ニュース
» 2013年10月04日 16時00分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2013:「新LaVie Z」の仕様明らかに──超軽量700グラム台+超高解像度IGZOを採用

新LaVie Zは、「100グラムほども軽量化」し、さらに「超高解像度ディスプレイ」を採用することが分かった。CEATEC JAPAN 2013の講演で、NECパーソナルコンピュータの小野寺執行役員がいきなり「チラ見せ」した。

[岩城俊介,ITmedia]
photo CEATECの特別講演で小野寺氏が公開した未発表の新「LaVie Z」

 NECの超軽量Ultrabook「LaVie Z」がさらに軽量+高解像度になって刷新される。

 CEATEC JAPAN 2013の「パーソナルコンピューティング30年──これから何を目指すのか」と題した特別講演で、NECパーソナルコンピュータの小野寺忠司執行役員が「これをもうすぐ発表する」と未発表の新LaVie Zをチラ見せ。近日登場予定であることを明らかにした。

 今回判明した新LaVie Zの仕様は、

  • Haswell世代のCore Uプロセッサーを採用
  • 超高解像度IGZO液晶パネルを搭載
  • 重量は799グラム以下
  • つや消しブラックの新カラーも追加

 など。


photo 13.3型サイズ+超高解像度のIGZO液晶を採用し、重量は799グラム以下。Haswell世代のCPUを採用することも明らかになった

 13.3型ワイドの薄型クラムシェルスタイルとデザインは現LaVie Zと大きく変わらない印象だが、13.3型の高精細IGZOとわざわざ述べるということは……今回、解像度までは明らかにされなかったが、ASUS「ZENBOOK UX301」などが採用する2560×1440ドット解像度のパネルを採用することを期待したい。

 そして13.3型で世界最軽量とした前モデル875グラムのをさらに下回る──700グラム台(799グラム以下)の値に到達するのも驚きだ。「これまでのLaVie Zも軽々と持てたが、それが“799グラム以下”になると本当に指2本で持てる。数百グラムの中で約100グラムほどの差となると、ウソだろ! と驚いてしまうほど軽いと感じていただけるはず。発売を楽しみにしてほしい」(小野寺氏)

 合わせて、同デザインでタッチパネル付きモデルもラインアップするようだ。こちらも13.3型タッチノートで1キロを切る軽量モデルになるという。どちらも時期的に、Windows 8.1を採用した2013年秋冬モデルとして登場するはずだ。


photo CEATEC JAPAN 2013の1日目に行われた基調講演「モバイル・コンピューティングの進化」でIntel上席副社長兼PCクライアント事業本部長のカーク・スカウゲン氏が紹介したLaVie Zも……天面パネルのデザインをよく見ると新モデルだったようだ。現LaVie Zは無線アンテナのため一目で分かるツーピース構造をしていたが、このマシンはさらりと継ぎ目のないパネルとなっていた
photophotophoto 講演終了後、新LaVie Zを手にする小野寺氏「さらに軽々と持てるようになった。799グラム“以下”としたのは、スペック表記としてこれ以上にはならないことを示すととらえてほしい。もしかしたらもっとスゴイ数値になるかも」。新たに採用するつや消しブラックのボディカラーもなかなか格好いい。また(ノンタッチモデルは)ディスプレイ面は外光の映り込みを抑えるノングレア仕様であること、ディスプレイフレームも非光沢の部品であることも分かった。ここ、モバイルで使うビジネスユーザーとして意外とうれしい部分ではないだろうか

NEC Direct ・NECダイレクト

「LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.