ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットスーパー」最新記事一覧

JR東、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」設置を推進 日本郵便・ヤマトと連携、再配達の削減へ
JR東日本が、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」を6月から順次設置。日本郵便、ヤマト運輸と連携し、不在再配達を減らすのが狙いだ。(2016/5/10)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
イオンのデジタル戦略は「個店」重視、ブログ研究から着想――イオンリテール(前編)
オムニチャネル化を積極的に推進する国内最大級の小売店イオン。本社集中でなく個々の店舗による情報発信を重視するのはなぜか。イオンリテールの担当者に聞く。(2016/2/8)

2016年の小売業界はどう動くべきか?
店舗閉鎖、コンビニとの経営統合……。長らく業績が振るわない総合スーパーにとって昨年は大きな転換期だった。そして今後、小売業界全体はどのように進んでいくのだろうか。専門家が解説する。(2016/1/15)

目が痛……くない! 切っても涙の出ないタマネギ「スマイルボール」が登場
お前のために泣くのは、もう終わりだ。(2015/10/24)

配送の便数は倍以上に:
セブン&アイのネットスーパー専用店舗、裏側の仕組みは?
「ネットスーパー」と呼ばれるECサービスを手掛けるスーパーマーケットは多いが、今年3月にセブン&アイHDが開業した「ネットスーパー西日暮里店」は、物流倉庫さながらの専用店舗だった。(2015/8/28)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
本命は“置き薬”ビジネス? 液晶パネル搭載冷蔵庫「DIGI」の狙い
「R2-D2」型のロボット冷蔵庫など、最近なにかと話題になることの多いハイアール アジア。しかし、実のところビジネスの“本丸”はまったく別のところにあった。液晶パネル付き冷蔵庫「DIGI」の狙いに迫る。(2015/8/24)

小売・流通専門家に聞く:
オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
今スーパーマーケット業界で旬なキーワードが、すべての販売チャネルを統合する「オムニチャネル」であろう。大手を中心に各社がその推進を急いでいる。日本におけるオムニチャネルの現状や成功のポイントを小売・流通業界に詳しいアクセンチュアの山口邦成シニア・マネジャーが解説した。(2015/8/7)

GMS凋落、地方再編:
今、スーパーマーケットが大転換期を迎えた
流通大手の総合スーパー(GMS)事業の不振や、地方を中心とした業界再編など、日本のスーパーマーケット業界を取り巻く動きが目まぐるしく変化している。特集「スーパーマーケットが生き残る道」では、そうした状況下での各社の取り組みなどを見ていく。(2015/8/4)

各国600人の女性に調査:
ネットスーパーを利用する理由 日本は「荷物が重い」、中国は「時間の節約」
GMOリサーチは2015年6月16日、日本と中国のモニターを対象にした「ネットスーパーに関する利用実態調査」の調査結果を発表した。(2015/6/17)

効率的な配送計画を自動生成:
セブン&アイ初のネットスーパー専用店舗にクラウドサービスを導入
伊藤忠テクノソリューションズとセブン&アイは2015年6月8日、セブン&アイ初のネットスーパー専用店舗に配送計画自動化のためのクラウドサービスを導入したと発表した。(2015/6/8)

生鮮食品をネットで注文、店舗ロッカーで受け取り 「ライフネットスーパー」がテスト
「ライフネットスーパー」がネットで注文した生鮮食品を店舗のロッカーで受け取れる「受取ボックス便」の試験運用を始めた。(2015/4/27)

ちらしを見比べる手間なし:
博報堂グループ、複数のネットスーパーの合計金額を比較できるポータルサイト 「NESPA」スタート
博報堂DYホールディングス傘下の出資目的子会社であるAD plus VENTUREは12月16日、NESPA JAPANを設立したと発表した。これと合わせNESPA JAPANはネットスーパーの比較ポータルサイト「NESPA(ネスパ)」ベータ版を公開、同日より運用を開始している。(2014/12/17)

空前の「おからブーム」到来! そのきっかけとなった1冊の本とは?
古くからの日本の食材である「おから」。そんなおからを使った「おからダイエット」ブームの火付け役となった一冊を紹介します。(2014/3/13)

世代が上がるほど増える:
30代以降の世代、4人に1人がネットスーパーを利用
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは2月7日、今年1月下旬に実施した「買い物スタイル調査(生活必需品編)」の結果を発表した。(2014/2/10)

NHKがハイブリッドキャストを9月に開始、何ができるのか?
NHKは「NHK Hybridcast」(ハイブリッドキャスト)のサービスを、総合テレビで9月2日の午前11時から開始する。ただし、このときは「第一段階のサービス」だという。(2013/8/21)

INSIGHT NOW!:
ネット食品宅配サービスは成功するか? 失敗事例に学ぶ
ネットを使った食品宅配サービスが流行しています。過去の失敗例の二の舞にならないように、消費者の購買特性を理解したサービスを考える必要があります。(2013/7/17)

「西友の低価格」をネットで DeNAと共同で「SEIYUドットコム」開始
西友が本格オープンした「SEIYUドットコム」はDeNAと共同展開。「西友の低価格」を掲げ、EC化が進んでいない食品・日用品サイトでナンバーワンを目指す。(2013/6/27)

Smart TV Boxで「サミットネットスーパー」アプリが利用可能に
KDDIが、「Smart TV Box」向けアプリを拡充。インターネット専用スーパーを利用できる「サミットネットスーパー」のSmart TV Box向けアプリを提供し、1000円のクーポンもプレゼントする。(2013/4/16)

楽天マートで商品が届かない「不手際」 楽天が謝罪、未配送の品は強制キャンセルに
ネットスーパー「楽天マート」で3月11日〜13日にかけ、指定日時に荷物が届けられないなど「配送の不手際が発生していた」と楽天が謝罪。未配送の品は配送作業を停止する。(2013/3/18)

自社商品の“使い方”から新しい価値を探せ!
日本郵便が行っている既存の自社サービスを基盤とした提案。これはどんな業種でも応用できることではないだろうか。(2013/3/6)

新規事業アイデアの授業:
今日の「不満リスト」は宝の地図
ビジネスの基本は、顧客に価値を提供することです。顧客が感じる価値誰もがジョブズになるための最初の一歩は、自分の感じる不満をピックアップすること。こうしてできた不満リストは、いわば宝の地図なのです。(2012/12/25)

「きゅうり」と「キウイ」を聞き分ける:
ネットスーパーの注文に適した音声認識技術、DNPとアドバンスト・メディアが開発
DNPとアドバンスト・メディアが、ネットスーパーの注文に適した音声認識技術を開発。スマートデバイスからの注文時に、食品名を正確に聞き分けられるようにした。(2012/12/14)

ローソンとヤフー、食材・日用品の宅配サービスに参入 「スマートキッチン」展開
注文した食材キットや生鮮食料品、日用品などを週1回宅配する「スマートキッチン」をローソンとヤフーが1月にスタート。(2012/12/4)

サンプル配布を科学する:
複数のECサイトでターゲットに合わせたサンプル配布ができるサービス、Buynd
複数のECサイトと購買データを共有することで、ターゲットへの商品サンプル配布が可能なサービス「BUYNDER」。サンプリング効果の可視化や購入への導線作りを支援する。(2012/11/30)

ドコモ、スマホで野菜販売へ ローソン、らでぃっしゅぼーやと提携具体化
ドコモとローソン、らでぃっしゅぼーやの提携が具体化。ドコモは12月から「dショッピング」でスマホ向けに有機野菜を販売する。(2012/11/7)

「高齢者=ネット使えない人」ってホントですか?
マーケティングを考える時の重要な視点がPEST。そのポイントは「今どうなのか」ではなく「この先どうなるか」を考えることだ。では、これからの高齢者は、どうなっていくだろうか?(2012/8/10)

西友とDeNA、オンラインショッピング事業で契約 新サイト来春オープン
西友がDeNAのノウハウを導入し、食料品や日用雑貨、衣料品などを全国どこでも一度で注文・購入できるサイトをて来春にもオープンする。(2012/7/31)

8月にトライアル、秋に発売予定:
KDDI、Android 4.0搭載のケーブルテレビ向けSTB「Smart TV Box」を発表
KDDIが、地デジ、BS、ケーブルテレビを視聴できるAndroid 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」を発表。CATV事業者が2012年秋をめどに発売する予定。(2012/7/18)

楽天直営ネットスーパー「楽天マート」オープン 電話注文もOK
楽天のネットスーパー「楽天マート」がオープン。生鮮食品や日用品をネットで注文できるほか、カタログを配布して電話でも注文を受け付ける。(2012/7/9)

相場英雄の時事日想:
記事を書く前に、なにも感じなかったのか 大手スーパーと弱者の関係
大手スーパーのイオンがネットスーパーを全国展開するという。主要メディアはこの企業戦略を報じていたが、内容に矛盾を感じなかったのだろうか。その矛盾とは……。(2012/7/5)

イオン×NTT西×シャープが3社共同で展開:
手のひらにイオンスーパー、主婦目線のタブレット活用「暮らしサポートサービス」開始
イオン、NTT西日本、シャープの3社が、新たなタブレット導入事例になりえる「主婦+家族目線」に特化したタブレット活用型サービスを開始する。女性目線のソフトウェア機能やUIを徹底して工夫したという。(2012/2/23)

ドコモ、ローソン、らでぃっしゅぼーやが資本・業務提携 ドコモはコマース事業加速
ドコモとローソン、食品宅配のらでぃっしゅぼーやが資本・業務提携。ドコモはらでぃっしゅぼーやを子会社化、コマース事業を加速させる。(2012/1/30)

電気自動車:
商用車もEV、三菱自動車「MINICAB-MiEV」の採用進む
コミューター車から大型トラックまで、EVが置き換え可能な車はどこまで広がっていくのだろうか。乗用車に続いて、軽商用車でのEV採用が始まった。先行するのは三菱自動車だ。(2011/12/8)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
成功しそうでしない商売、ネットスーパーはどう運営するべき?
成功しそうでしない商売とも言われるネットスーパー。このほど、コンビニ大手のローソンもらでぃっしゅぼーやと組んで参入することを発表した。ネットスーパーがうまくいくための条件とは何なのか考えてみた。(2011/10/20)

ねっと知ったかぶりβ版(10/11〜10/14) iOS 5リリース! iPhone 4S発売キター!
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週は、iOS 5とiPhone 4Sに注目が集まりました。皆さんはもう触りましたか?(2011/10/14)

ローソン、ネットスーパーに参入 らでぃっしゅぼーやと合弁
ローソンがネットスーパー事業に参入。らでぃっしゅぼーやと合弁で「らでぃっしゅローソンスーパーマーケット」を運営し、生鮮食品やPB商品などを販売する。(2011/10/11)

企業のためのスマホ徹底“活用”術(2):
80年代PCから類推するスマホ活用のポイント
スマートフォンを導入するにしても、どうすれば自社の業務に効果的に使えるのか。第一回に続き、有効活用のツボをさらに掘り下げてゆく。(2011/7/15)

チラシにタッチで注文を――タブレット端末向けネットスーパーアプリが登場
ソフトバンク・テクノロジーが、インフォシティと共同でタブレット端末向けネットスーパーアプリを開発。同社のECサービス向けに提供する。(2011/6/9)

“自炊”にPCメンテナンスも 「GWは家でお片づけ」な人のためのリンク集
今年のゴールデンウィークは家で過ごすという方、この機会にじっくり片付けなどいかがでしょうか。掃除や片付けに役立つサイトを集めてみました。(2011/4/28)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
震災後見えてきた流通の明日の姿――それは“善き商人”であること
震災時には人の本性が見えたが、小売業者の本性も垣間見えた。私たちはどんな小売業者を本当に必要としているのか。今後望まれる小売の姿について考えてみた。(2011/4/21)

KDDI、auケータイ向けカレンダー情報更新機能を拡充
au携帯電話の標準カレンダーの自動バックアップとスケジュール情報の配信を行う「カレンダー情報更新機能」において、配信されるスケジュール情報が3月14日から拡充される。(2011/3/10)

イオン、NTT西、シャープらが連携、GALAPAGOSを用いて家庭向けサービスを提供
イオン、NTT西日本、シャープ、ハーストーリィプラスの4社が、タブレット端末を利用した家庭・家族向けサービスを提供すべく連携。「暮らしサポートサービス」を今秋から提供する。(2011/2/15)

西友、ネットスーパーを全国展開 13年末までに350店舗
西友がネットスーパーを全国展開へ。2013年末までに既存の西友店舗のほとんどとなる350店舗で提供する計画だ。(2011/1/26)

EDIは流通業全体のインフラを目指せ【最終回】
終わりを遂げた大量販売/消費時代、流通業は市場変化に対応する企業であれ
大量販売、大量消費の時代は終わり、消費者ニーズが多様化している今、小売・卸・メーカーといった流通業はどのように変化していくべきか。連載の最終回では、流通業企業が今目指すべき姿を考える。(2011/1/7)

NTT東、Android端末「光iフレーム」発売 独自のアプリマーケットも
NTT東がAndroid端末「光iフレーム」の販売とレンタルを始める。独自の「フレッツ・マーケット」を展開し、主婦や高齢者向けに天気予報やレシピなど生活に密着したアプリをそろえる。(2010/11/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
堅調な経済指標の発表を受けて金融緩和期待が後退しまちまちの展開
(2010/10/28)

楽天経済圏とパーソナライズ、クロスユース戦略
ITmediaエクゼクティブ編集部が9月14日に行った第13回ITmediaエクゼクティブフォーラムでは、楽天の景山均氏が特別講演を行った。緻密なデータ分析を基盤とした楽天の取り組みを明らかにした。(2010/10/27)

ネットスーパーの注文をiPadで――ソフトバンク・テクノロジーがECプラットフォームを提供
ソフトバンク・テクノロジーが、iPadに対応するネットスーパー向けECプラットフォームをSaaS型サービスとして提供する。(2010/10/19)

IT担当者のための業務知識講座(2):
小売の業務とIT利用 ―POSとEOSによる店舗運営―
今回から各業種の業務内容を具体的に検討していく。まずはあらゆる業務のベースとなる小売業を取り上げ、顧客や組織について考察する。(2010/7/28)

クーポン管理プラットフォーム「楽天クーポン」 新規顧客の獲得を強化
楽天の各サービスのクーポンを統合的に管理できる「楽天クーポン」が始動。出店者に加え、楽天や外部企業もクーポンを発行できるようにし、新規顧客開拓につなげる。(2010/7/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。