連載
» 2013年01月15日 08時00分 UPDATE

今すぐ使えるスマホレシピ:第13回 定番アプリからRSS、まとめリーダーまで――スマホ向け優良ニュースアプリ (1/3)

スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第13回ではスマホでの情報収集を快適に行う方法を紹介しよう。

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]

 スマートフォンがあれば、通勤中やちょっとした空き時間に最新ニュースを手軽にチェックできる。その方法は多彩で、ブラウザでニュースサイトを閲覧できるのはもちろん、ニュースに特化したアプリを用いれば、よりスピーディにアクセスできる。また、TwitterなどSNS上からニュースを拾う人にも最適なアプリが続々と登場している。

 そこで、今回はスマホを使って効率よくニュースをチェックする方法を紹介しよう。ビジネスシーンはもちろん、SNS上で話題になっている情報を押さえておけば、日常会話の幅も広がるに違いない。


定番ニュースアプリはスマホを買ったら即ダウンロード

 iPhone、Androidともに、さまざまなニュースアプリが用意されているが、複数のジャンルのニュースをまんべんなく知りたいなら「Yahoo!ヘッドライン」(無料)を使うといいだろう。

 「Yahoo!ニュース」は新聞・通信社が配信する時事情報をピックアップしているサービスで、「Yahoo!ヘッドライン」アプリはWeb版と同様、注目トピックがまとめられている。経済、エンタメ、スポーツなどの最新ニュースを一覧でチェックでき、表示するジャンルは並び替え可能。また、Android版では緊急度や重要度の高いニュースをプッシュ通知する機能もある。

photophotophoto トップ画面では設定したエリアの天気と星座の運勢も表示される(写真=左)。記事はスマホに最適化されたレイアウトで表示される(写真=中)。Android版のみ、号外のプッシュ通知に対応。スマホならでは機能が最大限に生かされている(写真=右)

 このアプリが特に便利なのは、先読み機能を搭載する点だ。1度ページを読み込むと、そのページ内に表示されている記事は電波が届かない場所でも閲覧できる。ただし、記事全文や関連記事を読むには通信環境が必要だ。

alt Yahoo!ヘッドライン

alt Yahoo!ヘッドライン

 Androidの場合、「日本のニュース 桜」(無料)というアプリも便利だ。このアプリでは複数の新聞社やニュースサイトが配信する記事をまとめ読みできる。機能としては非常にシンプルだが、アプリの容量が561Kバイトと小さく、アプリ終了後にデータやキャッシュを削除してくれるのがうれしい。

photophotophoto トップ画面には各社のRSSが表示される。いずれかをタップし、読みたいジャンルのニュースを選択しよう(写真=左)。記事は画面下部のアイコンをタップして、拡大・縮小できる(写真=中)。表示しているページのタイトルとURLをコピーできる機能を搭載。SNSでの共有に便利だ(写真=右)
alt 日本のニュース 桜

 また、アイティメディアも「ITmedia」(無料)というアプリをiPhone、Androidの両方で配信している。主要記事の全文を読めるだけでなく、記事内容を定期的に取得・保存するため、電波が届かない環境でも記事の閲覧が可能。

photophoto トップ画面がグラフィカルで見やすい。気になる記事は「マイクリップ」として保存しておける(写真=左)。スマホでの表示に最適化されており、Twitter、Facebookでの記事の共有が可能(写真=右)
alt ITmedia

alt ITmedia for Android

 さらに、「ITmedia エンタープライズ」(無料)、「Biz誠」(無料)などのアプリも配信されており、スマホでの閲覧に最適化されているので便利だ。

photophoto ビジネス視点のIT情報サイト「ITmedia エンタープライズ」のトップ画面(写真=左)。「Biz誠」アプリでは、20代後半〜30代のビジネスマンに向けたオンラインビジネス誌「Business Media 誠」の記事を読める(写真=右)
alt ITmedia エンタープライズ for Android

alt ITmedia エンタープライズ

alt Biz誠 for Android
alt Biz誠

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.