ニュース
» 2016年04月28日 10時51分 UPDATE

調査レポート:2016年1〜3月期の世界スマートフォン出荷台数、史上最低の伸び率──IDC調べ

IDCによると、1〜3月期の世界におけるスマートフォンの出荷台数の伸び率は史上最低の0.2%だった。メーカー別スマートフォン出荷ランキングのトップ3は前期と変わらずSamsung、Apple、Huaweiだったが、4位と5位のLenovoとXiaomiが圏外に落ち、中国のOPPOとVivoが初ランクインした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCが4月27日(現地時間)に発表した2016年第1四半期(1〜3月)の世界におけるスマートフォン出荷に関する調査結果によると、総出荷台数は前年比0.2%増(ほぼ横ばい)の3億3490万台だった。0.2%という前年比伸び率は、IDCが調査を初めてからの最低記録という。

 idc メーカー別世界スマートフォン出荷台数推移(資料:IDC)

 IDCはこの停滞の原因を、新興国市場でのスマートフォン普及と、市場のトップ2社である韓国Samsung Electronicsと米Appleの出荷台数減少の2つとしている。

 メーカー別出荷台数ランキングでは、上位3社は前期と変わらないが、前期4位だった中国Lenovoと5位の中国Xiaomiがランク外に落ち、入れ替わりにいずれも中国企業であるOPPOとVivoがランクインした。

2016年第1四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ5(単位:百万台)
順位 メーカー名 1Q16出荷台数 1Q16市場シェア(%) 1Q15出荷台数 1Q15市場シェア(%) 出荷台数伸び率(%)
1. Samsung 81.9 24.5 82.4 24.6 -0.6
2. Apple 51.2 15.3 61.2 18.3 -16.3
3. Huawei 27.5 8.2 17.4 5.2 58.4
4. OPPO 18.5 5.5 7.3 2.2 153.2
5. Vivo 14.3 4.3 6.4 1.9 123.8
その他 141.5 42.3 159.8 47.8 -11.4
合計 334.9 100.0 334.4 100.0 0.2
(資料:IDC)

 OPPOとVivoはいずれも低価格帯端末を、主に中国国内で販売している。両社の台頭は、中国市場の成熟を反映しているとIDCは指摘する。

 首位のSamsungはシェアを0.6%減らしたものの、3月に発売の「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」は好調という。

 Appleの26日の業績発表によると、iPhone発売以来初めて販売台数が前年同期より減少した。同社のティム・クックCEOは、iPhone 6からiPhone 6sへのアップグレード率が、iPhone 5sからiPhone 6の時よりも低かったと説明した。3月末に発売された「iPhone SE」の出荷台数が反映されるのは4〜6月期になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう