ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小売業」最新記事一覧

日立ソリューションズ東日本 SynCAS 3.0:
PSI計画支援ソリューションの新版登場、卸売・小売業者向けに
日立ソリューションズ東日本は、発注計画支援ソリューションの最新版「SynCAS 3.0」を2016年5月初旬に発売する。(2016/4/21)

製造ITニュース:
卸売・小売業向けに発注計画支援ソリューションの最新版を発表
日立ソリューションズ東日本は、発注計画支援ソリューションの最新版「SynCAS 3.0」を、2016年5月初旬に発売する。過去の販売実績や販売予測から、適正な在庫基準値・推奨発注数量を自動で算出できる。(2016/4/11)

IT活用:
日本版 電力自由化の特徴「Bルート」、活用できるサービスが開始
IIJは電力小売事業者やスマートメーターを活用したサービス提供企業に向けて「スマートメーター Bルート」の活用に必要なシステム基盤の提供を開始する。2015年6月からトライアルでの展開を進めてきたが、2016年4月から商用サービスを本格展開する。(2016/4/1)

消費者の行動を深く分析
顧客に最適化した「おもてなし」を実現する、流通小売業界の新しい武器とは?
流通小売業界のビジネスにおける舵を握るのは、今や企業ではなく「顧客の行動パターン」に変わりつつある。POSデータやポイントカードなどから得られたデータを顧客分析につなげ、サービスの質を高める方法とは?(2016/3/29)

法制度・規制:
電力全面自由化が再生可能エネルギーに与える影響は何か
2016年4月1日からの電力小売全面自由化を控え、発電事業者や小売事業者はどういう変化を意識し、準備を進めていかなければならないのか。新たに電力小売に参入したLooopは「電力自由化時代における再生可能エネルギーの位置付けと展望」と題したプレスセミナーを開催。電力小売全面自由化を受け、事業者の状況や生活者の意識がどう変わるのかを有識者のパネルディスカッションによって紹介した。(2016/3/24)

省エネ機器:
冷蔵・冷凍庫の省エネ基準が見直しに、2021年度までに22%の改善へ
電気冷蔵庫と電気冷凍庫の省エネルギー性能に関するトップランナー目標値が、約9年振りに見直された。これと同時に小売事業者表示制度における順守事項も改正される。(2016/3/7)

スマートエネルギーWeek 2016:
勃興する「新電力立ち上げ」ビジネス、支援企業が増加
2016年4月の電力小売全面自由化を控え、新規参入企業が増加している。こうした中で“黒子”として新たな電力小売事業者の立ち上げを支援する企業などが登場してきている。(2016/3/2)

風通しの良い職場は、作れる
離職率の高い流通小売業界を、人気業界に変える新しい仕組みとは?
流通小売業界の人手不足は深刻だ。人材の獲得と定着のための打開策を「仕事への誇り・働きがいの向上」「より良いコミュニケーション」「働きやすい環境づくり」という3つの観点から紹介する。(2016/2/25)

電気料金の新プラン検証シリーズ(21):
「地産地消」で関西電力より16%安く、地域特化で挑む「はりま電力」
電力の小売全面自由化に向け、広い地域で小売事業を展開する既存電力会社や大手の新規参入事業者が続々と新料金プランを発表している。一方で特定の地域に特化し、「電力の地産地消」をアピールして顧客獲得を狙う小売事業者も登場している。兵庫県姫路市のはりま電力は関西電力より最大約16%安くなる電気料金プランを設定し、播磨地域を中心とした電力の地産地消を目指す。(2016/2/22)

ソニーの「PlayStation VR」は今秋発売? 米ゲーム小売り大手CEOが言及
ソニーが2016年上期発売予定としているVR HMD「PlayStation VR」について、米ゲーム小売り大手GameStopのCEOが「われわれはソニー製品を今秋ローンチする」と語った。(2016/2/17)

電力供給サービス:
電力自由化のカギを握る卸売市場、ポイントは「既存電力会社の取引量」
電力小売全面自由化においてカギを握ると見られているのが、発電事業者と小売事業者が電力の売買を行える「日本卸電力取引所(JEPX)」である。同取引所が「新電力EXPO 2016」に出展し、あらためて健全な電力市場構築に向けたアピールを行った。(2016/1/28)

米Intelとサトー、小売業向けIoTソリューションを開発
サトーホールディングスの子会社が、米Intelと協業で、小売業向けのIoTソリューションの提供を始める。(2016/1/19)

2016年の小売業界はどう動くべきか?
店舗閉鎖、コンビニとの経営統合……。長らく業績が振るわない総合スーパーにとって昨年は大きな転換期だった。そして今後、小売業界全体はどのように進んでいくのだろうか。専門家が解説する。(2016/1/15)

オムニチャネルも実現
小売業界で生き残るためのシステム開発、鍵はクラウド活用にあり
ただ「モノを仕入れれば売れる」時代は、既に過ぎ去ってしまった現在、小売流通業界で生き残るため、ITへのますますのシフトが不可欠だ。今するべきこととは?(2016/1/13)

中堅・中小卸売業/小売業の読者が選んだ、2015年記事ランキング(情報系システム編)
気になる「Google フォト」 2015年、中小の卸・小売業が最も読んだ記事は
Google フォトやOffice 2016など、さまざまな動きがあった情報系システム。中堅・中小の卸売業/小売業の読者は、何に注目したのでしょうか。記事ランキングで振り返ります。(2015/12/30)

次世代WANネットワーク技術「SD-WAN」の真価を見る
数千拠点規模で採用! 拠点WANコストを劇的に削減するセキュアSD-WANの衝撃
ビジネスの拡大に伴いWAN環境の運用管理の煩雑さや回線・運用コストに悩む企業が後を絶たない。そんな中、多数の拠点を抱える製造・小売・流通・金融業を中心にWANの新技術が注目されている。その秘密に迫る。(2015/12/24)

ポイントは消費行動の分析
訪日外国人「年間4兆円の購買力」を売りにつなげるには?
訪日外国人の急増というビジネスチャンスを小売業・流通企業はもうけにつなげることができるのか。鍵は外国人の消費行動分析だ。「訪日前」「訪日中」「帰国後」という3つの切り口から売上向上のヒントを紹介する。(2015/12/4)

Criteoが調査(2015年4〜7月):
日本の上位25%の小売業者ではモバイルからの売り上げが8割以上
Criteoがモバイルコマースの現状に関する第3四半期(7-9月)の調査結果を発表。日本における動向も明らかにした。(2015/11/16)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
攻撃者は、DDoS攻撃をある恐ろしい目的のために行っているという。新しいDDoS攻撃の真の脅威とは? 他に、顔認識技術を使う小売業者の実際、多くのルーターにバックドアが仕込まれている問題、オープンソース活用、Auze導入事例などをお届けする。(2015/11/16)

店舗のデータ利用許す/許さないの境界線
「30%の小売業者が顔認識技術で顧客を追跡」に反発する理由、受け入れる理由
調査の結果、小売業者の約30%が顔認識テクノロジーで店内の顧客を追跡していることが分かった。小売業者によるデータ収集は増大傾向にあり、データ収集・利用の在り方を見直す必要が出てきた。(2015/11/16)

脱チラシへ、店舗のスマートフォン活用を促進:
月額1万3000円でO2Oアプリを簡単に作れる小売業向けクラウドサービス、ネットイヤーグループが開始
ネットイヤーグループは、小売業向けに月額1万3000円でスマートフォンアプリを簡単に作成できるクラウドサービス「ぽぷろう」の販売を開始した。(2015/11/13)

PCI DSS準拠の高いセキュリティ水準を実現:
クラウド型ECサイト構築のデマンドウェアがベリトランスの決済サービスと連係
デマンドウェアは2015年10月20日、ベリトランスと提携し、デマンドウェアが提供する小売企業向けクラウドコマースパッケージに、ベリトランスのオンライン決済サービスとの連係機能を標準搭載すると発表した。(2015/10/20)

オンライン決済のStripe、アプリ内購入ボタンツール「Relay」でTwitter他と提携
オンライン決済サービスのStripeが、小売業者がTwitterなどのアプリで商品を販売するためのツール(API)「Relay」をリリースした。業者は複数のアプリで販売する商品をダッシュボードで一元管理できる。(2015/9/15)

アジアから数千人が押し寄せる:
インバウンドに沸く沖縄の小売業、しかし課題も
訪日外国人数が過去最高を記録し、インバウンド消費による好況が小売業界に到来している。特にアジア地域からの大型クルーズ客船が寄港する沖縄ではその勢いが強く、スーパーマーケット各社の業績も伸びている。しかし今後の課題も散見されるという。(2015/9/8)

小売・流通専門家に聞く:
オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
今スーパーマーケット業界で旬なキーワードが、すべての販売チャネルを統合する「オムニチャネル」であろう。大手を中心に各社がその推進を急いでいる。日本におけるオムニチャネルの現状や成功のポイントを小売・流通業界に詳しいアクセンチュアの山口邦成シニア・マネジャーが解説した。(2015/8/7)

Apple Watch、BestBuyが8月から販売開始
これまで米国ではApple Storeでしか販売していなかった「Apple Watch」を、小売り大手BestBuyが100以上の実店舗とオンラインストアで8月7日から販売する。(2015/7/27)

電力供給サービス:
スマートメーター「Bルート」で新ビジネス、サービス開発基盤を無償提供
IIJは電力小売事業者およびM2M/IoT関連企業向けに、スマートメーター「Bルート」利用したサービス開発を行えるシステム基盤の無償提供を開始した。(2015/6/30)

Computer Weekly製品導入ガイド
小売大手M&S、データ分析で供給態勢を改善
Marks & Spencerはロジスティクスを改善するためのバックエンドプロジェクトを予測分析の革新へと膨らませ、取締役レベルの意思決定の原動力とした。(2015/6/29)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

エネルギー管理:
電力小売事業者がHEMSサービスを追加可能に――全面自由化に向け自社プランを強化
NTT東日本は電力小売事業者向けHEMSサービス「フレッツ・ミルエネ事業者プラン」を発表した。2016年の電力の小売り全面自由化に伴い、自社の電力サービスの付加価値向上を目指す電力事業者に向けて安価にHEMSサービスを提供していく狙いだ。(2015/4/27)

小売店の適正発注を支援:
ビッグデータで今日売れる弁当の数を予測――NECが日配品需要予測ソリューションを提供
NECは4月10日、ビッグデータ技術を用いて弁当や総菜などの日配品の販売数を予測し、発注を適正化する小売業向けソリューション「日配品需要予測ソリューション」の提供を開始した。(2015/4/14)

電力供給サービス:
電力自由化で開放される7.5兆円の国内低圧市場、日米の電力事業者が協業で狙う
2016年4月にスタートする電力の小売全面自由化を控え、新電力各社の取り組みも活発になってきた。新電力のイーレックスは、小売全面自由化により開放される日本国内の低圧市場への参入に向け、米国の小売事業者であるSpark Energyと採算性などについての共同検討を行うと発表した。(2015/4/14)

Searsの元CISOが語る
小売大手が詐欺防止のために取り組む「ビッグデータ+セキュリティ分析」の効果とは
小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。(2015/3/30)

重要なのは文化と技術
一度は失敗、ある古着販売業者がたどり着いた「データ駆動型経営」の全て
多くの企業は、データ駆動型の経営を行いたいと口をそろえていう。そこにたどり着くまでの道のりは決して平たんなものではないが、ある小売業者は、包括的なアプローチによってその目的を達成することに成功した。(2015/3/12)

リテールイノベーションを加速:
富士通、小売業向け情報利活用ビジネスプラットフォーム「CHANNEL Value」を6月より提供開始
富士通は2月26日、オムニチャネルを推進している小売業向けの情報利活用ビジネスプラットフォーム「CHANNEL Value」を発表、2015年6月より順次出荷していくことを発表した。(2015/2/26)

電力供給サービス:
電力の小売事業者向けITシステム、同時同量の計画管理まで支援
電力市場に参入する事業者には多くの業務が発生する。料金計算のほかに契約管理や送配電事業者との連携、さらに需要と供給量を一致させる同時同量の計画管理も求められる。一連の業務を処理するためにはITシステムが不可欠で、小売事業者を対象にした新しいサービスが相次いで始まる。(2015/2/25)

楽天Kobo、英Tescoの電子書籍事業クローズに伴う受け皿に
スーパー・小売業界大手の英Tescoが自社の電子書店をクローズ。その受け皿は楽天Koboとなった。(2015/1/29)

動き出す電力システム改革(28):
電力会社から契約を変更する「スイッチング」、2016年1月に受付開始
小売の全面自由化が始まると、電力会社から別の小売事業者へ契約を切り替える「スイッチング」を求める利用者が数多く生まれる。スイッチングの申込は2016年1月から受け付ける予定だ。全国の需要と供給を調整する「広域機関」がシステムを運営してスイッチングの手続きを迅速に処理する。(2015/1/28)

売り場の状況共有が手軽に:
店舗オペレーション最適化Webツール、ヤラカス舘が提供
流通/小売業、サービス業、メーカーなどにマーケティングコンサルティングやプロモーションプランニングを提供するヤラカス舘は1月27日、流通/小売業や直営店を持つメーカーなどを対象に店舗オペレーションを最適化するWebツール「MiiNA(ミーナ)」の提供を開始した。(2015/1/27)

動き出す電力システム改革(27):
スマートメーターのデータを小売事業者へ、電力使用量を60分以内に提供
小売の全面自由化が始まる2016年4月には、家庭に設置したスマートメーターのデータが電力会社以外の小売事業者にも提供される予定だ。電力会社のシステムで各家庭の30分単位の電力使用量を算出したうえで、小売事業者ごとに分割したデータを取得できるようになる。(2015/1/26)

AWSとアマゾンの関係:
アマゾンの本質は「オンライン小売企業」ではない
クラウドサービスで、マイクロソフトやグーグルのように、財務的に体力のある企業と、AWSは今後戦い続けていけるのか。すなわち、AWSの母体であるアマゾンは、AWSに対して十分投資し続けることができるのか。これを探るには、アマゾンが一般的なオンライン小売企業とどう異なるのかを考える必要がある。(2015/1/19)

ホワイトペーパー:
ソーシャル時代に売り上げを最大化するための顧客との関係構築(小売業編)
顧客の消費行動が大きく変わりつつある今、小売業には新たな販売とブランド訴求のチャンスがある。ある小売業を例に、ソーシャルメディアやクラウドアプリケーションを活用して、効果的に購買へと結び付ける顧客との関係構築方法を解説する。(2015/1/15)

クラウドサービスをフル活用
有望スタートアップが使っているマーケティングツールを全部見せます
必要最小限のスタッフしかいない小売業界のあるスタートアップ企業は、IT部門の代役として、クラウドベースの分析機能を活用している。(2014/12/22)

実現できているのは45%:
ハイブリス、小売業オムニチャネルに関する調査結果を発表
コマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は12月19日、RSSが行なった小売業者が直面するオムニチャネル・コマースの課題に関する調査結果を発表した。(2014/12/19)

電力供給サービス:
750万台のスマートメーターが2015年度に、小売事業者の設置も認める
全国で8000万以上の家庭や企業にスマートメーターを導入する計画が着々と進んでいる。2015年度には九州を除く9つの電力会社が導入を開始して、年間に750万台を設置する計画だ。政府は電力会社以外の小売事業者にも設置を認める方向で、事業者間の責任分担などの検討を開始した。(2014/12/12)

動き出す電力システム改革(24):
再生可能エネルギーに特例制度、発電量の過不足は事業者の負担を軽く
電力小売の全面自由化に合わせて、発電事業者や小売事業者に課せられる「同時同量制度」が緩和される。太陽光や風力などの再生可能エネルギーを供給する場合には、電力の過不足が生じる可能性があるため、発電事業者が責任を負わなくて済む「特例制度」を設ける予定だ。(2014/12/5)

かつての流通の雄:
ダイエーはなぜ衰退したのか
「ダイエー」が姿を消す日がやってくる。1980年に日本の小売業で初の年間売上高1兆円を突破するなど一時代を築いてきたが、その名が間もなく消える。(2014/12/1)

動き出す電力システム改革(23):
送配電事業者に厳しい規制、人事もグループ会社と中立に
2018年にも実施する発送電分離にあたっては、電力会社から独立する「一般送配電事業者」の中立性を確保することが最大の課題になる。分離・独立後には同じグループの発電・小売事業者とのあいだで、役員や従業員の兼業禁止、影響力行使の禁止などの規制が設けられる予定だ。(2014/11/20)

動き出す電力システム改革(22):
小売・発電事業者はネット経由で毎日の計画提出が必要、2015年10月めどに準備を
電力の小売全面自由化と合わせて全国各地の需給バランスを維持するためには、小売事業者と発電事業者が30分単位の需給計画などを広域機関に提出する必要がある。提出方法は3種類から選ぶことができるが、いずれの場合でもデータを暗号化して送信することが求められる。(2014/11/7)

Apple Pay対抗の決済サービス、試験プログラム参加者のアドレスが流出
米小売業界が推進する決済サービス「CurrentC」の試験プログラム参加者などの一部のメールアドレスが流出した。(2014/10/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。