ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「雇用不安」最新記事一覧

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第1回:
本田哲也×田端 信太郎:人の行動を変える情報戦略
SNSで誰もが意見を発信できる時代。可視化した個人の声は、時に企業の炎上騒動にも発展する。この時代の情報戦略とは。戦略PRのプロとメディアのプロが語る。(2017/6/9)

「てるみくらぶ」内定取消者たちはいま…… 厚労省、日本旅行業協会などに聞いた
波乱の社会人デビューとなってしまった彼らのその後。(2017/5/22)

Natureが警告:
減少する科学論文 日本は失速、「地位危うい」
日本から発表された高水準の論文は減少しており、英科学誌Natureは「日本は失速し、エリートの地位が脅かされている」と警告する。(2017/4/25)

4月から新社会人のはずが……:
てるみくらぶの内定取消者を救え 官民動く
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の内定取消者を対象に、厚生労働省が特別相談窓口を設置。官のみならず、民間企業も動きを見せている。(2017/3/29)

「てるみくらぶ」内定取消者に無試験・無面接で内定を SNS上で名乗り出る企業・団体が相次ぐ
内定者たちにとっては波乱の日々が続いています。(2017/3/29)

「あまりにかわいそうなので……」 「てるみくらぶ」内定者を選考なしで採用 JALFの思い
倒産した旅行会社「てるみくらぶ」の内定者を無選考で採用するという団体が現れた。(2017/3/29)

基礎研究費は削られているか? 河野太郎議員、大学の研究費に関する諸問題にブログで回答 研究者に意見求める
「基礎研究への研究費が削られている」といった指摘に対し、データを明示して説明した。(2016/11/10)

「大学の基礎研究費は増えている」 河野太郎氏がブログで解説 研究者から意見募集
「基礎研究への研究費が削られている」と言われるが、政府の統計によると、実際は増えているという。河野太郎氏が調査結果を公表し、研究者から意見を募っている。(2016/11/10)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2016(2):
大学4年生になっても続けたい、学生フォーミュラでのクルマづくり
学生フォーミュラのピットを周ってみると、各校の個性が見えてくる。マシンのコンセプトが異なるのはもちろん、苦労していることや抱えている課題もさまざまだ。取材に快く応えて生き生きと話してくれる、学生たちの笑顔がまぶしい。(2016/10/19)

内定ブルーになったとき――キャリアカウンセリングで話すこと
10月1日は新卒学生の多くが一斉に入社内定式などに臨む、社会人としてのキャリア確定の日です。この時期は、苦労して勝ち取った内定にもかかわらず、せっかく獲得した内定に悩んでキャリアカウンセリングに訪れる学生も少なくありません。(2016/9/29)

新垣結衣、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でヒロインに 作者「ガッキーがやってくれるなら百点」
仕事としての結婚という、変わった夫婦生活が描かれます。(2016/7/27)

法律は敵か味方か?:
「派遣切り」の悪夢再び?――改正労働者派遣法が派遣エンジニアに与える影響とは
改正労働者派遣法が9月11日に成立し、30日より施行された。「派遣期間の上限3年」「特定派遣の廃止」など、派遣エンジニアにとって影響が大きい本改正のポイントを、エンジニア派遣を行っているビーブレイクシステムズの高橋氏に伺った。(2015/10/6)

失敗しない起業準備 専門家の見解は?
(2015/8/8)

「こんなにアコギな商売はない」不動産業界の裏側を暴露
(2015/3/31)

今もっとも過酷な仕事? 「教師」が身につけるべき心構えとは?
求められる要素が多くなった今、教師とはどうあるべきなのか? 「教師のあり方」を探る『「プロ教師」の流儀―キレイゴトぬきの教育入門』を紹介します。(2014/9/25)

愛知のご当地萌えキャラ「知多娘。」がコミックに Webで公開
Webコミック「ちたコミ」では、「知多娘。」たちが、地域を活性化しようとゆるやかにがんばる日常を描く。(2014/6/10)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
Facebook利用のセキュリティ10カ条、再点検のススメ
日常が変わることも多い年度の節目に、SNSへ投稿する機会は増えるだろう。今回はFacebookを例に、普段の利用シーンも含めてセキュリティの観点から気を付けるべき10カ条を取り上げてみたい。(2014/3/14)

高学歴女子のワープアが急増中
男性に対してイメージしにくい女性の雇用問題の実態とは。書籍『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』から、高学歴の女性が陥っている問題の一部を紹介する。(2014/3/6)

ミクシィ朝倉社長「リストラ一切やっていない」
ミクシィの朝倉社長は、同社でリストラのための“追い出し部屋”が作られたとする一部報道について、「そのようなことは一切やっていない」と強い調子で否定。ただ、それ以上の説明はしなかった。(2013/11/8)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「私用メール」をめぐる会社と組合の対立 組織に潜む闇
ある百貨店企業で社員の私用メールが原因となり、労働組合も巻き込む騒動になった。「ちょっとプライベートで……」という出来心がもたらした問題の中身と対処策とは――。(2013/7/26)

失敗リスク高まった? 最近の起業事情
起業をするにあたり気になる「お金」。お金についての書籍『起業する前に読んでおきたい お金の本 小さな起業のファイナンス』の著者、原尚美さんにお話を伺いました。(2013/7/19)

雇用規制は、緩和と強化の両方が必要
「金銭解決による解雇を認めてしまえば失業者が増える」という反対意見が噴出しています。雇用に関する改革そのものが先送りにされると、成長のチャンスを逃す可能性もあります。(2013/6/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/4)

窪田順生の時事日想:
「社会主義が最も成功したのは、日本」と皮肉られているワケ
厚生労働省の調査によると、約9割の人が「終身雇用に賛成」しているという。日本人にフィットしている「終身雇用」は、どこの国のモデルを参考にしたのか。意外にも……。(2013/4/9)

窪田順生の時事日想:
ルネサス国有化に見る、“敗者”を救うと誰にツケがまわるのか?
経営再建中の半導体大手ルネサス エレクトロニクスの「国有化」が決まった。これで再出発となるわけだが、手放しに喜んでいいのだろうか。もし死に銭になると、この皺寄せは誰に……。(2013/2/26)

いまどきエンジニアの育て方(20):
育てる環境は、「意識して」作る
「終身雇用」や「年功序列」に代表される、日本企業独特の“体質”は、実は、若手を育てる環境が自然に形成される源でもありました。「上が下を教える」という体制が、当然のように出来上がっていたからです。エンジニアを取り巻く環境が著しく変化した今、若手を育てる環境は、上司やベテラン世代が先頭に立ち、「意識的に」作るしかありません。(2013/2/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
トラブルを防ぐ! パート・アルバイト雇用の法律Q&A
いまや雇用者の4割が非正規社員。パートやアルバイトの雇用管理こそ重要なマネジメント能力。(2013/1/31)

夢を持ちつつも、将来は不安……2013年の新成人
2013年に成人式を迎える人で、今の自分に満足している人はどのくらいいるのだろうか。現状に「満足している」と答えたのは49.0%に対し、「満足していない」は28.4%だった。セイコーホールディングス調べ。(2012/12/11)

「弱者」はなぜ救われないのか(2):
「弱者保護」がさらなる弱者を生む、という構図
改正貸金業法の施行を受け、貸金業者はわずか6年で6分の1に激減した(2006年3月末に1万4236社→2012年3月末に2350社)。仕事があるのに、融資を受けられないがために仕事を請けられない……。こんなケースが出てきているのだ。(2012/9/19)

月刊エンジニアライフ(49):
ソーシャルコーディング時代の心構え
(2012/9/5)

窪田順生の時事日想:
「消費税をあげたら自殺率もあがる」ってホント? メディアの罪に迫る
消費税の増税が、いよいよ本格化してきた。「消費税が増税すれば、自殺率が上昇する」という人がいるが、本当にそうなのか。町工場の「死にそうだ」という悲鳴を取り上げるメディアにも、罪があることを自覚しなければいけない。(2012/7/3)

契約社員に聞く、正社員との“格差”を感じますか
正社員との格差を感じている契約社員はどのくらいいるのだろうか。都内の企業で働く契約社員に聞いた。東京都調べ。(2012/5/2)

冬のボーナス、100万円以上の人はどのくらいいる?
東日本大震災や欧州債務危機などが社会に不安を与えた2011年。今冬のボーナスの支給予定が「ある」という人は66.1%と、「ない」の21.3%の3倍強であることが分かった。楽天リサーチ調べ。(2011/12/9)

「あれ……これ俺……?」――幸田真音の新作小説は電子書籍での連載配信に
幻冬舎は、『日本国債』などの作品で知られる幸田真音氏の新作小説『だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ』を電子書籍で連載配信する。第1回は無料配信で全12回、1回当たり100円での配信となる。(2011/11/5)

派遣社員の人に聞く――正社員になりたい、なりたくない理由
あなたはなぜ派遣社員になりましたか? 現在派遣社員として働いている人に聞いたところ「正社員として働きたいが、仕事が見つからなかった」と答えた人が最も多かった。労働政策研究・研修機構調べ。(2011/5/20)

吉田典史の時事日想:
会社員は泣き寝入りしかないのか? 震災を口実にした“便乗解雇”
東日本大震災が発生し、1カ月が経過した。景気の先行き不透明感が漂うが、ここにきて震災を口実にした“便乗解雇”が懸念されている。こうした事態に直面しても、会社員は泣き寝入りするしかないのだろうか。(2011/4/15)

ITエンジニアのための経営戦略入門(8):
「何を基準に、どの会社を買収するか?」を考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/3/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
利益確定売りをこなして堅調
(2011/2/4)

86.5%の人が、雇用不安を感じている
1年前と比べ「収入が増えた」という人はどのくらいいるのだろうか。「増えた」と答えた人が6.1%に対し、「減った」が52.3%だった。日本銀行調べ。(2011/1/14)

若者の雇用不安や結婚観の変化が原因? ブライダル市場が2年連続縮小
矢野経済研究所は「ブライダル市場に関する調査結果」を発表、2010年のブライダル関連市場規模を前年比0.4%減の2兆7480億円と見込んだ。2008年の2兆8021億円をピークに、2年連続で減少。景気回復の遅れや若年層の雇用不安、結婚観の変化などの影響があるという。(2011/1/6)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
労働組合って必要なんだけどね
組織率が20%を切るまでに衰退している労働組合。しかし、縮小しつつある市場もある現代だからこそ、労働組合は必要だとちきりんさんは主張。そのためには、時代の要請に応じて使命を定義し直すことが重要だと説きます。(2010/11/22)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用統計の発表を受けて景気回復鈍化懸念が薄れ大幅高
(2010/9/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安、米雇用不安などが薄れてダウ平均は大幅連騰
(2010/7/9)

35.8歳の時間・湯浅誠:
批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由
年越し派遣村の村長・湯浅誠――。彼のことについて、詳しく知っている人は少ないかもしれない。自分のためにだけに生きるのではなく、生きることが困難な人たちのために生きる男が、過去を振り返った。(2010/5/28)

デジタル化した世界で、人の嗜好はアナログ化する――『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス(前編)
近年、テレビアニメの放映数が減少傾向にある中、劇場アニメが注目されている。中でも数館から数十館規模の劇場公開から大きく注目されるような作品も表れており、その代表となっているのが『東のエデン』だ。劇場アニメの小規模公開ビジネスはどのように行われているのか、キーパーソンたちが語った。(2010/4/8)

“ETC型”新卒社員の潜在力を生かせますか?
日本生産性本部によると2010年新卒入社社員のタイプは「ETC型」だという。なぜ、ETC型なのか。そして、職場の上司は彼らを育てるために、どう対応したらいいのだろうか。(2010/4/7)

就活生が、“働きたいなあ”と感じている業種とは
2011年に新社会人として働く予定の学生は、どんな企業に就職したいと考えているのだろうか。ライフネット生命保険の調査によると、「働きたい環境・業界であること」「やりたい業種に就けること」を挙げる人が多かった。(2010/3/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用改善の遅れなどで上値も重いが、金融機関の収益改善期待から堅調
(2010/3/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。