ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「罰金」最新記事一覧

EU、Appleに130億ユーロ(約1.5兆円)の追徴金命令──Appleは「根拠なし」と反論
欧州委員会は、アイルランドによるAppleの税優遇は違法であるとして、最高130億ユーロ(約1.5兆円)の追徴課税を命じた。Appleおよびアイルランド政府は控訴するとしており、ティム・クックCEOは「この決定は覆されると確信する」と語った。(2016/8/31)

2018年施行、EUの個人情報規則【前編】
違反したら巨額の罰金、EUの「一般データ保護規則」(GDPR)とは
欧州連合(EU)が2018年の施行を目指す「一般データ保護規則(GDPR)」のプライバシー規制により、多くの企業が新たな規則や課題に直面することになる。前編ではGDPRの基本を解説する。(2016/8/17)

独禁法違反で:
韓国公取委、Qualcommに9億ドルの罰金勧告か
韓国の公正取引委員会が、Qualcommに対し、独占禁止法に抵触している疑いがあるとして、最大で1兆ウォン(約8億7500万米ドル)の罰金を勧告しているという。(2016/7/22)

Pokemon GOユーザーをポケモンで釣る窃盗団現る
日本より先に「Pokemon GO」が公開された米国で、人気のないポケストップにユーザーを誘い込む窃盗団が現れた。未成年を含む4人の若者は既に逮捕され、10万ドルの罰金を科せられた。(2016/7/11)

注意すべきは欧州進出企業だけではない:
PR:違反すると“最高で全世界年間売上高の4%に及ぶ制裁金”も EU個人情報規則のインパクト
違反すると“会社の利益が吹き飛ぶほどの罰金”――。2018年5月、企業に大打撃をもたらしかねない規制が欧州で施行されるのをご存じだろうか。対象は欧州進出企業だけではなく、注意が必要だ。(2016/6/22)

香港へのPHS持ち込み禁止 所有や利用で罰金または2年間の禁固刑も
5月10日から。旅行者も注意。(2016/4/24)

Android端末をロックし、「罰金」支払いを要求する不正ソフトが国内で確認される
既に被害の報告も。(2016/3/16)

エコカー技術:
フォルクスワーゲンの排気ガス不正、車両と違法ソフトの両方で罰金を要求
米国司法省は、Volkswagen(フォルクスワーゲン)グループのディーゼルエンジン車が排気ガス内のNOx排出量について不正を行っていた問題について民事訴訟を起こした。訴状では、ディーゼルエンジン車そのものに加えて、不正を行うのに用いた違法ソフトウェアにも罰金を科するよう求めている。(2016/1/6)

米運輸省、ドローンの登録受付開始へ 違反すると罰金も
12月21日からオンラインで登録。(2015/12/15)

ドローンの違法飛行で約2億円の罰金 アメリカ連邦航空局が言い渡す
65回の違法飛行を行ったとして米国の企業に罰金を科しました。(2015/10/11)

田代まさしさん「盗撮」報道についてブログで否定 「私は盗撮行為をしていませんし、しようともしていません」
ただし罰金30万円の略式命令を受け入れたのは事実とのこと。(2015/9/19)

「マスコットがペニスをくわえているようだ」 米マーチングバンドの演技に指摘、謝罪と罰金支払いへ
見える……かなあ?(2015/9/9)

パイオニア社員がインサイダー取引 下方修正と提携事前に知り株式売買
パイオニア社員が下方修正と提携を事前に知って株式を売買したとして、証券取引等監視委員会が金融庁に対し課徴金納付命令を出すよう勧告。(2015/9/8)

Facebookで50万人に大量メッセージ送付の“スパムキング”に懲役3年の実刑判決
Facebookで約50万人に合計2700万件以上のメッセージを送りつけ、2011年に起訴されていたサンフォード・ワランス被告(47)に懲役3年および罰金25万ドルの実刑判決が言い渡された。(2015/8/26)

「単純所持は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」改正児童ポルノ法、7月15日から罰則適用開始
性的好奇心目的で児童ポルノを所持している場合、確実に処分しておきましょう。(2015/7/14)

まもなく児童ポルノ所持の罰則適用 警視庁が破棄を呼びかける
改正児童ポルノ禁止法が施行されて1年。1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。(2015/7/8)

ビジネスニュース 企業動向:
中国がQualcommに独禁法違反判決、特許使用料はどうなる?
中国がQualcommに対し、独占禁止法に違反したとして罰金の支払いを命じた。同時に、Qualcommの特許使用料率も引き下げている。(2015/2/16)

新法令・通達解説:
不当な表示に課徴金を――不当表示防止法改正
不当表示を行った事業者に対して課徴金を課せられるようにする「不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律」が平成26年(2014年)11月に成立した。その詳細と、あわせてその他の新法令を、26年(2014年)12月4日までに公布されたものから紹介する。(2015/1/14)

リベンジポルノ規制法案 衆議院で可決、成立の見通し SNSなどで拡散した場合も罪に
最大で5年以下の懲役または50万円以下の罰金に。(2014/11/18)

米マリオットホテルが会議室利用者の持ち込みWi-Fiを妨害、FCCから60万ドルの罰金
ホテルの高額なWi-Fiサービスを使わせるために、カンファレンスルーム利用者が持ち込んだWi-Fiネットワークを無効化していた。(2014/10/7)

製造マネジメントニュース:
外国企業を狙い撃つ米国当局、製造業への高額課徴金の可能性も――PwC
PwCは「日本企業の海外での訴訟・コンプライアンスリスクへの備えと電子証拠開示への対応」をテーマに、米国の事例を中心に米国当局の規制強化の動きや、その対策について紹介した。(2014/7/30)

「にこ☆さうんど」の運営者に懲役3年(執行猶予4年)罰金500万円の有罪判決
ニコニコ動画から音を抽出するWebサービスを運営していた男性に対して有罪判決が言い渡された。(2014/7/16)

美少女ゲームのキャライラストを加工し無断でポスター販売 男に罰金刑
PCゲームの女性キャラクターの下半身部分をPCで加工した上で無断販売していた男が摘発され、罰金刑を受けた。(2014/6/30)

児童ポルノの「単純所持」禁止 改正法が成立
児童ポルノの単純所持に1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。(2014/6/18)

ビジネスニュース 企業動向:
欧州裁判所、14億米ドルの制裁金を不服とするIntelの訴えを棄却
独占禁止法に違反したとして、2009年に欧州委員会から14億3000万米ドルの制裁金を科せられたIntel。これを不服として控訴していたが、欧州裁判所は同社の訴えを退けた。(2014/6/17)

Microsoft決算、ハードウェアや企業向けクラウドが好調で予想を上回る
Microsoftの1〜3月期の決算は、無償アップグレードやEUの制裁金支払いの影響で売上高はほぼ横ばい、純利益は6.5%減だったが、アナリスト予測は上回った。(2014/4/25)

Google、仏政府命令でトップページにプライバシー法違反の告示掲載
Googleが仏政府命令に従い、同国のトップページにプライバシー法違反で15万ユーロの罰金を科せられたという告知を掲載した。(2014/2/10)

Appleに台湾当局が約7000万円の罰金──iPhoneの販売価格干渉で
Appleが台湾でiPhoneを販売する3大通信業者に対して価格の調整を求めたことは公正取引法に違反するとして、台湾公平交易委員会が2000万台湾ドルの罰金を科した。(2013/12/26)

ソニー社員がインサイダー取引、ソネット完全子会社化めぐり 監視委が課徴金勧告
ソニーによるソネット完全子会社化のためのTOBを事前に知りながらソニー社員が株式を購入したとして、証券取引等監視委が課徴金勧告。(2013/8/30)

身代金を要求するランサムウェア、米国土安全保障省をかたり感染拡大
感染すると、コンピュータが使用できなくなったと通告するメッセージが表示され、解除するためと称して「罰金」の支払いを要求される。(2013/8/2)

オリンパス、罰金7億円判決を受け入れ 控訴せず
オリンパスは、金融商品取引法違反などの罪で罰金7億円を命じた東京地裁判決を受け入れ、控訴しない方針を明らかにした。(2013/7/8)

知財ニュース:
米国不正競争防止法で輸入禁止措置も――サプライヤの無許諾知財使用をチェックしていますか?
米国の各州が不正競争防止法による無許諾知財への規制を強めており、違法ソフトなど無許諾知財を利用して製造した企業に対し、罰金や輸入差し止めなどのリスクが強まっている。国際法律事務所のホワイト&ケース法律事務所はセミナーを開催し「製造業はサプライヤも含めた管理を徹底すべきだ」と警鐘を鳴らした。(2013/5/24)

EU、Microsoftに5億6100万ユーロの制裁金──独禁法対策不履行で
欧州委員会が、Microsoftが2009年に約束した独禁法違反対策を一時期履行していなかったとして、約684億円の制裁金を科すと発表した。(2013/3/7)

ソニーに25万ポンドの罰金、プレステネットワークの個人情報流出で――英当局
もしソフトウェアが最新版に更新されていれば、攻撃は防げたと英当局は指摘している。(2013/1/25)

EU、Samsungに「Apple提訴は独禁法違反」の異議表明書を送付
Samsungには欧州委員会と話し合う機会が与えられるが、独禁法違反が認められた場合、Samsungには年間売上高の10%までの罰金が科されることになる。(2012/12/25)

FBIをかたるランサムウェア、PCを人質に「罰金」要求
米サイバー司令部やFBIの名をかたり、PCを人質にして金銭を脅し取ろうとするランサムウェアが出回っているという。(2012/8/30)

G-Force Sydney 2012 report:
ニュージーランド法務省はいかに罰金回収率を上げたか
これまで年間の罰金総額6億2700万ドルのうち2億2000万ドルしか回収できていなかったニュージーランド法務省は業務改革に乗り出した。(2012/8/24)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題でFTCに2250万ドル支払い
2月に発覚したGoogleによるSafariユーザーの無断Web履歴追跡問題で、米連邦取引委員会が過去最高額の制裁金を科した。(2012/8/10)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題で2250万ドルの制裁金――Wall Street Journal報道
Googleが広告cookieを利用してAppleのWebブラウザSafariのWeb履歴を追跡していたとされる問題で、Googleが米連邦取引委員会(FTC)と和解し、2250万ドルの制裁金を支払うとWall Street Journalが報じた。(2012/7/11)

ビジネスニュース 企業動向:
Intelが欧州裁判所に控訴、13億ドルの制裁金支払いに異議を表明
独占禁止法に違反したとして2009年に制裁金の支払いを命じられたIntelは、この判決に不服を申し立て、欧州連合司法裁判所に控訴した。(2012/7/5)

Microsoftの独禁法違反の罰金をめぐる裁判、欧州委員会が勝訴
2008年に独禁法違反で欧州委員会がMicrosoftに科した罰金をめぐる裁判で、欧州裁判所はMicrosoftが8億6000万ユーロを支払うという判決を下した。(2012/6/28)

エディオンに排除措置命令、課徴金40億円
家電量販のエディオンが、取引上優位な立場を利用して納入業者から従業員を店舗に派遣させていたとして、公取委が排除措置命令を出し、課徴金40億円の納付を命じた。(2012/2/16)

Google、司法省に5億ドルの罰金支払い 違法オンライン広告で
5億ドルは罰金額として米史上で最大規模。司法省はGoogleが2003年〜2009年に海外薬局の広告を違法に掲載することで不当な利益を得ていたとして調査していた。(2011/8/25)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【9】
7月:課徴金事例集を読む/記事ランキング
証券取引等監視委員会が公表した「金融商品取引法における課徴金事例集」には8件の開示書類の虚偽記載事例が掲載されています。どのような手口で虚偽記載を実行したのか。手口を知ることは予防や防止にもつながります。(2010/8/4)

2020年に90年比25%の削減:
PR:IT機器の電源管理で達成する電力コストとCO2の削減
東京都の改正環境確保条例や民主党新政権の方針から、企業などに温室効果ガスの削減が求められている。違反企業の公表や罰金が科せられる可能性もあり、要求を達成するには、消費電力の多くを占めるIT機器の省エネが近道だ。身近なところから、今すぐできるCO2削減や電力コスト削減を実現する方法を考えてみよう。(2009/12/15)

Winny開発者、逆転無罪 二審・大阪高裁
「Winny」を開発・公開して著作権法違反の幇助罪に問われた開発者の控訴審判決で、大阪高裁は罰金刑とした一審判決を破棄、無罪を言い渡した。(2009/10/8)

Oracleに1万ドルの罰金 IBMとの比較広告めぐり
Oracleが「IBM製品よりもSun+Oracleの方が高速」と主張する広告をめぐり、ベンチマーク策定団体から処分を受けた。(2009/10/2)

エプソン子会社、液晶価格カルテルで司法省に罰金2600万ドル支払い
携帯用液晶の価格カルテルを指摘され、エプソン子会社が米司法省に罰金2600万ドルを支払うことで合意。(2009/8/27)

日々是遊戯:
DSゲームはダウンロードする時代? DS用ソフト違法配信の男性に懲役2年6カ月の実刑判決
ニンテンドーDS用ソフトをネットで複製・販売し、昨年逮捕されていた大阪府の男性に、懲役2年6カ月、および罰金200万円と追徴金約710万円の支払いが命じられたそうです。(2009/8/3)

韓国公取委、QUALCOMMに独禁法違反の制裁金
韓国公取委は、QUALCOMMが顧客に割引やリベートを提供したことが独禁法に違反すると判断した。(2009/7/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。