ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「法律」最新記事一覧

質問!法律→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で法律関連の質問をチェック

関連キーワード

クレーンゲーム「景品ゲットできる確率示せ」 米で仰天法案 店が“不正操作”と主張 
「クレーンゲーム機が店側によって不正に操作されている疑いがある」――米ニュージャージー州議会の議員が、賭博を規制する州の機関が監視するよう求める法案を州議会に提出した。(2016/9/15)

IoTスペシャリストを目指そう(5):
第5問 センサーと組み込みシステム
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、センサーと組み込みシステムについてです。(2016/9/8)

キャリアニュース:
年間の有給取得日数――「5日以下」が約5割
求人情報サイト「はたらこねっと」が、有給休暇についてのアンケート結果を発表。有給の取得日数は年間「6〜10日以上」が最も多かったが、「5日以下」も51%を占めた。また、有給取得の義務化法案立案について、知らなかった人が72%に上った。(2016/8/24)

中小企業も帳票の電子化が始めやすくなる
徹底解説: 2017年1月から領収書のスマホ撮影をスタートするために準備すること
スキャナー保存制度の要件がさらに緩和され、2016年9月30日以降の申請分からは領収書のスマホ撮影が可能になる。この他、法律の改正点と実務運用で気を付けるべきポイントを解説する。(2016/8/23)

橋下氏が辛辣ツイート「鳥越さん、ケツの穴小さくないか?」
政治家を引退した橋下徹弁護士の「Twitter」への書き込みが盛んだ。法律政策顧問を務める国政政党「おおさか維新の会」の党名変更問題から東京都知事選、米大統領選に至るまで、橋下節で縦横無尽に“突っ込み”を入れている。(2016/8/2)

個人のスキルを売買できる「ココナラ」、非公開無料の法律相談サービスを開始
ココナラが、8月下旬に「ココナラ法律相談」を提供する。ユーザーは弁護士に非公開・無料で相談ができる。相談したい内容を投稿し、最大5人の弁護士から送られてきた回答から、どの弁護士に依頼するかを決める。(2016/7/25)

IoTスペシャリストを目指そう(4):
第4問 IoTで注目される「NoSQL」データベースとは?
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTで注目される「NoSQL」データベースについてです。(2016/7/22)

MVNOの深イイ話:
電気通信事業法とMVNOの関係
日本には、いくつか「事業法」と名の付く法律があります。MVNOを含む通信業界にも、電気通信事業法と呼ばれる事業法があります。今回は、この電気通信事業法の歴史と、日本の通信業界そしてMVNOのビジネスの関わりについて説明します。(2016/7/12)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

IoTスペシャリストを目指そう(3):
第3問 IoTシステムの品質保証と安全保証
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTシステムの品質保証と安全保証です。(2016/6/24)

再生可能エネルギーの拡大策(2):
風力発電の導入を法改正で加速、洋上風力も開発しやすく
太陽光発電に次いで拡大が見込める風力発電だが、世界の主要国と比べて開発が遅れている。政府は関連する法律を改正して事業環境の改善を図り、陸上風力に加えて洋上風力の開発を促進していく。他国と比べて2倍も高い発電コストを低減しながら、メンテナンス技術の高度化にも取り組む。(2016/6/21)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

主要企業は時代遅れの価格設定
実績の少ない新興企業のハイパーコンバージド製品を選んだ理由
複雑化したITシステムに限界を感じたスコットランドの法律事務所が、サーバ環境の刷新を決断。同社が選んだのは、実績の少ない新興企業Gridstoreのハイパーコンバージドアプライアンスだった。(2016/6/15)

元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件とカッコイイ使い方
機密情報を扱う法律事務所では堅牢なセキュリティ対策が必須だけど、ガチガチでは仕事がはかどらない――コスモポリタン法律事務所ではそんなジレンマの解決に取り組んだ。(2016/6/7)

法制度・規制:
発電していないFIT認定はどんどん取り消し、新制度が2017年4月に開始
第190回通常国会で「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称FIT法)等の一部を改正する法律」が成立した。これにより未稼働案件への取り締まりを強化する他、買取価格低減を狙った入札制の導入などが2017年4月から開始されることになる。(2016/5/27)

IoTスペシャリストを目指そう(1):
第1問 マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/4/25)

暗号化解除をめぐる米法案、司法当局へのバックドア提供を義務付け
Apple対FBIのiPhoneロック解除をめぐる攻防が続く中で公開された暗号化解除をめぐる法案は、裁判所が暗号化された情報やデータの解読を企業や個人に命令できる内容になっている。(2016/4/9)

自然エネルギー:
2017年4月から変わる固定価格買取制度、知っておくべき改正ポイント
再生可能エネルギーの固定価格買取制度を定めた法律が2017年4月1日に改正される予定だ。買取価格の決定に入札方式や複数年度方式を導入して制度を抜本的に変更する。発電設備の認定基準の項目も大幅に増やして、太陽光発電の規制を強化するなど、事業者に与える影響は大きい。(2016/4/4)

コンビニ探偵! 調査報告書:
暴力団にどう対応すればいいのか コンビニの現場で注意すべきこと
最近、メディアで暴力団同士の抗争が取り上げられ、不安に思う人も少なくないだろう。今回は、筆者が経験した暴力団とのトラブルとともに、法律の弱点について考えてみたい。(2016/3/28)

Microsoftの法律顧問、フロッピーとSurfaceを並べ「法律も変わるべき」と主張
Appleが米連邦地裁からのFBI協力要請を拒否した件に関連する連邦下院司法委員会の公聴会で、Microsoftの法務担当上級副社長、ブラッド・スミス氏がIBMが1986年に発売したフロッピーを使うPCや更に古い“加算器”を持ちだして、関連する連邦法がいかに時代遅れで、改正する必要があるかを説明した。(2016/2/26)

「セーフハーバー協定」に代わる新しいフレームワーク
欧米間の個人データ移転に関する新協定「プライバシーシールド」とは?
欧州連合(EU)と米国は、大西洋を渡るデータの移転に関するセーフハーバー協定の代替としてプライバシーシールドに合意した。だが、プライバシーとデータの保存場所に関する法律と倫理の問題はどうなるのだろうか。(2016/2/22)

アディーレ法律事務所に措置命令 「今だけ」“期間限定”キャンペーン、実際にはほぼ常時
弁護士法人が法律違反。「今だけの期間限定」などと展開していたキャンペーンが実際には約5年の間事実上継続して実施していたとして、アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令。(2016/2/16)

アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令 景品表示法に違反
「今だけ無料」広告を長期間掲載していた。(2016/2/16)

自然エネルギー:
固定価格買取制度の改正案が決まる、2017年度から価格決定方式を変更
政府は2月9日に「再エネ特措法」の改正案を閣議決定した。固定価格買取制度を規定した法律を改正して、2017年度から新しい運用方法へ移行する。最大の改正点は買取価格の決定方式を変更することだ。太陽光発電に入札方式を導入する一方、風力発電などは数年先の買取価格を事前に提示する。(2016/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
フランスで「食品廃棄禁止法」が成立、日本でも導入すべき意外な理由
フランスで「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立した。世界で類を見ない画期的な法律であると世界各地のメディアで取り上げられ話題になっている。課題もたくさんあるが、フランスのこの取り組みは日本でも参考になるのではないだろうか。(2016/2/12)

Tech Basics/Keyword:
IBM Watson(ワトソン)
Watsonは、IBMが開発した人工知能システム。自然言語の質問に対して、大量のデータから最も最適となる解答を提示してくれるという。すでに医療分野や法律、顧客サポートなどで活用されている。(2016/2/3)

宇宙ビジネスの新潮流:
オバマ大統領が新法案にサイン 宇宙資源開発・利用ビジネスは加速するか?
先月、米国において今後の宇宙産業に大きく影響する法案がオバマ大統領によって承認されたのをご存じだろうか。これによって宇宙資源探査が一気に盛り上がると見られているのだ。(2015/12/25)

プロプライエタリ製品の利用は例外的になる
「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速
イタリア国防省が、15万台のPCでMicrosoft OfficeからLibreOfficeへのリプレースを決定。プロプライエタリ製品の利用を事実上禁じる法律によって、公共機関のオープンソース利用が拡大している。(2015/12/18)

電子ブックレット(メカ設計):
自分で作ったモノを人に売って問題ないのか?
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「作ったモノを売るときに知っておきたい『法律』の話 」をお届けします。(2015/12/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車関連税制の論理性は見直すべき
海外諸国に比べても割高な日本の自動車関連税に、さらに新たな税が加わるかもしれない。もはや法律の改悪でしかない。今回はその制度の歪みについて考えてみたい。(2015/11/24)

またムヒョとロージーに会える! 「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」作者本人による同人誌が発売決定
涙が出てきた……。(2015/11/18)

何がOK? 何がNG?:
作ったモノを売るときに知っておきたい「法律」の話
個人でモノづくりを楽しんでいる皆さんの中には、「自分の作品を売ってみたい」と考える方もいるはずだ。しかし「売る」となると、何に注意したらいいのか全く分からない……。そんなときに知っておきたい「法律」の基本について、シティライツ法律事務所の水野祐弁護士に伺った。(2015/11/4)

欧州議会、域内ローミング撤廃と(抜け道の多い)「ネット中立性」法案を承認
EUの立法議会である欧州議会が、EU域内でのローミング撤廃と、「ネット中立性」に関する法案を承認した。ネット中立性については、基本的にはトラフィックの平等を謳っているが、例外を認めており、いわゆる「高速車線」の提供やトラフィックの遮断も可能な抜け道が残された。(2015/10/28)

今すぐこの場で訴えてやる! 弁護士と無料チャットで法律相談できるアプリが登場
友達のスーパー弁護士に言いつけてやりましょう。(2015/10/9)

安全法案採決について新潟弁護士会会長がコメント まさかのあっさり具合が斬新すぎると話題に
「安全保障関連法案の強行採決についての会長コメント」を新潟県弁護士会が公式サイトで公開したところ……。(2015/9/19)

スピン経済の歩き方:
安保反対デモは「12万人」……なぜ警察発表の「4倍」なのか
安全保障関連法案に反対する大規模な集会が行われた。主催者は参加人数が約12万人と発表したが、警視庁は約3万人。なぜこんなにギャップがあるかというと……。(2015/9/1)

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」LINEスタンプが発売 西義之先生のコメントが泣ける……
あの事務所に、帰って来たんだ!(2015/8/17)

.NET TIPS:
祝日を求めるには?[C#、VB]
国民の祝日には、日付が決まっているものもあれば、その年によって変化するものもある。本稿では法律に従って、これらを算出する方法を示す。(2015/7/22)

スピン経済の歩き方:
安倍さんが憲法違反をした理由は、米国が“親会社”だから
安全保障関連法案が衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決された。メディアはこぞって「法案に反対する人たち」の声を紹介しているが、筆者の窪田氏はこうした反対報道にしっくりこないという。その理由は……。(2015/7/21)

NHKはなぜ国会中継しないのか? ネットで疑問の声続出
安保法案の採決が行われるとして注目度が高まっていました。(2015/7/15)

安倍首相、自ら安保法案をネット番組で解説 5夜にわたって配信
国会審議中の「平和安全法制」について、安倍晋三首相自らが解説するネット生放送番組が5夜にわたって放送される。(2015/7/6)

台湾に見る「オンライン遠隔医療サービス」の現状 日本での普及促進のカギは
人口の高齢化が進み、医師不足が叫ばれる中、遠隔での検診を可能にするのが「テレメディスン」。国内では関連する法律の見直しも行われていますが、人々の生活に取り入れるためには何が必要か――。その手がかりは台湾にありました。(2015/7/3)

マンガで解説:
PR:マイナンバーの情報漏えいを防ぐ〜企業がやるべきセキュリティ対策のポイントはココ!
2016年1月に始まるマイナンバー制度。マイナンバー(個人番号)は「特定個人情報」に該当し、その情報漏えいを防ぐため、大企業だけでなくあらゆる企業に安全管理措置の実施が法律で求められている。パート、アルバイトを含めたすべての社員とその家族のマイナンバーを管理する企業に求められるセキュリティ対策とは? マンガで解説しよう。(2015/6/5)

民放連、ドローン規制法案に「強く憂慮」 議員に意見提出
災害や重大事件の際の報道目的の飛行に支障を来すとして懸念を表明している。(2015/5/28)

ドローン規制法に「強く憂慮」 民放連が申し入れ
首相官邸など国の重要施設とその周辺で「ドローン」の飛行を禁止する法案について、民放連が「強く憂慮する」とする意見を関係議員に提出した。(2015/5/28)

スマートオフィス:
電力浪費が止まらぬ中小企業に対し、キヤノンが低価格な節電サービスを提供
改正省エネ法などの省エネに関する法律はあるものの、中小企業に対しては規制する法律がなく節電が進んでいない。そこでキヤノンMJでは中小企業向けの低価格な節電コンサルティングサービスを開始した。(2015/5/28)

自然エネルギー:
ハワイ州が再生可能エネルギー100%へ、州法で2045年に達成を目指す
日本と同様に電力の9割を化石燃料に依存してきた米国ハワイ州が再生可能エネルギーの拡大に意欲的に取り組んでいる。2030年までに省エネの効果と合わせて再エネの比率を70%まで高め、さらに2045年に100%を達成する法案が州議会を通った。再エネを主体にした電力の安定供給にも挑む。(2015/5/12)

次世代デモ活動の形?:
ホログラムを使った仮想デモ行進、世界中から2000人が“参加”
医療やエンターテインメント分野で活用されているホログラムに、新たな応用分野が登場した。スペイン・マドリードで、新法案に反対する人々が、ホログラムを使った“仮想的な”抗議デモを実施したのだ。(2015/4/14)

デモ禁止法案に“ホログラム”デモ行進で抗議──スペインで
国会議事堂前などでの抗議デモ行為を禁じる法案の施行を反対する団体が、2000人の賛同者のホログラムを使った拡張現実デモ行進を国会議事堂前で実施した。(2015/4/14)

マナー違反や法律違反にも!? 「セルカ棒」を使う際に注意したいこと
世界的なブームになっている「セルカ棒」。少しずつ見かける機会も増えていますが、うっかり使うとマナー違反にとどまらず、法律違反にもなりかねない……?(2015/4/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。