野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

いやはや、驚いた。というのは、米国MrSpeakers製のヘッドフォンの話。上位モデルとして登場した「Flowシリーズ」を試聴すると、そのクオリティーアップに驚かされる。今回は従来機を含めた4機種で聴き比べた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ポータブルアンプとしては珍しい薄型のボディーにiPhone 7ジャストサイズの寸法、モバイルバッテリー機能など多くの特徴を持つOPPO Digitalの「HA-2SE」。従来機の「HA-2」と何が違うのか。その音を聴いてみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

新進気鋭のヘッドフォンブランドであるMrSpeakersの「ETHER」シリーズが無償アップグレードを実施している。このアップグレードによって、サウンドはどう変化したのだろうか。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

面白い話を聞いた。「BDP-105DJP」のアップグレードサービスを利用したユーザーの間で「画面が随分明るくなった」と評判なのだという。映像に直接関わる仕様変更はなかったはずだが……。よし、確認してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

OPPO DigitalのDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「HA-1」を自腹レビュー。「PM-1」と組み合わせた時の相性や、特典のイヤーパッドによる音の違い、さらに追加リリースされた弟モデル「PM-2」のインプレッションなどもあわせてお届けしよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ボディー背面の大きな“L”、“R”の文字。聴き心地の良い整ったサウンドで人気の「DM008」に、オールアルミボディーの上位モデル「DM008P」が登場した。その違いをチェックしていこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

AKAI professionalから、パワードスピーカーのニューモデル「RPM500」「RPM800」が登場した。実際のサウンドを確認して驚いた。とても明瞭(めいりょう)度の高い、ダイレクトな表現のサウンドが聴こえてきたからだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

フォステクスの「HP-A4」は、PCオーディオ入門として評価の高い「HP-A3」の上位モデルだ。最新フォーマットを幅広くカバーし、専用プレーヤーの存在もあって手軽に使い始められる。外観も洗練された。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

OEMメーカーとして豊富な実績を持つ「DynaminMotion」(ダイナミックモーション)の武器は“振動板”。そのためか、「DM008」は聴き疲れしない音響特性を持っていた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

Astell&Kernブランドの新製品「AK10」は、iPhone/iPodデジタル接続の本格派ポタアン。しかもPCとUSBケーブルで接続し、96kHz/24bit対応のUSB-DACとしても活用できる。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV review:

オーディオテクニカの「IMシリーズ」は、1〜4基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したモニターイヤフォン。今回は、同シリーズ4製品を横並びで試聴してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

この春発売されたフィリップスの「Fidelio S2」。エージングに多少の時間が必要だったが、数カ月にわたって使い続けたところ、プレミアムシリーズにふさわしいイキイキとしたサウンドを聴かせてくれた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ULTRASONE(ウルトラゾーン)から「edition12」が登場した。開放型のハウジングを採用した新しいフラッグシップモデルだ。さっそく詳細を報告しよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

米OPPOのユニバーサルプレーヤーが日本仕様へと生まれ変わり、同時に大幅な値下げを実施した。今回は「BDP-103JP」を取り上げ、その特長を紹介していこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

イーケイジャパンの「TU-HP01」は、オペアンプの交換が可能なハイブリッド型ポータブルヘッドフォンアンプだ。ちょっとしたカスタム気分が味わえる。せっかくなので、手持ちのオペアンプも交えて試してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

フルテックのADLブランドからiOSデバイスとのデジタル接続に対応したポータブルヘッドフォンアンプ「X1」が登場する。さっそく試用してみた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

フルテックが展開するADL(Alpha Design Labs)ブランド初のヘッドフォン「H118」。従来の枠にとらわれないユニークな発想と、ケーブルメーカーならではのこだわりが盛り込まれた逸品だ。

【ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

「春のヘッドフォン祭 2013」で見つけたユニークな製品をピックアップするシリーズの3回目。今回はタイムロードが輸入を開始した豪Audiofly(オーディオフライ)のハイブリッド型イヤフォンを取り上げよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

前回に続いて「春のヘッドフォン祭2013」で見つけた新製品をピックアップ。今回は、国産ガレージ系メーカーの1つ、音茶楽(おちゃらく)の「Flat4-玄(KURO)」を取り上げよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回から、春のヘッドフォン祭で注目を集めた新製品をピックアップしていこう。1回目は「FitEar Parterre」(フィットイヤー・パルテール)。須山歯研が送り出した新しいユニバーサルタイプだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

前回の「UE900」に続き、今回はBluetoothによるワイヤレス接続とノイズキャンセリングの両機能を搭載する「UE9000」をチェックしていこう。なかなかスマートなデザインだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

Ultimate Earsの新“フラッグシップ”カナル型イヤフォン「UE900」が発売された。名機「TripleFi 10」の後継モデルはどうバージョンアップしたのか?

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ポータブルヘッドフォンアンプブームの火付け役となったFiio「E7」の後継モデル「E07K」。サイズや外観はあまり変わらないが、機能、音ともに大きく進化していた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

エミライが取り扱うResonessence Labsの「CONCERO」は、かなりユニークな製品だ。192kHz/24bit対応のUSB DACとして使えるのはもちろん、USB DDC、あるいはS/PDIF入力のDACとしても活用できる。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ヘッドフォンにまつわるトレンドの1つに「バランス駆動」というものがある。今回はラトックのDSD対応USB DAC「RAL-DSDHA2」を使って実践してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ヒビノから、AKGブランドの65周年記念モデル「K702 65th Anniversary Edition」が2月4日に発売された。新たにデザインしたという本革製ヘッドバンドとベロア製イヤーパッドは音にも影響している?

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

上海問屋から「真空管ポータブルヘッドフォンアンプ」が登場した。「それって耐久性とか熱とかいろいろ大丈夫なの?」と思われがちな製品を試してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

近年はカナル型イヤフォンのイメージが強いフィリップスだが、今年は満を持して高級ヘッドフォン「L1」「M1」を投入した。長期試聴を行えたので、レビューをお届けしよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

久々のリニューアルが行われたJBL「CONTROL ONE」。先代に当たる「Control 1Xreme」も一緒に借用し、両者を比較してみた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

「秋のヘッドフォン祭2012」に登場した多くの新製品。今回は、その中からイヤフォン/ヘッドフォンに的を絞り、速報の試聴レビューをお届けしよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

寝転がっても使える手軽なサラウンドヘッドフォン。オーディオテクニカの「ATH-DWL3300」は、使い慣れたカナル型イヤフォンを使って映画も楽しめるユニークな製品だ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ユニークなデザインやAV機器との連携動作など、さまざまな特長を持つ「Sony Tablet S」。今回はちょっと趣を変え、見落とされがちな本体のサウンドクオリティーにフォーカスしてみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

“harman/kardon”(ハーマンカードン)ブランドのヘッドフォン/イヤフォンがApple Store限定で発売された。店頭販売は秋以降のため、試聴の機会がほとんどないと思われるので、この記事を参考にしていただけたらと思う。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

JVCの「HA-FXDシリーズ」は、先端素材のカーボンナノチューブを振動板に採用したカナル型イヤフォン。強じんな素材らしく、エージングには少々時間がかかったが、モデルごとに異なる性格を見せてくれた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、いつもの音質メイン記事とは異なる、ちょっとユニークな製品を紹介しよう。CAVジャパンの振動スピーカー「BuruTta」(ブリュッタ)で、いろいろな素材を鳴らしてみた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

FitEar(フィットイヤー)の新製品「「MH335DW」が届いた。MH334をベースにダブルウーファー化したイヤーモニターは、どのような音を聴かせてくれるのだろうか?

【ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ソニーから新たにオープンエアータイプのヘッドフォンがリリースされた。往年の名機「MDR-F1」をほうふつとさせる個性的なデザイン。開放型ならではの音の広がりも楽しめる。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

うわさによると、すでに“世界最大のヘッドフォンイベント”といえる規模になっているらしい「ヘッドフォン祭」。今回は、展示機の中から注目の新製品をピックアップしていこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

SRH1840は、シュアとしては初のオープンエアー型ヘッドフォン。フラッグシップと呼べるポジションに位置しており、作りもかなり凝っている。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

昨年、自腹でiPad2を購入した筆者が新iPadを比較試聴。「カメラコネクションキット」を使ったUSB DACの接続も試してみた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は超個性派の高級カナル型イヤフォン、「FitEar TO GO! 334」を紹介しよう。カスタムイヤーモニターのブランドとして有名なFitEar(フィットイヤー)から登場した初のユニバーサルタイプだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、TDK Life on Recordブランドから3月下旬に登場するカナル型イヤフォン「TH-ECBA700BK」を紹介しよう。同シリーズ初のバランスド・アーマチュア型ドライバー搭載モデルだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

オーラデザイン(Aura Design)のプリメインアンプ「vita」とCDプレーヤー「vivid」を見て、驚いた人も少なからずいるはずだ。そう、この2製品は、多くのオーディオファンを魅了してきたオリジナルシリーズのデザインを踏襲しているのだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

年2回のリニューアルというペースで進化し続けるパナソニックのBlu-ray Discレコーダー“DIGA”が、またこの2月に新バージョンへと進化した。発売を前にスマートディーガの進化ポイントを整理していこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

エミライが取り扱いを開始した中国Takstar製ヘッドフォン。実は、一部のヘッドフォンマニアの間で「値段の割に音がいい」と評判になっていたものだ。その実力をさっそくチェックしていこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

今回は、ちょっとユニークな新製品、ロジテック「LAN-IRU01」を紹介しよう。テレビやBD/HDDレコーダーを、Androidスマートフォンからコントロールするための中継ユニットだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

モンスター「Miles Davis Trumpet」は、先に発売された「Miles Davis Tribute」に続く、“Miles Davis”トリビュートモデルの第2弾。その名の通り「トランペット」をモチーフにしたデザインが与えられた、遊び心あふれるモデルとなっている。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、ファイナルオーディオデザインの新製品「Adagio V」をピックアップ。新開発の8ミリドライバーを搭載するAdagioシリーズにあって、ステンレスの削りだし筐体を採用した上位モデルとなる。

【ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、つい先日発表されたばかりのAKG「K550」をとり上げよう。新開発50ミリドライバーを採用した密閉型ヘッドフォン。「秋のヘッドフォン祭り」以来、気になっている人も多いのでは?

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

豊富なラインアップを誇るオーディオテクニカのカナル型イヤフォンにあって、フラグシップに位置づけられるのが「ATH-CK100PRO」。バランスド・アーマチュア型ドライバーを3基搭載した3Wayモデルだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ソニーは以前からホームシアター向けのサラウンドヘッドフォンをラインアップしてきたが、その最新モデルとして「MDR-DS7500」が登場した。Blu-ray 3D視聴を意識した3D対応モデルだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

以前、Olasonic(オラソニック)のテレビ用スピーカーを紹介さいたとき、かわいい外観に見合わぬ実力に驚かされた。そこで今回は、ウォークマン用の「TW-D7WM」および新発売のiPhone/iPodスピーカー「TW-D7IP」を聞いてみた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今年の「秋のヘッドフォン祭り」は、その充実ぶりに驚かされた。各社とも、初披露の新製品や発売予定の製品を列べ、その大半が実際に試聴できた。数多ある新製品のなかから、実際に試聴できた注目製品のファーストインプレッションをお届けしよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

一気に11モデルが登場したソニーのバランスド・アーマチュア型イヤフォン。今回は1ドライバー搭載モデル「XBA-1IP」を借用し、1週間ほど聴き込むことができたので、詳細を報告したい。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

シュアが投入する最上級カナル型イヤフォン「SE535 Special Edition」をいち早く試聴することができたのでインプレッションをお届けしよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

ウォークマンAシリーズの最新モデル「A860シリーズ」は、「ウォークマン史上最高の音質」という。つまり、音に定評のある兄貴分「X1000シリーズ」をも超えたということか。さっそく検証してみよう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

「ハイエンドショウトウキョウ2011」が開催されている。その名のとおり「高級ピュアオーディオ製品」の展示がメインだが、近年の傾向に則してか、PCオーディオやヘッドフォンなどの姿も多く見られた。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

クリプトンから、HR(High Resolution)シリーズと銘打った高級オーディオアクセサリー製品が発表された。その名の通り、ハイレゾ時代にマッチした高品位なオーディオアクセサリーを目指したものだ。さっそくチェックしていこう。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、9月6日に発表されたばかりのAKG「K3003」を紹介しよう。実売14万円前後という超高級カナル型イヤフォンで、同社の新しいフラグシップモデルといえる。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

ヤマハ初のカナル型イヤフォン「EPH-100」は、小口径のダイナミック型ドライバーユニットを耳穴の奥に配置することで、外耳道内の不要な反射を抑制するというユニークなコンセプトを持つ。さっそく試聴した。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:

今回は、Olasonic(オラソニック)の薄型テレビ用小型スピーカー「TW-D7OPT」を取り上げよう。もともとPC用のUSBスピーカーとして登場した卵形スピーカーだが、実にオーディオ的な音の良さを持っている。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

「50LINE」は、この春に登場したELACのエントリー〜中級向けのスピーカー。お得意の「JETツイーター」などは採用されていないものの、決して手抜かりのない、充実したものだった。……購入決定。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

スイングアームを使ってiPad/iPad2を横向きに設置できる、映像の視聴に便利なドックスピーカーがフォースメディアから発売された。それも高級スピーカーメーカーとして名をはせた「Acoustic Research」ブランドだ。

【野村ケンジ , ITmedia】()
野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:

今回は、ポータブルヘッドフォンアンプの人気ブランド、iBassoから発売された新製品「D5 Hj」を紹介しよう。USB DAC機能も有しており、PC用のオーディオデバイスとしても活用できる。

【野村ケンジ , ITmedia】()