ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「Xperia Z SO-02E」最新記事一覧

ITmedia REVIEW
「Xperia Z SO-02E」レビュー記事まとめ
「Xperia Z SO-02E」購入の参考になるWeb上のレビュー記事をまとめました。ITmediaに執筆しているプロのレビュアーによる評価も掲載しています。

gooスマホ部:
パスワードを忘れてしまいホーム画面に入れなくなりました
パスワードを設定したのですが、メモし忘れてしまい、ロックを解除できなくなりました。(2014/4/11)

「Xperia Z1 SOL23」のWi-Fiやバッテリー残量表示などを改善するアップデート
KDDIが、Xperia Z1 SOL23のアップデートを4月10日に開始しした。(2014/4/10)

auの「Xperia Z Ultra SOL24」、バージョンアップでスタミナモードに対応
4月10日から、auのスマートフォン「Xperia Z Ultra SOL24」向けの機能バージョンアップが開始。スタミナモードや伝言メモが利用可能になった。(2014/4/10)

ソニーモバイル、Xperia購入者向けのSmartWatch 2の特別価格キャンペーンを実施
ソニーモバイルコミュニケーションズが、Xperia端末購入者を対象とした「SmartWatch 2 SW2の特別価格キャンペーンを実施している。(2014/4/9)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第6回:
格安SIMを使えるドコモ端末の買い方と注意事項
格安SIMカードを販売しているMVNOは、ドコモから回線を借りていることが多く、SIMロックフリーでなくても、ドコモの多くのスマートフォンでSIMを使える。今回はそんなドコモ端末の買い方を紹介する。(2014/4/4)

同質化の戦いから新しい価値の訴求へ――KDDI田中社長に聞く、2014年度の戦略
2014年度は「ガツンと行く」。そう力強く話すKDDIの田中社長。社長就任以降、2011年は事業基盤の立て直し、2012年は成長起点の年、2013年は新たなステージの初年度と位置づけて取り組んできたが、2014年度はどんな年を目指すのか。(2014/4/4)

ドコモ、GALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ
ドコモがGALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ。LTE国際ローミングが利用できるようになる。(2014/4/1)

週間記事ランキング
あえてトレンドに逆行して成功した「Sony Xperia」
「Xperia Z1 f」のグローバルモデル、Sonyの「Xperia Z1 Compact」を徹底レビュー。コンパクトモデル最高峰と評された理由を探ります。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/3/28)

「Xperia Z Ultra」、国際的デザイン賞で最高賞を受賞
ソニーのAndroidスマートフォン「Xperia Z Ultra」とデジタルカメラ「DSC-QX100/QX10」が、プロダクトデザインの世界的なデザイン賞である「Red Dot Award」の製品部門の最高賞、「Best of the Best」賞を受賞した。(2014/3/27)

ブライトンネット、スタンド機能を備えたXperia Z Ultra用マグネットケーブルを発売
充電ケーブルとスタンド機能がセットになった「Xperia Z Ultra用マグネットケーブルスタンドタイプ」が登場。(2014/3/27)

ドコモ、スマホを遠隔操作できる「スマートデータリンク Mobizen」をトライアル提供
ドコモは、PCからAndroidスマホを遠隔操作できる「スマートデータリンク Mobizen」を期間限定で提供する。スマホ内のファイルをPCに転送することも可能だ。(2014/3/26)

UNiCASEで保護フィルムプレゼント&貼付けサービスを提供する「学生応援キャンペーン」実施
エム・フロンティアが、UNiCASE各店舗にて「学生応援キャンペーン」を実施。学生証を提示したユーザーに保護フィルムのプレゼントと貼付けサービスを提供する。(2014/3/25)

そこまでいっていいんですか:
「日本Androidの会」でMVNOとSIMビジネスと日本メーカーとキャリアの将来を考えた
「Androidのイベントですからリップサービス」といいつつ、刺激的なスライドとともに2014年における日本キャリアの動向を大胆に予想していたりする。(2014/3/22)

ウィルコム、「だれとでも定額パス WX01TJ」対応スマホに4機種を追加
ウィルコムは3月20日、「だれとでも定額パス WX01TJ」が利用できる対応スマートフォンに、Xperia Z Ultra など4機種を追加した。(2014/3/20)

ミヤビックス、全80色の「Xperia Z1 f SO-02F」専用高級レザーケースを発売
全80色を用意したNTTドコモの「Xperia Z1 f SO-02F」専用高級レザーケースが登場。ケース背面部分が折り返せるので、卓上ホルダも利用できる。(2014/3/20)

他社製品との比較結果は?
徹底レビュー:コンパクトでも断然パワフル「Sony Xperia Z1 Compact」の小さくない可能性
国内発売製品「Xperia Z1 f」のグローバルモデル、Sonyの「Xperia Z1 Compact」は、小型であるにも関わらず、標準サイズのモデルと遜色ない性能を発揮するなど期待値が高い。(2014/3/20)

ソニーモバイル、カーボンオフセット普及の「どんぐりポイント」キャンペーンを開催
ソニーモバイルコミュニケーションズは、Xperia Z1を通じてカーボンオフセットの普及・促進に向けた「どんぐりポイント」のキャンペーンを実施する。(2014/3/17)

「Xperia Z Ultra SOL24」の“ここ”が知りたい 第4回:
Xperia Z1よりバッテリーは持つ? 普段使いのスタミナは?――「Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24とXperia Z1 SOL23は、ともに3000mAhのバッテリーを備えているが、どちらの方がスタミナがあるのか。また普段使いでXperia Z Ultraは、どれだけバッテリーが持つのだろうか。(2014/3/13)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第14回:
YouTube、ニコニコ、GyaO!――格安SIMの“禁じ手”、動画配信サービスを試してみた
通信量に制限がある格安SIMで動画サービスを体験してみることにしたが、動画はデータ通信量を激しく消費する。でも5分くらいならYouTubeを見てもいいのでは? 映画でも1カ月に1本くらいなら……そんな筆者の望みは果たしてかなうのか。(2014/3/12)

ふぉーんなハナシ:
今さらながら、MWC2013で見かけた“お疲れ”ドロイド君を思い出す
今年もさまざまなニュースが飛び出したMWC2014。バルセロナ発の最新情報に触れているうち、昨年のMWC2013で見かけたドロイド君のとある姿を思い出しました。(2014/3/10)

ドコモ、dゲーム版「ドラゴンクエストX」の対応機種拡大――スマホ含め14機種に
ドコモは、dゲーム版「ドラゴンクエストX」の対応機種を拡大した。これまで「dtab」のみに提供していたが、スマートフォンを含む14機種へ提供を開始する。(2014/3/10)

ドコモ端末向け「ドラクエX」、スマホ含む14機種に拡大 LTE経由でもプレイ可能に
ドコモ向け「ドラクエX」の対応端末がXperia、GALAXYシリーズを含む14機種に拡大した。(2014/3/10)

今日から始めるAndroid:
スマホでの文字入力を使いこなそう―――GALAXY/Xperiaシリーズ編
ケータイからの乗り換えユーザーにとって最大の難関でもある文字入力。今回はGALAXYシリーズとXperiaシリーズを例に文字入力の基本を紹介する。(2014/3/10)

ドコモが2カ月ぶりに純増1位、MNPはKDDIが盤石の首位――2014年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2014年2月末時点の携帯電話各社の契約数情報を発表。純増はドコモが、MNPはKDDIが学割商戦の中間点をトップで折り返した。(2014/3/7)

今回もソフトバンクが最速を記録――MMDの47都道府県340カ所スマホ通信速度調査
MMD研究所が、各キャリアのiPhone 5sとAndroid端末で47都道府県340カ所の通信速度調査を実施。12月の主要7都市の通信速度調査と同じく、両端末ともソフトバンクが最速となった。(2014/3/7)

Mobile World Congress 2014:
米Silicon Image、MHL3.0による4K出力を披露〜HDCP 2.2もサポート
米Silicon Imageは、バルセロナで開催された世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014」でMHL3.0による4K出力のデモンストレーションを実施した。(2014/3/6)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
auファブレット3機種レビュー(第2回)――片手操作、大画面の工夫、手書きアプリを比較する
G Flex、GALAXY Note 3、Xperia Z Ultraはいずれも大きなディスプレイを搭載しており、一般的なスマートフォンとは操作感が異なる。そこで、今回は片手での操作性や大画面を生かした工夫、そして手書きアプリを検証した。(2014/3/6)

gooスマホ部:
LINEのIDを教えると……
LINEのIDを教えると、相手には、どんな情報が知られてしまうのですか?(2014/3/6)

Mobile World Congress 2014:
VoLTE、LTE-Advanced、仮想化、そして、5G──無線インフラの進化は続く(前編)
MWC 2014では、無線通信インフラでも次世代への取り組みを訴求している。ここではEricssonやHuawei、NSNのブースからLTEとスモールセルの最新動向を紹介する。(2014/3/5)

3カ月連続で「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がトップ――SBIの2014年2月中古スマホ売上ランキング
SBIライフリビングが携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」の2014年2月中古携帯/スマホランキングを発表。3カ月連続で「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」が1位を獲得した。(2014/3/5)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第13回:
ネットラジオとPodcast、30分聴くとどれだけ通信量を消費する?
ネットでラジオ、というのは今や当たり前のように提供されているサービスだが、格安SIMで楽しむ場合、音声データの通信量が気になる。動画ほど多くはないはずだが、どれほどになるのか、30分番組を聴取してみたところ……。(2014/3/5)

ふぉーんなハナシ:
「Xperia Z2」のプロモーション動画に超大物アーティストの未発表曲が
端末そのものの話題性もさることながら、動画に使われている楽曲も、実はすごいんです。(2014/3/4)

Mobile Weekly Top10:
2月に最も読まれた記事は? LINEにJK・JD、格安SIMとMWCが入り乱れる展開
2月は定番のLINE特集に加え、「Xperia Z2」や「GALAXY S5」が発表されたMWC 2014関連の記事、女子高生起業家や女子大生に聞いたスマホ事情、そして格安SIMに関する話題が人気だった。(2014/3/3)

Weekly Access Top10:
ビットコインはどこへ消えた? 「Mt.Gox」という名前の由来は意外に……
いろいろ解説記事を読みましたが、どういう仕組みなのかを理解するのがまず難しい……!(2014/3/3)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
ドコモおすすめ3機種レビュー(続編)――もう一度バッテリーテストをしてみる
ドコモのARROWS NX、AQUOS PHONE ZETA、Xperia Z1 fの“おすすめ3機種”のレビューではバッテリーのテストを実施してきたが、あらためて、別の条件でバッテリーを再テストした。すると前回とは異なる結果になった。(2014/3/3)

石野純也のMobile Eye(2月17日〜28日):
Samsungとソニーの動き/新興国市場への取り組み/明暗分かれる第3のOS――MWC 2014を振り返る
2月17日から2月28日までの大きなトピックは、やはりMobile World Congress 2014だろう。フラッグシップ機を発表したSamsungとソニーモバイル、Microsoft、Nokia、Qualcommなどが取り組む新興国市場、そして“第3のOS”について、MWCで見えてきた動向をお伝えしたい。(2014/3/3)

下り最速はiPhone/Androidともにドコモ――イード、東北6県のスマホ速度実測調査を実施
イードは、東北6県における携帯電話主要3キャリアの速度実測調査を実施。iPhone/Android端末ともに平均下り速度はドコモが1位となった。(2014/3/3)

ブライトンネット、Xperia Z Ultra用の充電用マグネットケーブルとレザースタントケースのセットを発売
ブライトンネットから、簡単に着脱できる充電用マグネットケーブルとレザースタントケースのセット「Xperia Z Ultra用マグネットケーブル microUSB メス with PUレザースタントケース」が登場。(2014/2/28)

iPhone/Androidともにドコモが優位――イードが四国4県のスマホ速度実測調査を実施
イードが、四国4県におけるiPhone/Android端末の速度実測調査を実施。下り平均速度はいずれもドコモが優位という結果だった。(2014/2/28)

Mobile Weekly Top10:
1000円以下でどこまで使える? 格安SIMの通信速度をチェック
先週のMobile Weekly Top10は、月額1000円以下で使える格安SIMの通信速度チェックが首位だった。(2014/2/27)

Mobile World Congress 2014:
写真で見る「Xperia M2」
事前情報がほとんどなかった“伏兵”なれど、よくよく見てよくよく触ってよくよく考えてみると、「これはたいしたもんだ」と思うようになりました。(2014/2/27)

Mobile World Congress 2014:
ソニーモバイル黒住氏が語る――「Xperia Z2」「Xperia Z2 Tablet」の強みと狙い
MWCで「Xperia Z2」「Xperia Z2 Tablet」「Xperia M2」「SmartBand」を発表したソニーモバイル。あらためて、これらの製品の強みはどこにあるのか? また今後はどう攻めていくのか? 端末開発を統括する黒住吉郎氏に聞いた。(2014/2/27)

ビジネスニュース:
中国No.1のAndroidスマホは「Xperia」、新評価システムの結果から
スマートフォンの総合的な評価を行うため、中国のインターネットサービス企業やQualcommらが、新しい評価システム「Certimo」を立ち上げた。Certimoに基づき、中国で使われているAndroidスマートフォン29機種を評価した結果、ソニーの「Xperia Z1 L39h」が総合評価で最高得点を獲得した。(2014/2/27)

イード、九州7県でのスマートフォン速度実測調査を実施――平均速度はドコモ優位
イードは、九州7県におけるiPhone/Android端末の速度実測調査を実施。どちらもダウンロード平均速度はNTTドコモが優位となった。(2014/2/27)

Mobile World Congress 2014:
写真で見る「Xperia Z2 Tablet」
より軽くより薄くなった外観を画像で確認しつつ、スペックを“Tablet Z”と比べたり、オプションも紹介してしまおうかと。(2014/2/26)

gooスマホ部:
Xperia Z1 fの再起動方法
Xperia Z1 fで再起動をするにはどうすればいいですか? 前の端末では電源キーの長押しからできたのですが……。(2014/2/26)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第12回:
格安SIMで電子書籍を買っても大丈夫? Kindleと楽天Koboで試してみた
スマホやタブレットの普及で電子書籍の利用者は増えている。フィーチャーフォンの時代はコミックが多かったが、最近はビジネス書のラインアップも充実している。しかし、データサイズが大きそうな書籍を、格安SIMでダウンロードしても大丈夫なのだろうか。(2014/2/26)

auの「Xperia Z1 SOL23」、バージョンアップでスタミナモードや伝言メモに対応
2月25日から、auのスマートフォン「Xperia Z1 SOL23」向けの機能バージョンアップが開始。スタミナモードや伝言メモが利用可能になった。(2014/2/25)

スペックで比較――「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」はココが進化した
Xperia Z1発表から5カ月で披露された「Xperia Z2」、そしてタブレットとしては約1年ぶりの登場となる「Xperia Z2 Tablet」。これら2モデルはどこが変わったのか。スペックを見比べながら確認したい。(2014/2/25)

Mobile World Congress 2014:
2014年は「もっとビッグに、ベターに、大胆に」ーーソニーモバイル鈴木社長がモバイルとウェアラブルを語る
2014年のMobile World Congressでスマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスを発表したソニーモバイル。「ブレークスルーの年」を目指したという2013年から1年後。2014年は何を目指していくのだろうか。(2014/2/25)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。