ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「環境報告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境報告」に関する情報が集まったページです。

いまさら聞けない自動車業界用語(16):
CO2排出削減だけじゃない、環境のためにやるべきこと
今回は近年、非常に注目されていて、自動車関連企業の各社が積極的に取り組んでいる「環境」について説明します。(2021/8/23)

電動化:
カーボンニュートラル達成に向けた日産自動車の現在地
日産自動車は2021年7月30日、ESGの各領域に関する取り組みを紹介する年次活動報告書「サステナビリティレポート2021」を公開した。本稿では環境問題に対する同社の取り組みを抜粋して紹介する。(2021/8/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(5):
環境分野で最重要の格付指標となった「CDP」、効果的に活用するポイントとは?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。最終回となる今回は、ESG投資家が企業の気候変動対策についての重要指標として参照する「CDP」の活用手法と、気候変動対策に関する企業の「情報発信」の手法について解説する。(2018/12/14)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(4):
世界トップ企業が加盟する「RE100」、日本企業が「再エネ100%」を達成するには?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第4回は日本企業の加盟も増えている国際的な環境イニシアチブ「RE100」について解説する。(2018/12/3)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(2):
気候変動対策の“主役“は、なぜ国から産業界へシフトしているのか
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第2回では気候変動対策に関連するパリ協定前後の世界の動向とともに、2014年9月に設立された代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の概要を説明する。(2018/11/1)

市場が激変:
もうコンビニは若者のものではない
コンビニエンスストアの来店客に変化が生じている。セブン-イレブンの統計によると、50歳以上は1989年に1割に満たなかったが、2017年には約4割を占める。「コンビニは若者のもの」から「シニアのもの」へと移り変わっているようだ。(2018/9/17)

今日のリサーチ:
「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。(2018/7/17)

PR:レーザープリンタが多くある環境でもエコタンク搭載モデルが活躍――建築設計・環境評価サポート企業の導入事例
無料モニター企画第2弾はビジネス対応力を向上した「EW-M670FT」。印刷環境の分散配置に取り組むシスケアがエコタンク搭載モデルで業務の効率化に挑戦する。(2017/11/1)

スピン経済の歩き方:
ジャガイモ農家「補助金」の裏に、きたるべき“戦争”への布石
農林水産省が今年春の「ポテチ品薄騒動」を踏まえて、加工用ジャガイモを生産する農家に補助金を出すというニュースが流れた。差し迫った危機があるわけでもないのに、なぜ補助金を出すのか。筆者の窪田氏は「『戦争』に備えてのことではないか」という。どういう意味かというと……。(2017/9/19)

自然エネルギー:
富士通、2018年度に再生可能エネルギー利用率6%へ
富士通はこのほど公開した「富士通グループ環境報告書2017」において、2018年度までに再生可能エネルギー利用率6%以上を目指す新しい定量目標を設定した。(2017/8/15)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの通信簿
先月末、マツダはサステナビリティレポートとアニュアルレポートを発表した。これはマツダ自身による過去1年間の通信簿とも言えるものだ。今回はそのレポートを基にマツダの現状を分析したい。(2016/9/26)

IoT環境計測:
センサーノード電源不要、「IoTで環境測定」をワンパッケージで
三井物産エレクトロニクスが、環境測定に必要なセンサーノード、ゲートウェイ、クラウドまでもワンパッケージとした「環境計測 PoC パッケージ」を発売する。(2015/9/3)

エネルギー問題の新たなリスク
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/6)

Computer Weekly:
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/4)

DBaaSによる脱サイロと全体最適:
いま、つながりを欠く基幹業務システムの改善が求められる、これだけの理由
ビジネスモデルの変化、企業活動の多様化とともに、企業内のデータに求められる要件も変化している。システムの視点「以外」の領域から見た、企業内データのこれからを考える。(2014/4/21)

これからの働き方、新時代のリーダー:
就活生・転職者必読! 経産省女性室長に聞く、「ホワイト企業」の入り方
流行語にもなった「ブラック企業」に対し、非ブラック企業の中でもさらに優良な“ホワイト企業”を紹介した本が出版された。ホワイト企業とは何か。ホワイト企業を探すにはどうしたら? 経済産業省の坂本里和さんに聞いてみた。(2013/12/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/25)

重視される非財務情報
「統合報告」は情報開示の新潮流となるか
統合報告が求められる背景には投資家が財務報告だけではなく、環境や社会貢献、企業統制などの非財務情報を、その企業の中長期的な成長性を測るための要素として重要視していることがある。(2012/9/14)

環境情報を管理するクラウドサービス、NECが提供開始
NECは、CO2排出量や使用電力量などの環境情報を分析したり、編集したりできる2種類のサービスを発表した。(2011/6/10)

省エネ法対策をクラウドで:
NEC、環境情報管理クラウドサービスの提供を開始
NECがCO2排出量などを全社規模で管理するクラウドサービスを発表。低価格で導入でき、各種分析やレポート出力にも対応する。(2011/6/10)

省エネ法対策をクラウドで:
NEC、環境情報管理クラウドサービスの提供を開始
NECがCO2排出量などを全社規模で管理するクラウドサービスを発表。低価格で導入でき、各種分析やレポート出力にも対応する。(2011/6/10)

省エネ法対策をクラウドで:
NEC、環境情報マネジメントクラウドのサービス提供開始
NECがCO2排出量などを全社規模で管理するクラウドサービスを発表。低価格で導入でき、各種レポート機能にも対応する。(2011/6/10)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(2):
BtoB受注生産型製造業でのモジュール設計改革
個別受注型生産でもモジュラー設計は実現できる! 受注生産型製造業がモジュラー設計を取り入れる際の影響範囲や業界展望を整理する(2010/11/2)

スターバックス、店舗のエネルギー使用の管理にSaaSを利用
スターバックス コーヒーは、国内約900店舗のエネルギー使用を管理するために日立製作所のSaaS型サービスを採用した。(2010/5/25)

ダイバーシティの“今”を追う:
【第1回】日本企業とダイバーシティ・マネジメント
日本でも最近「ダイバーシティ」という言葉を耳にする機会が増えてきました。しかしながら、本質を理解している日本企業はまだまだ少ないようです。何故でしょうか?(2010/2/22)

NEWS
環境対応をうたう日本企業はもっと積極的な情報開示を――SAPジャパン
SAPジャパンは、企業のサステナビリティ戦略を支援する新製品「SAP BusinessObjects Sustainability Performance Management」を発表。日本企業の環境活動に対する積極的な情報開示を呼びかけた。(2010/2/4)

SAPがサステナビリティ取り組み公開サポートソリューション:
日本企業は環境対策しているのにアピール下手で損している
(2010/2/3)

松田雅央の時事日想:
フランクフルト空港はどんな「エコ空港」を目指しているのか(後編)
世界に誇る「エコ空港」を目指しているドイツのフランクフルト空港。空港を管理運営するフラポートはどのような空港を計画しているのだろうか。同社の環境課長Dr.ペーター・マルクス氏に話を聞いた。(2009/11/10)

松田雅央の時事日想:
そこは地域のエコの中心地――ドイツのエネルギー・水道公社
電気・ガス・水道、さらには暖房給湯用の熱(温水)まで、地域の供給事業を一手に担うエネルギー・水道公社。公社がどのように環境への取り組みを進めているのか、カールスルーエ市エネルギー・水道公社を例に紹介しよう。(2009/4/21)

「リスクユニバース」で文書化:
内部統制の仕組みで環境経営も、富士通が新コンサル
(2009/1/23)

クリエイターがコンテンツを作成:
Xarts、CSR活動の報告書をマンガやアニメで作るサービス 
Xartsは、アニメのキャラクターなどを用いてCSR活動の報告書を作成するサービスを開始した。(2009/1/6)

トヨタは2位に後退:
企業サイトの1位はサントリー 安全・安心への訴求がユーザーに響く
日本ブランド戦略研究所の調査で、ユーザーが評価する企業サイトの1位がサントリーになった。安全・安心を訴求したWebページを掲載するなど、ユーザー視点のサイト作りが奏功し、2位のトヨタ自動車を引き離した。IR情報の充実を図り、決算会見の動画配信などを試みる傾向も出ている。(2008/11/18)

同社機器のCO2排出量とオフセット:
EMCがCO2排出権付きレンタル開始、全世界に先駆け日本で
(2008/9/11)

CO2排出量を管理:
SAS、環境問題を解決する新ソフトウェア群を発表
SAS Institute Japanは環境問題への対応や経営情報の透明化などの取り組みが求められる企業向けにソフトウェアの新製品を提供する。(2008/7/9)

日立電子サービス、CSR報告書2008を発表
日立電子サービスは、2007年度のCSR(企業の社会的責任)活動をまとめた「日立電子サービスCSR報告書2008」を同日付けで発行した。(2008/6/11)

国ごとに異なる環境規制にも対応:
SAP、REACHや温室効果ガス管理に対応した環境ソリューション
(2008/6/10)

SAS、新ソリューションでエコ対策へ本腰
企業において地球環境に継続的に取り組みむための施策。米SAS Instituteは、サステナビリティ戦略の策定、実行を支援するプラットフォームを発表した。(2008/4/30)

色覚障害者の色の見分けにくさを眼鏡で体験 「カラーユニバーサルデザインの第1歩に」
誰でも使いやすいように配色する“カラーユニバーサルデザイン”が注目され、Webデザインでも配慮が求められてきている。伊藤光学の眼鏡「バリアントール」は、かけるだけで色覚に障害のある人にとって色が見分けにくいことを体験できる。(2008/4/10)

誠 Weekly Access Top10(2008年3月28日〜4月4日):
誠オープン1周年、新しい試みが続々始まってます!
2007年4月2日にスタートしたBusiness Media 誠。先週、無事1周年を迎えることができました(ありがとうございます!)。これまで以上に読者の皆さまにご愛顧いただけるよう、編集部ではさまざまな新しい試みに取り組み中。ここでまとめてご紹介します。(2008/4/10)

ビジネスに差がつく防犯技術(6):
人の心の弱さを突くソーシャルエンジニアリング
「ソーシャルエンジニアリング」の意味をご存じだろうか。耳にしたことはあるものの、意味までは知らないという方がほとんどではないだろうか。今回は、人の心のすきを突くソーシャルエンジニアリングへの心構えや対策を説明する。(2008/4/7)

各社に聞く「グリーンITにどう取り組むか」(1):
抜本的な効率化が環境を守る〜キリンビール〜
グリーンITという言葉は、日本ではまだ注目され始めたばかり。今後、定着していくことは間違いないが、「効率化と環境配慮の両立」は、企業にとって決して簡単なテーマとはいえない。先進各社は今、このキーワードをどう受け止めているのだろうか。現在の環境施策と今後の展望から、各社にとっての「グリーンIT」を聞く。(2008/3/21)

トレンドフォーカス:
「売り残しても売り逃すな」はもう古い――環境経営時代に適応した“ロス”の新概念(後編)
従来の原価管理システムの限界を補い、資源消費削減とコスト削減の両面で原価管理を行う「マテリアルフローコスト会計」の関心が高まっている。ただ、管理手法として継続的に導入するためにはいくつかの壁がある。(2008/3/7)

2008年予測:
グリーンITは利益拡大やイメージアップの秘策に
2007年は京都議定書の定める削減目標に各企業が取り組み、グリーンITという言葉が注目を集めた。環境への取り組みが利益にならないとされることが多い中、グリーンITは企業に利益をもたらすコンセプトとして、今後さらに普及するという。(2007/12/28)

Biz.ID Weekly Top10:
エコなメディアはどこにある?
毎年毎年、盛り上がりを増すイベント「エコプロダクト」。会場では“ダイエット! CO2”のスローガンのもと、「配布資料PDFダウンロードコーナー」が用意されていた。(2007/12/19)

「CSR」という言葉を知っている、22.8%
現代の企業にとって、もっとも重要な経営課題の1つがCSR(企業の社会的責任)といえる。CSRに力を入れる企業は増えているが、それはユーザーにどれくらい伝わっているのだろうか。C-NEWS調べ。(2007/12/18)

文具の購入、エコマークって気にしてる?
デザインに優れた高級品? 使い勝手に優れた高機能品? それとも環境に配慮した製品を選ぶ? 文房具選びの際にも環境配慮の“印”を意識してみてはどうだろう。(2007/9/28)

ホンダ、「Honda環境年次レポート2007」を発行
工場で排出するCO2を減らし、燃費の良いクルマを作る――2010年の環境負荷低減目標に向け、ホンダの取り組みは着々と進んでいるようだ。(2007/6/28)

経産省、3つのツールで「社会的責任としてのセキュリティ」を支援
経済産業省の「企業における情報セキュリティガバナンスのあり方に関する研究会」が、半年にわたる検討の結果をまとめた報告書を公開した。(2005/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。