ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PayPal」最新記事一覧

新たな勝ち組企業の条件 デジタルビジネスへの挑戦と企業変革:
PR:PayPalやトヨタが挑むデジタル化による企業変革とは? 老舗も危機感を募らせる創造的破壊とデジタル変革
「変化」が常態化する中、デジタルテクノロジーを活用して常にビジネスを変革していく力が、新たな勝ち組企業の条件となりつつある。FinTechの「老舗」ともいえるPayPalやトヨタ自動車では、デジタル化によってより良い顧客体験を提供し、新たな企業価値を生み出す挑戦が始まっている。(2016/5/26)

Microsoft Envision 2016 Report:
「気がついたときには手遅れ」とPayPalも危機感を募らせるデジタル変革
Microsoftは、ビジネスリーダーへの切り込みという新たなチャレンジに立ち向かおうとしている。いわゆる「ディスラプター」がさまざまな業界で既存の事業者を脅かす「デジタル変革」は、その推進に経営層のリーダーシップが欠かせないからだ。(2016/4/5)

被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質
膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”
PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。(2016/2/12)

イーロン・マスク氏ら、人類に益する人工知能を目指す「OpenAI」立ち上げ アラン・ケイ氏も参加
ピーター・ティール氏やイーロン・マスク氏などのPayPalマフィアの面々やY Combinatorのサム・アルトマン社長らが、人工知能(AI)を人類への脅威ではなく、人類に益する存在に発展させることを目的とした非営利の研究機関「OpenAI」を設立した。起業家らやAWS、Infosysなどが総額10億ドルを投じる。(2015/12/13)

「ポリモーフィック型マルウェア」の技法を活用
PayPalも注目、ウイルスの“悪知恵”から生まれたセキュリティ技術のすごさ
感染のたびに異なる形式で自らを暗号化し、セキュリティ製品による検知を免れる「ポリモーフィック型マルウェア」。その技法をセキュリティ製品側でも生かそうとする動きがある。現状に迫る。(2015/6/1)

PayPal、eBayから分社後にNASDAQに再上場へ ティッカー「PYPL」復活
2002年にeBayに買収されたPayPalが7〜9月期中に再独立し、ティッカーシンボル「PYPL」でNASDAQに上場する。(2015/5/15)

PR:「中小企業やスタートアップの味方」 安心・安全・便利な世界標準の決済サービス「PayPal」の魅力
世界で1.5億人以上利用しているオンライン決済のグローバルスタンダード「ペイパル」。支持されるには理由があった──使い勝手のいい決済サービスとして日本でも普及が始まっているペイパルの魅力をチェックしていこう。(2015/1/15)

大解剖、PayPalの開発現場【後編】
4000人がアジャイル開発を始めたPayPal、技術者が考えたこととは
米PayPalが実施したアジャイル手法への全面的移行では、4000人のITスタッフと製品担当者の仕事のやり方が変わった。この改革はどのように達成されたのだろうか。(2014/10/29)

大解剖、PayPalの開発現場【前編】
やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る
PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。(2014/10/28)

PayPalのインキュベータープログラム参加者が語る
起業家が語るベンチャー苦闘物語、成長のきっかけはどこにある?
新興企業は、事務所の確保から優秀な人員の採用までさまざまな課題に直面する。米PayPalのインキュベータープログラム(事業育成制度)「Start Tank」ではどのようにこれらの課題を解決するのか。(2014/10/7)

「Apple Pay」を迎え撃つ?:
PayPal、eBayから2015年に独立へ
eBayが、2002年に買収したオンライン決済企業のPayPalを2015年に分社化すると発表した。AmazonやAppleがモバイル決済市場に参入する中、PayPalは新CEOの下で競争にフォーカスする。(2014/10/1)

ホワイトペーパー:
「パスワードがない世界」へようこそ PayPal、Appleが挑む認証変革
不正に取得したID/パスワードを悪用した不正ログイン事件が相次ぐ中、パスワード依存の限界を指摘する声が高まりつつある。こうした中、米PayPal幹部や米Appleなどが、認証の在り方を変えるべく動き始めた。(2014/8/22)

Amazon、モバイル決済に参入 SquareとPayPalより低い手数料で
Amazonが、カードリーダー式のモバイル決済システム「Amazon Local Register」を発表した。安い手数料とオンラインショップで培ったサポートサービス、Fire OS端末を含む安価なツールセットで先行するSquareやPayPalに挑む。(2014/8/14)

ネットの買い物、“スマホにタッチ”で瞬時に支払い――PayPalとGALAXY S5がタッグ
いちいちクレジットカード番号を入力するのが面倒――。ネットショッピングのこんな面倒を解決するのがPayPalとGALAXY S5だ。端末の指紋センサーに指を滑らせるだけで、クレジットカード払いが完了する。(2014/5/16)

Google Play、PayPalでの支払いが12カ国で可能に
Google Playで、Google Wallet、キャリア決済、ギフトカードに加え、PayPalでの支払いも可能になった(日本はまだ未対応)。(2014/5/16)

GALAXY S5の指紋認証にPayPalアプリが対応
GALAXY S5のユーザーは、PayPalアプリに指紋認証でログインできる。ユーザー名とパスワードを入力する必要がない。(2014/4/14)

“顔パス”支払い、ヤマダ電機に 「PayPalチェックイン支払い」試験導入
「ヤマダ電機LABI 渋谷」で、“顔パス”感覚で店舗でPayPal決済できる「PayPalチェックイン支払い」のテストマーケティングが始まる。(2014/4/2)

アイカーン氏、eBayにPayPalのスピンオフを提言
PayPalは、アイカーン氏との話し合いの準備はあるとしつつ、eBayとのシナジー効果は高く、スピンアウトするつもりはないとしている。(2014/1/23)

BOOK☆WALKERが「PayPal」対応――初回利用キャンペーンで1000ポイントプレゼント
電子書店「BOOK☆WALKER」が、決済サービス「PayPal」を導入。初回利用キャンペーンとして、1000円以上の書籍を購入すると専用ポイントを1000ポイントプレゼント。(2013/12/18)

OpenStack Orchestrationの進化はいかに
PayPalが語るOpenStack新版「Havana」の導入効果
OpenStackで大規模環境を運用する企業が集まったパネルディスカッションでは、新版「Havana」を多くの企業が称賛した。その一方で、2014年の「Icehouse」に向けて、欲しい機能がたくさんあるとも語った。(2013/12/2)

チェックイン支払いならすべて半額に:
「ツケ払いの感覚をスマホで再現したい」――原宿のカフェでPayPal体験キャンペーン
PayPalがスマートフォンを活用した新しい決済サービス「PayPal」を体験できるキャンペーンをカフェ ネスカフェ 原宿でスタート。チェックイン支払いをしたユーザーにドリンクとフードのメニューを全品半額で提供する。(2013/11/18)

スマホ決済の「PayPal Here」、カードリーダーをApple Storeで販売
スマホを使って安価にクレジットカード決済サービスを導入できる「PayPal Here」。11月15日からApple Storeでカードリーダーを購入可能になった。(2013/11/15)

eBay、傘下PayPalの競合Braintreeを8億ドルで買収
AirbnbやUberを顧客に持つWeb/モバイル決済サービスのBraintreeが、PayPalに統合される。(2013/9/30)

PayPal、“ハンズフリー決済”を実現するBLE端末「Beacon」発表
店内に設置した低消費電力技術「Bluetooth Low Energy(BLE)」採用のUSB端末とユーザーのPayPalアプリ搭載のAndroidまたはiPhoneが接続し、ユーザーはクレジットカードを出すこともなく決済できる。(2013/9/10)

財布を出さずに“スマホで顔パス支払い”――PayPalがアプリを刷新
スマートフォンを活用した決済サービスを提供するPayPalが、iPhone、Androidアプリの新バージョンを公開。UIが刷新され、より“顔パス支払い”がしやすくなった。(2013/9/6)

小規模店舗のクレジットカード決済、もう“導入できない”とは言わせない――PayPal Here、2年目の挑戦
導入・運用コストの高さからクレジットカード決済サービスの導入を諦めていた小規模店舗に、救いの手をさしのべたPayPal Here。安価な決済用スマホやバーコード読み取り対応のレジアプリ、新たな決済サービスの提供で導入のハードルを下げ、付加価値の高い店舗作りを支援する。(2013/9/3)

“顔パス”決済も登場:
イベント物販のこんな課題、PayPal Hereが解決――ALOHA YOKOHAMAの場合
イベント会場の物販にはお釣りの準備やカード決済端末の準備、回線の手配など、さまざまな課題がある。こうした課題を解決するのがスマホとカードリーダーさえあればクレジットカード決済サービスを提供できるPayPal Hereだ。(2013/8/21)

マーケターの失敗録:
“Square”個人で決済システムを持つ時代――88%現金払いの日本市場は狙いか?
スマートフォンを活用したクレジットカード決済サービス「Square」を実際に使っている場面にようやく遭遇できた。先行展開しているPayPal Hereと何が違うのか? 実際の使用感は?(2013/7/29)

SoftBank World 2013:
注文も支払いも、店に行く前にスマホで――“行列知らず”の買い物スタイル、PayPalが提案
店に行く前にオーダーと支払いをスマホで済ませ、店に行くと注文の品ができたての状態で用意されている――。SoftBank World 2013に出展したPayPalが、スマホ利用の新たな買い物スタイルを提案している。(2013/7/24)

ヤフーと連携も:
モバイル決済の「PayPal Here」、カードリーダーが実質無料に――キャンペーンで
スマートフォンを利用したモバイル決済サービス「PayPal Here」が、カードリーダー代が実質無料になるキャンペーンを実施。ほかにもiPad向けアプリのリリースやYahoo! JAPANとの連携など、サービスを強化する。(2013/7/22)

ソフトバンクモバイル、月額1750円で201HWとPayPal Hereを利用できるキャンペーンを開始
ソフトバンクモバイルが、モバイル向け決済ソリューション「PayPal Here」と、スマートフォン「STREAM 201HW」を安価に利用できるキャンペーンを開始する。(2013/7/22)

PayPal Here導入記:
PayPal Hereって実際どうなの?――コワーキングカフェで聞いてみた
小規模店舗や移動店舗でも、スマートフォンを使ったクレジットカード決済サービスを安価に導入できるPayPal Here。実際の導入・運用のしやすさ、今後の要望についてJellyJellyCafeに聞いた。(2013/7/9)

モバイル決済のPayPal Here、決済手数料を3.24%に――同種サービスで最安に
スマートフォンをクレジットカード決済端末として利用可能にするサービス「PayPal Here」が、決済手数料を3.24%に改定。同種のサービスでは、楽天スマートペイと並ぶ最も安い料率となった。(2013/6/20)

パスワードは「インターネットの発展を阻害」
数年でパスワードのない世界に――PayPal幹部が認証変革
ID/パスワードは認証手段として機能していないどころか、インターネットの発展を阻害しているのではないか――。こうした考えの下、ID/パスワードの一掃に乗り出した非営利団体がある。(2013/6/10)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
想定しなかった市場機会を発見したPayPal
小さな実験を繰り返しながら分析をして全体を修正していく。成功の裏にはそうしたことの積み重ねがあるのです。(2013/6/4)

PayPal Hereのクレジットカード決済、POS連携が可能に――「EC-Orange POS」が対応
エスキュービズムが提供するタブレット対応のPOSシステムが、PayPal Hereに対応。タブレット対応のPOSシステムとPayPal Hereの連携は国内初だという。(2013/5/22)

PayPal Here導入記:
「現金ないから頼めない」をなくしたい――宅配とんかつ店の課題、“スマホでクレジットカード決済”が解決
宅配のお弁当を頼もうと思ったら財布に現金がなく、頼むのを諦める――。こんなオーダー機会のロスをなくそうというのが、宅配とんかつ店の「必勝」だ。宅配の現場では、スマホを活用したクレジットカード決済サービスの「PayPal Here」が活躍している。(2013/5/7)

PayPal Here導入記:
スマホでクレジットカード決済、客単価アップに期待も――レストラン「3MENDO」の場合
スマホにカードリーダーを挿すだけで、お店でクレジットカード決済が可能に――。3月5日に本格サービスが始まったPayPal Hereはこんなサービスだ。導入して半年の小さなレストランに導入効果を聞いてみると……。(2013/3/18)

PayPal、モバイル対応を強化――モバイルアプリ開発ベンチャーを買収
PayPalがモバイル開発ベンチャー企業のDuff Researchを買収。モバイル開発技術やノウハウを獲得することで、モバイル戦略を強化する。(2013/3/14)

スマホ向け決済ソリューション「PayPal Here」が日本で本格展開
スマートフォンに取り付けた専用のカードリーダーを使ってクレジットカードやペイパルでの支払いができる「PayPal Here」が、日本でも本格導入される。カードリーダーが、全国のソフトバンクショップやソフトバンクモバイルの法人営業を通じて販売される。(2013/3/5)

PayPalをかたる日本語の詐欺メールに注意
アカウントを盗み取ることが目的とみられる不審なメールとフィッシングサイトが発見された。(2013/1/10)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第4回】
PayPalが明かす、非構造化データ活用に必要な3つの要素
米PayPalが抱えるデータの99.9%は、テキストや画像などの非構造化データだという。同社の主席データサイエンティストが、非構造化データ活用の際に重要になる要素を示す。(2012/11/26)

iPhoneでクレジットカード決済、紙のレシートを発行――PayPal Here専用プリンタ登場
ソフトバンクがPayPal Here専用のプリンタを発売。iPhoneを利用してクレジットカード決済を行った際に、紙のレシートを発行できるようになった。(2012/11/22)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第3回】
PayPalも活用、消費を伸ばす「トランザクションデータ」
取引情報が詰まったトランザクションデータこそが、コンシューマーの購買行動を予想する上での「最強のシグナル」となる。米PayPalの主席サイエンティストは、こう主張する。(2012/11/8)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後
大量な取引データを日々処理する、米電子決済サービス大手のPayPal。PayPalは、こうしたビッグデータをどう活用しているのか。ビッグデータ活用を阻む課題とは何か。次世代のデータ分析像である「Analyst 3.0」とは。同社主席データサイエンティストであるモック・オー氏が、こうした疑問を解き明かす。(2012/11/26)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第2回】
PayPalも苦慮、ビッグデータツールはなぜ使えないのか
ビッグデータを活用しようと思っても、適切なツールが見つからない。米PayPalの主席データサイエンティストは、データ活用ニーズの多様化がその背景にあると指摘する。(2012/11/1)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第1回】
PayPalも苦戦? ビッグデータ活用で解くべき2大課題
ビッグデータ活用に当たり、企業のCIOは「かなり苦戦する」。大量の取引データを顧客分析に生かす、米PayPalの主席データサイエンティストはこう語る。その理由とは?(2012/10/26)

スマホ利用のカード決済サービス、米Grouponも参入――「Groupon Payments」
米Grouponが、スマートフォンを利用したクレジットカード決済サービス「Groupon Payments」を発表。手数料を安価にすることで、先行するSquareやPayPal Hereに対抗する。(2012/9/21)

iPhoneがクレジットカードの決済端末に――ソフトバンク「PayPal Here」の提供を開始
ソフトバンクがiPhoneをクレジットカードの決済端末として使えるようにする「PayPal Here」の提供を開始した。端末は一部のソフトバンクショップで購入できる。(2012/9/7)

神尾寿のMobile+Views:
「PayPal Here」の展開で、日本の決済市場を進化させる――ソフトバンクモバイル 喜多埜裕明氏に聞く
米PayPalと提携し、スマートフォンを使った決済システムの導入でO2Oビジネスに乗り出すソフトバンク。どのようなビジネスやサービス展開を目指し、そのメリットと波及効果についてどんな見方をしているのか。(2012/8/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。