レビュー
» 2013年02月01日 18時43分 UPDATE

写真と動画で解説する「Xperia Z SO-02E」(ソフトウェア編) (1/3)

スペックやデザインに注目が集まりがちな「Xperia Z SO-02E」だが、ソフトウェアも進化している。スマホ操作の入り口であるホーム画面、Exmor RS for mobileで機能向上したカメラ、POBox Touch 5.4になった文字入力などを調べた。

[田中聡,ITmedia]

 厚さ7.9ミリのスリムなボディに5インチフルHD液晶、クアッドコアCPU、Exmor RS for mobile搭載の13.1Mピクセルカメラなど最先端のスペックを詰め込みながら、ワンセグ、おサイフ、赤外線、防水・防塵などもしっかりサポートする「Xperia Z SO-02E」。ソフトウェア編では、進化したUI(ユーザーインタフェース)を中心に見ていこう。

photophoto ソニーモバイル製の「Xperia Z SO-02E」。ボディカラーはBlack、Purple、Whiteの3色

ホームUIはココが変わった

 ホーム画面のUIは、Xperia独自のものと、ドコモが提供する「docomo Palette UI」の2種類がプリインストールされている。Xperia独自のUIは、従来機から改善されている。まず、スマホの顔ともいえるロック解除画面。従来のXperiaはカギアイコンを左から右へフリックしてロックを解除するタイプだったが、Xperia Zではカギアイコンがなくなり、画面の適当な場所に触れて上か下へフリックすればよい。すると、画面がブラインドのように歪み、ロックが解除される。このときのアニメーションがなかなか心地よい。カメラと音楽のショートカットも設置されており、素早くカメラを起動、音楽を再生できる。

photophoto 新しくなったロック画面。壁紙も新しいものが採用されている(写真=左)。ホーム画面(写真=右)
photo ロック解除したときのアニメーション

 横スクロールのホーム画面とアプリトレイ、最大4つのショートカットやフォルダを設置できるドック(下部の固定アイコン)など、基本的なUIは同じ。大きく変わったのは、画面余白を長押しまたはピンチインしたときの挙動だ。「Xperia GX SO-04D」や「Xperia AX SO-01E」では、画面余白を長押しすると、壁紙とアプリ・ウィジェット・ショートカットを設置できるアイコンがそれぞれ左上と右上に表示されたが、Xperia Zではページのサムネイル表示(全ページが1画面に表示されるわけではない)に切り替わり、画面下部にウィジェット、アプリ、壁紙、テーマのアイコンが現れる。ここからアプリやウィジェットを任意のページに設置できる(アプリの場合はこれまでどおり、アプリトレイからも配置できる)。なお、従来のXperiaでは、ホーム画面上でピンチイン操作をすると、各ページのウィジェットが1画面に集合したが、Xperia Zではこの操作はできなくなっている。

photophotophoto 長押しまたはピンチインでホームの設定画面が表示される(写真=左)。アプリを選んでタップすると、表示中のページへ配置される。各ページのレイアウトを確認しながらアプリやウィジェットを配置できて便利だ(写真=中、右)
photophotophoto ウィジェット、壁紙、テーマの設定もできる

 指定したページを「ホーム」に設定することもできる。ホームに設定されたページは、ロック解除後の最初に表示される。初期状態では5ページの真ん中のページ(左右から3ページ目)がホームになっているが、ほかのページに変えられるわけだ。ホーム画面をカスタマイズしていく中で、「やっぱり(初期状態の)ホーム以外のページをよく使う」といったときに便利だ。また、初期状態の5ページに加え、2ページを追加できるようにもなった(計7ページまで)ほか、ページごと削除することも可能だ。Xperiaおなじみのテーマは、Xperia Zではテーマごとにロック解除画面とホームの壁紙が個別に用意されているので、テーマを選べば2つの壁紙が一括で設定される。テーマは計8種類ある。

photophotophoto ホームのサムネイル左上にある「家」アイコンを押すと、そのページがホームになり、「×」アイコンを押すとそのページを削除できる(写真=左)。ページを削除する前に確認メッセージが出る(写真=中)。サムネイルの中央に表示された「+」を押すとページを追加できる(写真=右)

あのアプリがプリインされなくなった

 製品版で変更される可能性があるが、発表会(1月22日)の展示機にプリインストールされていたアプリは以下のとおり。ドコモ関連のアプリだけでアプリトレイの1ページほどが費やされている。Xperia独自の「WALKMAN」「アルバム」「ムービー」アプリは継承している。細かいところでは、アプリトレイの中にもフォルダを作れるようになった。

photophotophotophoto 展示機にプリインストールされていたアプリ一覧

 個人的に気になったのが、これまでのXperiaに提供されていた、SNSやメールなどの情報を一括して確認できる「Timescape」がないこと。発表会でドコモ関係者に確認したところ、「Timescapeはプリインストールしない」とのことで、CESの発表会場で確認したグローバル版にもTimescapeはプリインストールされていなかった。Timescapeの項目を追加できるプラグインはGoogle Playで配信されているが、Timescapeアプリは配信されていないので、Xperia ZではTimescape自体を利用できないことになる。

 その代わり、「Xperia Tablet S」に提供されている「Socialife」アプリ(外部リンク参照)がXperia Zでも利用可能になり、SO-02EにはSocialifeに登録するためのショートカットが用意される。SocialifeでもFacebook、Twitter、ニュースサイト、ブログなどをまとめて閲覧できるので、機能はTimescapeと似ているが、各情報を上下にパラパラめくって見られるTimescapeの独自UIとは異なる。需要の変化もあるのだろうが、ドコモの初代Xperia「Xperia SO-01B」のころに新感覚の機能としてソニーモバイル(当時はソニー・エリクソン)も大きくアピールしていただけに、Timescapeの廃止は少々寂しい感もある。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.