ニュース
» 2013年06月25日 17時40分 UPDATE

フルHDスマホでは世界最薄:ソニーモバイル、6.4インチディスプレイ搭載の「Xperia Z Ultra」を発表

Xperia Zがさらに大きく、薄く、美しく――。ソニーモバイルが新型のスマートフォン「Xperia Z Ultra」を発表した。6.5ミリのボディに6.4インチのフルHD液晶を搭載。ソニーのディスプレイ技術「トリルミナスディスプレイ for mobile」と超解像技術「X-Reality for mobile」も採用した。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが6月25日、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia Z Ultra」を発表した。

 Xperia Z Ultraは、フルHD表示(1080×1920ピクセル)可能な6.4インチの大型ディスプレイを搭載したスマートフォン。OSはAndroid 4.2を採用する。フルHDディスプレイ搭載のスマートフォンの中で、6.4インチは世界最大、厚さ6.5ミリは世界最薄を実現した(いずれも2013年6月24日のソニーモバイル調べ)。Xperia Z Ultraは、2013年第3四半期(7〜9月)に世界の各市場で発売される予定。日本での発売は不明。

photophoto 6.4インチディスプレイを搭載した「Xperia Z Ultra」。カラーはPurple、White、Blackの3色

 デザインには、Xperia ZやXperia Tablet Zでもおなじみの、どの方向から手にしても同じ感覚で使える「オムニバランスデザイン」を継承した。無駄を排したフルフラットなボディの背面にはZと同じくガラスパネルを採用し、アイコニックな大きな電源キーも健在だ。厚さはZの7.9ミリから約1.4ミリ薄く、Tablet Zの6.9ミリから0.4ミリ薄くなった。ボディカラーはZと同じくBlack、White、Purpleの3色を用意した。防水(IPX5/IPX8)と防塵(IP5X)もサポートしながら、イヤフォンジャックはキャップレス仕様となっている。

photo 左からXperia Tablet Z、Xperia Z Ultra、Xperia Z。外観は「Xperia Z」を一回り大きくしたという印象だ
photo

 ディスプレイには、ソニーのBRAVIAにも使われている「トリルミナス」のモバイル向け技術「トリルミナスディスプレイ for mobile」を新たに採用。これによって色再現領域が拡大し、自然な色や繊細な色の違いを忠実に描写できるようになる。ソニーの超解像技術「X-Reality」のモバイル向け技術「X-Reality for mobile」も搭載。映像を分析して失われた画素を復元することで、動画をより美しく再現する。

 タッチパネルは、指やペンで快適に手書きができるよう最適化されている。特殊コーティングを施したことで、ボールペンなどを使っても、ディスプレイを汚すことなく、タッチペンとしても利用できる。

 プロセッサーには、Qualcommの最新バージョン「Snapdragon 800」(2.2GHzクアッドコアCPU)を採用し、LTE通信もサポートする。バッテリー容量は3000mAh。グローバル版のXperiaシリーズではおなじみ、ディスプレイの消灯時にデータ通信をオフにする「スタミナモード」も搭載している。

 カメラには、ソニーの積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用した約800万画素CMOSを搭載。16倍のデジタルズーム、静止画と動画のHDR撮影、ノイズリダクション、ピクチャーエフェクト、フルHD動画撮影、パノラマ撮影など、豊富な撮影機能を備えた。インカメラは約200万画素。

 NFCもサポートしており、スピーカーやヘッドセットなどのソニー製品に端末をかざすことでBluetooth接続し、ワイヤレスで音楽を再生できる「ワンタッチ機能」を利用できる。Bluetooth 4.0、スクリーンミラーリング、DLNAにも対応している。

Xperia Z Ultraとも連携できる周辺機器も登場

 Xperia Z Ultraと連携できるアクセサリーとして、単体で通話もできるBluetoothヘッドセット「SBH52」と、卓上ホルダ「DK30」も発売する。SBH52は有機ELディスプレイ上から通話履歴やテキストメッセージを確認できる。NFCにも対応しており、Xperia Z UltraをはじめとするNFC対応スマートフォンから簡単にBluetoothのペアリングができる。DK30は、マグネット式端子を採用したことで装着性を高め、Xperia Z Ultraにカバーを装着していてもセットできる。着信通知や音楽操作などができる腕時計型デバイス「SmartWatch」の最新モデル「SmartWatch 2 SW2」も発表。新たにNFCに対応し、簡単にBluetooth接続できるようになる。

photophoto NFC対応Bluetoothヘッドセット「SBH52」
photophoto Xperia Z Ultra向け卓上ホルダ「DK30」(写真=左)と最新の腕時計型デバイス「SmartWatch 2 SW2」(写真=右)
「Xperia Z Ultra」の主なスペック
機種名 Xperia Z Ultra
OS Android 4.2.2
プロセッサー Snapdragon 800(2.2GHzクアッドコアCPU)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約92.2×179.4×6.5ミリ
重さ 約212グラム
連続通話時間 UMTS:約840分、GSM:約660分
連続待受時間 LTE:約510時間、UMTS:約530時間、GSM:約550時間
連続使用時間 音楽再生:約120時間、動画再生:約5.5時間
バッテリー容量 3000mAh
メインカメラ 有効約800万画素裏面照射型CMOSセンサー
インカメラ 有効約200万画素CMOS
メモリ ROM:16Gバイト(11Gバイトまで利用可能)、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 6.4インチフルHD(1080×1920ピクセル)TFT液晶 1677万7216色
ボディカラー Black、White、Purple
ネットワーク UMTS、HSPA+:900MHz、2100MHz、850MHz、1900MHz、1700MHz
GSM、GPRS/EDGE:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.