ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小売業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小売業」に関する情報が集まったページです。

ブラックバイトはこれで壊滅? 外食業界などで導入進むアルバイト定着の“秘密兵器”
ブラックバイトやバイトテロ問題を解決する“秘密兵器”を東京・下町のITベンチャーが開発し、外食や小売業を中心に導入企業が広がっている。「ブラック企業」を壊滅し、「ホワイト企業」を育てるシステムとは……。(2018/6/12)

別種を使用する例も:
絶滅危惧のウナギ、2.7トン超が廃棄 大手小売り調査
2017年に大手小売事業者が廃棄した二ホンウナギは約2.7トン。NGO(非政府組織)グリーンピース・ジャパンの調査で判明した。「かば焼き」に加工したものが賞味期限切れなどの理由で捨てられていた。(2018/6/4)

IT活用:
電力小売の販管費を劇的に削減、パネイルが業務自動化ソリューションを発表
新電力ベンチャーのパネイルが、電力小売業務の自動化ソリューションを発表。スイッチング処理や需給管理、請求処理などを自動化し、コスト削減に貢献するという。(2018/5/30)

市場の変化に取り残されないためには
リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側
小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。(2018/5/24)

Walmart、インドEC最大手Flipkartの160億ドルでの買収を発表 ソフトバンクは株式売却
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、インドECサイトの最大手であるFlipkartの買収を発表した。株式の77%を約1兆7500億円で取得する。主要株主だったソフトバンクは持ち株をWalmartに売却した。(2018/5/10)

PR:小売店の人手不足を解消! 一歩進んだ「需要予測」の活用法
小売業の店舗で深刻化している「人手不足」。その解決につながる提案を始めようとしているのが、SAS Institute Japanだ。「需要予測」「在庫最適化」のソリューションを活用して、売り場の負担を軽減するという。どのような提案なのだろうか。(2018/5/10)

日本企業の1位はイオン:
世界の小売業ランキング2018、Amazonは6位に
デロイト トーマツ コンサルティングが「世界の小売業ランキング2018」を発表。Amazon.comが6位にランクイン。日本企業ではイオンが12位に食い込んだ。(2018/5/7)

電子ブックレット(組み込み開発):
リテールテックJAPAN2018レポート
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2018年3月6〜9日に開催された「リテールテックJAPAN2018」の記事をぎゅっとまとめた「リテールテックJAPAN2018レポート」をお届けします。(2018/4/16)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
画像解析でレガシーな小売業を“データドリブン”に――看板屋「クレスト」2代目社長の挑戦
小売業のリアル店舗に設置し、店舗前の交通量やディスプレイへの関心度を計測する「ESASY」。強い問題意識があっても、アナログな業界にデジタルの考え方を持ち込むのは難しい。IT業界の経験がないという永井氏が、なぜこのサービスを生み出せたのか。(2018/4/11)

「Domopalooza 2018」レポート:
経営層が全社のデータにアクセスできると何が変わるか、米小売業大手Targetに学ぶ
DOMOが米国で開催した年次カンファレンス「Domopalooza 2018」のクロージングセッションから、米小売業大手Targetのデータ活用と、そこで分析ツールが果たす役割について紹介する。(2018/4/11)

クラウド活用によるサービスビジネス化への転換:
PR:小売業を支えるMD基幹パッケージ「MDware」――クラウド版開発でVINXが新たな需要を開拓へ
流通業に強い独立系ソフトウェアベンダーのヴィンクスは、「MDware自動発注クラウド」を開発するに当たって、プラットフォームとして「Azure SQL Database」を正式に採用した。オンプレミス版では他社RDBを使っていたものの、なぜクラウド版ではAzure SQL Databaseを使い始めたのだろうか。(2018/4/9)

来週話題になるハナシ:
トイザらスを破滅に追いやったのは誰か、得するのは誰か
米国の玩具小売大手トイザらスが、米国事業を清算すると発表した。ECサイトの台頭で経営難に陥った……と思われたかもしれないが、本当にそうなのか。真相はちょっと違うようで……。(2018/3/30)

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

リテールテックJAPAN2018:
ローソンも検討中のIoTデジタル販促サービス、「Kinect」をTOFセンサーに変更
SBクリエイティブは、「リテールテックJAPAN 2018」の日本マイクロソフトブース内において、インストア向けのIoTデジタル販促サービス「インテリジェント・ラベル」のデモを披露した。ローソンが次世代コンビニと位置付ける「オープンイノベーションセンター」での取り組み事例になる。(2018/3/13)

サービス領域の絞り込みが鍵:
過剰な「お客様のため」を見直せば生産性は上がる
人手不足に苦しむ飲食業界や小売業界では生産性向上はすぐに取り組むべき課題だ。そのためには、「お客様のため」という名のもとにはびこる不要な業務を削減することが必要だ。(2018/3/12)

リテールテックJAPAN2018:
NECと富士通の店舗で働くロボットが進化、台数が増えたりスリムになったり
「リテールテックJAPAN 2018」に出展したNECと富士通が、小売店舗でのロボット活用に関する提案展示を行った。両社とも、前回の「リテールテックJAPAN 2017」からさらなる進化を遂げていた。(2018/3/12)

Microsoft Focus:
流通を科学し、建設現場を見える化する――DXを支えるクラウドの力
小売業と建設業の現場で、デジタルトランスフォーメーション(DX)のプラットフォームとして「Microsoft Azure」が採用された。それぞれの特徴から、Azure活用の可能性を探ってみる。(2018/3/17)

リテールテックJAPAN2018:
オムロンの“現実的な”レジレスソリューション、セキュリティゲートは扉がない
オムロン ソーシアルソリューションズは、「リテールテックJAPAN 2018」において、レジ待ちなしでマイペースな買い物ができるソリューション「無人ショッピングナビ」を提案した。(2018/3/9)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
小売りの未来のカタチは「アマゾン・ゴー」だけではない
AIを活用した最先端のコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題です。今後このような無人店舗は当たり前の小売り業態となっているでしょう。しかし、もっと別の切り口が小売業の未来には必要だと思っています。(2018/3/9)

リテールテックJAPAN2018:
カメラを使わずレーダーで顧客動態を見える化、NECがサービス提供へ
NECは、「リテールテックJAPAN 2018」において、店舗における顧客動態をカメラを使わずにレーダーで見える化するサービスを紹介した。現在実証実験による顧客からの評価を受けており、2018年6月の発売を予定している。(2018/3/8)

スマホで撮影するだけで商品棚の陳列状況を把握・分析――NTTドコモ、商品棚画像認識エンジンを開発
NTTドコモが、商品棚をスマートフォンのカメラなどで撮影するだけで、商品の陳列状況を把握できるAI技術「商品棚画像認識エンジン」を開発。商品の重なりや向きに依存せず、商品棚の陳列状況を高精度に把握する。陳列棚での商品管理や売上分析など、流通・小売業界への活用を見込む。(2018/3/2)

ABEJA、AIプラットフォーム「ABEJA Platform」正式版をリリース 業界特化型SaaSも拡充
ABEJAは、AIインテグレーションサービス「ABEJA Platform」の正式版の提供を開始。AIやディープラーニングのビジネス活用を包括的に支援する。併せてABEJA Platformを活用した業界別SaaSを「ABEJA Insight」として刷新し、小売・流通業界向け、製造業界向け、インフラ業界向けに展開を開始した。(2018/2/26)

小売・流通アナリストの視点:
アマゾン・ゴーの出現は既存小売にとってピンチなのか?
レジのないコンビニ「アマゾン・ゴー」が一般客向けにオープンした。利便性が高いなどと評判が良いが、一方で既存の小売業にとっては脅威になるのは事実だ。ただ、すべてが取って代わられるかと言えば、決してそうとも言い難い。(2018/2/21)

セブン、国内店舗数が2万店超え 小売業初
コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の国内店舗数が2万店を突破。国内小売業として初という。(2018/1/31)

米小売り大手Target、Amazon対抗で食料品配送のShiptを買収
小売り大手のTargetが、即日配送サービスを展開する新興企業Shiptを5億5000万ドルで買収する。Amazon.com対抗が狙い。(2017/12/14)

来店効果の可視化や顧客の居住エリア推定も:
朝日広告社、流通・小売業向けに位置情報ベースのマーケティング管理ツールを提供
朝日広告社はブログウォッチャーと連携し、位置情報データを基にした流通・小売業向け統合マーケティング管理プラットフォーム「ON AIR Analytics for リテール」の提供を開始した。(2017/12/6)

多言語対応で外国人の接客も可能に:
在庫確認や個別の商品提案も――SPJ、小売業に特化したAI接客システムを発売
SPJは、小売業に特化したAI(人工知能)接客システムを発売する。対応可能な単語や業務内容を小売業の接客に絞り込むことで回答精度を高め、来店客との対話内容も学習可能だ。(2017/12/5)

秋冬物衣料が好調:
小売業販売、9月は全業態で好調 高額品中心に7年ぶり11カ月連続増
9月の商業動態統計速報によると、小売業販売額はほぼ全業種で増加し、前年比2.2%増の11兆2860億円となった。(2017/10/30)

ユーザー認証もSNS連携でスムーズに:
店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売業向けクラウドサービス「Volare」の販売を開始した。(2017/10/23)

今後はMicrosoft Azure上での稼働も:
PR:統合顧客基盤「eMplex(エンプレックス)」の進化と、それに伴うセキュリティ機能強化の必要性がSQL Server対応への“決め手”に――数百万人の会員にサービスを提供するB2C統合顧客基盤「eMplex」の選択
パッケージソフトウェアを取り巻く環境変化や、SQL Serverの機能やサービスの発展により、パッケージソフトウェアで「Microsoft SQL Server」を利用する例が増えてきている。その1つが、SCSKのB2C事業者向け統合顧客基盤「eMplex」。数百万人の会員にポイント管理などのサービスを提供するCRM用DBとして、大手小売企業でも数多くの採用実績を誇る製品だ。2018年の早い時期に、Microsoft Azure上での稼働も可能になる予定だ。(2017/10/23)

導線に合わせて、適切なコンテンツを配信:
シスコとゆめみ、「店内体験向上ソリューション」を共同で提供
シスコシステムズとゆめみは、小売・流通・施設業界向けに「店内体験向上ソリューション」を提供する。(2017/10/13)

財務管理や在庫消費予測機能も強化:
SAPジャパン、機械学習機能を追加した最新版ERPスイート「SAP S/4HANA 1709」を発表
SAPジャパンは、ERPスイート「SAP S/4HANA」の最新版「SAP S/4HANA 1709」を発表。予測分析や機械学習機能を新たに追加し、製造業や小売業向けの工程管理機能を強化した。(2017/10/4)

Weekly Memo:
オムニチャネル時代のPOSに欠かせない3つの要素
日本HPがおしゃれな店舗にフィットするPOSの新製品を発表した。確かにおしゃれなPOSは今までなかった。実はそこに小売業の構造変化が映し出されているのではないだろうか。(2017/8/28)

GoogleとWalmart、「Google Assistant」での音声ショッピングでAmazon.comに対抗
米小売大手のWalmartが「Google Express」に参加し、「Googleアシスタント」搭載の「Google Home」での音声によるショッピングサービスを9月に始める。Googleはまた、Expressの会費を無料にした。(2017/8/24)

はるやま、ワタミも年収アップ:
上場小売業の平均年収、1位はあのレストラン運営会社
2016年度の上場小売業の平均年収は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/8/22)

トップ10にコンビニ3社ランクイン:
アジアの小売業者ランキング、1位はイオングループ
英ユーロモニターがアジア主要14カ国の小売業者のランキングを発表。1位はイオングループ。トップ10にはセブン-イレブンジャパン、ファミリーマート、ローソンの3社も入った。中国、インドネシア、韓国はモバイルコマースが成長。(2017/7/13)

すぐ分かるオムニチャネル 後編:
B2Bや自治体でも「オムニチャネル」、業界別の展開例を知る
オムニチャネルは小売業だけのものではありません。その他の業界でも展開することができます。今回はさまざまな業界におけるオムニチャネル事例を紹介します。(2017/7/13)

実店舗向けアプリ開発者に福音
Amazonが仕掛ける、次世代の小売り向けAPIとは
Amazonによる137億ドルでのWhole Foods買収を巡り、アナリストが注目しているのは主に小売りの側面だ。一方でこの買収は、小売業向けアプリケーションの開発者に変化をもたらす可能性がある。(2017/7/6)

プライバシーとのバランスも必要だが……
小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?
物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。(2017/7/5)

自然エネルギー:
食品廃棄物でバイオマス発電、静岡県がモデルケースを公表へ
静岡県は食品廃棄物から取り出したメタンガスで発電する小型プラントを開発し、実用化に向けた実証実験に着手する。複数の食品工場で事例を蓄積し、試験結果を業種ごとのモデルケースとして公表する。県内の食品加工業や小売業におけるバイオマス資源の利活用を促進し、エネルギーの地産地消を後押ししたい考えだ。(2017/6/26)

リテールテックプロダクトユニット「ASE」を発足:
フリークアウト、流通・小売業向けにジオマーケティングサービスを提供
フリークアウトは、流通・小売業向けのリテールテックプロダクトユニット「ASE(エース)」を発足した。(2017/6/14)

ダッソー・システムズ マイ・コレクション:
米Fossilグループが消費財/小売業向けPLMソフトウェアを採用
フランスのダッソー・システムズは、同社の消費財/小売業向けPLMソフトウェア「マイ・コレクション」を、米Fossilグループが採用したと発表した。(2017/5/23)

Gartner Insights Pickup(19):
顧客体験、イノベーションと有名ブランドの緩やかな死
小売大手の米シアーズが苦境にあえいでいる。今回は米ボーダーズ、米コダック、米サーキットシティなど過去に破綻した3社と、ビジネスを継続している競合3社を比較する。そこから分かるのは、顧客体験(CX)を追求して生まれる力だ。(2017/5/12)

製造IT導入事例:
ファッションブランド企業がPLMシステムを新たに導入
フランスのダッソー・システムズは、同社の消費財/小売業向けPLMソフトウェア「マイ・コレクション」を、米Fossilグループが採用したと発表した。(2017/5/10)

価値観に合わせた接客可能に:
インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(ゲノメトリクス)」と、プレイドが提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が連携開始したと発表した。 (2017/4/28)

POSデータを公開、売り場づくりはメーカーとともに――異端の販売戦略を支えるデータ分析のチカラ
データ活用を通して顧客満足度と売り上げを高めようと、さまざまな施策を行う小売業界の「トライアル」。POSデータを公開し、メーカーと店舗が同じデータを基に議論する体制を整えることが、さまざまな価値の源泉にあるようだ。(2017/4/26)

電子レシートやIoTショッピングカートーートライアルCIOが語る、スーパーマーケットの未来とは?
電子レシートやタブレット内蔵ショッピングカートなど、先進的なIT活用で知られる小売業界の「トライアル」。同社のCIOが語る、さまざまな取り組みからはスーパーマーケットの未来が見えてくる。(2017/4/24)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

日本企業はトップ100に5社:
世界の小売業ランキング、Amazonが初のトップ10入り
デロイトトーマツコンサルティングは「世界の小売業ランキング2017」を発表。トップ3は昨年と変わらずWal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Kroger。Amazon.comが調査開始以来初のトップ10入りを果たした。(2017/4/4)

3分で分かるこれからの電力業界(10):
10年以上の歴史を持つ「老舗新電力会社」
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。最終回となる今回は、電力小売事業が一部開放された2000年ごろから電力事業に参入し、比較的長い期間をかけて事業を行ってきた“老舗の新電力会社”について紹介する。(2017/3/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。