ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「休業手当」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「休業手当」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

全国で全車禁煙化スタート:
ニッポンレンタカー、乗用車を全車禁煙に 吸ったら「休業補償料」請求も
ニッポンレンタカーサービスは11月1日から、乗用車・ワゴン車レンタカーを全車禁煙化する。ファミリー層などから強い要望があることや、健康志向の高まりなども考慮した。(2018/4/4)

ニッポンレンタカー、乗用車・ワゴン車の全車禁煙化を発表 11月1日から全国で
観光・レジャーで利用する客やファミリー層からは全車禁煙化へ強い要望があったとのこと。(2018/4/4)

マネーの達人:
長時間労働で精神的につらい人が知っておきたい社会保険活用法
「長時間労働で肉体的にも精神的にもつらい……」という人には休息が必要です。今回は、知っておきたい社会保険の活用法をお教えします。(2016/10/28)

“労災”が認められるのはどの範囲まで?
自分自身の仕事や健康を守る手段である労働安全衛生法。小難しく見えるこの法律を、物語の形でわかりやすく解説してくれる書籍を紹介。(2013/12/25)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第11回】
ユニークなサービスで差別化を図る「BIGLOBEクラウドホスティング」
NECグループのパブリッククラウド「BIGLOBEクラウドホスティング」。ニフティクラウドとの比較や、“小さめの物理筺体”を生かしたサービス、オンプレミスの専用線引き込みサービスなど特徴を概観する。(2012/9/19)

IT業界をたくましく生きるための労務入門(3):
サービス残業はダークサイド。ブラック企業の労働実態と対策
元SE、現社会保険労務士の筆者が、ITエンジニアが知っておくと便利な労務用語の基本を分かりやすく解説します。(2012/8/27)

大震災、「被害・影響を受けた」企業は83.2%
東日本大震災の発生を受け、被害や影響を受けた企業はどのくらいあるのだろうか。「事業活動に被害・影響を受けた」という企業は83.2%に達していることが分かった。労務行政研究所調べ。(2011/4/18)

吉田典史の時事日想:
会社員は泣き寝入りしかないのか? 震災を口実にした“便乗解雇”
東日本大震災が発生し、1カ月が経過した。景気の先行き不透明感が漂うが、ここにきて震災を口実にした“便乗解雇”が懸念されている。こうした事態に直面しても、会社員は泣き寝入りするしかないのだろうか。(2011/4/15)

東北地方太平洋沖地震からの復興 ── リスク管理、危機管理、そして復旧:
第8回 被災企業への取材と復興への光
東北地方太平洋沖地震の危機に直面し、これから事業継続・復旧対応を進める企業の一助になればとITmedia エンタープライズ編集部では危機管理の専門家に連載をお願いした。最終回は、被災した企業の取材を通して見えてきた課題と復興への視点をまとめた。(2011/3/24)

新型インフルで自宅待機……賃金を支給する企業は3割
新型インフルエンザ対策として、マスクなどを備蓄している企業は何割くらいだろうか。備蓄を「行った」という企業は7割を超え、具体的にはマスクや消毒剤を備蓄しているという。労務行政研究所調べ。(2009/9/10)

不況で一時帰休……休業手当はいくら?
不況対策として、一時帰休などを行った企業はどのくらいあるのだろうか。上場企業に2009年1月〜4月までの状況を聞いたところ、3社に1社は「何らかの対策を行った」と回答していることが分かった。労務行政研究所調べ。(2009/8/20)

システム管理者のココロの栄養素:
EAP――“待ったなし”のメンタルヘルス対策の切り札
毎年3万人を超える自殺者の9割がメンタルヘルス不全者といわれる日本。この危機的ともいえる状況の中、メンタルヘルス不全を予防する、ある従業員支援プログラムが注目されている。(2007/9/13)

IT変革力【第21回】
ソフトウェア障害と「ベンダーおとがめなしの法則」の将来
ITシステムの開発・運用は、すべての不具合を避けることが事実上不可能であるため、ベンダーが不具合の可能性をゼロにする義務を負わない「ベンダーおとがめなしの法則」がビジネス慣行となっています。しかし、ITシステムの規模の巨大化とともにその障害時の潜在リスクが増大し、さらには内部統制によるリスク管理の重要性が叫ばれる中、「ベンダーおとがめなしの法則」は今後も生き残るのでしょうか?(2006/10/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。