ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットスーパー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スーパーはリアルからネットへ 参入相次ぎ競争激化 21年度に市場規模4兆円突破
異業種との競争激化など小売り・流通の事業環境が厳しさを増す中、楽天の強固な顧客基盤と西友の実店舗の運営経験という強みを武器に、成長するネットスーパー市場でシェア獲得を目指す。(2018/10/26)

「Amazon効果」の波 スーパー実店舗は苦戦、ネット加速
西友が楽天と組んでネット事業に乗り出すのは、実店舗のスーパーや総合スーパーが苦戦していることが背景にある。ネット通販などの台頭に加え、食品の購入も身近なコンビニエンスストアやドラッグストアの利用が進み、スーパーはじり貧を余儀なくされているのが実情だ。(2018/10/26)

楽天と西友、ネットスーパー本格始動 Amazonに対抗
「楽天西友ネットスーパー」が25日に本格始動。同日からネット専用の配送センターが稼働を始めた。成長するネットスーパー市場でシェア獲得を目指す。(2018/10/26)

Amazon Prime Now、一部地域で料金改訂
Amazon Prime Nowの送料無料の適用金額が1万円以上になった地域がある。(2018/10/3)

Adobeの小売業担当ディレクターが語る:
Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパートが語った。(2018/9/20)

市場が激変:
もうコンビニは若者のものではない
コンビニエンスストアの来店客に変化が生じている。セブン-イレブンの統計によると、50歳以上は1989年に1割に満たなかったが、2017年には約4割を占める。「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。(2018/9/17)

生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」9月中にサービス開始 ドラッグストアやカラオケ店でも商品の受け取り
クックパッドが、生鮮食品を取り扱うネットスーパー「クックパッドマート」の提供を9月中に開始する。注文した商品は「なんでも酒やカクヤス」や「ツルハドラッグ」などの一部店舗で受け取れる。(2018/9/11)

Walmart、楽天のRakuten Koboと提携で電子書籍サービス参入
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、日本の楽天との提携により、電子書籍市場に参入した。WalmartのオンラインショップでRakuten Koboの電子書籍リーダーや電子書籍、オーディオブックを販売する「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」を立ち上げた。(2018/8/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“毎日安売り”のオーケーとコスモスが着々と進める“西友包囲網”
ウォルマートによる売却報道が飛び出た西友は、毎日安売りをするEDLP(Everyday Low Price)で苦戦している。しかし、同じスーパー業態のオーケーや、ドラッグストアのコスモス薬品のように、EDLPで成功しているケースもある。どこで差がついたのだろうか。(2018/8/7)

西友ネットスーパー、8月14日から楽天と共同運営に スーパーポイントがたまる
西友のネットスーパー「SEIYUドットコム」が、8月14日から「楽天西友ネットスーパー」に変わる。100円購入すると楽天スーパーポイントが1ポイントたまるなど、楽天のサービスと連携する。(2018/7/30)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道
宅配便の再配達問題でにわかに注目を集めている宅配ボックス。そのトップランナー、フルタイムシステムに宅配ボックスの果たしてきた役割と再配達問題解決に向けた取り組みを聞いた。実は宅配ボックスは、既に労働問題を1つ解決していた。(2018/7/27)

“凄腕”スタッフは40倍売る:
メーカーから依頼殺到 お客が思わず引き寄せられる試食販売の世界
試食販売というと「商品を持ってただ立っている人」をイメージする読者も多いかもしれない。しかし、売り方を工夫して普通のスタッフの40倍売る“凄腕”がおり、試食販売の高い効果に注目する企業が増えているという。知られざる試食販売の世界とは?(2018/7/13)

クックパッドがネットスーパーに進出 有名店や農家の食材をユーザーの近隣店舗へ配送、レシピ付きのセットも
少量の注文でも送料無料。(2018/7/10)

クックパッド、生鮮ネットスーパーを今夏オープン 1品から店舗で受け取り
クックパッドが生鮮ネットスーパー「クックパッドマート」を今夏にオープンする。新鮮な食材を店舗で受け取れる。(2018/7/10)

ネットスーパー「ローソンフレッシュ」終了 利用伸び悩み・物流費の高騰で
ローソンのネットスーパー「ローソンフレッシュ」が8月で終了。ユーザー数が伸び悩んでいることに加え、物流コストの高騰で負担が増加したため。(2018/6/29)

あれこれ買っちゃう スーパーマーケットのアイテムがミニチュアフィギュアに
生活感があふれてる。(2018/5/16)

「DELISH KITCHEN」も:
Amazonが「クックパッド」と連携 レシピの食材がまとめて買える
「Amazonフレッシュ」が1周年。「クックパッド」「DELISH KITCHEN」と連携し、レシピの材料をまとめて購入できるように。(2018/4/19)

利便性向上が鍵:
ローソン参入で本格化 「EC生鮮市場」争奪戦
ローソンがスマホで注文した生鮮品などの商品を店舗で受け取れるサービスを開始した。EC生鮮市場を巡る競争は激しくなる一方だ。(2018/3/7)

生鮮食品をコンビニ受け取り ローソンが「フレッシュ ピック」開始
ローソンが、ユーザーが指定した店舗に生鮮食品を届ける「ローソン フレッシュ ピック」の提供を始めた。午前8時までに注文すれば、午後6時には受け取りが可能。好きな時間で受け取れるため、ユーザーが宅配時間の制約を受けないのが特徴だ。(2018/3/6)

骨太な差別化戦略が鍵:
定期宅配参入のイオン 立ちはだかる生協の厚い壁
イオンが毎週特定の曜日に自宅まで商品を届ける定期宅配事業への参入を表明した。すでに同事業を大規模に展開する生協のシェアを奪うことはできるだろうか。(2018/2/14)

楽天とウォルマートが提携 「楽天西友ネットスーパー」を協働運営へ
米国では楽天Koboがウォルマートで独占販売されることに。(2018/1/26)

楽天とWal-Mart、日米で提携 「楽天西友ネットスーパー」オープンへ
楽天が米Wal-Mart Storesと日米で提携。日本でネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」の運営をスタートするほか、米国ではWal-Mart実店舗やオンライン店舗で「楽天Kobo」の電子書籍の独占販売を始める。(2018/1/26)

電子書籍の海外展開も強化:
楽天、EC事業でWalmartと提携 西友とネットスーパーを共同運営
楽天が、EC事業で米Walmartと提携すると発表。両社の強みを生かして国内外のユーザーへのリーチ拡大・サービス向上を図る狙い。今夏にもECサービス「楽天西友ネットスーパー」をスタートする予定。(2018/1/26)

【連載】良いKPI悪いKPI 第5回:
アトリビューションとLTV――Web広告とKPI その2
ビジネスを成功させるにはまずKPIの上手な設計から。今回は、Webサイト運用において陥りやすい誤解とその対処法について解説します。(2017/12/5)

「Salesforce World Tour Tokyo 2017」レポート:
セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代表取締役社長 井阪隆一氏らが登壇したパネルディスカッションの概要を紹介する。(2017/10/17)

視点:
「2027年の消費者」〜多様化×音声・対話AIが及ぼすインパクト
これからの10年間は、デジタル化への対応に加え、消費者の変化も見据えた対応、すなわちこれまでのビジネスモデルそのものの革新が求められる。(2017/9/12)

「CMO Japan Summit 2017」レポート:
スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャパン長見 明氏の講演の内容をダイジェストでお届けする。(2017/6/28)

レーザー照射で野菜の産地が分かる? NTTの新技術にびっくり
NTTテクノクロス、ザファーム、エス・アイテックスの3社が、野菜のネット販売のプロジェクトを共同で展開。この中でNTTテクノクロスが、野菜の産地を「科学的」に証明する新技術を使っている。高速通信を実現するための技術をどう転用したのだろうか。(2017/4/6)

西友のネットスーパー、「再配達は有料」を徹底 400円加算
指定した時間に在宅していなかった場合、再配達・キャンセルとも400円を徴収する。(2017/3/31)

来週話題になるハナシ:
米国のファミレスが苦戦している、3つの理由
米国のファミリーレストランが苦戦している。日本と同じように“若者のファミレス離れ”が加速しているが、それだけではない。米国では3つの要因が重なって……。(2017/3/31)

音声連動backspace_news:
物流ラストワンマイル問題とAmazon Prime Now
最近話題のラストワンマイルについてポッドキャストで語り、Amazon Prime Nowを実践してみた。(2017/3/27)

カット野菜の宅配でさらなる時短 働く女性に嬉しい「料理キット」とは
「カット済野菜」などの料理キットは、短時間で調理ができるので便利です。弁当ではなく自炊したい派にもオススメで、健康面にも十分配慮ができます。(2016/11/14)

ものになるモノ、ならないモノ(72):
日本の存亡を懸けた政府のIoT戦略。要は「セキュリティ」にあり
IoT時代を見据えた政府の“戦略”とは何か。内閣サイバーセキュリティセンター担当者へのインタビューに探る。(2016/8/3)

JR東、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」設置を推進 日本郵便・ヤマトと連携、再配達の削減へ
JR東日本が、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」を6月から順次設置。日本郵便、ヤマト運輸と連携し、不在再配達を減らすのが狙いだ。(2016/5/10)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
イオンのデジタル戦略は「個店」重視、ブログ研究から着想――イオンリテール(前編)
オムニチャネル化を積極的に推進する国内最大級の小売店イオン。本社集中でなく個々の店舗による情報発信を重視するのはなぜか。イオンリテールの担当者に聞く。(2016/2/8)

2016年の小売業界はどう動くべきか?
店舗閉鎖、コンビニとの経営統合……。長らく業績が振るわない総合スーパーにとって昨年は大きな転換期だった。そして今後、小売業界全体はどのように進んでいくのだろうか。専門家が解説する。(2016/1/15)

目が痛……くない! 切っても涙の出ないタマネギ「スマイルボール」が登場
お前のために泣くのは、もう終わりだ。(2015/10/24)

配送の便数は倍以上に:
セブン&アイのネットスーパー専用店舗、裏側の仕組みは?
「ネットスーパー」と呼ばれるECサービスを手掛けるスーパーマーケットは多いが、今年3月にセブン&アイHDが開業した「ネットスーパー西日暮里店」は、物流倉庫さながらの専用店舗だった。(2015/8/28)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
本命は“置き薬”ビジネス? 液晶パネル搭載冷蔵庫「DIGI」の狙い
「R2-D2」型のロボット冷蔵庫など、最近なにかと話題になることの多いハイアール アジア。しかし、実のところビジネスの“本丸”はまったく別のところにあった。液晶パネル付き冷蔵庫「DIGI」の狙いに迫る。(2015/8/24)

小売・流通専門家に聞く:
オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
今スーパーマーケット業界で旬なキーワードが、すべての販売チャネルを統合する「オムニチャネル」であろう。大手を中心に各社がその推進を急いでいる。日本におけるオムニチャネルの現状や成功のポイントを小売・流通業界に詳しいアクセンチュアの山口邦成シニア・マネジャーが解説した。(2015/8/7)

GMS凋落、地方再編:
今、スーパーマーケットが大転換期を迎えた
流通大手の総合スーパー(GMS)事業の不振や、地方を中心とした業界再編など、日本のスーパーマーケット業界を取り巻く動きが目まぐるしく変化している。特集「スーパーマーケットが生き残る道」では、そうした状況下での各社の取り組みなどを見ていく。(2015/8/4)

各国600人の女性に調査:
ネットスーパーを利用する理由 日本は「荷物が重い」、中国は「時間の節約」
GMOリサーチは2015年6月16日、日本と中国のモニターを対象にした「ネットスーパーに関する利用実態調査」の調査結果を発表した。(2015/6/17)

効率的な配送計画を自動生成:
セブン&アイ初のネットスーパー専用店舗にクラウドサービスを導入
伊藤忠テクノソリューションズとセブン&アイは2015年6月8日、セブン&アイ初のネットスーパー専用店舗に配送計画自動化のためのクラウドサービスを導入したと発表した。(2015/6/8)

生鮮食品をネットで注文、店舗ロッカーで受け取り 「ライフネットスーパー」がテスト
「ライフネットスーパー」がネットで注文した生鮮食品を店舗のロッカーで受け取れる「受取ボックス便」の試験運用を始めた。(2015/4/27)

ちらしを見比べる手間なし:
博報堂グループ、複数のネットスーパーの合計金額を比較できるポータルサイト 「NESPA」スタート
博報堂DYホールディングス傘下の出資目的子会社であるAD plus VENTUREは12月16日、NESPA JAPANを設立したと発表した。これと合わせNESPA JAPANはネットスーパーの比較ポータルサイト「NESPA(ネスパ)」ベータ版を公開、同日より運用を開始している。(2014/12/17)

空前の「おからブーム」到来! そのきっかけとなった1冊の本とは?
古くからの日本の食材である「おから」。そんなおからを使った「おからダイエット」ブームの火付け役となった一冊を紹介します。(2014/3/13)

世代が上がるほど増える:
30代以降の世代、4人に1人がネットスーパーを利用
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは2月7日、今年1月下旬に実施した「買い物スタイル調査(生活必需品編)」の結果を発表した。(2014/2/10)

NHKがハイブリッドキャストを9月に開始、何ができるのか?
NHKは「NHK Hybridcast」(ハイブリッドキャスト)のサービスを、総合テレビで9月2日の午前11時から開始する。ただし、このときは「第一段階のサービス」だという。(2013/8/21)

INSIGHT NOW!:
ネット食品宅配サービスは成功するか? 失敗事例に学ぶ
ネットを使った食品宅配サービスが流行しています。過去の失敗例の二の舞にならないように、消費者の購買特性を理解したサービスを考える必要があります。(2013/7/17)

「西友の低価格」をネットで DeNAと共同で「SEIYUドットコム」開始
西友が本格オープンした「SEIYUドットコム」はDeNAと共同展開。「西友の低価格」を掲げ、EC化が進んでいない食品・日用品サイトでナンバーワンを目指す。(2013/6/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。