ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NUC」最新記事一覧

Next Unit of Computing

週末アキバ特価リポート:
3テラHDDが税込み6980円! ――アキバで東映無線セール始まる
東映無線系列の3店舗を挙げた月間セールがスタートした。Seagate「ST3000DM001」やすでに入手困難状態の「Photon 2」など、大量の目玉を用意している。(2016/9/3)

サードウェーブデジノス、NUC採用ミニPC「Diginnos Mini NUC」にSkylake世代CPU採用モデルを追加
サードウェーブデジノスは、手のひら大サイズのミニPC「Diginnos Mini NUC」の新モデルを発表した。(2016/9/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Holographic」の複合現実が2017年に一般PCへやって来る
2017年はWindows 10のアップデートにより、一般的なPCでも「Windows Holographic」が楽しめるようになるという。(2016/8/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
夏休みの工作欲をかき立てる新製品が続々登場!
自作のドット絵を表示できるBluetoothスピーカーや遠隔制御できる乾電池ホルダー、デスクトップ向けCPUが組み込める超小型ベアボーンなど、遊べる要素の大きい新製品がいくつも店頭に並んだ。(2016/8/8)

Kindle Unlimitedは出版側にとって神か悪魔か
Kindle Unlimitedは利用者にとっては便利なサービスですが、出版側にとっては必ずしもそうではないようです。(2016/8/6)

サイコム、Intel製NUCベアボーンを採用したCore i7搭載ミニPC
サイコムは、NUC準拠となるCore i7搭載の超ミニデスクトップPC「Radiant SPX2550NUC-Extreme」を発表した。(2016/7/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバの“VR化”が加速中
店頭販売が始まったVRギア「HTC Vive」が好調に売れているアキバ。時を同じくして、VRを扱うショップが複数立ち上がり、新たな時代の幕開けを感じさせる。(2016/7/11)

インバースネット、VESAマウントも可能な手のひら大デスクトップ
インバースネットは、NUC準拠の超小型筐体を採用したデスクトップPC「CI」シリーズの販売を開始した。(2016/6/6)

ツクモの歩き方:
BTOパソコン入門ガイド――エントリーからハイエンドまで手堅く選べる「eX.computer」
自作はそろそろ卒業したいけどパーツは自分で選びたい、そんな人にぴったりなのがBTOパソコンだ。今回はアキバの老舗として知られるツクモのオンラインショップ「eX.computer」を見ていこう。(2016/5/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
HDDがついに10テラ突入! HGSTとSeagateからWデビュー
HDDの最大容量を更新する10TBモデルが2社から同時に売り出され、アキバで注目を集めている。価格はともに8万円台前半だ。(2016/4/11)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(5):
管理負荷を低減する「OpenLMI」を理解する──Linuxシステム管理の標準化とはどういうことか
CentOS 7では、Linuxシステム管理インタフェースを標準化する「OpenLMI」が実装されました。インタフェースが統一されることで、ユーザーにはどんなメリットがあるのでしょう。OpenLMIで、管理負荷を低減させる運用方法を解説します。(2016/3/23)

サイコムの歩き方:
自作ユーザーにこそオススメしたいBTOパソコンの魅力
昔は自作でブイブイ言わせていた人も、最近はケースを持つと腰が痛い、組み立てが億劫になってきたという方も多いのではないだろうか。よろしい、ならばサイコムだ。(2016/3/4)

ローム SensorShield-EVK-001:
最大8つのセンサーを搭載できるArduino/mbed対応のセンサーシールド
ロームは、最大8種類の情報を測定できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を発表。ArduinoやLazurite、mbedなどに対応する。(2016/2/17)

Arduinoで加速度や気圧を測定、8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド
ロームが最大8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を販売開始した。Arduinoやmbedで、ローム製センサーの評価と試作が手軽に行える。(2016/2/16)

サイコム、NUCベアボーン採用のCore i3搭載ミニPC
サイコムは、NUC準拠の小型筐体を採用したミニデスクトップPC「Radiant SPX2500NUC」の販売を開始する。(2016/2/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMD系のゲーミングマザーが「意外に」好調!
長らく基幹パーツはインテル勢が圧倒的優位に立っているが、先週登場したAMD系のゲーミングマザー「GA-990FX-Gaming」と「GA-970-Gaming」の評価はそこそこ高い。なぜか?(2016/1/18)

PC USER 週間ベスト10:
CESで注目された新型PC/スマホ/ガジェットは?(2016年1月4日〜1月10日)
今回のアクセスランキングは、ラスベガスで行われたCES 2016の話題に注目が集まりました。(2016/1/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
GALAX VISIONが近日発売! 実機の展示も
ここ数年では特に景気が良かったという年末のアキバ。新製品もまだ少ない年明け直後に話題をさらっていたのは、GALAXのVRヘッドマウントディスプレイ「VISION」のデモ用実機だった。(2016/1/12)

週末アキバ特価リポート:
1万5000円切りNUCに学割5000円引きのWindows 10――年末から好評な特価に間に合う今週末
年末年始特価はそれ用の在庫整理も含めてこの三連休にピリオドを打たれることが多い。新しいPCが欲しいとき、1万4800円で買える「NUC5CPYH」や学割5000円引きのWindows 10はきっと味方になる。(2016/1/9)

Type-C、WiGig、AirFuel……:
2016年に期待のPCテクノロジー“5選”
2015年のPCはWindows 10と第6世代Coreで盛り上がったが、2016年はその周辺技術が熱そうだ。(2016/1/4)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けエントリーPC「raytrek debut!」に「コミPo!」プリインストールモデル
サードウェーブデジノスは、マンガ作成ソフト「コミPo!」インストール済みとなるクリエイター向けPC計2製品の販売を開始した。(2015/12/18)

SOHO/中小企業に効く「コンパクトPC」の選び方(第2回):
即戦力の「コンパクトPC」を選んでみた
一般的なデスクトップPCに比べれば省スペース、ノートPCに比べれば高性能かつ拡張性も高く、かつ低消費電力――そんな特徴が評価され、オフィスに導入される機会が増えたのがコンパクトPCだ。そんなコンパクトPCの選び方を提案する本連載の後編は、各社の1LサイズPCの代表的なモデルを紹介する。(2015/12/11)

サードウェーブデジノス、DTM向けデスクトップ「raytrek-DTM」にNUC採用のコンパクトモデル
サードウェーブデジノスは、NUC準拠のコンパクト筐体を採用したDTM作業向けデスクトップPC「raytrek-DTM NUC」を発表した。(2015/12/11)

テックウインド、秋葉原ツクモで“WD Blue”発売記念の抽選会を実施――12月12日
テックウインドは、WD製HDD購入者が対象となる「WD Blue発売記念 豪華景品をGET!! ガラポン大抽選会」の開催を発表した。(2015/12/7)

5分でわかる最新キーワード解説:
データセンターになるワンボックスカー「ICTカー」
災害時に駆け付け、電源途絶状態でも5日間に渡ってスマートフォンによる通話手段を確保し、小さなデータセンタとしても機能するという「ICTカー」。その仕組みと展望とは。(2015/11/30)

サードウェーブデジノス、「CLIP STUDIO PAINT」動作確認済みのクリエイター向けPC計3機種を発売
サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けPC「raytrek debut!」のラインアップに「CLIP STUDIO PAINT」動作確認済みモデル3製品を追加した。(2015/11/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
市場実験!? MSIの斬新なゲーミングキットが話題に
モデルごとに組み合わせるパーツやアイテムのカテゴリが違うゲーミングキットや、独自クーラー搭載で出荷された初のTITAN Xなど、先週はチャレンジ精神溢れる新製品が多かった。(2015/11/24)

PC USER 週間ベスト10:
日本語に対応した「コルタナさん」はもう試しましたか?(2015年11月16日〜11月22日)
今回のアクセスランキングは、米国から届いた「Surface Book」レビュー、NASキット入門、無線LANルータ冷却スタンド、November Updateの記事が人気です。(2015/11/24)

サイコム、NUC準拠のCeleron搭載ミニPC「Radiant SPX2450NUC-Lite」
サイコムは、手のひら大サイズのコンパクト筐体を採用するミニデスクトップPC「Radiant SPX2450NUC-Lite」を発表した。(2015/11/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
NUCより薄くて2ドライブ入る超小型ベア新星に注目!
Shuttleから登場した超小型ベアボーン「NC01U」と「NC01U5」が話題を集めている。NUCやBRIXに切り込む有力株としてショップの期待は大きい。(2015/11/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「フタを開けたら大ヒット」 なぜ売れる、PCをオン/オフできるリモートスイッチ
マシンの電源をオフ/オフできるワイヤレススイッチ「SST-ES01-PCIe」がアキバで話題になっている。10年前を知る人の間では、「これは……ひもつき君!?」との声も。(2015/10/13)

伝統芸能にITを:
iPadが「能」を救う? ファン拡大を狙う新たな実験
日本の伝統芸能「能楽」。世界的にも評価が高まっているが、予習なしでは内容が理解できないため、とっつきづらいのが現状だ。そんな状況を打開する方法として、今注目が集まっているのがタブレット。これは能楽文化を広める切り札になるのだろうか。(2015/9/14)

ロジテック、Broadwell世代のCore i5搭載NUC「LB-C14」
CPUにCore i5-5250Uを採用した小型ベアボーンキットがロジテックから登場した。(2015/8/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
早速売り切れが目立つSkylakeに「まだこんなもんじゃない」の声
お盆まっただ中の店頭にSkyalakeとWindows 10の2大目玉が並んだアキバ。しかし、現時点の反響に関して満足しているショップは少ない様子だ。(2015/8/17)

DACも搭載:
オリオスペック、音楽再生に特化したファンレスPC「DigiFi X-24-PS」を発売
オリオスペックが8月10日、専用設計のDACを搭載し、アクティブスピーカーもセットになったWindows 8.1搭載パソコン「DigiFi X-24-PS」を発売した。価格は14万8000円(税別)。(2015/8/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
Skylake登場でDDR4メモリの売れ行きがググンと上昇!
新世代CPUとチップセットが好評で、周辺のパーツの売れ行きにも良い影響を与えている。DDR4メモリの売れ行き増がその証拠だが、Windows 10の勢いはやや落ち着いたらしく……(2015/8/10)

潤沢になるのは10月ごろ:
「Z170マザーに一気移行」──Skylakeイベントでパーツベンダーに出荷見通しを聞いてみた
インテルが秋葉原でSkylake発売記念イベントを実施。“Z170”モデルの展示で参加したマザーボードベンダーの関係者が注目モデルの日本出荷予定を明らかにした。(2015/8/8)

酷暑の夏だから空と湖に癒されたい:
Skylake「Core i7-6700K」の性能をMSIの「Z170A GAMING M7」で確かめる
動作クロックは定格でDevil's Canyonと同じ、ターボでやや低め。統合グラフィックスコアはBroardwellのIris Proにあらず。その微妙な構成の実力やいかに。(2015/8/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Radeon R9 Fury」カードが登場! ……が、やっぱり極レア
HBM技術を採用するGPU「Radeon R9 Fury」を搭載したグラフィックスカードが9万円台で登場した。しかし、上位のFury X同様の品薄っぷりを発揮している。(2015/7/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
6万円前後の27型4K液晶など、ゲーマー必見モデルが続々登場!
先週はLG電子製の27型4K液晶やAVerMedia製の最上位USBキャプチャユニットなど、ゲームユースで注目度が高い新製品が複数登場している。(2015/7/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
Z97マザーの特価ラッシュに「Skylake」の影
先週から複数のショップでZ97マザーの大幅値下げや割引キャンペーンが実施されている。主流の上位が大売り出しされるとき、そこにはいつも次世代の影がちらつく。(2015/7/6)

zionote、NUCマザーを採用したオーディオ向けの小型ファンレスベアボーン「NUCBOX DigiFi X-24」
zionoteは、小型ファンレス筐体を採用したオーディオ用途向けベアボーンPCキット「NUCBOX DigiFi X-24」を発表した。(2015/7/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
超品薄なFury Xに「アキバをさまよう人がたくさん出そう」の声
Radeon最上位の「R9 Fury X」搭載カードが登場して大きな反響を呼んだが、入荷数が少なく競争率が跳ね上がっている。需要と供給が釣り合うのはいつ?(2015/6/29)

Kはもっと高クロックで高性能でなければならぬ:
インテル、デスクトップPC向け“Broadwell”の概要を紹介
BroadwellのHなのかKなのかCなのか。その疑問に答えが出た。(2015/6/24)

雨が降ったら豪華賞品も当たりやすい? :
インテル、“CなBroadwell”やCompute Stickを紹介するイベントを開催
「Intel SSD 750」や「EOS Kiss X7i」が当たるスタンプラリーも実施。雨が降ったら当たるチャンスが増えるかも。18時までやっているからまだ間にあうぞー! (2015/6/21)

ドスパラ、秋葉原パーツ館で“Broadwell”発売記念イベントを開催――6月21日
ドスパラは、Intel製最新CPUの発売を記念したトークイベント「Broadwellの使い所はこれだ!詳細ベンチマーク結果を解説」の開催を発表した。(2015/6/19)

I’M Intelligent、“Broadwell-U対応”をうたった16GバイトDDR3Lメモリ
リンクスインターナショナルは、I’M Intelligent Memory製となるDDR3L SO-DIMMメモリ「IMM2G64D3LSOD8AG-B15E」の販売を開始する。(2015/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! 台北の会場で友好関係を築く
台湾語で語りかけてくる彼女たちのなんと可愛らしいことよ。(2015/6/14)

スティック型PC真打登場:
ようやく販売開始! Intel Compute Stickの実力をアイ・オーの「CSTK-32W」で知る
すでに複数のスティック型PCが登場しているが、Intel純正「Compute Stick」がようやく出荷開始。その実力をボディに搭載したファンの効果とともに検証する。(2015/6/12)

パソコン工房、第5世代Coreプロセッサを備えたNUC採用ビジネスPC
ユニットコムは、NUC準拠のコンパクト筐体を採用したビジネスデスクトップPC「bz-CN120-i3-HEB」など3モデルを発売した。(2015/6/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。