ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘッドハンティング」最新記事一覧

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第3回:「意識を変えざるを得ない状態」を作ることで意識変革を促しTransformationを実践する
企業のTransformationを実現するのは、実際にはその企業の人材である。従来通りの思考、働き方をしていてはTransformationは成し得ない。企業で働いている個々人にも、変革が求められているのだ。コニカミノルタは、この難題にどのように取り組んだのであろうか?その実践の考察を通じて、社員の意識変革の手法に関して考えてみたい。(2016/7/13)

日本型セキュリティの現実と理想:
第25回 中小企業が取り組める現実的なセキュリティ対策とは?
中小企業だからサイバー攻撃に遭わないということはなく、攻撃者にとって脆弱な中小企業が情報をダダ漏れの状況のままにしてくれるのは、むしろ都合がよい。今回は、経営資源の限られた中小企業のセキュリティの実態と対策にどう取り組むべきかについて考察する。(2016/6/23)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(最終回):
メイドたちよ、“意識高い系”を現実世界に引き戻してやれ!
「ご主人様とメイド」の例えで産業用ネットワーク「EtherCAT」の世界を紹介してきた本連載も、いよいよ最終回です。今回も、前回に引き続いて、EtherCATを開発したベッコフとEtherCAT Technology Groupの方々へのインタビューの模様をご紹介しつつ、「EtherCAT」への熱い想いで締めくくります。(2016/5/31)

中国AIチームがAlphaGoに挑戦? 
世界最強の囲碁ソフト、GoogleのAlphaGoに対抗するため、中国の科学者がチームを組んだ。(2016/4/6)

2人のアサコ:
ホンダ・日産の「2人のアサコ」が国内新車販売でガチンコ対決へ
自動車業界で「2人のアサコ」が話題になっている。ホンダの生え抜きとして初の女性執行役員に就任した鈴木麻子氏(52)と、日産自動車専務執行役員の星野朝子氏(55)。くしくも同名の女性2人が国内販売を担当することになった。(2016/4/6)

藤田ニコル、黒髪リクスーで「SHIBUYA109」に就職宣言!? ネタかと思いきや……?
はいはいエイプリル……って本当に辞令式やっとるんかーい!(2016/4/1)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

なぜ1時間以内に届く? 「Amazon Prime Now」の仕組みを妄想してみた
注文した荷物が1時間で届くAmazonの配達サービス「Prime Now」の仕組みを妄想してみた。(2015/12/23)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special 2016:
PR:きのこる先生×辞め美女 もう「クラリスエンジニア」なんて言わせない。しあわせな転職をしたいエンジニア必読の書
ヘッドハンターからの電話に浮かれる梧籐剛が可愛過ぎる後輩 小布施椎子に連れて行かれた先で待っていたのは、エンジニアのキャリアに詳しい、あの人だった!(2015/12/22)

旧Freescale本社に潜入:
新生NXP、誕生の瞬間に密着
年間売上高が100億米ドルを超える巨大企業、新生NXPが誕生して1週間がたった。筆者は、合併完了日に、元Freescale Semiconductorの本社があった米国テキサス州オースチンに飛び、初日の様子を見て回った。(2015/12/14)

新連載・金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
転職に成功する人、失敗する人――どこに“違い”があるのか
景気の影響を受けて、転職の求人数は右肩上がり。「自分もそろそろ……」と思っている人もいるだろうが、“転職で成功する人、失敗する人”にはどのような“違い”があるのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/23)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第42回 ウェアラブル
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第42回はウェアラブル機器について解説する。(2015/10/21)

銀座で学んだこと:
出世族に共通する“転職”の決め手とは
出世族に共通する“転職”の決め手は一体何なのか。年収などの待遇と思う人もいらっしゃると思いますが、意外にもそうでないことが見えてきました。(2015/10/19)

競合からエンジニアを引き抜きつつ:
Google、プロジェクト「Aura」を始動
スマートグラス「Google Glass」の販売を中止したGoogleは、それに代わる新たな開発プロジェクト「Project Aura, Glass and Beyond」を始動させた。プロジェクト開始にあたっては、競合のAmazonからエンジニアを引き抜いたとされる。(2015/9/28)

Apple、電気自動車“Apple Car”を2019年発売か?
Appleは自動車産業参入プロジェクト「Project Titan」を格上げし、2019年発売に向けて開発を加速させているようだ。WSJが伝えている。(2015/9/24)

外資系エグゼクティブの働き方:
ムチャクチャだけど筋が通っている“グローバルモンスター上司”とは
世界中どの会社でも「結果を出す人」にはどんな共通点があるのでしょうか。今回は「“正しい”ワンマンスタイルで人を動かす」について、エピソードを交えて紹介します。(2015/7/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
今の会社に残るか? 移るか? 独立か?――70歳まで働く「社会人人生50年時代」到来のいま、30代以降の転職を成功させる方法
ステージをクリアしなければさらなる成長は見込めない。中途半端に課題から逃げる転職を繰り返しても仕事の壁はなくならない。会社に残るか、転職かそのポイントは。(2015/5/28)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の転職、「経験を生かせる求人の少なさ」「給与・待遇のミスマッチ」で苦労
エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上で転職コンサルタント112名を対象にした調査を実施。「年収1000万円以上の転職の実態」に関するレポートを発表した。(2015/4/24)

海外Webサービスのトリセツ(26):
LinkedInの情報をインポートして、見栄えの良いレジュメを作ろう〜Kinzaa(キンザー)の使い方:登録編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ。今月はレジュメ作成サービス「Kinzaa(キンザー)」を紹介します。(2015/4/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーは「孤独」を楽しめ――死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる
リーダーは決して群れてはいけないのだ。厳しいビジネスの世界で生きているかりぎ孤独になることを恐れず、チームを統率しなければならない。(2015/2/5)

「反対の声が多いときほどチャンスはある」“革命児”のビジネス思考術とは?
「Loppi」開発にたずさわり、チケット販売に革命をもたらした小林俊雄さんインタビュー(2014/12/25)

「寝ている人がいないカンファレンス」、第2回CODE BLUE開催へ:
日の当たる場所で、セキュリティの話をしよう
2014年12月18日、19日の2日間に渡って、日本発の国際セキュリティカンファレンス「CODE BLUE」が開催される。事務局の篠田佳奈氏に、開催に向けた思いを聞いた。(2014/12/16)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(8):
あなたの価値を一番知っているのは、あなたではない
餅は餅屋、宝石は宝石屋。客観的に価値を判断できるプロに任せる方がうまくいくことが多いのだ。(2014/10/27)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
増える“ガテン系女子”、頼られる女性のチカラ
東京オリンピック開催にともない、今後、日本の建設業界は間違いなく賑わうだろう。そして、その労働力として期待されているのがこの業界で働く女性――、言うなれば“ガテン系女子”であることは、まださほど知られていない。(2014/10/7)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
その思い込みが転職の失敗を招く
新天地を求めて転職したものの、入社してから「こんなはずではなかった」と頭を抱える人も多い。そのような失敗を招く5つの思い込みとそれを避ける方法を紹介する。(2014/9/24)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(7):
人材市場の新たな潮流とは?
欧米と日本の人材紹介には決定的な違いがある。違いの分かるビジネスパーソンになって、人材紹介の新たな潮流をキャリア設計に生かそうではないか。(2014/9/9)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
それ聞いてどうするの? 面接珍質問の真相とは
採用面接で「自分を食べ物で例えるとしたら何?」「コンビニを出すとしたらどこに出す?」などの“珍質問”を出されることがある。一見、採用には関係がないようにも見えるが、これらの質問が意味することは何だろうか。(2014/7/30)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(6):
CTOになるのは、どの業界出身者か?
一般企業がCTOやCIOを外部から採用する事例が増えているらしい。これらの要職に就くのは、どのような経験をつんだ人だろうか?(2014/7/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
マー君やダルビッシュが活躍する裏で、期待される活躍ができずに米国で迷走する二人の現役日本人プレーヤーがいる。アスレチックスの中島内野手、カブスの藤川投手。この二人の現状を知り、改めて私たちビジネスパーソンに通じる教訓としよう。(2014/5/29)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(5):
へッドハンターが推察する、エンジニアの未来が明るい理由
今、そして将来にわたって求められ続けるエンジニアになるために、必要な要素は何だろうか。ヘッドハンター歴20年の丸山氏が伝授する「未来が明るいエンジニアの条件」とは。(2014/5/26)

Biz.ID Weekly Top10:
こんなの初めて! もっふもふに毛の生えたタッチペンの書き心地とは?
書きやすいタッチペンを探し続けて幾年月。6月18日、三菱鉛筆から毛の生えたものが発売されるとのことで、一足早くその使い心地を試してみました。(2014/5/24)

まねして身につけたい――ヘッドハンティングされる人材に学ぶ“酒席の振る舞い”
“素の自分が出てしまうお酒の場“で好印象を持ってもらうにはどうしたらいいのか。ヘッドハンティングされる有能な人の振る舞いに、そのヒントがあった。(2014/5/19)

新連載・サカタカツミの新しい会社のオキテ:
企業が「メタボ」になるのは誰のせい?
先週まで「就活・転職のフシギ発見!」と題して連載をしてきましたが、今週からは新しい連載がスタートします。今回のテーマは「企業がメタボリックシンドロームに陥ってしまった理由とは?」です。(2014/4/7)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
ヘッドハンティングにおける、ターゲットを特定する2つのパターン
ある日突然、ヘッドハンターからあなたに連絡が入れば「誰から自分のことを聞いたのか?」と思うだろう。今回は、ターゲットを特定する2つのパターンと、候補者のピックアップについて紹介する。(2014/4/3)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
“なでしこヘッドハンティング”で企業が伸びる?
サッカーの「なでしこジャパン」などの呼び方が経済界にも派生し始めました。日本企業での女性の登用は、一見進んでいるようですが、管理職以上の女性の割合は非常に低いという現状は否めません。(2014/3/20)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(4):
お抱えヘッドハンターを活用して、キャリアの可能性を広げる
ヘッドハンターとの付き合いは、1回の転職コッキリではありません。付き合いが長くなれば、信頼できる相談者になったり、キャリアの提案者になったりもするのです。(2014/3/18)

転職成功事例:
外資系化学業界のマーケティングからの転職
47歳の東山さん、決して「希望に沿える求人が豊富」という状況ではありませんでしたが、人材紹介会社からの提案に対して柔軟に耳を傾け、あきらめずに活動を続けることで同業界への転職に成功しました。(2014/3/17)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
転職ビギナーが陥る“100点転職”とは?
日本人は、一度入社すると長く働く傾向がある。だから、人生初の転職を試みる「転職ビギナー」は、新境地への期待値が高い。とりわけ、20〜30代のビギナーが陥りやすいのが、完璧を求め過ぎる“100点転職”である。(2014/2/28)

企業家に聞く【吉越浩一郎氏】:
社長を目指せばうまくいく――元トリンプ社長が説く「社畜」からの逆転術とは?
女性下着メーカーのトリンプ・インターナショナルの元社長・吉越浩一郎氏は、全員が社長を狙えと説く。その中には合理的な自己実現のための技術と社会へのメッセージが含まれている。(2014/2/28)

転職4回を経てやりたい仕事をする男の“正しい会社の辞め方”
株式会社ピース・トゥ・ピース代表取締役の大澤亮さんが、転職を繰り返した理由とは。やりたい仕事をするための“正しい会社の辞め方”を彼の著書『「世界をよくする仕事」で稼ぐ』から紹介します。(2014/2/25)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(3):
お抱えヘッドハンターのススメ
プロフェッショナルな仕事人は、お抱えヘッドハンターを持っている! ヘッドハンター歴20年のトップハンターが指南する、ヘッドハンターとの効果的な付き合い方とは。(2014/2/3)

リニューアル、なう:
@IT自分戦略研究所、リニューアルしました
見た目はすっきり爽やかに、内容はねっとり濃厚になりました。(2014/2/1)

選ばれ続けるリーダーの条件:
安易な転職はしない
ビジネスパーソンにとって、初めて入った会社は仕事をイチから教えてくれた恩人です。その会社を辞めるのは、裏切りに他なりません。人間関係もそれまでと一緒というわけにはいきません。転職は、それほど大きな喪失を決意してまで実現したいことがあるときに限るべきなのです。(2014/1/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
自分自身のキャリアを客観的に把握――キャリアを生かして問題にチャレンジ
いま市場で必要とされているのはどのような人材なのか。技術だけでなく、管理能力や人柄などを総合的に判断されるという。あなたは求められる人材だろうか。(2013/12/25)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(2):
背景から読み解く、あなたがハンティングされた理由
「お時間のあるときにランチでもいかがですか」―― ヘッドハンターから声が掛かるのは、どういうときなのだろうか。ヘッドハンター歴20年のトップハンターが、ハンティングパターンとその背景を詳しく解説する(2013/12/19)

ビジネス英語の歩き方:
海外人事の英語が分かればグローバル化は怖くない
外資系企業の人事は「冷酷だ」と言われることが多い。ですが、採用面を見てみると非常に合理的なシステムが構築されていることが分かります。(2013/12/4)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
語学は不要? 海外求人の最前線
「英語はできます。でも海外生活の経験はありません」という人材を、海外赴任の要員として中途採用する日系企業が増えている。それどころか、外資系企業では海外経験も語学力も問わないというところもある。海外求人の現場で何が起こっているのだろうか?(2013/12/3)

エージェント徹底活用法(2):
転職エージェントのビジネスを理解する
転職エージェントはどこでも同じ、そう思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。規模の大小やプロセスの進め方、得意な業界や職種など、それぞれに異なる特徴があるのです(2013/11/29)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(1):
ヘッドハンターの目に留まるエンジニアとは?
年収1500万のエンジニアと800万円もかなわぬエンジニア。技術レベルが等しい2人の差はどこにあったのか―― ヘッドハンター歴20年のトップハンターが指南する、ヘッドハンティングされる人材とは?(2013/11/21)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
30〜40代に「転職モテ期」がやってきた、その理由は?
ある日、「●●会社の社長が、プロジェクトの責任者としてあなたを指名しています」と、電話がかかって来る。ヘッドハンターからの突然の電話に驚くのは当然だが、実は、最近30〜40代のビジネスパーソンの間で増えているのだ。(2013/11/12)

PR:転職エージェントのワークポート IT・Web・ゲーム業界の転職はワークポート
PR:リクルートのヘッドハンティング 転職はリクルートエグゼクティブエージェント



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。