ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「恋愛」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:LOVE 誠 チャンネル
質問!恋愛相談→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で恋愛相談関連の質問をチェック

関連キーワード

マンガ賞選考委員はつらいよ
第21回手塚治虫文化賞でマンガ大賞に輝いたくらもちふさこ「花に染む」はどんな作品?(2017/4/27)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)
現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。(2017/4/27)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンはオタク女子の楽園? 「otajodon」管理人に聞く
オタクはマストドンをどう使っているのか。オタク女子向けインスタンス「otajodon」の立ち上げ人に話を聞いた。(2017/4/27)

女性の反応から“やれた”を判定するド直球漫画「やれたかも委員会」、続編執筆のクラウドファウンディングが立ちあがる
やれたかー(天を仰ぎながら)。(2017/4/25)

俺様イケメンによる「椅子ドンVR」の衝撃 女性たちをキュン死にさせる(?)VRを体験
女性向けVRを体験できるエンターテインメント施設が越谷レイクタウンに期間限定で登場する。(2017/4/24)

ジブリ人気が根強いフランスで「君の名は。」はどう受け止められたか フランス人編集者・ジャーナリストに聞いてみた
スタジオジブリのムックを出版したフランス人編集者・ジャーナリストに聞いてみました。(2017/4/22)

Yahoo! JAPAN、パスワード使わないログイン方法を導入 SMSに届く確認コードで認証
iOS版「Yahoo!パートナー」アプリで導入開始。今後他のサービスやプラットフォームにも順次導入予定。(2017/4/20)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)
ほんとつらい。(2017/4/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ浅田真央が好かれ、安藤美姫は嫌われたのか
女子フィギュア界の国民的ヒロイン・浅田真央選手が引退を表明した。多くのマスコミが大々的に報じ、その影響力の高さを改めて証明する形になったが、もうひとりの存在を忘れてはいけない。安藤美姫さんだ。(2017/4/13)

「朝起きると夢から覚めていた」 書籍化記念で「あたりまえポエム」を声優・梶裕貴さんが朗読する動画が謎の説得力
良い声によってステキ感がアップしちゃってます。(2017/4/13)

イケメンの新ジャンルを発掘 「渋イケメン」たちの写真展が銀座で開催
インドやバングラデシュの濃くて渋いイケメンたちです。(2017/4/11)

芳文社、竹書房が同日に新たなWebコミックサイトをオープン! 「恋愛ラボ」などアニメ化作品も
いいぞもっとやれ。(2017/4/7)

舞台「犬夜叉」ついに開幕! 犬夜叉役の金爆・喜矢武「のびのびと今が一番羽が生えています」
「あなたたちが面白かったと記事に書けばいいんです!」(喜矢武さん)(2017/4/6)

“本の中身”ネットで無料公開「HALLOM」誕生 宝島社やマガジンハウスら29社参加 その勝算は
出版社が手掛ける女性向け書籍の中身を「Web記事」として公開していくサイトがオープン。「この分野は逆にブルーオーシャンになりつつある」――その狙いは。(2017/4/3)

素顔のバトーは攻殻マニア! 「ゴースト・イン・ザ・シェル」バトー役、ピルー・アスベックに聞く
「できれば、(実写)『イノセンス』もやりたい」(ピルー)。しょうがないなぁ、バトー君は。(2017/4/4)

ベルサイユのばらと「Bitte」がコラボ “愛のビッテスタイル”でオリジナルカップルを作れ!
お好きなカップリングでどうぞ。(2017/3/28)

「何となく旅行したい」――人工知能が気分を推察、旅行プランを提案 gooが新サービス
AIがユーザーと対話を繰り返しながら、気持ちを推察し、旅行プランを提案。AIは「教えて!goo」「gooブログ」「goo旅行」などのデータを学習しているという。(2017/3/27)

恋愛マンガ「いちご100%」が復活!! 4月28日発売のジャンプGIGAで新作「EAST SIDE STORY」連載開始
まさかの展開。(2017/3/27)

映画「ワンダーウーマン」の日本の宣伝がTwitterで酷評 女性戦士を「男も恋も知らない天然キャラ」とうたう
「下品すぎる」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判を集めています。(2017/3/25)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

まだ明らかになっていない謎も 今夜最終回のドラマ「カルテット」ストーリーを振り返る
【ややネタバレ注意】最終回が気になって1週間ずっと“みぞみぞ”してた。(2017/3/21)

ねとらぼレビュー:
泥まみれのおじさん、叫ぶ マドンナと中年俳優の苦い思い出「バイプレイヤーズ」第10話
ドロでもかぶって反省しなさい。(2017/3/18)

のんをCM起用:
「勝負をかける」LINEモバイルの自信
「LINEモバイル」のサービス開始半年間の実績や今後の展開は――? LINE子会社のLINEモバイルが3月14日発表。プロモーションを本格的に展開し、女優・タレントのんさんを起用した初CMを放送する。(2017/3/15)

「心が叫びたがってるんだ。」が実写映画化 主演・セクゾ中島健人×芳根京子で7月22日から全国公開
仁藤菜月役には「E-girls」の石井杏奈さん、田崎大樹役には俳優・佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんがキャスティングされています。(2017/3/15)

Unity経験が浅くても、ゲーム開発できますか?:
PR:池澤あやか、カクテル王子(プリンス)を妄想する?!
ギークスでゲーム開発エンジニアの採用面接を受けた池澤あやかさん。現実的なことが、どうしても気になるようで……。(2017/3/13)

「それが最後の言葉だった……」 フラグ立て放題、マンガのモノローグ風LINEスタンプ登場
無駄に意味深なトークを演出してくれます。(2017/3/11)

米コカ・コーラ、恋愛の多様性を意識したCM公開 たくましい使用人を巡り男女の姉弟が恋の争奪戦
さあ、勝者はどっちだ!?(2017/3/11)

「来年も同じ場所で笑っていたい」「◯◯億分の1の奇跡」 恋愛ソングにありがちな歌詞のまとめ画像が話題に
たしかに、あるある。(2017/3/10)

新たな美人を生み出してしまった! 顔交換で生まれた「ニセタラレバ娘」が違和感ゼロ
なじみすぎぃ!(2017/3/9)

ロマンチックなシーンに突然アンケートが挿入される乙女ゲーが公開 わけがわからないよ!
壁ドン→「アンケートにお答えください。あなたは週に何時間テレビを見ますか?」(2017/3/8)

どうしてこうなった…… 宇治市の観光PRアクションゲーム「宇治茶と源氏物語のまち」がなんかおかしい
パンを食べるとムキムキになって操られた市長を倒しつつ宇治市を救います。(2017/3/4)

ヴェえええ!? アニメ「アイドルタイムプリパラ」に男子プリパラ“ダンプリ”爆誕
「パパラ宿ではアイドルは男の子がやるのが常識」えっ。(2017/3/4)

「あいのり」がWeb配信番組として復活! ラブワゴンに乗る参加者も募集
NetflixとFOD(フジテレビオンデマンド)がWeb配信番組「あいのりREBOOT」(仮)として制作します。(2017/3/1)

PR:女性向けシャンプーを髪を失った中年男性にレビューしてもらうとこうなる
上司の薄毛をいじってはいけない(戒め)。(2017/2/24)

Over the AI ―― AIの向こう側に (8):
陰湿な人工知能 〜「ハズレ」の中から「マシな奴」を選ぶ
「せっかく参加したけど、この合コンはハズレだ」――。いえいえ、結論を急がないでください。「イケてない奴」の中から「マシな奴」を選ぶという、大変興味深い人工知能技術があるのです。今回はその技術を、「グルメな彼氏を姉妹で奪い合う」という泥沼な(?)シチュエーションを設定して解説しましょう。(2017/2/28)

「芸能界を25歳でやめるつもりだった」 佐々木希が30歳を目前に全てを語る、CMで話題の美ボディーの秘訣も
やめないでくれて本当によかった……。(2017/2/27)

バカリズムの狂気的ブログ「架空OL日記」が実写ドラマ化! 本人主演でOLに日常をリアルに描く
リアリティーがすごすぎる。(2017/2/26)

ねとらぼレビュー:
「そいつはやめとけ!」と全世界絶叫 「潜熱」はヤバい男を好きになってしまった女子大生の恋愛沼マンガ
主人公は女子校育ちの大学一年生・岡崎瑠璃。夏休みに始めたコンビニバイトで“ヤクザ”に出会ってしまい――。(2017/2/25)

趣味も結婚も諦めたくないみんなー! オタク層に特化した結婚相談サービス「とら婚」誕生
オタク診断テストなどガチ勢も安心の「入会者フィルタリング」などを実施。(2017/2/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

早く誰か応募してあげて! ある会社のダサすぎる「デザイナー求人ページ」が切実すぎると話題に
「デザイナー募集します(切実)」(2017/2/22)

メス猫のデュエル 二次元キャラとの恋を夢見る女子たちの遊戯「あとべさまゲーム」がなるほど無限じゃねーの
公式およびキャラクターへの敬意と友人への配慮を忘れないのがポイントだよ!(2017/2/22)

ボカロ曲の歌詞を通じて英語・数学を学習 「ボカロで覚える参考書」第2弾発売
中学3年間分の要点を、関連した歌詞から覚えられる。(2017/2/21)

ブルゾンちえみ「マジかよ!!!!」 「キャリアウーマン」の曲を歌う歌手からの感謝ツイートに大興奮
海を越えて感謝のツイート!(2017/2/16)

オムニバス学園ラブコメ「徒然チルドレン」が今夏テレビアニメ化! 金子ひらく×Studio五組で
若林稔弥さんも喜びのイラスト投稿。(2017/2/15)

iPhoneユーザーとAndroidユーザーは非互換 恋愛においても
米国の出会い系サイトが実施した調査によれば、恋愛においてスマートフォンの互換性はあまりなさそうだ。(2017/2/15)

最澄はヘビメタ、空海はパンク――クールな仏教漫画「阿・吽」、おかざき真里さんの意外なネタ元
天台宗を開いた伝教大師最澄と、真言密教を日本に広めた弘法大師空海。平安仏教を勃興させた2人の高僧の人生を描いたおかざき真里さんの「阿・吽」が注目を集めている。(2017/2/15)

デスノ……キスノート!? 4月アニメ「恋愛暴君」キービジュアル公開 声優に小野賢章、青山吉能ら
このノートに名前を書かれた者は……。(2017/2/14)

「君の名は。」に異変!? なぜアカデミー賞最終選考に入らなかったのか
「君の名は。」は「キネマ旬報」のベスト・テンでは圏外、米アカデミー賞長編アニメ賞ではノミネートもされなかった。興行成績と評価の間に表れた“落差”の背景は。(2017/2/14)

異変!?:
映画『君の名は。』興行成績と評価の間に“落差”がある
日本映画歴代2位の興行収入240億円を突破し、中国、韓国などでも大ヒットしているアニメ映画『君の名は。』。しかし、興行成績と評価の間に“落差”がある。その理由は?(2017/2/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。