ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「会社都合」最新記事一覧

関連キーワード

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

企業動向:
インテル、大規模な人員削減か
米国の報道機関が、Intelが研究職や経営層の社員を多数解雇する可能性があると報じている。(2015/6/11)

転職理由のトップは? DODAが調査
インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、転職希望者を対象に「転職理由」の調査を行い、その結果を発表した。(2015/5/12)

キャリアニュース:
口コミ分析から分かった退職理由、“キャリア”関連の理由を挙げた人が約4割
会社評価サイト「Vorkers」に投稿された約4万件の口コミから退職理由に関するフリーコメントを分析。どのようなキーワードの出現率が高いか調査した。(2014/12/4)

退職理由で多かったのは? 社員の口コミを分析
転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは11月5日、社員の口コミから“退職理由”を分析し、その結果を発表した。最も多かった退職理由は……。(2014/11/5)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(4):
【離職票】確認すべき3つのポイント
会社都合で退職したのに失業保険がすぐにもらえない! そんな事態に陥らないために離職票のチェックポイントを伝授しよう(2013/12/7)

キャリアニュース:
転職のきっかけ、製造業では「会社都合」や「会社の将来に不安」が多い傾向
仕事内容に関する選択肢が「転職を考えるきっかけ」として挙げられやすい傾向があった半面、報酬・勤務時間に関する選択肢は全体と比べて選ばれにくかった。(2013/9/10)

IT業界をたくましく生きるための労務入門(3):
サービス残業はダークサイド。ブラック企業の労働実態と対策
元SE、現社会保険労務士の筆者が、ITエンジニアが知っておくと便利な労務用語の基本を分かりやすく解説します。(2012/8/27)

IFRSを会計×業務×ITで理解する【第8回】
財政状態計算書(2)人ごとではない? 従業員給付
投資家の視点から作られ、日本基準からの考えの転換が求められるIFRS。対応システムを適切に構築するための情報をお届けする。今回はIFRSへの移行時に特に損益に対する影響が大きい「従業員給付」を解説。(2011/2/28)

金融業界で働く人が、転職したい金融機関はどこ?
リーマンショック後に転職または離職しましたか? 金融業界で働いている人に聞いたところ、「転職した」が25%、「転職活動中」が29%であることが分かった。日経HR調べ。(2010/10/22)

伴大作「フクロウのまなざし」:
マーク・ハードの場合
この夏に注目すべき事件が起きた。今後のICT業界の方向性を決める重要な要素を含んでいるのでちょっと書いておこう。(2010/10/6)

コストダウンを「解雇」で行ってはいけない
解雇相談を受ける際、目的が人件費圧縮であれば、解雇ではなく賃下げやITコスト削減などから行うようにアドバイスしているという筆者。その背景には訴訟コストの削減や労働基準監督署からの是正勧告の回避があるという。(2010/3/2)

IT業界 転職市場最前線:
第6回 SI/NIに復調の兆し? 転職市場は底を脱したか
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2010/1/15)

転職。決断のとき:
会社が倒産してもめげない「流浪エンジニア」の遍歴
カフェ経営の夢を追って会社を辞めた。しかし、またエンジニア職に復帰。すると今度は会社が倒産した。柔軟に生きる流浪エンジニアのキャリアを追う(2009/12/16)

吉田典史の時事日想:
なぜ会社は辞表を書かせようとするのか――解雇との違い
多くの会社は社員を「解雇」するのではなく、辞表を書かせたがるということをご存じだろうか。たとえリストラといった形でも、社員は辞表を書き、自己都合で辞めるケースが多い。こうした背景には「助成金」と「退職金」に関係があるようだ。(2009/12/11)

アラフォー起業家の“継続拡大”人脈術:
退職者を社外ファンにする――去る人に記念イベントをしっかり
ある会社の最終出勤日、社長がわたしを自宅まで車で送ってくれたことがあった。自分が送り出されるときを考えてみると、手厚くしてもらった経験がよみがえる一方、残業でタクシー帰宅が続いたこと、展示会で数日間立ちっぱなしで辛かったこと――など嫌な記憶は薄れている。辞めるときには会社都合と自己都合があるわけだが、いずれにせよきちんと送り出してもらえると辞めた側も気持ちがよいし、実は送り出す会社側にとっても大きなメリットがあるのだ。(2009/11/25)

IT業界 転職市場最前線(6):
SI/NIに復調の兆し? 転職市場は底を脱したか
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2009/10/15)

IT業界 転職市場最前線:
外注から内製へ。Perl/PHPエンジニアの需要高まる
金融系SE、ゲーム系プログラマ、Web・モバイル系エンジニアの求人件数が増えている。Perl/PHPエンジニアの需要も高まってきた。(2009/9/2)

山崎元の時事日想:
ある雑誌編集者に見る、“優しいリストラ”の手口
購読部数や広告費の減少などにより、“出版不況”が続いている。ある雑誌の編集者も、担当している雑誌の「休刊」にともない、会社を辞めるという。しかしその実態は、会社による“優しいリストラ”なのかもしれない。(2009/1/22)

GDH、希望退職者の募集を開始
アニメ事業のスリム化を図っているGDHが希望退職者の募集を始めた。(2008/11/28)

新連載スタート! 山崎元の時事日想:
クビと辞職、どちらがトク? 外資系金融のリストラについて考える
サブプライムローン問題などの影響で、外資系金融機関で働く人にとっては“逆風”が吹いている。ある調査によると、この1年間で約4%の外資系金融マンがリストラされたという。しかし慌てることはない。クビを宣告されても意外なメリットがあるかもしれない。それは……。(2008/9/4)

転職失敗・成功の分かれ道(7):
理想を持つことが良い転職への近道
毎日、人材紹介会社のコンサルタントは転職希望者と会う。さまざまな出会い、業務の中でこそ、見えてくる転職の成功例や失敗例。時には転職を押しとどめることもあるだろう。そんな人材コンサルタントが語る、転職の失敗・成功の分かれ道。(2005/6/9)

転職を阻む意外な落とし穴(1):
転職にも必要な軍資金
転職する際に重視することは何か。給料、希望職種、経営者のビジョンや方針、スキルアップ支援など。しかし、いざ転職する場合に、そんなこととは関係なく、思いもよらぬことで転職を断念しなければならないことがある。そんな例を、毎回キャリアデザインセンターのキャリアコンサルタントが紹介する。(2003/7/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。