ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Steam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Steam」に関する情報が集まったページです。

週末珍ゲー紀行:
ゲームというよりメンタルセラピー ごみ屋敷をひたすらリノベーションする業者シミュ「House Flipper」に癒やされる
本当にリノベーションしているのはあなたの心です。(2018/6/15)

サメになって人間を襲うオープンワールドゲーム「マンイーター」爆誕! オープンワールドshaRkPGという新ジャンルを生み出す
オープンワールドでサメでRPGなのだ!(2018/6/12)

最強破壊大統領 is baaaaaack! フロム・ソフトウェア史上に輝くカルトゲー「メタルウルフカオス」リマスター決定でレッツパーリィィィ!!!
メタルウルフカオスの新作が出る→身体が闘争を求める→アーマードコアの新作が出る。(2018/6/11)

ルフィが! ナルトが! 孫悟空が! ジャンプのヒーローが共闘するゲーム「JUMP FORCE」発表
トレーラーのラストにはリュークと夜神月の姿が。(2018/6/11)

「テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER」 PS4、Xbox One、STEAM、Switchで発売決定
幅広いマルチプラットフォーム展開。(2018/6/11)

「ファイナルファンタジーXV」PC版のModツールが配信開始 お約束の「トーマスMod」も登場し早速イグニスが機関車トーマスに
プロンプトを武器化する謎Modなども。(2018/6/9)

Valve、Steamにおける“すべてのゲーム”を容認していく方針を明言 「荒らしと違法行為」以外はポルノや暴力コンテンツも制限せず
全て(一部例外)を容認という姿勢。(2018/6/7)

「iTeachers」はどのようにITを活用しているか
タブレットからロボットまで IT推進校のデジタル教材活用法は?
学校教育の中で、プログラミング的思考や英語のスピーキング力の育成が課題となりつつある。授業にITを積極的に取り入れる学校は、これらの課題をどのように解決しているのか。3校の取り組みを紹介する。(2018/6/7)

Oculus Go! Go! Go!:
Oculus Goに進化版データグローブ「VRfree」がやってくる
Oculus Goで10本の指を駆使した操作ができるかもしれない。(2018/5/31)

ソニー、遊びながらプログラミングやAIを学べる小学生向けワークショップ「Sony STEAM Studio 2018」を開催
ソニーは、小学3年生から6年生を対象にしたワークショップイベント「Sony STEAM Studio 2018」の開催を発表した。(2018/5/31)

「ロックマン11」、10月4日発売決定 「ダブルギア」能力を手にした新たなロックマン
敵やギミックの動きが遅くなる「スピードギア」と、攻撃を強化できる「パワーギア」が攻略のカギに。(2018/5/30)

「PUBG」開発元が「フォートナイト」を著作権侵害で提訴 韓国でのサービス中断を求める
「フォートナイト」のバトルロイヤルモードには、「PUBG」では見られない独自の味付けが数多く存在する。(2018/5/29)

MSI、第2世代Ryzen+AM4マザーの同時購入でSteamウォレット5000円分をプレゼント 7月30日まで
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製の対象Socket AM4マザーボードと第2世代Ryzenプロセッサの同時購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始する。(2018/5/29)

SWATが学校で犯人と撃ち合うPCゲーム、民間人が巻き込まれる内容で物議 慈善団体が販売中止を要請
開発元は「シミュレーターに過ぎない」と弁明。(2018/5/28)

懐かしい田舎の風景を巡り失われた記憶を探る――PCゲーム「NOSTALGIC TRAIN」が郷愁を誘う
列車の車窓風景や、簡単な運転も楽しめます。(2018/5/26)

Steamのゲームがスマホで遊べるアプリ「Steam Link」 iOS版は「ビジネスの競合」を理由にAppleがブロック中と判明
Android版は既にβ版がリリース中。(2018/5/25)

「Steam Link」:
Apple、米ゲーム会社Valveの携帯アプリ配信を拒否
Valveは、同社のアプリ「Steam Link」の配信をAppleが拒否したと発表した。(2018/5/25)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
Windows 10で使える「Windows MR」って何ができるの?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回から全3回で「Windows MR」をご紹介。どんな体験ができるのでしょうか。(2018/5/25)

名作FPSゲーム「Unreal」誕生から20周年 「Unreal Gold」が無料配信中
Epic Gamesは、「Unreal」の20周年を記念し「Unreal Gold」の無料配信を開始した。(2018/5/23)

DLsiteが自作ゲームのSteam展開をサポート 利益はDLsiteと制作者で折半
翻訳費用をDLsiteに負担してもらうか否かで、Steam版の日本語の有無が変わります。(2018/5/18)

「スマホでもドン勝だ!!」バトルロイヤルゲーム「PUBG」のスマートフォン版配信開始
PUBG社は5月16日、PC向けバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(プレイヤーアンノウンズバトルグラウンド、PUBG)のスマートフォン版ゲーム「PUBG MOBILE」の配信を開始した。(2018/5/16)

スマホ版「PUBG」ついに配信開始! 100人で戦う人気バトルロイヤルゲーム
ついにリリース!(2018/5/16)

ライトセーバーで音ブロックを一刀両断! VRリズムゲーム「Beat Saber」が気持ちよさそう
海外ではプレイ動画配信が盛り上がっています。(2018/5/14)

ゴロ寝プレイが捗りそう Steamのゲームをスマートフォンで遊べるアプリ「Steam Link App」5月21日に配信へ
やったああああ!(2018/5/12)

国産メトロイドヴァニアの傑作再び 「LA-MULANA 2」2018年夏にリリース決定
PLAYISM7周年を記念して発表されたニュースの1つ。その他、「殺戮の天使」Nintendo Switch版なども発表に。(2018/5/11)

「金を燃やしたくなければ買うな」 開発者自身が「マジのゴミ」と紹介するゲームがSteamで発売
逆に清々しい。(2018/5/10)

「moon」木村祥朗の最新作はシューティング! 「BLACK BIRD」Steam&Switchで今夏発売決定
メインビジュアルがなんとも不吉。(2018/5/3)

「ピザお待ち!(パンチドゴォ)」 巨大ロボ型のピザ屋が街を破壊しつつ配達するゲームがクレイジー
届けるほうも頼むほうも命がけ。(2018/5/1)

吉本興業、「鉄拳7」の大会「MASTERCUP TRY」をサポート 出場選手1人に対し「EVO2018」参戦を支援
名をあげるチャンス?(2018/4/24)

Valve、人気ゲーム「Firewatch」のCampo Santoを買収
ゲーム配信サービス「Steam」を運営するValveが、Steam上でも人気のアドベンチャーゲーム「Firewtach」の開発元Campo Santoを買収する。同社の次期ゲーム「In the Valley of Gods」は“Valveのゲームとして”リリースの予定だ。(2018/4/23)

組み込み開発ニュース:
ロボットプログラミング学習キットの法人向けサービス開始
ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボットプログラミング学習キット「KOOV」の法人向けサービス「KOOV for Enterprise」と、同キットの英語版の提供を開始した。アカウント管理システムや授業用パッケージを搭載する。(2018/4/16)

Steam、プライバシー設定を変更 購入ゲームやプレイ時間を非表示にできる
ゲーム配信サービスSteamのプロフィール設定が変わり、購入ゲームの一覧やプレイ時間などの公開レベルを設定できるようになった。(2018/4/12)

伝説のゲーム「MYST」25周年記念パッケージが登場 DVD版は「MYSTの本」型の箱入り
収録作品は新たにWindows10へ対応。(2018/4/11)

「VRカノジョ」、とても健康的な一般版としてSteamで発売 
もともとはVRアダルトゲームとして販売されていました。(2018/4/9)

「『荒野行動』サービス継続」訴訟報道に公式がコメント 「虚偽提訴・デマには法的措置」
「荒野行動」に著作権などを侵害されたとして、「PUBG」開発元が米裁判所に提訴したとの報道に対して、荒野行動の公式Twitterがコメント。「虚偽提訴・デマに対して、弊社はあらゆる法的措置を講じる権利を有している」としている。(2018/4/9)

「PUBG」開発元が「荒野行動」など競合タイトル2作品を提訴 配信・開発の停止を求めて
両作品によって「回復不能な被害を受けた」と主張。(2018/4/6)

Steam版「クロノ・トリガー」 原作版のドット表現を再現した「オリジナルグラフィック」の実装を予告
UIを優先してほしいという意見も寄せられています。(2018/4/4)

神々が直接殴り合う格ゲー「Fight of Gods」にSwitch版登場か 国内開発社がアマテラスの声優募集
一部の国では販売中止になるなどした色んな意味で話題作。(2018/4/3)

「Skyrim VR」がSteam VR向けに4月3日リリース 対応機種はHTC VIVE/Oculus Rift/Windows MR
Oculus Rift正式対応。(2018/3/29)

ドラクエ……じゃない! レベルファイブの新作「二ノ国II」のCMが出だし一瞬だけドラクエのテーマ
一瞬だけ伝説へ……。(2018/3/28)

実店舗だからこそ“触って試せる”場所に――ドスパラ 大阪・なんば店リニューアル
サードウェーブのPCショップ「ドスパラ」の大阪・なんば店(大阪市浪速区)が3月24日にリニューアルオープンした。リニューアルに当たって重視したのは“体験”だという。(2018/3/24)

Google、「Light Field」技術のLytroを買収か?
Googleが、撮影後にピント合わせができるカメラ「Lytro Camera」で知られるLytroを買収すると米TechCrunchが報じた。同社は最近、独自技術「Light Field」のVRでの応用に取り組んでいる。(2018/3/22)

幼なじみがバッタの恋愛ゲーム「クリーチャーと恋しよっ!」がSteamで世界に発信されてしまう なお、レビューは好評
「きょきょきょきょきょきょきょきょきょ」(2018/3/11)

リズムゲーム「初音ミクVR」発売 Oculus Rift、HTC VIVE向け
クリプトン・フューチャー・メディアとデジカが「初音ミクVR」を発売。Oculus Rift、HTC VIVEに対応するリズムゲームだ。(2018/3/9)

ドスパラ、ゲーミングPCを買って最大5万円分のポイントがもらえる「PCゲームやろうぜキャンペーン」
ドスパラは、同社製ゲーミングPC購入者が対象のポイント還元キャンペーン「GALLERIA買ってPCゲームやろうぜキャンペーン」を開始した。(2018/3/9)

Steam版「クロノ・トリガー」の「ドット絵」が抱える問題点とは何か ユーザーによる分析と修正が進む
オリジナルのドット絵がフィルタによってにじんでしまっており、原作のファンから悲鳴があがっていました。(2018/3/8)

CADニュース:
子ども向け無償3Dアプリ「Apps for Kids」に新展開、“仮想の教室”でSTEAM教育
ダッソー・システムズ・ソリッドワークスは、現在βテストを行っている教育向けの3Dアプリケーション群「SOLIDWORKS Apps for Kids」の新たな展開として、教師向けのプラットフォーム「SOLIDWORKS Apps for Kids Classroom」を用意していることを明かした。2018年後半の正式リリースを目指しているという。(2018/3/7)

究極のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71130」 税込み75万円超えの“全部入り”で「G-Tune」の本気を試す
デスクトップ版CPUにハイエンドGPUのSLIを搭載したハイエンドゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130」の実力は? ……ACアダプタでけぇ!(2018/3/4)

SFC時代の名作RPG「クロノ・トリガー」Steam版リリース → UIやグラフィックがスマホ版仕様で不評の嵐に
レビューは「ほぼ不評」という状態に。(2018/2/28)

名作RPG「クロノ・トリガー」PC版、Steamで配信開始
RPG「クロノ・トリガー」PC版の配信が「Steam」でスタートした。堀井雄二さんや鳥山明さん、坂口博信さんといった人気クリエイターが手掛けた名作だ。(2018/2/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。