という。(2013/3/27)

ホリエモン、仮釈放に「万感の思い」 宇宙開発にニュース批評……今後の活動を語る
仮釈放されて初めて食べたモノはマックのてりたまセットだそうです。(2013/3/27)

ホリエモンの仮釈放記者会見、ニコ生でライブ配信 午後7時から
niconicoのアカウントがなくても視聴できる。(2013/3/27)

「保護観察なう」――堀江貴文氏、仮釈放 ニコ生に登場
元ライブドア社長の堀江貴文氏が仮釈放され、Twitterを更新。ニコ生に元気な姿を見せた。(2013/3/27)

ホリエモンが仮釈放 「保護観察なう」とツイート
ホリエモンこと堀江貴文氏が自身のTwitterで仮釈放を報告した。(2013/3/27)

【IFRS】企業会計審議会総会で審議
IFRS適用のロードマップが示される可能性は? 経団連が求める
金融庁の企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議が3月26日に開催された。IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を取り巻く世界情勢の確認に加えて、日本経済団体連合会(経団連)が日本企業の任意適用の状況などを説明した。(2013/3/27)

ビジネスニュース 企業動向:
「明確なリーダーシップが必要」、産業革新機構がルネサスの新経営体制に言及
産業革新機構と顧客企業8社から、総額1500億円の出資を受けるルネサス エレクトロニクス。産業革新機構社長の能見公一氏は、出資完了後のルネサスの経営体制について、「成長戦略を進めるには明確なリーダーシップが必要になる」とコメント。M&Aなど大規模投資のために、500億円の追加投資も検討しているという。(2012/12/11)

金融庁がパブリックコメント実施
会計不正に対応する「不正リスク対応基準」公表、2014年3月期から適用へ
不正リスク対応基準案は監査人の「職業的懐疑心の強調」「不正リスクに対応した監査の実施」「不正リスクに対応した監査事務所の品質管理」の3つで構成する。(2012/12/11)

Teradata PARTNERS 2012 Report:
業務の類似性に着目、マーケティングと金商法対応をTeradataで強化する三菱東京UFJ銀行
「Teradata PARTNERS 2012」で現地時間の10月23日朝、三菱東京UFJ銀行が事例セッションを行い、Teradataで営業支援策の立案だけでなく、金融商品取引法対応の監視にも活用している事例を紹介した。(2012/10/24)

【IFRS】経理業務とExcelの深い関係【第3回】
Excelと内部統制、IFRS対応のホント
経理現場でのExcelファイルの利用で問題になるスプレッドシート統制。どのようなことに気を付ければいいのか。またExcelを使ったIFRS対応とは? 現場で気になるExcelのホントを解説する。(2012/10/11)

金融庁 企業会計審議会 監査部会が開催
「期待ギャップ」をどう解消――会計不正で監査基準見直しへ
1年程度議論して基準や監査手続きに反映。早ければ2014年3月期から適用する方針だ。(2012/5/30)

【IFRS】原則主義における訴訟問題を指摘する意見も
IFRS強制適用の是非、範囲が焦点に――金融庁企業会計審議会
経団連によるIFRSについてのアンケート結果が紹介。IFRS適用については「連結財務諸表に絞るべき」との回答が多かった。(2012/2/29)

オリンパス菊川前会長ら逮捕 有価証券報告書の虚偽記載容疑で
オリンパスの損失隠し事件で、東京地検特捜部が前会長の菊川剛容疑者ら旧経営陣を逮捕。(2012/2/16)

知っておきたいニュースな言葉:
オリンパス株って、上場維持できるの? 廃止になるの?
オリンパスが長年に渡って“損失隠し”をしていたことが明らかになりました。その後、同社の株価はストップ安が続いたり、ストップ高が続いたりしています。どうしてこのような現象が起きるのでしょうか。その秘密を解説します。(2011/11/18)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
オリンパス事件をブロック図で解説すると?
ここ最近世間を賑わせているオリンパスの不正会計事件。損失隠しをしたわけですが、その兆候はBS(貸借対照表)の中の怪しい動きにありました。今回はこの不正会計をレゴブロック的に考察してみたいと思います。(2011/11/16)

【IFRS】官民一体の「国際会計戦略会議」(仮称)設置も提言
IFRS強制適用は国際的事業を行う上場企業のみに、関経連
IFRSを将来に強制適応する場合は「国際的な事業活動や資金調達などを行う上場企業のみに限定する」ことを求める提言。(2011/11/14)

オリンパス、監理銘柄に指定 第2四半期決算提出できず
オリンパスを東証が監理銘柄(確認中)に指定。過去の不適切な処理が発覚し、第2四半期報告書を期限までに提出できない見通しになったため。(2011/11/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。