ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「InDesign」最新記事一覧

製造業ドキュメンテーションの課題(1):
自動車メーカーも取り組み始めた取扱説明書Web化の意味
製造業における、設計書や取扱説明書といった「ドキュメント」の作成は、多くの企業で属人的手工業の状態のままである。本連載では、さまざまな識者が「製造業ドキュメンテーションの課題」を明らかにするとともに、その解決を模索していく。第1回は、「取扱説明書」「サービスマニュアル」に代表される「マニュアル」を取り上げる。(2016/5/9)

Adobe XD開発担当者に聞く:
アドビがInVisionを買収せずに、競合となるUXプロトタイピングツールを作った狙いとは
UXプロトタイピングでは、既に複数のツールが市場に存在し、現場で利用しているユーザーも多い。そうした中、Adobe XDを提供する目的は何か。また、正式リリースに向けて、どのような機能強化が予定されているのか。(2016/4/28)

Animate CCに名称変更:
「コードが書けなくてもレスポンシブデザインは作れる」――アドビ、Muse CCなどWeb関連ツール3製品をメジャーアップデート
アドビシステムズは、「Animate CC(旧Flash Professional)」「Muse CC」「Bridge CC」の計3製品をメジャーアップデート。新機能などを追加する。(2016/2/8)

今年の魔法は?:
林信行が振り返るAdobe MAX――11月までに現実になる「Adobe MAGIC」5選
Adobe製品の新機能を披露する恒例の祭典「Adobe MAX」。現地取材を行った林信行が注目する2015年の「アドビ・マジック」を振り返る。(2015/10/16)

Adobe、iOS向け無料「Photoshop Fix」他、多数の新製品を発表
Adobeが「MAX 2015」を開催し、モバイル向け新アプリ「Photoshop Fix」や3Dモデリングツール「Adobe Fuse」など、多数の新製品や既存製品のアップデート、Typekitへのモリサワフォントの追加などを発表した。(2015/10/6)

教育分野に特化したACCESSの新ブランド「Lentrance」、教材のデジタル化に自信
実績を積み重ねてきた電子出版プラットフォーム「PUBLUS」から独立させ、教育分野に特化したACCESSの新ブランド「Lentrance」。ACCESSで教育事業を統括する石橋穂隆氏の話を交えながらこのソリューションの特徴をみていこう。(2015/9/18)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(3):
iPadとタッチ操作でデザインカンプが作れるプロトタイピングツールCompを使ってみた
Adobe Creative CloudとスマートデバイスでWebデザインのワークスタイルはどう変わるのかを検証する連載。今回は、プロトタイピングアプリ「Comp」を使って簡単なWebデザインカンプを作成し、Photoshopで仕上げるというワークフローを紹介しよう。(2015/8/10)

ターゲットはマーケター:
コーディングなしで電子媒体を制作・配信、「Adobe Digital Publishing Solution」を発表
米Adobe Systemsは2015年7月30日、電子媒体制作ソリューション「Adobe Digital Publishing Solution」の提供開始を発表した。(2015/7/31)

お得なCSユーザー向け乗り換えキャンペーンも:
「Adobe Creative Cloud」が2015年版にメジャーアップデート、使い勝手が向上する新機能とは?
アドビは、サブスクリプション型クリエイティブツールの「Adobe Creative Cloud」をメジャーアップデートする。Illustratorには、ついにユーザー待望の自動保存機能が実装された。(2015/6/16)

1点1180円から利用可能:
アドビ、4000万点以上のロイヤリティフリー画像素材を販売する「Adobe Stock」開始
アドビは、Creative Cloudとシームレスに連携する有償ストックフォトサービス「Adobe Stock」を開始した。(2015/6/16)

マガジンハウスの『Casa BRUTUS』、Newsstand版が登場
アドビの「Adobe Digital Publishing Suite」を採用している。(2015/4/17)

安全第一な大容量外付けSSD:
こんなに軽くてこんなにかっこいい外付けSSDは見たことない──サムスン電子「Portable SSD T1」の使い勝手を試す
重さわずか30グラムとカードのような大容量外付けSSDが登場。ちょっとコツがいる初期設定から気になるパフォーマンスまで検証した。(2015/2/25)

見せてもらおうか、最新SSDの性能とやらを:
「Crucial MX200/Crucial BX100」の実力を徹底検証
MicronのCrucialブランドから、最新のコンシューマーSSD「Crucial MX200」および「Crucial BX100」が登場した。早速性能をチェックしてみた。(2015/2/17)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(1):
デザインネタをWebで探す人が知っておきたい、日ごろのネタ収集と活用を効率化する4つのアプリ
Creative Cloudのスマホ向けアプリAdobe Shape/Brush/Colorを使って、それぞれ形状、ブラシ、色の組み合わせをデザインの素材として日ごろから収集しておくと、アイデアを形にしてWebデザインなどに生かすのが効率的になる。その実例を紹介しながら、日ごろのデザインネタ収集の方法がどのように変わるのかを紹介しよう。(2015/1/19)

先代の840 EVOとじっくり比較:
「Samsung SSD 850 EVO」徹底検証――“3D V-NAND”搭載で5年保証の主力モデルは買いか?
2014夏に個人向けハイエンドSSDで初めて採用した3次元NANDフラッシュメモリが、早くも普及価格帯の主力モデルに入ってきた。先代モデルと比較しながら、その実力に迫る。(2014/12/16)

クリエイティブアプリ開発入門(1):
iOSアプリにフォトショの機能などを組み込めるCreative SDKの基礎知識とインストール
Photoshopのような写真編集や動画編集、ユーザー管理、描画用デバイス連携などの機能をアプリに追加できるSDKについて概要とインストール方法を解説する。(2014/11/28)

アドビ、「DPS Export for PowerPoint」を発表――パワポデータからデジタルカタログを簡単作成
PowerPointで作成したプレゼン資料などをインタラクティブ要素もそのままにDPSに変換可能に。(2014/10/2)

アドビ、Creative Cloud Marketでロイヤリティーフリーな素材集を用意
Creative Cloudの有償サービスユーザーなら月500個まで無料でダウンロードできる。(2014/7/11)

Adobe「Creative Cloud」に素材マーケット 無料で月500個までダウンロード可能
Adobeの「Creative Cloud」会員向けに、各ソフトで使える素材をダウンロードできる「Creative Cloud Market」が開設された。(2014/7/7)

SATA 6Gbps SSDの限界へ:
「Samsung SSD 850 PRO」徹底検証――“3D V-NAND”で10年保証を実現した先進SSDの実力は?
コンシューマー向けSSDに初めて3次元NANDフラッシュメモリを採り入れた「Samsung SSD 850 PRO」が登場。先代モデルと同条件でテストし、その実力を明らかにする。(2014/7/4)

至高のITマリアージュ:
デュアルディスプレイ×Synergy――“Win&MacもOK”でオレの仕事場が快適すぎる!!
メインマシンとサブマシン、MacとWindowsなど、ひとりで複数のPCを使う人は今やめずらしくない。これを最大限効率的に利用する方法とは(溝口裕作)(2014/6/26)

Adobe「Creative Cloud」の法人導入は「非常に順調」 ログイン障害は「再発防止を徹底」
Adobeがクリエイティブ製品群を定額制サービス「Creative Cloud」に移行すると発表してから1年1カ月。法人向けサービスの担当者は「非常に順調なペースで導入企業が増えている」と話す。(2014/6/20)

“読み捨てされる作家”が個人で電子雑誌を創刊したら何が起こったか 漫画家・青木光恵に聞く
自らを「読み捨てされる作家」と称する漫画家・青木光恵さん。夫の小形克宏さんと二人三脚で個人電子雑誌『スマホで光恵ちゃん』を創刊して約半年。その取り組みの経緯と成果を聞いた。(2014/4/23)

価格破壊、再び:
「4Kディスプレイはコモディティ化する」――デル、7万円切り“4K”液晶「P2815Q」発表会
これまで大画面・高解像度ディスプレイの低価格化を推し進めてきたデルが、早くも“4K”モデルに本腰を入れてきた。同社はなぜ他社に先駆けて4Kディスプレイをアグレッシブに展開するのか。(2014/3/4)

Adobe Photoshop CCに3Dプリントの新機能、30日間の無料トライアルも
Photoshop CCがメジャーアップデート。3Dプリンタやオンライン3Dプリントサービス向けにデータを出力できる。既存ユーザーも無償トライアルを利用できる。(2014/1/17)

Adobe、Adobe DPSの.folioフォーマットを年明けに無償ライセンス化
電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」のデータフォーマットを無償ライセンス化、2014年第1四半期に無償で公開予定。(2013/12/12)

NUCやUltrabookをもっと速く:
アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。(2013/12/12)

Adobeソフトの使用バージョンアンケート結果――その傾向は?
吉田印刷所は、Adobeソフトユーザーを対象とした「DTP・デザインで使用するソフトのバージョン」のアンケートを実施。Adobe CS5ユーザーが多い中、CS6/CCバージョンも着実に増加している。(2013/10/11)

小学館、電子雑誌制作にAdobe Digital Publishing Suiteを採用
大手出版社の一角である小学館が電子版の配信を開始するファッション誌9誌の制作に「Adobe Digital Publishing Suite」を採用した。(2013/9/20)

Adobe、Bluetooth内蔵スタイラス「Mighty」とデジタル定規「Napoleon」を来年リリース
Adobe Systemsは、タブレット向けBluetooth内蔵感圧式スタイラス「Mighty」とデジタル定規「Napoleon」を来年前半に発売する。(2013/9/18)

リコー、デジタルカタログ制作にAdobeのDPS採用
リコーがデジタルカタログ制作にAdobeのDigital Publishing Suiteを採用。デジタルリッチなソリューションの採用により紙カタログの経費削減と営業ツールとしてのカタログに強力な付加価値を持たせた。(2013/9/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/7)

もはや普及モデルのSSDではない:
「Samsung SSD 840 EVO」徹底検証――“TurboWrite”で下克上の性能を発揮か?
価格性能比に定評がある2.5インチSSD「Samsung SSD 840」がモデルチェンジ。課題だった書き込み速度を独自のバッファ技術で克服し、上位機「840 PRO」に肉薄する性能を得た。その実力をさまざまなテストで明らかにしていく。(2013/7/26)

東京国際ブックフェアリポート:
ブックフェア/電子出版EXPOでにぎやかだったブースたち
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。ボイジャーや楽天Koboのブースを紹介する。(2013/7/5)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(5):
アドビの本気度が詰まったAdobe Maxまとめ
アドビはAdobe MAX 2013でクリエイティブ/開発アプリケーションをまとめてCreative Cloudのサブスクリプション制に移行した。(2013/5/17)

Adobe、クリエイティブ製品群の定額制「Creative Cloud」への移行を発表
Creative Suiteはバージョン6で終了になり、Creative製品は今後、サブスクリプションモデルの「Creative Cloud」としてのみ提供する。(2013/5/7)

Adobe Digital Publishing Forum 2013:
進化した教科書――HTML5で表現された豊富な映像資料が学びを深める
「Adobe Digital Publishing Forum 2013」で紹介された東京書籍の電子教科書アプリは豊富な映像資料とアプリ独自の機能が盛り込まれた、まさに新時代の教科書だった。(2013/4/24)

日本発世界、簡単で分かりやすいファイル共有サービスを――ねこじゃらし「CoreDrive」
個人や企業のビジネス利用を想定したサービス「CoreDrive」が提供開始。DropBoxのように「箱」ではなく、「コルクボードに貼る」イメージでファイル共有できるサービスだ。(2013/3/14)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
複数ページのPDFを見やすくするには
ページ数が多いPDFを配布する場合、各章や項目ごとにしおりを付けておけば、目的の個所にすぐにジャンプできて便利だ。Adobe Acrobatがあれば任意の場所にしおりを簡単に付与できる。(2013/2/25)

PhotoshopなどのCS2製品が無料? アクティベーションサーバの停止でAdobeが公開
AdobeがPhotoshopなどの旧バージョン「CS2」をシリアル付きで公開しており、事実上無料で利用できる状態になっている。(2013/1/8)

「アプリケーションをつくる英語」著者インタビュー:
ボーンデジタルから紙出版、その知られざる紆余曲折
紙の商業出版物では一度刊行が見送られ、その後達人出版会から電子書籍として発売されるやいなや、エンジニアを中心に大きな話題を読んだ「アプリケーションをつくる英語」。その反響を受けてインプレスジャパンから出版された同書から分かる出版業界の周辺事情を聞いた。(2012/10/22)

PR:QuickJapan、ついに電子化――太田出版の「根源的・挑発的」な出版魂
“今”という瞬間に関わり続け、多くのファンを持つ太田出版の『QuickJapan』が電子化された。「太田出版にとって本当に大事な雑誌」と話す同社代表取締役社長の岡聡氏に電子化の経緯、そして同社の考える出版について聞いた。(2012/10/1)

アドビ、Adobe Creative Cloud会員向けにiPad向け電子雑誌制作アプリを追加
Adobe Creative CloudにAdobe Digital Publishing Suite Single Editionが追加された。(2012/9/19)

アドビ、Creative Cloudにモバイル向け電子コンテンツの作成・提供機能を追加
アドビシ ステムズは、クラウドサービスにデジタルコンテンツをノンコーディングでiPad向けに提供できる機能を追加した。(2012/9/18)

NHN Service Technology、書籍の電子化ソリューション「MEDIA STORY」を提供開始
雑誌、本、カタログ、パンフレットなどを直感的な操作で電子化するソリューション「MEDIA STORY」が登場。オーサリングツール「SMART PUBLISHING SOLUTION」を活用し、iOS/Android双方での電子書籍アプリを制作できる。(2012/9/4)

書籍デザイナー必読:
CSS3を使い、XHTMLコンテンツをEPUB電子書籍・CMYKなPDFに一括変換する手順
CSS3を使ったプロの書籍デザイナー向けワークフローが海外で紹介されている。XML/XHTMLコンテンツをEPUBおよび紙印刷用CMYK PDFの両方に変換するポイントなどがまとめられている。(2012/6/13)

Adobe、最新版Digital Publishing Suiteの機能を発表
ニューヨークで開催した電子出版サミットで、Adobeは「Digital Publishing Suite」の最新機能を紹介した。(2012/5/18)

蜷川実花×きゃりーぱみゅぱみゅ、新感覚の電子書籍制作に意欲
写真家で映画監督の蜷川実花さんとモデルやアーティストとして活動するきゃりーぱみゅぱみゅさんが東京体験型アプリケーションの制作を手掛ける。(2012/4/24)

Creative Cloudの予約もスタート:
アドビ、「Creative Suite 6」日本語版を発表
アドビシステムズは「CS6」の日本語版を発表した。ユーザーの意見を参考にした新機能を多数追加し、HTML5/CSS3など新規格への対応も強化した。また、CS6のすべてのアプリケーションが利用できるクラウドサービス「Creative Cloud」の予約受付も開始する。(2012/4/23)

安藤幸央のランダウン(61):
こんなに充実!Webで学べるIT系学習講座20選まとめ
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2012/3/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。