ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「文部科学省」最新記事一覧

AI開発へ経産など3省連携 事業化推進、シリコンバレーに研究所
経済産業省と総務省、文部科学省は4月中にも、人工知能(AI)技術の研究開発に取り組む連携組織を立ち上げる。(2016/4/12)

R25スマホ情報局:
デジタル教科書導入 賛否分かれる
教育の場でのデジタル化が進む中、文部科学省が全国の小・中・高校にタブレットを「デジタル教科書」として導入する方針であることが判明。ネット上では賛否が大きく分かれています。(2016/3/9)

センター試験後継テスト、採点に人工知能の導入検討
大学入試センター試験の後継となるテストで導入される記述式試験の採点について文科省は、人工知能(AI)の活用を含めた技術開発を推進する方針だ。(2016/3/7)

自然エネルギー:
小・中学校の4分の1が太陽光設備を導入、再生可能エネルギー導入校は6年で4.6倍に
文部科学省の調査で全国の公立小・中学校の約4分の1が太陽光発電設備を設置していることが分かった。再生可能エネルギー関連設備を設置する公立小・中学校は、6年間で約4.6倍以上に増えている。(2015/12/7)

その選挙権ってパワーはこう扱うんよ 文科省が高校生向けに政治&選挙の副教材を作成
早々に選挙権とやらを手に入れてしまったが、この力の使い方がわからねぇ……と何がなんやら状態の高校生へ。(2015/9/30)

“即戦力だけ”は「産業界の求める人材とは対極」 経団連、国立大の文系学部見直しに声明
経団連はこのほど、文系学部の見直しを求めた文科省の通知について、「即戦力を求める産業界の意向を受けたものとの見方があるが、産業界の求める人材像はその対極」との声明を発表した。(2015/9/11)

国立大の文系学部見直し通知は「大きな疑問」 日本学術会議が声明
日本学術会議は、国立大学に文系学部の廃止やほかの分野への転換を求めた文科省の通知について、「大きな疑問がある」と批判する声明を発表した。(2015/7/24)

新国立競技場はアーチ維持 工費900億円膨らむ
新国立競技場について、文部科学省はデザインをアーチ型の現行案のままとし、総工費は当初から900億円高い2500億円程度とする方向で調整を進めていることが分かった。(2015/6/24)

誤り指摘相次ぐ 文科省、プログラミング教育に関する報告書を非公開に 「内容を確認する必要」
文部科学省が公開した報告書に多数の間違いが指摘されていた問題で、同省は報告書を非公開にした。「内容を一部確認する必要があると判断したため」としている。(2015/6/15)

小中学生はネットの“情報整理”が苦手 文部科学省が調査
複数のWebページの情報を整理するのが苦手なもよう。(2015/3/25)

宇宙兄弟×文部科学省 ポスターを全国の学校に配布
ポスターには挑戦することの大切さを伝えるメッセージが。(2014/6/11)

文部科学省、平成25年度「学術情報基盤実態調査」の結果を発表
文部科学省が、平成25年度「学術情報基盤実態調査」の結果を発表した。「アクティブ・ラーニング・スペース」を整備する図書館数が増加傾向にある。(2014/4/2)

海外に行きたいすべての若者にチャンスを:
海外留学生の数を2倍に!グローバル人材育成プロジェクト「留学JAPAN」とは?
海外経験がある日本人学生を増やし、企業が求める「グローバル人材」を育てよう――文部科学省は2月、マネージャーや広報、人事などプロジェクトのスタッフ募集を開始した。協力するのは転職サイトのビズリーチ。異色の組み合わせが成立した理由は……?(2014/2/25)

林原めぐみさんが読む百人一首、文科省が企画 「アニメ風など自由な表現」の訳文募集中
朗読はライブ配信される予定です。(2013/3/8)

大学生が高校教科書を個人で発行 春から教室で使用へ
大阪市立大の学生が工業高校向け教科書を発行し、今春から実際に使用されることになった。大学生個人が文部科学省検定済教科書を発行するのは初めてという。(2013/1/15)

科学技術政策研究所、シマンテック製品でセキュリティ対策を構築
文科省の国立研究機関が、エンドポイントセキュリティ製品とクラウドサービスを組み合わせたセキュリティ対策を導入した。(2012/6/19)

「算数・数学、勉強してどーなるの?」の疑問に答えます 文科省のトークライブをUst
文部科学省主催のトークライブ「算数・数学、勉強してどーなるの?」をUstream配信する。東海大学教育開発研究所の秋山仁所長、国立情報学研究所社会共有知研究センター新井紀子センター長、算数オリンピック金メダリストが出演し、子どもの疑問に答える。前半のテーマは「数学オリンピックの問題を解いてみよう」、後半は「数学嫌いへの処方箋」。配信は3月23日21時01分〜。(2012/3/19)

藤沢周平が描いた江戸・東京とは――山形大と文科省の共同イベントをライブ配信
作家・藤沢周平の文学的研究の第一人者である山形大学基盤教育院山本陽史教授が「藤沢周平が描いた江戸・東京」と題して講演。その模様を文部科学省がUstream配信する。講演は山形大学との共同イベントで、文科省のTwitterアカウント「@mextlive」では質問を募集中。配信は1月6日14時45分〜1月6日16時0分。(2012/1/5)

誠 Weekly Access Top10(2011年10月1日〜10月7日):
岩手や静岡は来週にも、放射性セシウム汚染マップ公表予定
航空機モニタリングによって放射性セシウムの沈着量を測定したデータが、文部科学省から少しずつ公開されている。今後の公開予定についてまとめてみた。(2011/10/14)

文科省が「はやぶさ」映画とタイアップ 特設サイトも
文部科学省が小惑星探査機「はやぶさ」の映画3作品と提携。特設サイトやポスターで宇宙政策をPRする。(2011/9/14)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(7):
民主党政権を潰さなければいけない
文部科学省は学校などで許容される放射線量を「年間20ミリシーベルト」に設定した。しかしこの数字に、どういった根拠があるのだろうか。この問題について、原口一博氏と武田邦彦氏が語り合った。(2011/7/15)

被災地の津波・火災被害の実態は 東京理科大が調査結果報告会
文部科学省の21世紀COEプログラムに選ばれている、東京理科大学「先導的火災安全工学の東アジア教育研究拠点」が、東日本大震災の被災地で実施した津波と火災被害の調査結果を報告する。出席者は、同大学院国際火災科学研究科の辻本誠教授と関沢愛教授、同大総合研究機構火災科学研究センターの小林恭一教授と西田幸夫プロジェクト研究員。配信は5月12日13時30分〜。(2011/5/11)

東電や保安院の共同会見をニコ生で
東京電力や経済産業省原子力安全・保安院、文部科学省などが共同で、「福島原子力発電所事故対策統合本部」として、4月25日から午後に1度会見を開く。その様子をニコニコ生放送で配信する。配信は4月25日17時0分〜。(2011/4/25)

講談社、「出版対策本部」の活動で被災地に本を寄贈
講談社は文科省の要請を受け、被災地へ本の寄贈を決定。小中高生向きの絵本や児童書、ヤングアダルト本、コミックなど3万6000冊を対象に選書し、今回は約1万2000冊を出荷した。(2011/3/28)

文科省が「就活トークライブ」をUstream 鈴木副大臣や中央大の永井学長出演
文部科学省主催のイベント「『就活』トークライブ」をUstream配信。文科省の鈴木寛副大臣や中央大学の永井和之学長が、就職活動の早期化、企業の求める人材と大学教育の在り方などを語る。文科省の公式Twitter「@mextlive」でもイベントの様子を伝える。配信は3月8日17時30分〜3月8日19時0分。(2011/3/3)

小寺信良「ケータイの力学」:
想像以上に遠い「1人1人に電子教科書」の実現
MIAUと日本マイクロソフトとの協働プロジェクトとしてニコ生で放送した「電子教科書がもたらす未来」で、一部の学校で試験的に投入されようとしている電子教科書、学童用PC、電子黒板、教材などを紹介したが、文部科学省が目指す電子教科書全面導入は2020年。電子教科書による教育改革にはまだまだ時間がかかる。(2011/3/2)

再生医学研究の最前線 iPS細胞開発の山中教授が講演
文部科学省iPS細胞等研究ネットワーク主催のシンポジウム「再生医学研究の最前線」をライブ配信。iPS細胞の開発に世界で初めて成功した山中伸弥京都大教授らが講演する。詳細はこちらのページで。配信は1月15日14時0分〜1月15日18時0分。(2011/1/13)

“就職難民”を救う動きが広がっている
文部科学省と厚生労働省の調査によると、来春卒業予定の大学生の就職内定率は6割を切った。このままでは働けない大卒者が増える見込みだが、その一方で既卒者を救う動きが広がっている。その動きとは……。(2010/12/1)

日々是遊戯:
夏休みの自由研究にいかが? 「プログラミン」で誰でもお手軽プログラミング!
文部科学省が先日公開した「プログラミン」というWebサービスが面白いと話題になっているようです。プログラミングの知識がなくても、ゲームが作成可能!?(2010/8/25)

ドラッグ&ドロップで簡単プログラミング 文科省が子ども向けに公開、まとめサイトも登場
ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作でプログラミングが楽しめる文部科学省のサイト「プログラミン」が正式公開。非公式のまとめサイトも登場した。(2010/8/19)

教育政策、ネットで「熟議」 文科省が掲示板サイト “熟議漫画”も
教育政策に関する現場の声を集めるための掲示板型サイト「熟議カケアイ」を文科省がオープンした。中教審での審議と両輪で、政策形成につなげるとしている。(2010/4/20)

文科省が「宇宙ワンダー」 ゲームで宇宙を学習
ゲームをプレイしながら宇宙について学べる子ども向けサイト「宇宙ワンダー」を文科省が公開。大人も楽しめる。(2009/12/22)

Weekly Memo:
次世代スパコン事業継続への必須条件
政府の行政刷新会議による事業仕分けで事実上の「凍結」と判定された「次世代スパコン」について、文科省が先週11日、方針変更したようだ。求められるのは一層の説明責任だ。(2009/12/14)

世界一のスパコン本当に不要? 文科省、仕分け結果の意見募集
予算縮減と判断された次世代スーパーコンピュータの研究など仕分け対象の16事業について意見を募集するWebサイトを文科省が開設した。(2009/11/17)

「デジタル専用機に補償金課金すべきでない」 MIAU、文科省などに意見書提出
MIAUは、デジタル放送録画専用DVDレコーダーに録画補償金の課金を当面見送るべきとする内容の意見書を、文部科学省と文化庁、消費者庁に提出した。補償金問題に関する文化庁の対応を批判している。(2009/10/13)

文科省のWebサイトが改ざん 中国ドメインのサイトにリンク
文科省の「再生医療の実現化プロジェクト」Webサイトが一部改ざんされ、中国ドメインのサイトにリンクしていたことが分かり、同省はサイトを閉鎖した。(2009/7/27)

中学生の4割が「禁止されても、学校にケータイを持って行く」
文科省が学校へのケータイ持ち込みを原則禁止する中、KLabが小中学生の携帯ユーザーを対象とした意識調査を実施。持ち込み禁止については中学生の約6割が反対と回答しているが、「禁止されても、学校にケータイを持って行く」と答えた中学生も4割に達した。(2009/4/1)

位置情報と連動したクチコミ情報をケータイで――大日本印刷が開発
大日本印刷が、位置情報と連動した口コミの投稿や閲覧を可能にする情報クリッピングシステムを開発。文科省の実証実験に採用された。(2009/3/9)

子どもも「携帯フィルタリング必要」 高校の5割が「ネットパトロールしている」――文科省調査
文科省の調査で、携帯サイトのフィルタリングサービスが「必要」と考えている子どもが7割を超えた。リテラシー教育やネットパトロールなどの対策を進めている学校も多い。(2009/2/26)

「Blu-ray課金とダビング10は別問題」 権利者団体が声明
「この合意はダビング10の議論を前進させるものではない」――Blu-ray機器に録音録画補償金課金を課金することで、文科省と経産省が合意したことについて、権利者側の89団体が声明を発表した。(2008/6/17)

小寺信良の現象試考:
インターネットの教科書を作ろう
MIAUのシンポジウムで「インターネットの教科書制作プロジェクト」の話をさせてもらった。教科書といっても、文部科学省認定のようなものではない、我々の考える「教科書」のイメージをお話ししたい。(2008/5/12)

NEWS
文部科学省、リモートKVMを導入しITインフラの一元管理を実現
新庁舎の移転に伴い、米ネットエンリッチの「NetEnrich VPM Gateway」を採用。各階に点在するネットワーク機器を管理室からリモート操作できるようになり、ネットワーク管理者の業務効率を向上した。(2008/5/8)

ヤフー、文科省のIT基盤技術研究に検索語のデータを提供
ヤフーは文科省の特例領域研究に保有している検索語のデータを無償で提供する。(2008/2/28)

総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明
省庁の内部からもWikipediaを編集――総務省や文部科学省、宮内庁などのIPアドレスから、行政に関わる内容からエンターテインメント関連までさまざまな項目が編集されていたことが、「WikiScanner」日本語版を使った調査で分かった。(2007/8/29)

ネット通信制「サイバー大学」、文科省が申請受理
(2006/5/12)

News Weekly Access Top10(2006年4月16日-4月22日)
「世界に1つだけのゲノム」
文部科学省が公開した「一家に1枚ヒトゲノムマップ」は、言葉の選び方やイラストのセンスが“お役所離れ”している。(2006/4/24)

「一家に1枚ヒトゲノムマップ」公開
ヒトゲノムに含まれる遺伝子の一部を解説するマップを、文部科学省がPDFファイルで公開した。(2006/4/17)

アニメ専門職大学院、設置取りやめ 文科省の認可下りず
国内初のアニメ専門職大学院「WAO大学院大学」の設置が取りやめに。文科省から設置認可が下りなかった。(2005/11/28)

「汎用京速計算機」は人体シミュレーションを目指す
文部科学省が計画している10P(ペタ)FLOPSの世界最速コンピュータ「汎用京速計算機」は、人体丸ごとのシミュレーション解析といったグランドチャレンジに挑む。(2005/9/28)

CG-ARTS協会、メディア芸術・コンテンツ産業関係者を対象としたアンケート調査
画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)のメディア芸術調査委員会は、日本におけるメディア芸術や関連分野の、現状と問題点についてのアンケート調査を実施している。文部科学省への政策提言のため。(2004/9/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。