ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「株」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:特集:今日から投資してみませんか?
質問!株式全般→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で株式全般関連の質問をチェック

50%弱保有:
米マクドナルド、日本法人株は売却せず
米マクドナルド(McDonald)は、同社が保有する日本マクドナルドの株式売却は行わないと表明した。(2017/4/26)

太陽光:
きっかけは焼き鳥屋、Looopがネット広告企業と手を組む
Looopは2017年3月にアイモバイル、GOLDEN ASIA FUND IIから、第三者割当による新株式発行で計4億1860万円を調達した。アイモバイルとは資本業務提携を行い、電力小売事業を拡大するアプリの開発、開発したアプリにおける広告配信サービスの提供を進めるという。(2017/4/18)

508億8700万ドル:
米テスラ、株価最高値更新 時価総額はGM抜き業界首位
米株式市場で電気自動車メーカーのテスラ(Tesla)が過去最高値を更新。時価総額は508億8700万ドルとなり、GMを抜いて米自動車業界の首位に立った。(2017/4/11)

東証1部売買代金は2兆円割れ:
日経平均は続伸、円安受け買い戻し 地政学リスクが上値圧迫
4月10日の東京株式市場で日経平均は続伸。(2017/4/10)

セブン&アイが反発:
日経平均は反発、米シリア攻撃で一時マイナス圏も後場はしっかり
4月7日の東京株式市場で日経平均が反発。(2017/4/7)

エヴァン・ウィリアムズ氏、保有するTwitter株式の3割売却へ
Twitterの共同創業者で取締役、同社最大の個人株主でもあるエヴァン・ウィリアムズ氏が、保有株の一部を売却すると発表した。注力事業への投資やチャリティのためであり、Twitterの将来については楽観しているという。(2017/4/7)

期限は11日:
東芝、上場維持に3つのハードル 廃止の危機感広がる
経営再建中の東芝の株式が上場廃止になることへの警戒感が、市場関係者の間で広がっている。上場廃止ともなれば、影響は東芝の株主に限らず幅広く及ぶとの不安が出ている。(2017/4/7)

「相場はかなり割高」:
日経平均は大幅反落、終値で4カ月ぶりの安値水準
4月6日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅反落。(2017/4/6)

上場すれば世界最大:
サウジ国営石油、東京証券取引所への誘致なるか
日本取引所グループが、2018年と見込まれているサウジアラビアの国営石油企業「サウジアラムコ」の新規株式公開で東証への上場誘致に取り組んでいる。一部では、時価総額は2兆ドル(約220兆円)超との観測も。(2017/4/6)

北朝鮮ミサイルの反応限定的:
日経平均は反発、米株高が支援
4月5日の東京株式市場で日経平均は反発。(2017/4/5)

3営業日連続で1万9000円下回る:
日経平均は反落、円高進行で先物主導の売り
4月4日の株式市場で、日経平均は反落。(2017/4/4)

不思議な国、ニッポン:
海外勢の日本株売り加速 「安倍退陣リスク」警戒も
海外勢の日本株売りが加速している。安倍首相の退陣を「スーパーテールリスク」として織り込み始めたとの指摘も出ている。(2017/3/31)

東芝は続伸:
日経平均は3日ぶり反落、買い材料乏しく先物売りで軟化
3月30日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりの反落。(2017/3/30)

配当落ち分埋める:
日経平均は続伸、米株高と円高一服が追い風
3月29日の日経平均は続伸。市場推計の3月期末の配当落ち分約134円を埋める動きに。(2017/3/29)

負のマインドは出てきている:
日経平均は大幅反発、円高一服で買い戻し 200円超上昇
3月28日の東京株式市場で日経平均は大幅反発し、1万9000円台を1日で回復。(2017/3/28)

オバマケア代替案撤回を嫌気:
日経は大幅反落、終値1万9000円割れ
トランプ大統領がオバマケア代替案を撤回したことが嫌気され、3月27日の日経平均株価は2月9日以来、1カ月半ぶりに1万9000円を下回った。(2017/3/27)

円高一服で押し目買い:
日経平均は続伸、円高一服で押し目買い
3月24日の東京株式市場で日経平均は続伸。(2017/3/24)

円高一服を背景に買い戻し:
日経平均4日ぶり反発、内需株堅調 日銀のETF買い観測も支え
3月23日の日経平均は、4日ぶり反発。円高で安値水準で推移したものの、買い戻しや堅調な内需株、日銀のETF買いも下支えに。(2017/3/23)

「純投資」:
任天堂の大株主に米BlackRock 5.17%取得
米資産運用大手BlackRockが任天堂発行株の5.17%を取得。(2017/3/23)

財務立て直し急ぐ:
東芝、東芝機械の株式売却 153億円で
東芝が、東芝機械の株式を約153億円で売却。株式は、東芝機械が自己株式として買い受けた。(2017/3/3)

大阪の「ラジオ会館」……電子会館の株式、パナソニックなど電機業界が売却 運営から撤退
1953年に創業したテナントビル「電子会館」(大阪市)の運営から筆頭株主のパナソニックが1日、撤退した。(2017/3/2)

「金額」最優先に……東芝、半導体売却条件を変更 再入札スタートも絞られる候補
経営再建中の東芝が半導体事業の株式売却の条件を変更し、再入札の手続きを始めた。新たな条件は1兆円以上の資金調達ができる「金額」がまず優先された。(2017/2/28)

ソフトバンク、SprintのT-Mobileへの売却検討中?──Reuters報道
ソフトバンクが、かつて断念したSprintとT-Mobileの合併を再検討しているとReutersが報じた。ただし、T-Mobileを買収するのではなく、Sprint株のほとんどを売却し、支配権を放棄したがっているという。(2017/2/18)

三菱商事、ローソンへのTOB終了 コンビニ子会社化の狙いは?
三菱商事は10日、ローソンの株式公開買い付けが9日に終了し、ローソンを子会社化したと発表した。(2017/2/13)

地球温暖化が影響? 生ガキ食中毒と新発見の細菌株との関連は?
米国の大西洋岸で増えている食中毒。腸炎ビブリオ食中毒の研究から浮かび上がった原因は?(2017/2/10)

Twitter、赤字が大幅拡大、MAUは伸び悩みの3億1900万人
Twitterの10〜12月期決算は、売上高は予想を下回る7億1700万ドル、非GAAPベースの1株当たり純利益は予想を上回った。ジャック・ドーシーCEOは2016年は困難な変革の年だったとし、これからも「どこよりも速く世界の出来事を知るツール」としてのTwitterを成長させていくと語った。(2017/2/9)

「MINE BY 3M」を傘下に:
グリー、動画マーケティングの3ミニッツを子会社化
グリーは動画マーケティングなどを手掛ける3ミニッツの株式を取得し、子会社化すると発表した。(2017/2/3)

Snap(旧Snapchat)、IPOで30億ドル調達へ
米国の若者に人気のソーシャルサービス「Snapchat」を手掛けるSnapの株式公開に関する文書が公開された。議決権のない株式で30億ドルの調達を目指す。上場先はニューヨーク証券取引所で、ティッカーシンボルは「SNAP」だ。(2017/2/3)

株価=ファンの想い! AKB48メンバーの株を仮想通貨で売買するアプリ「AiKaBu」が登場
各アイドルに株価が付けられ、プレイヤーは株主となってメンバーの株を売買!(2017/1/21)

API公開からAI活用まで:
ビッグデータで株式投資はどう変わる? カブドットコムの先進事例
社長が自らデータに触れて、データの分析や活用を進めるカブドットコム証券。同社代表執行役社長の齋藤正勝氏が日本データマネジメント・コンソーシアムが主催するユーザー会で、データ活用の取り組みについて講演を行った。(2017/1/20)

任天堂「Switch」への期待、Twitterを席巻 一方株価は……
「Nintendo Switch」のプレゼン開始直後からTwitterの「トレンド」が関連ワードで染まるなどネットユーザーの期待は高まった一方、任天堂の株価は下がった。(2017/1/13)

CES 2017:
オンキヨーとパイオニアが“片手持ちサイズ”のハイレゾDAPを開発中、音を聴き比べてみた
オンキヨー&パイオニアイノベーションズがCESで披露した注目株はスマホだけではない。片手で持ちやすいコンパクトサイズのハイレゾDAPが、オンキヨーとパイオニアの両ブランドから発表された。(2017/1/13)

米Yahoo!が社名変更 「Altaba」に(Verizonへの主要事業売却後)
米Yahoo!は主要事業をVerizonに売却後、ヤフー日本法人と中国Alibabaの株を保有するAltabaという名の投資企業になる。Verizon入りする見込みの現CEO、マリッサ・メイヤー氏はYahoo!(Altaba)の取締役を退任する。(2017/1/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
2017年、日本の株式市場はこう動く
2017年における日本の株式市場はどう推移するのだろうか。期待と不安が入り交じる難しい市場環境ではあるが、これまでのトランプ氏の主張から、ある程度までなら市場の動きを予測することはできる。(2017/1/4)

「CES 2017」の注目株を探る:
これまでの伝統破り、自動車が主役に
2017年1月5〜8日に米国のネバダ州ラスベガスで「CES 2017」が開催される。今回の注目株の筆頭は、AI(人工知能)、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)、自動車とされていて、ここ数年間のCESで盛り上がっていたIoT(モノのインターネット)のブームは少し落ち着くようだ。(2016/12/26)

「CES 2017」の注目株を探る:
“IoT熱”は一段落? 本命はAIか
「CES 2017」の開催まで約2週間となった。世界最大規模のコンシューマー・エレクトロニクスの展示会における、2017年の注目株は何だろうか。(2016/12/21)

長期保有優遇は256社:
企業「株主優待」への関心が高まっている
企業が株主に自社商品や優待券などを贈る「株主優待」への関心が高まっている。最近は自社の株式を長期で保有している株主を優遇するタイプの株主優待も増えており、制度の幅が広がっている。(2016/12/6)

約3カ月半ぶりの円安ドル高水準:
次期大統領の「保護主義」でどうなるニッポン
8日の米大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏が掲げるのは、自国産業への過激な「保護主義」だ。金融市場では、トランプ氏の政策手腕への期待から円安株高が進むなど予想外の事態も起き始めており、先行きを断言するのは難しい状況だ。(2016/11/14)

Twitterに試練 身売り話は「死んだ」 実は良くないブランドイメージ
Twitterが立ち往生している。身売りを検討したが、有望な買い手はすべて撤退。株を買い占めて事業を整理した後に高値で転売する「乗っ取り屋」に助けてもらうしかない、とも指摘されている。(2016/11/14)

メルシャンがフランス老舗ワイナリーに出資する理由
国内ワインメーカーのメルシャンがフランスの老舗ワイナリー、ドメーヌ・カズに出資し、約10%の株主となった。両社は10年前から販売パートナーとして協業してきたが、なぜメルシャンは出資に踏み切ったのだろうか……?(2016/11/8)

Alphabet(Googleの持ち株会社)、モバイル検索とYouTubeが好調で2桁台の増収増益
Googleを傘下に持つAlphabetの7〜9月期の決算は、アナリストの予想を上回る増収増益だった。モバイル検索と動画(YouTube)が好調だった。(2016/10/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州が株式上場まで赤字路線を維持した理由
10月25日、JR九州は東証1部上場を果たした。同日前後、報道各社がJR北海道の路線廃止検討を報じている。このように対照的で皮肉な現実について、多くのメディアがさまざまな観点から論考するだろう。しかし過去を掘り返しても仕方ない。悔恨よりも未来だ。(2016/10/28)

Intel、セキュリティ部門をスピンアウト 社名はまた「McAfee」に
Intelが2011年に買収したMcAfee(現在は「Intel Security」)の株式の過半を投資会社に売却し、独立したセキュリティ企業「McAfee」としてスピンアウトする。(2016/9/8)

任天堂、マリナーズ株を660億円で売却 映像事業への参入資金に使用か
任天堂がシアトルマリナーズ運営会社の株式の一部を売却することが正式決定。売却による収入の一部は、映像事業などに使う可能性がある。(2016/8/23)

Apple出資の中国滴滴出行、UberChinaを買収
Appleが10億ドル出資したことで注目を集めた中国の配車サービス大手Didi Chuxing(滴滴出行)がUberの中国事業UberChinaを買収する。株式交換による合併方式で、Uberブランドは残す。(2016/8/2)

カブドットコム証券、貸株の基幹業務にAI技術を採用
カブドットコム証券は、日立の人工知能技術を活用してストックレンディング業務での貸し出しレートの決定を省力化するシステムを開発した。(2016/7/27)

任天堂、「ポケモンGO」効果で6年ぶりに3万円台に“かいふくのくすり”
任天堂(東証1部)の株価が、7月19日の株式市場で大幅続伸。2010年5月以来、6年2カ月ぶりに3万円台に回復した。(2016/7/19)

「Pokemon GO」で任天堂の株価がぐーんとあがった! 2日連続の年初来高値更新
7月12日の株式市場で任天堂(東証1部)の株価が引き続き好調。「Pokemon GO」の米国人気を受け、2日連続で年初来高値を更新した。(2016/7/12)

DeNAと京都銀行も株価好調 任天堂株のこうかはばつぐんだ
7月12日の午前株式市場で、東証1部のDeNAと京都銀行の株価が好調だ。「Pokemon GO」が米国で大ヒットし大幅続伸の任天堂株を保有していることを材料視?(2016/7/12)

「EZwebは?」「沖縄セルラーは?」「Windows 10 Mobileスマホは?」――KDDI株主総会で出た質問と回答をまとめてみた
株主総会といえば、株主からの質問も大きな注目要素だ。そこで、KDDIの第32期(2015年度)定時株主総会で株主から寄せられた主要な質問とその回答をまとめてみた。(2016/6/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。