ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーク・ザッカーバーグ」最新記事一覧

ザッカーバーグ夫妻の財団、オバマ氏の元選挙参謀をUberから引き抜き
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが妻のプリシラ・チャン氏とともに運営する慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeが、バラク・オバマ大統領の選挙参謀として名を馳せ、UberのCEO顧問を務めていたデビッド・プラフ氏をポリシー&アドボカシー担当プレジデントとして引き抜いた。(2017/1/11)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
がんばれ!アドミンくん 2016年アドミンくんランキング
連載開始から533話を数える「がんばれ!アドミンくん」。その中から、2016年の1年間のページビューを集計して人気記事ベスト30を紹介する。(2017/1/10)

ザッカーバーグCEO、今年の個人目標は「全米の人々とのリアルな対話」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが毎年恒例の「今年の個人目標」を発表した。米国の全州の人々と直接会って対話することで、テクノロジーの進歩とグローバル化の恩恵を受けられていない人々の問題を解決するための参考にしたいという。(2017/1/4)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

Facebookのネット接続用無人機「Aquila」、初試験飛行での着陸失敗についての調査報告書が公開
アリゾナ州で行なっているFacebookの実験機が着陸に失敗した。(2016/12/26)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

PR:すべての人に4Kを――Philipsで選ぶ最新ディスプレイ
4K時代をリードするPhilipsで適材適所なディスプレイを選ぼう。(2016/12/22)

ザッカーバーグCEO、“自宅のAI執事”動画を公開 声は名優モーガン・フリーマン
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、今年の個人目標だった自宅用AI執事システムの紹介動画を公開した。執事の声はアンケートで最も人気の高かった俳優のモーガン・フリーマンだ。(2016/12/21)

FacebookのザッカーバーグCEO、“自宅のAI執事”プロジェクトの成果を報告
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが今年の個人目標として掲げた自宅のスマートホーム化プロジェクトの成果を発表した。自らコードを書いて人工知能(AI)システムを構築したことで、その可能性と課題が見えたとしている。(2016/12/20)

Oculus、VR空間で友達と遊べる「Oculus Rooms」をまずは「Gear VR」向けに公開
「Oculus Rooms」は、友達(のアバター)と一緒に動画を鑑賞したりゲームで遊べるプライベートな仮想空間だ。まずはSamsung Electonicsの「Gear VR」アプリとして公開された。Oculus Rift版も2017年に公開の予定。(2016/12/19)

Facebook、「偽情報」対策を強化 第三者の評価をもとに怪しい情報を目立たぬよう処理
うたがわしい投稿をシェアしようとすると警告が。(2016/12/16)

Facebook、虚偽ニュース対策でAPなど第三者の判定で投稿にフラグを立てるテストを開始
虚偽ニュース拡散を問題視されているFacebookが、テスト中の対策について説明した。ユーザーが虚偽ニュースだと報告した投稿の事実確認をAssociated Pressなど第三者に仰ぎ、判定によって投稿にフラグを立てる。(2016/12/16)

IT大手の幹部らがトランプ氏と会談 関係修復なるか
選挙期間中、ヒラリー支持を打ち出していた企業トップに、「根に持つタイプ」のトランプ氏はどのような姿勢で臨むのか。(2016/12/15)

ゲイツ氏ら著名投資家が10億ドル超のクリーンエネルギー基金を設立 脱化石燃料の動きが加速
トランプ次期米大統領は気候変動に懐疑的だがゲイツ氏と話をしたという。(2016/12/15)

自然エネルギー:
世界のエネルギー革新に、ゲイツ氏や孫氏が1000億円超のファンド創設
クリーンエネルギー分野の技術開発を対象に、世界の有力な投資家が集まって10億ドル超のファンドを創設した。電力・交通・農業・製造業・建築物が排出する温室効果ガスを抑制するための技術開発に投資する。世界20カ国以上の政府とも連携して今後5年間に各国の投資額を倍増させる計画だ。(2016/12/14)

Facebook、ユーザーに虚偽ニュースか尋ねる機能をテスト中
ニュースフィードで虚偽ニュースが拡散する問題の対策に取り組むFacebookが、記事リンクの投稿に関してユーザーに「この記事のタイトルは、どの程度まで誤解を招く表現だと思いますか?」と尋ねる機能をテストしている。(2016/12/6)

トランプ氏支持者からの個人攻撃に疲れたredditのCEO、投稿改ざんを認め、「二度としません」
クリントン氏攻撃のサブレディットの閉鎖に憤慨したトランプ氏支持サブレディットで個人攻撃されたredditのスティーブ・ハフマンCEOが、自分への攻撃投稿のフレーズを書き換えたが、1時間後に元に戻したとして謝罪した。(2016/11/25)

Facebook、中国への再進出目指し自主規制プログラムを開発中とのうわさ
Facebookが中国再進出を目指し、問題のありそうな投稿を政府からの要請前に非表示にするためのプログラムを開発していると、米New York Timesが報じた。(2016/11/24)

FacebookのザッカーバーグCEO、“虚偽ニュース”対策について説明
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、ニュースフィードに表示される虚偽ニュース対策について再び語った。「何が真実かの判断をユーザーと信頼できる第三者に頼りたい」として、報告機能の強化や事実検証組織との協力を進めていくという。(2016/11/20)

Googleも米大統領選で誤報を拡散 アルゴリズムが原因
トランプ氏が「得票数でも勝利した」という誤報はなぜ起きたのか。(2016/11/16)

Facebookの一部従業員が「虚偽のニュース」対策の秘密タスクフォース結成のうわさ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは米大統領選の結果へのFacebook上の虚偽のニュースの影響についての批判を「クレイジーだ」と否定したが、「クレイジーなのはそれを否定する方だ」として一部の従業員が秘密の対策チームを結成したという。(2016/11/15)

ザッカーバーグCEO、Facebookと大統領選について語る──「“真実”を見極めるのは困難だ」
共産党のドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まった今回の選挙に与えたFacebookの影響について、マーク・ザッカーバーグCEOが自身の考えを語った(全文訳)。(2016/11/14)

ITはみ出しコラム:
トランプ勝利で浮かび上がるSNSの問題点
ドナルド・トランプ氏が米次期大統領に決定した背景に、SNSの影響はどれくらいあったのでしょうか。(2016/11/13)

ザッカーバーグCEO、「大統領選の結果はFacebookのせい」に反論
米大統領選の結果が大方の予想を裏切り、ドナルド・トランプ氏が当選したことの一因は、Facebook上の虚偽の情報のせいだとする一部の批判に対し、マーク・ザッカーバーグCEOが反論した。(2016/11/11)

「共に歩むしかない」:
Apple、Microsoft、Facebook、TwitterのCEO、それぞれの“トランプ当選後”コメント
ドナルド・トランプ氏が米次期大統領に決定したことを受け、IT大手のCEOらがそれぞれ関連するコメントをさまざまな形で出した。トランプ氏は選挙運動中、Apple製品のボイコットを呼び掛けるなど、IT業界に批判的な姿勢を見せていた。(2016/11/11)

Go AbekawaのGo Global!〜John Sculley編:
もう1つの「点をつなぐ」――ジョブズを追放した男が考える「この先、生き残るエンジニア」とは
アップルの黎明期をスティーブ・ジョブズと共に作り、今なお、若いエンジニアたちを支援するIT業界の巨人、ジョン・スカリーが考える「世界の変え方」とは――。(2016/11/7)

Facebook、売上高が初の70億ドル超え モバイルのみからのMAUが10億人超
Facebookの7〜9月期決算は、予測を大幅に上回る増収増益で、売上高は70億ドルを超えた。モバイル動画広告が好調だった。モバイルのみからアクセスするDAUが10億人を超えた。ザッカーバーグCEOは、MessengerなどのアプリへのAI採用の動画関連技術投入を予告した。(2016/11/3)

「Webカメラのセキュリティ」から、現代の脅威と対策をあらためて理解する:
フェイスブックのザッカーバーグCEOは、なぜMacBookのカメラにテープを貼っていたのか
「Webカメラのセキュリティ」を甘く考えると、どんなリスクがあるか。セキュリティ企業のESETが自社のブログで注意を呼び掛けた。(2016/10/31)

「留年は破滅ではない」 京大生向けメッセージに反響 「優しい」「社会人にも共通する」
京都大学が、留年に悩む学生向けにWebサイトで公表しているメッセージが、「優しい」「社会人にも共通する話だ」とネットユーザーの反響を呼んでいる。(2016/10/18)

マーク・ザッカーバーグ氏の“自宅のAI執事”の声役にアイアンマンのロバート・ダウニー・Jr.が名乗り出る
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、今年の個人目標である自宅のAI Jarvisの声を誰に頼もうかとFacebookに投稿したところ、映画「アイアンマン」などでアイアンマン役を務める俳優のロバート・ダウニー・Jr.が条件付きで名乗り出た。(2016/10/14)

“ソーシャルプラットフォームとしてのVR”:
Facebook、仮想現実内の表情も変わる似顔アバターや体験共有機能のプロトタイプを披露
VRを次世代ソーシャルプラットフォームと位置付けるFacebookが、VR内でのコミュニケーションを円滑にするための表情豊かなアバターのプロトタイプを披露した。ユーザーの頭と両手の位置を反映させたジェスチャーや「笑顔」や「驚き」の表情の表現が可能だ。(2016/10/7)

Oculus、完全スタンドアロンなVR HMD「Santa Cruz」のプロトタイプを披露
Oculus VRが、PCやゲーム端末との接続も、スマートフォンの追加も不要な、完全にスタンドアロンなVR HMD「Santa Cruz」のプロトタイプを披露した。発売時期や価格はまだ不明だ。(2016/10/7)

ITはみ出しコラム:
FacebookのザッカーバーグCEOは写真映えにうるさい?
並々ならぬ写真へのこだわりを感じます。(2016/10/2)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(1):
人工知能とは何か――強いAIと弱いAI、チューリングテストとチャットボット、中国語の部屋
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。初回は、人工知能/AIという言葉について、あらためて整理する。(2016/11/28)

マーク・ザッカーバーグ夫妻の財団、「今世紀中にすべての病気の治療を可能にする」ために30億ドル投資へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOとその妻であるプリシラ・チャン氏が、Chan Zuckerberg Initiativeとして向こう10年間で30億ドルを医療研究に投じると発表した。目標は、今世紀中にすべての病気の治療を可能にすることで、ザッカーバーグ氏は達成は可能だとしている。(2016/9/22)

Facebook、「ナパーム弾の少女」を“ヌード”だとして削除(抗議を受け復活)
Facebookが、大手新聞社の記者が自身のページに投稿した歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」を「コミュニティ規定」に反するとして削除し、物議を醸した後復活させた。新聞社の編集長はザッカーバーグCEO宛の公開書簡で「ジャーナリストの権利と義務は、Facebookのアルゴリズムによって傷つけられるべきではない」と抗議した。(2016/9/11)

SpaceXのロケット、貨物の通信衛星とともに爆発 提携先のFacebook CEO「残念だが通信普及の努力は続ける」
人工衛星はアフリカへのネット環境構築を目的としたものだった。(2016/9/2)

SpaceXの「ファルコン9」爆発で貨物のFacebook人工衛星も破壊
Facebookがアフリカ大陸へのネット環境提供のために打ち上げるはずだった人工衛星を積んだSpaceXの無人ロケット「ファルコン9」が発射準備中に爆発し、ロケットも人工衛星も破損した。(2016/9/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
読書で「寿命が伸びる」のは本当か
文化庁の調査によると、日本人の半数近くは「1カ月に1冊も本を読まない」という。読まない理由を聞くと、「忙しいし、時間がない」という声が聞こえてきそうだが、そうした人たちにとってちょっと気になる研究結果が出ている。それは……。(2016/9/1)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
経営チームはこうつくる
繁栄している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功している。ドラッカーが残した5つの質問に対する答えを経営チームで出し合い、議論を通じて、共通の考えを作り出してほしい。(2016/8/31)

FacebookのザッカーバーグCEO、“自宅のAI執事”プロジェクトの成果を来月にも披露へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが訪問中のイタリアのローマでタウンホールQ&Aを開催し、今年の目標である「自宅にジャーヴィスのようなAI執事システムを構築する」プロジェクトの進捗を説明し、9月にもデモを披露できそうだと語った。(2016/8/30)

宇宙ビジネスの新潮流:
ドローンやAIを駆使して40億人を救う Facebookが進めるネットインフラ構築とは?
宇宙ビジネスへの新規参入がますます加速している。SNS最大手の米Facebookがソーラーパワーで飛ぶドローン「Aquila」のテスト飛行に成功。地球の隅々までインターネットインフラを普及させるプロジェクトを推進する。(2016/8/12)

Instagramが投稿から24時間後に消える新機能「Instagram Stories」を追加 写真や動画をスライドショー形式で表示できる
Snapchatとの類似性を指摘する声も。(2016/8/3)

ITはみ出しコラム:
ポケモンGOの隠れたルーツ「Field Trip」を知っていますか?
今が旬の「ポケモンGO」ですが、開発者のやりたいことはずっと前から一貫していたようです。(2016/7/30)

ピチャイCEOも「Pokemon GO」に言及:
Alphabet、Googleのモバイル広告好調で予想を上回る増収増益
Googleを傘下に持つ米Alphabetの4〜6月期決算は、売上高は前年同期比21%増の215億ドル、純利益は24%増の48億7700万ドルと、予想を上回る増収増益だった。モバイル広告が好調だった。(2016/7/29)

意外と知らない教育現場のいま:
生き残りをかけて迷走する大学の“国際教育”のいま
少子化による18歳人口の減少期突入を目前とし、各大学は生き残りに必死だ。そこで「国際化」はどこも標榜するフレーズで、英語教育への傾注もまたしかり――今回は山梨学院大学のiCLA学部を例に、大学の国際教育についてお伝えする。(2016/7/29)

Facebook、予想を上回る増収増益、MAUは22%増の17億1000万人に
Facebookの4〜6月期決算は、売上高は59%増、純利益は約2.8倍と予想を大幅に上回る増収増益だった。ザッカーバーグCEOは電話会見で「Pokemon GOを楽しんでいる」と、ARの可能性について語った。(2016/7/28)

Facebook、ネット接続用無人機「Aquila」の初テストフライトが成功(動画あり)
Facebookの“残りの40億人のためのネット網”構想の一環であるインターネット接続用無人機「Aquila」の実機の初テストフライトがアリゾナ州ユマで行われ、96分間の飛行に成功した。(2016/7/22)

ダウンの原因は過負荷か、DDoS攻撃か:
「Pokemon GO」のサーバダウン、複数のハッカーが犯行表明──8月1日の犯行予告も
「Pokemon GO」のサーバが先週末までにダウンする事態が発生。ハッカーグループが相次いで犯行を主張している。(2016/7/20)

「トランプ氏はイノベーションにとっての災厄」──IT業界の140人が公開書簡に署名
エヴァン・ウィリアムス氏、スティーブ・ウォズニアック氏、ヴィント・サーフ氏らをはじめとする140人の米テクノロジー業界の著名人が、「ドナルド・トランプ氏の立候補に反対する」という公開書簡に署名した。(2016/7/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。