ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リストラ」最新記事一覧

Intel、ソフトバンク傘下になるARMベースのSoC製造へ
Intelが、長年のライバルで7月にソフトバンクが買収すると発表したARMの設計ベースのSoCを自社の10nmプロセスで製造すると発表した。Intelは4月の大規模リストラの際、モバイルプロセッサ「Atom」の開発を中止すると報じられている。(2016/8/17)

ITソリューション塾:
今も替えが利き、3年後に期待できない人はクビになる
ある経営者はリストラを行う際に「今も代替が利き、3年後に期待できない人」に退職勧告をしたという。そんな評価をされないためにはどうすればいいのか。(2016/7/23)

バーバリーの穴は大きすぎた ライセンス切れの三陽商会が業績不振で大リストラ
45年に及ぶ英バーバリーとのライセンス契約を昨年6月末に終了してから1年余り。アパレル大手・三陽商会の売り上げが大幅に落ち込んでいる。(2016/7/21)

鴻海会長、「ロボホン」手に笑顔も「カットすべき人はカットする」 シャープ7000人規模のリストラへ
シャープを傘下に納める鴻海の郭会長は「飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない。シャープは残そうとするが、カットすべき人はカットする」と、リストラを急ぐ姿勢をむき出しにした。(2016/6/24)

鴻海、シャープ7000人削減へ リストラ策を加速
鴻海は、シャープ人員を全世界で7000人規模削減する可能性があると明らかにした。(2016/6/23)

英語が公用語? “外資シャープ”に鴻海の洗礼 リストラ恐怖も「生テリー見た?」の社内
鴻海の傘下に入ったシャープで、社内公用語を英語にする動きが加速。郭会長が本社などを訪れると「生テリー見た?」などと話題になるが……。(2016/6/7)

製造マネジメントニュース:
「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進」、鴻海の郭会長が明言
シャープは、同社を傘下に収める鴻海科技集団総裁の郭台銘氏と副総裁の戴正呉氏による「大切なお客様と取引先の皆様へ」と題したメッセージを公開した。同メッセージでは、エネルギーソリューション事業のリストラや人員削減に関する報道を否定。「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進する」と言明した。(2016/5/26)

頭脳放談:
第192回 Intelの消えてしまったプロセッサを思い出してみる
IntelのAtomがリストラされるというニュースが流れてきた。これまでもさまざまなプロセッサが、リリースされては後継モデルもなく消えてきている。その歴史を振り返ってみた。(2016/5/25)

東芝、V字回復狙うも「2本柱」にリスク 日立・パナの“復活劇”と異なる環境
東芝がリストラに一定の区切りを付け、来期はV字回復を狙う。ただ、牽引役となる記憶用半導体や原発の2本柱の事業環境は厳しく、先行きは不透明だ。(2016/3/22)

40代以上はいらない 中年キャリアの危機
リストラは突然やってくるのではありません。年功序列が崩れた今、会社の危機の兆候に気付かずリストラされたとしたら、残念ながらキャリアの選択肢は限りなくなくなります。(2016/2/22)

150人規模の合理化も:
東芝がHDD事業でリストラ策発表、PC向け縮小へ
東芝は2016年2月4日、HDD事業の構造改革策を発表した。国内HDD事業に関わる人員について、150人規模の再配置および早期退職優遇制度を実施する。(2016/2/4)

東芝、HDD事業でもリストラ モバイル向け縮小、150人早期退職・再配置
東芝が赤字のHDD事業で構造改革。エンタープライズ向けに集中するとともに、国内人員を削減。(2016/2/4)

東芝、「最大7000人リストラ」報道にコメント
東芝が白物家電やテレビ事業で最大7000人程度の人員を削減する方向で調整に入ったという一部報道についてコメント。(2015/12/15)

EE Times Japan Weekly Top10:
東芝 半導体のリストラに大きな反響
EE Times Japanで2015年10月24〜30日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/10/31)

白色LED後発参入も実らず、撤退:
東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ
東芝は2015年10月28日、CMOSイメージセンサー/白色LED事業からの撤退や人員削減策を盛り込んだ半導体事業の構造改革策を発表した。構造改革の実施により、2017年3月期の半導体事業の固定費を2015年3月期比260億円程度削減するとしている。(2015/10/28)

Twitterのジャック・ドーシーCEO、最高336人のレイオフを発表
Twitterの正式CEOに就任したばかりのジャック・ドーシー氏が、従業員の約8%をレイオフすると公開書簡で発表した。このリストラにより、「世界が必要とする強いTwitter」を目指すためのより目的に沿ったチームを構築するとしている。(2015/10/14)

半導体売上高上位20社からも外れ……:
AMD、全従業員の5%を人員削減か
業績不振が続いているAMDが人員削減を含むリストラに踏み切るという。世界中の従業員約9400人のうち5%に当たる約470人が削減される予定だとしている。(2015/10/2)

“物言う大株主”の圧力を退けられず……:
Qualcommのリストラは、技術者を軽視した愚行だ
約4700人を解雇すると発表したQualcomm。この決断に至るには、Qualcommの大株主であるJana Partnersからの要請があったのではないかと推察される。だが、この大株主からの要請は、Qualcommの技術開発力を考慮していない、無情なものではないだろうか。(2015/7/29)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
日本MS新体制で、「Lumia」シリーズの国内展開はどうなる?
7月に経営体制を刷新した日本マイクロソフト。新社長の平野氏のもとでモバイル分野はどう変わるのだろうか。米国ではスマホ事業のリストラやLumiaの継続投入など動きが激しくなってきた。(2015/7/27)

Microsoftが9月に発表するLumiaは5.2/5.7のハイエンド2モデル?
Microsoftはスマートフォン事業をリストラしているが、9月にはハイエンドに絞ったLumiaシリーズ端末を2モデル発表するとみられている。(2015/7/24)

Microsoft、PC不調やNokia関連コスト圧迫で減収、赤字転落
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高はPCの不調でWindowsが伸びず、また、Nokia関連のリストラコストが圧迫したことで赤字に転落した。リストラコストなどを除いた非GAAPベースでも減益だった。SurfaceやAzure、Office 365は好調だった。(2015/7/22)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

シャープ公式Twitter「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
シャープが国内3500人のリストラなど経営再建策を発表した15日、公式Twitter「@SHARP_JP」が「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」とつぶやき、フォロワーから応援の声が集まっている。(2015/5/15)

Microsoft、Surface好調もリストラコストやWindows不調の影響で増収減益
Microsoftの2014年10〜12月期の決算は売上高は8%増の264億7000万ドル、純利益はリストラやNokia部門の統合などのコストの影響で11%減の58億6300万ドルだった。Surfaceの売上高が11億ドルと好調だった。(2015/1/27)

KADOKAWAがリストラ 希望退職300人募集
KADOKAWAが300人程度の希望退職者を募集。収益力の強化へ強い組織の構築が必須という。(2015/1/16)

日本コロムビア、正社員を追加リストラ 希望退職60人募集
日本コロムビアが正社員60人程度の希望退職を募集すると発表した。(2015/1/7)

旧NECエレ1社分が消滅!?:
相次ぐリストラ、問われる真価――ルネサス 2014
再建途上にあるルネサス エレクトロニクス。3度のリストラに、“優等生事業”の売却など2014年もいろいろあったルネサスの1年を振り返る。(2014/12/19)

車載半導体 ルネサス インタビュー:
次世代の車載マイコンはルネサスにしか作れない
車載マイコン、車載情報機器向けSoCの世界シェアで圧倒的にトップに立つルネサス エレクトロニクス。東日本大震災による主力工場の被災や続くリストラの影響により、競合他社の攻勢に対して防戦一方の状況にあるかのように思える。実際にはどういう状況にあるのか。同社の執行役員常務で、車載分野向け製品担当の第一ソリューション事業本部長を務める大村隆司氏に聞いた。(2014/12/1)

2015年問題の本質を探る(4):
エンジニアの大量雇用とリストラの繰り返し、その解決策はあるのか
IT業界の人材不足、「2015年問題」を解説する本連載。今回はIT企業側の事情を見ていく。開発者人材の需給に合わせ、大量雇用とリストラを繰り返してしまう構造が問題となっているが、これを解決する方法はあるのだろうか。(2014/11/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
追加リストラ策発表に「またか」の声が続出
EE Times Japanで先週(2014年10月25〜31日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/11/4)

2014年7〜9月業績と“通算6回目”の希望退職募集を発表:
ルネサス 収益改善も「これからが正念場」――さらなるリストラも示唆
ルネサス エレクトロニクスは2014年10月29日、2015年3月期第2四半期(2014年7〜9月)業績とともに、1800人規模の希望退職を募るリストラ策を発表した。収益改善を進める同社は、今後も生産拠点の売却などのリストラ策を模索し、一段の固定費削減を図る構えだ。(2014/10/29)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、1800人の追加リストラ策を発表――対象は1万4000人以上
ルネサス エレクトロニクスは2014年10月29日、国内子会社を含む35歳以上の従業員ら1万4000人以上を対象にした早期退職優遇制度を実施すると発表した。退職日は2015年1月31日で、募集人員は1800人程度としている。(2014/10/29)

ビジネスニュース 企業動向:
HPが分社化へ、5000人の追加解雇も
HPが、HPとHP Enterpriseの2社に分社すると発表した。HPはPCやプリンタを、HP Enterpriseはサーバやクラウド、ストレージといった事業を担当する。さらに、リストラに伴い従業員5000人の追加解雇も発表した。(2014/10/17)

1984年創刊のMacworld誌が11月号で休刊へ(Webは継続)
1984年にスティーブ・ジョブズ氏の表紙で創刊された老舗Mac雑誌「Macworld」が休刊する。編集長が自身のブログで明らかにし、IDGが編集者の多くをリストラして自身も退社すると語った。(2014/9/11)

フエラムネのおまけ玩具「クッキーマン」、「遊び方が謎」などの苦情でリストラ→Twitterで救出作戦始動
だってなんか悲しいじゃん!(2014/7/24)

ストレスチェック義務化は、新たなリストラのツールとして悪用されないか?
50人以上の従業員を抱える企業は、年に1回、全社員を対象としたストレスチェックをする義務を負います。メンタルの状態を会社に知られることで悪影響はないのでしょうか?(2014/6/19)

モノづくり最前線レポート:
弱点は「見通しの甘さ」――日本含むアジア企業のリストラ増加を再生請負人が警鐘
アリックスパートナーズは、アジア太平洋地域における事業再生の動向について調査。アジア太平洋地域で全般的にリストラ案件が急増する予測を示した他、企業の再生を妨げる要因が「“現実離れした期待”にあるケースが多いことがアジア企業の特徴」という調査結果を発表した。(2014/5/23)

誠 Weekly Access Top10(2014年4月14日〜4月20日):
ゴールデンウィークは何連休?
先週のランキングは、30代社員に忍び寄るリストラへの危険性を説いた記事がトップに。コンビニや広島東洋カープ、“未来”レストランなどバラエティに富んだラインアップとなっています。(2014/4/25)

無計画なリストラが経営を苦しくする?
1000社という膨大な企業の人事の現場を見てきたという人事コンサルタントの林明文さん。人事戦略を見直すための助けとなる彼の著書、『企業の人事力』を紹介します。(2014/4/17)

ソニー、米国のソニーストア20店舗を閉鎖へ リストラの一環で
ソニー米国法人のSony Electronicsが、ソニーの全社的なリストラの一環として、米国で展開するコンセプトショップ「Sony Store」の約3分の2店舗を閉鎖する。(2014/2/27)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「気付けば、まったく知らない会社で働いていた」悲劇はなぜ起きるのか
「気がついたらリストラに巻き込まれていた」「いつの間にか入社した会社と違う会社で働いていた」……何のことかと思うかもしれませんが、少なからぬ企業で起きている現実です。このような不幸が起こる原因とは?(2014/2/17)

40代からのリストラに備える方法
解雇や倒産などに対する備えが必要と言われる昨今。そんな中で40代のビジネスパーソンはどう準備をすればいいのでしょうか。『40歳からの会社に頼らない働き方』の著者柳川範之さんにお話をうかがいました。(2014/1/7)

脱ガラパゴス社員! リストラ知らずになる7つの仕事術
もしあなたが「ガラパゴス社員」だという自覚があるのなら、いずれはリストラの脅威にさらされることになるだろう。そうならないためには、どんなチカラを身に付ければいいのか。(2013/11/27)

世間から必要とされない“ガラパゴス社員”になっていないか?
企業がリストラを考えたとき、真っ先にクビになるのは変化を拒絶する社員だ! 「フリーで働く前に! 読む本」などの著者である中山マコト氏が、会社にはびこる“ガラパゴス社員”に警鐘を鳴らす。(2013/11/20)

ミクシィ朝倉社長「リストラ一切やっていない」
ミクシィの朝倉社長は、同社でリストラのための“追い出し部屋”が作られたとする一部報道について、「そのようなことは一切やっていない」と強い調子で否定。ただ、それ以上の説明はしなかった。(2013/11/8)

4500人リストラのBlackBerry、企業連合による買収案に合意
8月から身売りを検討していたBlackBerryが、金融持株会社Fairfaxが統括する企業連合による買収案に合意した。買収総額は約47億ドルになる見込みだ。(2013/9/24)

「好況の今だからこそ人員整理を」アベノミクスでリストラが進む?
経営コンサルタントの中沢光昭氏は「好景気だからといってリストラが減るわけではない」と言います。中沢氏の著書からその理由を紹介します。(2013/6/19)

Zynga、520人削減 モバイルシフト集中で復活を目指す
ソーシャルゲームのZyngaが約18%の人員削減やオフィス閉鎖を含む大規模なリストラを発表した。後れを取っているモバイルおよびマルチプラットフォームへの移行に集中し、復活を図る。(2013/6/4)

応募殺到はベテラン技術者による「会社への恩返し」か:
リストラ応募のその前に。再就職を成功させる“いろは”の“い”
2013年になっても続いている企業のリストラ。再就職を余儀なくされた製造業エンジニアに最低限知っておいてほしい“いろは”の“い”を製造業出身のキャリアコンサルタントが語る。(2013/5/14)

Weekly Memo:
リストラの先に見据えた富士通の照準
富士通が先週、半導体事業の再編を柱とするリストラ策を発表した。会見でのやりとりから、リストラの先に見据えた同社の照準が鮮明に浮かび上がってきた。(2013/2/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。