ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SIM通」最新記事一覧

SIM通:
訪日外国人に無料SIMカードを提供 その背景は?
2017年に入ってから、無料のSIMカードを用いたさまざまな訪日外国人向けサービスが登場。どういったサービス内容になっているのか紹介します。(2017/2/28)

SIM通:
IIJmioのSIMフリースマホセット 全国の郵便局で購入可能に
日本郵便とIIJは、「IIJmio」のSIMフリースマホとSIMのセット商品が、2月24日より全国の郵便局に設置してあるカタログで購入可能になると発表した。これまでの7,561局に新たに10,376局が加わり、計20,077局で取り扱われるようになる。(2017/2/24)

SIM通:
mineoが「フリータンク」のルール変更を発表
mineoは、利用者同士の共有パケット貯蔵庫「フリータンク」利用に関して、ルールの一部を変更した。これは、1月下旬にフリータンクのパケットが枯渇危機になったことを受けての対応。(2017/2/23)

SIM通:
話題のFREETEL「RAIJIN 雷神」がついに発売
2016年10月に発表され、高いスペックに大容量バッテリーを搭載など、期待の高かったSIMフリースマホ「RAIJIN 雷神」が、2月1日より販売を開始。今回はRAIJINの主な特徴をご紹介します。(2017/2/22)

SIM通:
IoTとMVNOはどうかかわる?これまでとこれから
「IoT」と言う言葉を目にすることが多くなり、最近では、MVNO系のIoTサービスが注目を集めている。では、そもそもIoTとはいったいどんなもので、なぜ今注目されているのでしょうか。(2017/2/21)

SIM通:
OCN モバイル ONEに大容量の新コースが登場!
OCN モバイル ONEは、家族で通信容量をシェアできる20GB/月コースと30GB/月コースを新設。これまでは10GB/月が最大だったが、さらに大容量のコースが2つ追加される。また、現行の5GB/月コースは価格はそのままで1GB増量される。(2017/2/17)

SIM通:
nuroモバイル、1日5時間高速通信し放題の新料金プランなどを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズは、「nuroモバイル」の新商品説明会を実施した。国内通話「5分かけ放題」や、高速通信容量を時間単位で定めた「5時間プラン」など、新たに4つのサービスを提供する。また、新機種2機種の投入と、既存の3機種の値下げも発表した。(2017/2/16)

SIM通:
auのMVNOが抱える問題点とは?「IIJmio Meeting 14」レポート
IIJは、IIJmioのユーザーミーティング「IIJmio Meeting 14」を実施。昨年末に提供開始した「エコプラン」に関しての説明をはじめ、最新のSIMフリーAndroidスマホ選び、SIMロックの歴史とMVNOの対応など、幅広いテーマで解説した。(2017/2/15)

SIM通:
フリータンクが枯渇の危機?マイネ王ブログで今後の方針を発表
mineoのコミュニティサイト「マイネ王」のスタッフブログで、「フリータンク」が残容量3TBを下回り、枯渇するおそれがあると報告された。そこで、マイネ王運営事務局は、フリータンクの運営方針を明確化した。(2017/2/14)

SIM通:
UQ mobileからMVNO初の学割!「UQ学割」が登場だぞっ
UQ mobileは、18歳以下を対象とした「UQ学割」を提供すると発表した。期間中に指定プランに新規で申し込むと、適用されるキャンペーンで、従来の割引キャンペーンと合わせ、25ヶ月間2,000円割引される。(2017/2/10)

SIM通:
「NifMo」サービス拡充 料金変えず5GBプランが7GBに増量
NifMoは、5GBと10GBの2つのプランで、月々のデータ容量を料金はそのままで増量すると発表した。それぞれ7GB(1,600円〜)、13GB(2,800円〜)に変更される。また、プラン改定を記念した増量キャンペーンも実施される。(2017/2/9)

SIM通:
MVNOがあればキャリアは不要?その関係の真実は?
「高いだけの大手キャリアなんて、もういらないんじゃないの?」と思う人が増えているようです。実際はどうなのでしょうか?大手キャリアとMVNO関係性やそれぞれの違いについて解説します。(2017/2/8)

SIM通:
mineoが渋谷にカフェ併設の旗艦店をオープン
mineoは、大阪、名古屋に続く3店舗目の出店となる直営店「mineo 渋谷」をオープンした。1Fに併設したカフェでは、mineoユーザー向けの割引サービスも。4Fのマイネ王メンバー専用スペースでは、マイネ王の世界をリアルに体感できる。(2017/2/7)

SIM通:
SIMフリースマホの新2大巨頭? ASUSとHUAWEI の違いとは?
SIMフリースマホのなかでも、販売が好調なASUSとHUAWEI。この2つのメーカーの歴史や代表的な機種を比較して、それぞれの特徴をお伝えします。(2017/2/3)

SIM通:
MVNO対抗!? キャリアの学割プラン 月額2,980円〜を紐解く
auとソフトバンクが、MVNOの低価格を意識したかのような、新たな学割プランを発表しました。プランの特徴を見るとともに、主要なMVNOとの比較と新学割プランがMVNOのプランと「どこが違うか?」について見ていきましょう。(2017/2/2)

SIM通:
こんな人はMVNOに向いていない! 4つのタイプ
利用料金を抑えるために、MVNOへの乗り換えを検討している人も増えているようです。けれども、誰もがMVNOへの乗り換えで満足できるサービスを受けられるわけではありません。どういった人がMVNOに「不向き」なのか、4つのタイプを挙げて考察します。(2017/2/1)

SIM通:
子どもに安心・安全を 保護者視点で検証する「TONEモバイル」
基本料金に050のIP電話もついて月額1,080円のプランなど、独自の存在感を放つTONEモバイル。最大の売りは「子どもから大人まで安心して使える」さまざまな機能です。今回は、最新端末「TONE m15」を子どもと一緒に使用してみた感想をお伝えします。(2017/1/31)

SIM通:
スマホの修理を安心して出せる 総務省認定「登録修理業者」リスト公開
総務省は、携帯電話端末「登録修理業者制度」の登録修理業者の一覧を公開している。現在、この制度には14の修理業者が登録されていますが、どういった制度なのか紹介します。(2017/1/27)

SIM通:
VRヘッドセットが付属!VR映像やYouTubeも楽しめる「IDOL4」
TCLコミュニケーションが発売したSIMフリースマートフォン「IDOL4」。標準でVRヘッドセットが付いて、ゲームや360度映像などのVRコンテンツが楽しめる。今回はこのIDOL4をチェックしてみたいと思います。(2017/1/26)

SIM通:
LINEモバイル「MUSIC+プラン」開始 LINE MUSICがカウントフリーに
LINEモバイルは、主要SNSに加え「LINE MUSIC」のデータ通信量もカウントフリーにする「MUSIC+プラン」を開始した。なお、対象の音楽ストリーミングサービスは順次拡大予定であるとのこと。(2017/1/25)

SIM通:
TONE「IP 電話かけ放題」割引 Tポイントも5,000ポイントもらえる!
TONEモバイルは、新規加入時に「IP 電話かけ放題」を申し込んだユーザーに「Tポイント5,000ポイントバックキャンペーン」を実施。「IP 電話かけ放題」もキャンペーン中で、月額500円となっているため、2017年12月まで基本プランとあわせて1,500円で利用可能。(2017/1/24)

SIM通:
高コスパで人気のASUS!ハイスペックSIMフリー端末提供の裏側
ASUSは、もともと「マザーボード」の製造を請け負う、台湾の町工場的な会社だった。それが、いまやSIMフリースマホのトップセラーのひとつに。今回は、ASUSという会社の歴史を紹介します。(2017/1/20)

SIM通:
独自路線で成功!巨大スマホメーカーに成長したファーウェイとは
数年前まではファーウェイと聞いて理解できる人は少数でした。それが、またたく間にモバイル業界での知名度を高め、今やスマホのリーディング企業のひとつにまで成長。今回は、このファーウェイがどんな特徴を持つ会社なのか、解説します。(2017/1/19)

SIM通:
BIGLOBE「動画・音楽に関する調査」 音楽はYouTubeで聴く時代?
BIGLOBEは、スマホでの「動画・音楽」視聴に関するアンケート調査を実施。音楽を聴くために2016年に初めて使用した機器では「スマホ」という回答がトップに。スマホで音楽を聴く際に使用するサイト/サービス名では、「YouTube」がダントツで1位だった。(2017/1/18)

SIM通:
モバプリ注目はLINEモバイルとUQ mobile!?2017年のMVNO展望
昨年も大盛り上がりだった格安SIMやMVNOの各社。2017年の業界はどうなって行くのでしょうか。MVNO業界の2016年を振り返りながら、2017年の展望をモバイルプリンス氏に伺いました。(2017/1/17)

SIM通:
くまモンデザインのSIM自販機 阿蘇くまもと空港に登場だモン!
U-NEXTは、「U-mobile」のプリペイドSIMカードを購入できる自動販売機を、阿蘇くまもと空港に設置。この自販機と販売されるプリペイドSIMのパッケージには、「くまモン」と「あそらくん」が描かれた特別デザインになっている。(2017/1/13)

SIM通:
SIMフリースマホ「arrows M03」が女性におすすめの理由
初心者だけでなくMVNO通な人たちにも人気の「arrows M03」。実際に使ってみたところ、女性にも使いやすいスマホだと感じました。そこで、女性におすすめの点を中心に、使い心地をレポートします。(2017/1/12)

SIM通:
「なんでもアリ!?」のMVNO 「FREETEL」の魅力を徹底解説
FREETELは、柔軟性に富む料金プランや、自社開発のユニークな端末など、見ていて飽きることがない。そんなFREETELの魅力と背景を徹底解説します。(2017/1/11)

SIM通:
【2016年を振り返る】 MVNO業界の10大ニュース
2016年も多くのMVNOが参入したり、新しい戦略を打ち出したりして、1年を通して大きな盛り上がりを見せました。そんな2016年のMVNO市場に、大きな影響を与えた10のニュースを振り返ってみたいと思います。(2017/1/10)

SIM通:
充実の性能で19,800円!「gooのスマホ」の新機種「g07」が登場
NTTレゾナントは「gooのスマホ」の第7弾となる「g07」を発表した。gooのスマホシリーズでは初のアルミボディを採用。DSDSに対応していながら、19,800円の価格を実現している。(2016/12/30)

SIM通:
銚子電鉄の存続を「OCNモバイルONE」を使って支援とは?
銚子電鉄では、「スマートフォンを利用することで地域の足を守る」という新たな取り組みを開始した。銚電倶楽部のWebサイトからOCNモバイルONEを契約することで、利用料金の一部を銚子電鉄が行うプロジェクトの資金として活用できるという。(2016/12/29)

SIM通:
イオンモバイル、通話料半額で利用できるAQUOSケータイを発売
イオンモバイルは、折りたたみ式SIMフリー携帯電話「SHARP AQUOS ケータイ SH-N01」を販売すると発表した。「通話料半額」「VoLTE」に対応するほか、IPX5/8の防水機能、テザリング機能などを備えている。(2016/12/28)

SIM通:
格安SIMは家族で使う時代 エキサイトモバイルの利用者アンケートで判明
エキサイト株式会社は、同社の音声通話SIM利用者にアンケート調査を実施し、結果を発表した。全回答者の63%が、契約時に3枚以上のSIMを申し込んだとし、そのうち69%が本人と家族、あるいは本人以外が利用していると回答している。(2016/12/27)

SIM通:
主要SNSが使い放題のLINEモバイル 他MVNOと違うところは?
LINEが、MVNO事業に参入してスタートさせた「LINEモバイル」。MVNOに今まで関心が無かった人からも注目を集めている。いったいどんな特徴や利用者メリットがあるのでしょうか?(2016/12/22)

SIM通:
mineo、持込み端末でも安心の端末保証サービスを開始!
ケイ・オプティコムは、「mineo」において「持込み端末安心保証サービス」を開始した。月額500円(税抜)でmineo以外で購入した端末が故障した場合でも、最大で4万円の修理まで保証される。(2016/12/22)

SIM通:
BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションに「AbemaTV」が追加
BIGLOBE SIMは、エンタメフリー・オプションの対象サービスに「AbemaTV」を追加した。リリース時の「YouTube」「Google Play Music」「Apple Music」に加え、AbemaTVもデータ通信量を気にすること無く楽しめるようになる。(2016/12/21)

SIM通:
LINE モバイル「冬の感謝割」で人気端末が5,000円割引!
LINEモバイルは、人気端末がそれぞれ5,000円割引になる「冬の感謝割キャンペーン」を開催。対象となるのは「ZenFone Go」「arrows M02」「arrows M03」の3機種。期間は2017年1月10日まで。(2016/12/20)

SIM通:
LINEモバイル、エントリーパッケージがAmazonで購入可能に
LINEモバイルは、SIMエントリーパッケージをAmazonで販売開始した。購入後、Amazonから送られたコードを利用してWeb上で手続きを行うと、SIMが発送される仕組み。12月31日までに申し込むとMNPにも対応可能とのこと。(2016/12/14)

SIM通:
TONE software 3.0アップデート TONEファミリー機能をさらに進化
トーンモバイルは、サービス3周年を迎え説明会を実施。この3年間の振り返りなどのほか、「TONE software 3.0」のバージョンアップ内容に関する説明を行った。(2016/12/13)

SIM通:
冬のボーナス商戦でおすすめ!高性能SIMフリースマホまとめ
これまでの「安く、そこそこの性能」の機種から、最近は「そこそこの価格で、高性能」な機種も充実してきたSIMフリースマホ。価格が上がり「失敗したくない」と思う方も増えると思います。そこで、今回は各メーカーのハイスペックスマートフォンをまとめました。(2016/12/9)

SIM通:
IIJmio、au回線で余った通信料に応じて値引きの新プラン発表!
IIJmioは、auの4G LTE回線を利用した通信プランと端末をセットにした「IIJmio モバイルプラスサービス」を提供開始。月々のデータ通信量が使いきれずあまった場合、月額料金から割引きが適用されるのが大きな特徴となっている。(2016/12/8)

SIM通:
FREETELが新機種発表会 新プラン「スマートコミコミ」を発表!
プラスワン・マーケティングは、「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新製品として、低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」、Wi-Fiルーター「ARIA 2」、そして、半年以上利用で残金不要で機種変できる新プラン「スマートコミコミ」を発表した。(2016/12/7)

SIM通:
DTI で業界最安値「DTI SIM」 10GB 2,100円プランの提供開始
DTIは、モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」において、10GB、15GB、20GBの大容量プランを発表した。10GBプランの各SIMはいずれも業界最安値となる。(2016/12/6)

SIM通:
SIMフリースマホが拡大 2018年度にもMVNOがスマホ契約数の1割に
MM総研は、2016年度上期の国内携帯電話端末出荷台数に関する調査結果を発表した。MNO以外が取り扱うSIMフリースマホの出荷台数は、前年同期比79.1%増となり、全スマホ出荷台数に占めるSIMフリー比率は9.8%に拡大した。(2016/12/1)

SIM通:
auとソフトバンク、自社回線MVNOのSIMロック解除なし利用へ前進
総務省は、第3回モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合を開催しました。「SIMロック解除に関するガイドライン」について検討され、今後はauとソフトバンクの回線を利用するMVNOでも、キャリアが販売した端末をSIMロック解除することなく使えるようになりそうです。(2016/11/30)

SIM通:
WiFiルータなどデータ通信専用SIMで「020」番号が2017年スタート?
総務省は、電気通信番号規則等の一部改正に関する省令等案を承認した。携帯電話番号の枯渇に向けた対策として、新たに「020」から始まる携帯電話番号を新設する。主にM2M向けに使用されるほか、パケット通信のみを行うSIM単体やWiFiルータ用として付与される。(2016/11/29)

SIM通:
LINEモバイル、新規契約でデータ通信量を3か月で9GB増量キャンペーン
LINEモバイルは、「LINEモバイルデビュー応援キャンペーン」を実施。期間中にLINEモバイルを新規契約したユーザーを対象に、最大3か月連続で毎月3GB、合計9GBのデータ通信量が増量される。(2016/11/25)

SIM通:
日本通信とU-NEXTが協業合意へ 新しい市場開拓目指す
日本通信とU-NEXTは、MVNO事業に関する協業について合意したと発表した。顧客開拓をU-NEXTが担当し、日本通信はプラットフォームの開発・提供に専念。お互いの得意分野に注力し「第4の通信事業者グループを目指し市場開拓に当たる」としている。(2016/11/24)

SIM通:
SIMフリースマホの最上位「AXON 7」 究極の音楽性能に迫る
ZTEの技術の粋を集めたフラッグシップ端末「AXON 7」。スマホで初めて「Dolby Atmos」を搭載するなど、音楽ファンからも注目を集めている。今回は、そのサウンドシステムについて紹介します。(2016/11/22)

SIM通:
BIGLOBE SIM、海外版SIMフリーiPhone 6/ Plusの取り扱いを開始
ビッグローブは「BIGLOBE SIM」において、iPhone 6/iPhone 6 Plusの取り扱いを開始。Apple公式の整備品で、日本以外の国、地域向けに販売されているSIMフリー端末となる。アシストパックQを適用した端末価格はいずれも月額2,462円。(2016/11/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。