ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

UQコミュニケーションズ に関する記事 UQコミュニケーションズ に関する質問

「UQコミュニケーションズ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
次世代PCデータ通信 - ITmedia PC USER

関空特急「はるか」に無料Wi-Fi JR西で初 訪日外国人向け
JR西は訪日外国人向けに、特急「はるか」の車内で無料の公衆無線LANサービスを始める。(2014/11/26)

iPhone 6/5s、3キャリアの通信速度を徹底比較――東京メトロ 東西線編
iPhone 6/6 Plusでは、LTEの通信性能がiPhone 5s/5cから向上している。では実際のところ、どれだけ速くなったのか。3キャリアのiPhone 6とiPhone 5sの速度を、地下鉄駅のホームで計測してみた。今回は東京メトロの東西線だ。(2014/11/19)

UQ、WiMAX2+対応モバイルルータ「NAD11」に新色“レッド”モデルを追加
UQコミュニケーションズは、同社取り扱いのWiMAX2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」のラインアップに新色「レッド」モデルを追加した。(2014/11/14)

注目WiMAX 2+ルータ詳細レビュー:
「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」のユーザーインタフェースを試す
UQ WiMAXの“タダ替え大作戦”の発動でWiMAX 2+移行が進みそうな昨今。今回はタッチパネルUIと、まだまだ頼りになる「WiMAX」の速度も検証した。(2014/11/14)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+は15年春より220Mbpsに LTE無制限プランがU-mobileからも登場
UQがWiMAX 2+にCAを導入、来春から220Mbpsに高速化する。低速化する既存のWiMAX向けには、無料の切替プログラムを開始した。またASUSがZenFone 5を国内投入し、MVNOに本格参入する楽天など複数の事業者が販売することを発表した。(2014/11/10)

注目WiMAX 2+ルータ詳細レビュー:
「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の高速移動時ハンドオーバーを試す
UQ WiMAXの“タダ替え大作戦”の発動でWiMAX 2+移行が進みそうな昨今。WiMAX 2+対応モバイルルータで気になる「電車移動での使い勝手」を検証した。(2014/11/5)

「WiMAX 2+」、CA導入で最大220Mbpsに WiMAXは最大13.3Mbpsに低速化
下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」にキャリアアグリゲーションを導入し、同220Mbpsに高速化。WiMAXを提供している周波数帯域も利用するため、WiMAXは低速化する。(2014/10/27)

UQ、WiMAX 2+の転送速度を最大220Mbpsに向上させる“キャリアアグリゲーション”を来春に導入
UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+サービスへのキャリアアグリゲーション技術の導入を発表。来春より実施が開始される。(2014/10/27)

石野純也のMobile Eye(10月14日〜24日):
「iPad Air 2」「iPad mini 3」発売――キャリアの施策とグローバルでの現状を読み解く
Appleの新型タブレット「iPad Air 2」と「iPad mini 3」が10月24日に発売された。日本ではドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3キャリアが取り扱い、Wi-Fi+Cellularモデルをお得に利用できるさまざまな施策を実施している。今回はiPadにまつわるトピックを取り上げる。(2014/10/25)

auの予約開始はいつ?:
ドコモとソフトバンク、18日に新型iPadの予約開始――各社ともSIMロック“あり”
ドコモとソフトバンクは、18日から「iPad Air 2」「iPad mini 3」の事前予約を開始する。(2014/10/17)

旧機種とスペック比較:
「iPad Air 2」と「iPad mini 3」はココが進化した
同時発表となった「iPad Air 2」と「iPad mini 3」だが、アップグレードの内容は大きく異なる。それぞれの進化点を旧機種と比較しながらチェックしよう。(2014/10/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ドコモが下り最大225MbpsのLTE-Advancedを2015年3月に開始/相次ぐ格安SIMの増量キャンペーン
ドコモが約1年ぶりとなるモバイルWi-Fiルーターの新機種を発表。LTE-Advanced対応で下り通信速度を225Mbpsまで高速化した。2015年以降に発売の予定だ。また競争の激しいMVNO関連では、料金据置のまま、データ通信量の増量を各社が発表した。(2014/10/14)

UQコミュニケーションズ、東葉高速鉄道でWiMAX 2+サービス提供を開始
UQコミュニケーションズは、東葉高速鉄道でのWiMAX 2+サービス提供開始を発表した。(2014/9/24)

UQコミュニケーションズ、東京モノレールでWiMAX 2+サービスの提供を開始
UQコミュニケーションズは、東京モノレールにてモバイル接続サービス「WiMAX 2+」の提供を開始していくと発表した。(2014/9/22)

日米定額も提供:
圧倒的な“実効速度”と“基地局数”、他社対抗は「徹底的に」――ソフトバンクがiPhone 6の販売戦略を説明
ソフトバンクがiPhone 6/6 Plusの販売戦略を説明。どこよりもお得とするMNPと機種変施策や、圧倒的という4Gネットワーク、そして「アメリカ放題」などグループシナジーをアピールした。(2014/9/17)

買い換えるか迷っている人に:
「iPhone 6/6 Plus」は何が変わった?――「iPhone 5s/5c」との違いをおさらい
9月19日に発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。画面が大きくなったのは分かるが、ほかはどこが変わったのか? Appleが発表した情報をもとに、あらためて進化したポイントをまとめてみた。(2014/9/16)

石野純也のMobile Eye(9月1日〜12日):
「iPhone 6/6 Plus」で優位に立つキャリアは?――料金とネットワークの違いを読み解く
9月12日に予約が開始された「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。ドコモはいまだに端末価格を発表していないが、現状分かる範囲で、端末価格、料金プラン、ネットワークの違いをまとめた。(2014/9/13)

CAもサポート:
「iPhone 6/6 Plus」はWiMAX 2+とAXGPに対応 利用できる周波数一覧
9月19日に発売される「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」は、国内ほぼすべてのLTE周波数をサポートしている。またTD-LTE方式にも対応し、auのWiMAX 2+とソフトバンクのAXGP(SoftBank 4G)も利用可能だ。(2014/9/10)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+対応ルーター「HWD15」は買い?/モバイルWi-Fiルーターのアップデート悲喜こもごも
WiMAXハイパワーに対応したWiMAX 2+対応ルーター「HWD15」や、テレビチューナー搭載のモバイルWi-Fiルーターが新発売。ソフトウェア更新によって、ドコモのモバイルWi-Fiルーター2機種が、海外のSIMカードでLTE接続可能になった。(2014/8/14)

UQ、「コミケ86」にWiMAX/WiMAX 2+仮設基地局を設置――“待機列”を重点カバー
東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット86」に、UQコミュニケーションズがWiMAXおよびWiMAX 2+仮設基地局を期間限定で設置する。(2014/8/4)

注目WiMAX 2+ルータ速攻レビュー:
WiMAX 2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の使い勝手をチェック
ファーウェイのWiMAX 2+対応モバイルルータの後継モデルが登場。本体サイズと重さ、タッチパネル操作は従来のままだが、何がどう変わったのか?(2014/8/2)

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+契約者向けの公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」を本日より提供開始
UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+契約ユーザーが対象となる公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」の提供開始をアナウンスした。(2014/7/25)

感度改善に期待:
UQ、WiMAX 2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」発表
ファーウェイ製の最新モデルは、WiMAXハイパワーに対応したほか、オプションでクレードルも用意した。(2014/7/22)

注目WiMAX 2+ルータ詳細レビュー:
「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」の高速移動時通信とバッテリー駆動時間をチェックする
WiMAX 2+対応モバイルルータとして“待望の”2製品目となるNAD11。今回は東海道線を使って電車移動中の通信速度とバッテリー駆動時間を検証した。(2014/7/18)

石川温のスマホ業界新聞:
3.5GHz帯120MHz幅は大手3キャリアで割り当てか――ワイモバイルになるのは本当に得策だったのか
8月1日から「Y!mobile」として新たなスタートを切るワイモバイル。周波数割り当てや今後のサービス展開など、考えねばらならぬ課題はまだまだ多い。(2014/7/18)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の登場で思うこと/進むSIMロック解除とSIMロックフリー端末投入
NECアクセステクニカ(現NECプラットフォームズ)製のWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」が登場。総務省はSIMロック解除を義務付ける方針だが、一方でメーカー主導でSIMフリー端末販売の流れも加速している。(2014/7/16)

Wi-Fiルータの実速度、どこが速い? 最速スポット最多はWiMAX
Wi-Fiルータで使う新世代高速データ通信サービスで、どのキャリアが実際に速かったかを6都市45カ所で実地測定。イード調べ。(2014/6/30)

注目WiMAX 2+ルータ速攻レビュー:
待望のWiMAX 2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」の使い勝手をチェック
みんなが待っていたNECアクセステクニカのWiMAX 2+ルータ。名機「Aterm WM3500R」「Aterm WM3800R」を超えることはできるか?(2014/6/20)

「GALAXY S5」の“ここ”が知りたい 第1回:
ドコモ版SC-04Fとau版SCL23の違いとは?――「GALAXY S5」
ドコモとauから同時に発売された「GALAXY S5」。基本的なスペックは同じだが、対応する通信規格のほか細部のデザインが異なっている。改めて2台の違いを確認してみた。(2014/6/13)

WiMAX 2+とWiMAXのみで、かえって使いやすいかも:
UQ、NECアクセステクニカ製「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」発表
長らく「HWD14」のみだったWiMAX 2+対応モバイルルータに待望のNECアクセステクニカ製新モデルが登場した。(2014/6/12)

MM総研、国内MVNO市場の2013年度実績と予測を発表――回線契約数は前年度比42.7%増
MM総研は、国内のMVNO市場における2013年度実績と予測を発表。2013年度末時点での契約回線数は前年度比42.7%増の1480万、回線種別は携帯電話(3G/LTE)が前年度比46.0%増の730万となった。(2014/6/10)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
au初のMVNOが好調/ドコモ版iPad発売とテザリング封じの関係/auのWiMAX 2+スマホは速度制限あり?
KDDIのLTEネットワークに対応する初のMVNOサービス「mineo」が話題を集めている。一方で、ドコモのiPad発売を受けて一部機能が利用不可になるなどの問題も。プリペイドSIMでは、外国人旅行客にも使い勝手のよい「30日間使い切り」の製品が登場した。(2014/6/10)

公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fi プレミアム」提供へ――接続アプリ「UQ Wi-Fiコネクト」もバージョンアップ
モバイルデータ通信サービス「WiMAX 2+」契約ユーザーを対象とした公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」を発表した。無線LANを使えるエリアが広がる。同時に専用アプリ「UQ Wi-Fiコネクト」がバージョンアップし、従来よりも接続が容易になった。(2014/6/9)

目的別にざっくりチェック――夏モデル、どれを選ぶ?
ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルが出そろった。全体的に機種数は絞られているが、それでも計20種類以上の多彩なラインアップとなった。現在発表されているモデルの中から、目的別にオススメのモデルをピックアップした。(2014/5/27)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
auの「キャリアアグリゲーション」とドコモ新料金プランのインパクトは?
今回はKDDIが開始した下り最大150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」や、ドコモが6月1日から提供する「カケホーダイ&パケあえる」を取り上げる。SIM関連では、ソネットが導入したプリペイドSIMの自動販売機や、ビックカメラの格安SIM+スマホに注目した。(2014/5/22)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
間もなく合併して新会社に ウィルコムとイー・モバイルの足跡を振り返る
6月に合併する予定のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコム。定額音声通話や高速なモバイルデータ通信など、今日では当たり前になったサービスをいち早く提供してきた両社の歩みを振り返ってみたい。(2014/5/20)

CAとWiMAX 2+対応機種を投入:
KDDIの2014年夏モデル、下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」を無料で利用可能に
KDDIが発表した2014年夏向けのスマートフォンおよびタブレットは、一部機種を除いてキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+に対応。さらにWiMAX 2+対応機種はこれを無料で利用できる。(2014/5/8)

石川温のスマホ業界新聞:
月額2700円の完全通話定額は高いのか安いのか━━一気にプライスリーダーに躍り出たドコモの本気
ドコモの新料金プランの特徴は、「通話し放題」「パケット通信量を家族でシェアできる」という点。果たしてユーザーにとってお得なのだろうか。(2014/4/18)

モバイルで2016年度末までに100万ユーザーを目指す――新生ビッグローブの戦略
4月1日に社名を変更したばかりのビッグローブが事業方針を説明。VNO(バーチャルネットワーク事業者)として、光回線、モバイル、公衆無線LANを今後も提供していく。ウェアラブル端末を開発するなど、価格以外の強みも模索している。(2014/4/8)

同質化の戦いから新しい価値の訴求へ――KDDI田中社長に聞く、2014年度の戦略
2014年度は「ガツンと行く」。そう力強く話すKDDIの田中社長。社長就任以降、2011年は事業基盤の立て直し、2012年は成長起点の年、2013年は新たなステージの初年度と位置づけて取り組んできたが、2014年度はどんな年を目指すのか。(2014/4/4)

65事業者・団体が総務省に要望書を提出――NTTグループ禁止行為規制の見直しに反対
移動体通信事業者、固定事業者、CATV事業者、DSL事業者、ISP事業者、MVNO事業者が連名で、NTT独占回帰につながる政策見直しに反対する趣旨の要望書を、総務省に提出した。(2014/4/2)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
スマホ料金、もっと安く──低価格SIMサービスの“音声通話対応”と事業者間接続料の改定に注目
2014年2月〜2014年3月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。“ほぼ全部入り”な特徴を持つLTEルータが登場、加えて「音声サービス対応」の低価格SIMサービスも増えてきた。(2014/3/25)

UQ、名古屋市営地下鉄のWiMAXエリア化を完了
UQコミュニケーションズは、名古屋市営地下鉄でのWiMAXエリア整備を完了。全線でWiMAXサービスが利用可能となった。(2014/3/19)

日経BPの「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」、1位は6年連続でドコモ
日経BPコンサルティングが「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」の結果を発表した。顧客満足度1位は6年連続でNTTドコモが獲得した。(2014/3/19)

石川温のスマホ業界新聞:
MVNO普及促進には何が必要なのか━━MNO対MVNOで見えてきた市場拡大への課題点
格安SIMカードやSIMフリースマホが増え、盛り上がりを見せつつあるMVNO市場。MNOとMVNO市場の主軸となるプレイヤーたちは、それぞれ何を考えているのだろうか。(2014/3/14)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+の「Try WiMAX」と、通信サービスの「2年長期契約」に思うこと
2014年1月〜2014年2月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。モバイラー好みの機能と特長を多く備えたクアッドバンドLTE対応ルータの登場、2年契約と“お試し”について紹介する。(2014/2/20)

UQエンタメマーケットに生活トラブルサポートコンテンツ登場
カギなくしても水のトラブルでも24時間365日心配なし。(2014/2/19)

UQ、HWD14「0円」機種変更キャンペーン
UQコミュニケーションズは、2月17日から3月31日まで、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」への機種変更キャンペーンを行う。(2014/2/17)

増加基調を維持──PHS、AXGP、イー・アクセス第3四半期契約実績
ソフトバンクモバイルは、2月12日に行った2014年3月期第3四半期の決算報告の中で、ウィルコムのPHSとイー・アクセス、WCPが契約数実績を公開した。(2014/2/12)

UQ 「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を840円で
UQコミュニケーションズは、UQ Flat ツープラスの新規契約で選択できるモバイルルータの価格を従来の2800円から840円に値下げした。(2014/2/7)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。