ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fortune500」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fortune500」に関する情報が集まったページです。

Google翻訳の1.3倍の性能に DeepL、「次世代言語モデル」でより高度な翻訳へ
DeepLは、言語翻訳や文章校正の特化型大規模言語モデル(LLM)を搭載した「次世代言語モデル」の実装を発表した。(2024/7/19)

米GitLabが身売りを検討 関係筋
クラウドに基づくソフトウエア開発ツールを提供する米GitLabが身売りを検討していることが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。(2024/7/19)

「リポジトリの履歴」が見過ごされている可能性を指摘:
GitHubなどのコード管理プラットフォームに「シークレットスキャンツールでは検知できないシークレット漏えい」のリスク Aqua Security Softwareが解説
Aqua Security Softwareは公式ブログで、「GitHub」「GitLab」「Bitbucket」「Azure Repos」などのソースコード管理プラットフォームに、従来のシークレットスキャンツールでは見落とされる可能性のあるシークレット漏えいのリスクがあるとして注意を喚起した。(2024/7/18)

CIO Dive:
PwCが生成AIに1600億円投資 OpenAIにとっても“うれしいパートナーシップ”に
PwCがOpenAIの「ChatGPT Enterprise」を英米の従業員に展開することになった。OpenAIにとってはPwCが大規模な顧客であるだけでなく、より大きなメリットをもたらすと考えられる。(2024/7/5)

Cybersecurity Dive:
「ウチはムダなものを売っていない」 CrowdStrikeのCEOが同業他社を痛烈批判
CrowdStrikeのCEOは、同業他社であるMicrosoftやPalo Alto Networksを痛烈に批判しつつ大躍進の背景について語った。(2024/6/25)

見落としがちなDNSセキュリティ :
PR:クラウド移行で台頭する新たな脅威「サブドメインハイジャック」とは?
近年、企業のセキュリティを脅かす新たな存在として「サブドメインハイジャック」が台頭している。企業のドメインを巧みに悪用する詐欺手法の実態と対策について、セキュリティベンダーの視点から解説する。(2024/6/14)

企業はAIツールを活用する非技術系人材に注目:
「AIスキルのない人材は採用しない」が6割 MicrosoftとLinkedInが共同レポートを公開
MicrosoftとLinkedInは、職場におけるAIの活用状況をまとめた共同レポート「2024 Work Trend Index Annual Report」を発表した。(2024/5/30)

各国の防衛機関も使う“世界水準”の情報解析ツール:
未来が見えれば優位に立てる 事前対策に効くインテリジェンスとは
地政学リスクの顕在化や度重なる自然災害で、リスク管理が複雑化・高度化している。自組織を守るために効果的な対策を打つためには状況の可視化が必須だ。米国国防省も採用するAI解析ソリューションが可能にする高精度のデータ分析とは。(2024/5/20)

Excelの顔をしたノーコード開発ツールは日本企業を救うか
脱Excelの移行先の有力候補としてノーコード開発ツールの「Smartsheet」がある。同ツールは、ExcelやスプレッドシートのようなUIを基本に、ノーコードによるプロセス自動化の機能やクラウドサービスならではのきめ細かい共有機能などが特徴だ。ツールの特徴や利用メリット、事例について米国本社のCEOに聞いた内容をお届けする。(2024/3/25)

メインフレームは生き残るのか?【中編】
「脱メインフレーム」に踏み切れない企業の“3つの本音”とは?
クラウドサービスの発展によりメインフレーム脱却の機運が高まるが、企業はまだしばらくの間メインフレームを使い続ける見込みだ。脱メインフレームが難しい3つの理由を解説する。(2024/3/22)

いま、企業に最も人気なのはセキュリティに必須の“あのアプリ” Okta年次調査
Okta Japanは年次調査「Businesses at Work 2024」を発表した。最も人気のある業務アプリや急成長したアプリ、認証アプリの利用動向などが明らかになった。(2024/3/22)

今日のリサーチ:
世界の業務アプリ導入数は1社当たり平均93、日本は最少の35――Okta調査
業務アプリの利用動向に関する年次調査の結果です。(2024/3/19)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【後編】
短期間で二度もランサムウェア攻撃を受けた医療機器メーカー その“悲しい”理由
米国で2023年11月に発生したランサムウェア被害の4事例を紹介する。大手医療機器メーカーが立て続けにランサムウェア攻撃を受けたのはなぜだったのか。(2024/3/8)

2024年の「生成AI」市場動向【後編】
「AIスキャンダル」で転落も? 生成AIで今後やってはいけないこと
生成AIが一世を風靡(ふうび)し、企業はビジネスでの生成AI活用を急いで進めている。それと同時に急務になるのがリスク対策だ。企業はどのようなポイントを押さえておくべきなのか。(2024/2/22)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

セキュリティニュースアラート:
日経225企業のDMARC導入率、欧米と比較して大きな開き プルーフポイントが警鐘
日本プルーフポイントは日経225企業が「なりすましメール詐欺」対策で欧米に遅れていると報告した。DMARC認証の国内外企業における利用状況の調査に基づいており、日本企業の安全性対策に重要な課題を示唆している。(2024/1/25)

PR:「Synology Solution Day Tokyo」で見えてきた、ビジネスの生産性向上とデータ保護を両立させるストレージソリューション
(2024/1/24)

Cybersecurity Dive:
今度は「ownCloud」で発生 ファイル転送サービスを狙うサイバー攻撃が相次ぐ
ファイル転送サービスは格好の標的であり、ownCloudの脆弱性は、重要なファイル転送サービスに対する一連のサイバー攻撃における最新の例だ。(2024/1/7)

「グリーンAI」の実践例を紹介
SubwayもCoca-Colaも使うサステナビリティツール「Ubuntoo」とは?
サステナビリティ(持続可能性)推進に悩む企業にとって、AIツールは課題解決の一つの手段となる。その具体的な機能や活用方法とは。Subwayの導入事例と併せて紹介する。(2023/12/21)

「Streamlit in Snowflake」でデータドリブン組織はどう変わるか
Snowflakeにデータエンジニアがその場でデータ可視化可能な環境が正式に加わった。データドリブンの障壁解消なるか。(2023/12/20)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【前編】
採用難から注目集まる「アルムナイ」制度 参加したくなるグループとは?
人材不足と採用難から、人事部門は「アルムナイ」(退職者)を再雇用する仕組みに熱視線を送っている。企業主導でアルムナイのコミュニティーを立ち上げ、魅力的な参加者を集めるためのこつは。(2023/12/7)

Social Media Today:
広告収入減はサブスクで補える? 逃げた広告主は戻る? そして余命は? Xの将来に関する5つの考察【後編】
前編ではX倒産の可能性はあるか、イーロン・マスク氏の個人資産でXを立て直すことはできないのか、考察した。後編ではX逆転のシナリオについて考える。(2023/12/6)

CIO Dive:
OpenAI、ChatGPT関連のアップグレードを発表 開発者必見の5つのサービス
OpenAIは初の開発者会議でChatGPTに関連した10以上のサービスのアップグレードを発表した。本稿はその中でもCIOにとって有意義な5つのサービスを紹介する。(2023/12/1)

Marketing Dive:
マッキンゼー調査でCMOの3分の2が「CEOはいまどきのマーケティングを分かっていない」と回答
CMOの役割が進化し続ける中、CEOは彼らの責任を明確にし、測定の枠組みを作らなければならない。(2023/11/20)

ChatGPTユーザーは毎週1億人 著作権侵害防止の「Copyright Shield」追加
OpenAIはサンフランシスコで開催の初の開発者会議「DevDay」で、「ChatoGPT」のユーザー数が週当たり1億人になったと発表した。基調講演にはMicrosoftのサティア・ナデラCEOも登壇した。(2023/11/7)

設置後すぐにクラウドサービスを利用できるラックスケールシステム:
Oxide、オンプレミスで簡単に運用できる“クラウドコンピュータ”を発表
Oxide Computer Companyは、世界初の商用“クラウドコンピュータ”を発表した。「オンプレミスでクラウドコンピューティングを利用できるように設計されており、ハードウェアとソフトウェアが完全に統合された真のラックスケールシステム」とうたっている。(2023/11/1)

IBMの過去と現在【第2回】
コンピュータの巨人IBMが“かつての栄光”を取り戻すときは来るか
IT業界において存在感を示してきたIBMは、近年業績の不振にあえいでいる。ストレージ分野に関する同社の業績を振り返るとともに、明るい兆しが見える今後の展望を読み解く。(2023/10/26)

Cybersecurity Dive:
Fortune 100企業の取締役会がセキュリティリスクに対する監視を強化中
4大監査法人であるEYの調査によると、Fortune 100に名を連ねる企業のCISOは取締役会や経営層との連携を強化している。(2023/10/7)

ERPが受け持つ専門業務を民主化する:
ServiceNowが狙うERP領域の従業員エクスペリエンス最適化はどんなものか
ServiceNowは近年、IT部門をターゲットとしたITMSの領域だけでなく、ビジネスサイドの課題解決に向け、基幹業務オペレーションの最適化や合理化のためのサービス展開に力を入れている。同社が狙うのはERP領域の従業員エクスペリエンス最適化だ。詳細を同社VPに聞いた。(2023/8/30)

OpenAI、企業向け「ChatGPT Enterprise」提供開始 高速GPT-4でプライバシーも安全
OpenAIはMicrosoftの「Bing Chat Enterprise」と競合する企業向けAIチャットサービス「ChatGPT Enterprise」の提供を開始した。高速なGPT-4を利用でき、プロンプトやデータがトレーニングに使われることはない。(2023/8/29)

Microsoftが見解を公表 「AIは“現場仕事”をどう変えるか」
「AIは仕事をどう変えるのか」は、ホワイトカラーだけの問題ではない。AIの活用によって現場部門で働く担当者の仕事はどう変わるのか。Microsoftの見解を紹介する。(2023/8/16)

PR:Excelの“良いとこ取り”を実現した“脱Excel”プロジェクト管理法とは?
Excelでのプロジェクト管理は「どれが最新版か分からない」「取引先と共有しにくい」などの課題がある。Excelの便利さを受け継ぎつつ、そういった課題も解決できるプロジェクト管理法とは。(2023/9/7)

ダイバーシティー改善に挑むIT業界【中編】
学歴でも顔でもなく「名前」でまさかの不採用――不条理極まる採用事情
IT業界に限らず、さまざまな業種に人種や性別の偏りが残っている。偏りが如実に表れるのが人材の採用だ。幾つかの実験で、人種や性別が採用に影響しているとみられる赤裸々な実態が明らかになった。その内容とは。(2023/8/12)

Marketing Dive:
AI活用で訴訟に? マーケターが知るべき生成AIの法的リスクと対処法
文章や画像を自動生成する「生成AI」はマーケティング分野でも注目を集めている。だが生成AIには法的な懸念点もある。生成AIを活用する際に知っておきたいそのリスクと、対処法とは。(2023/7/12)

ハノーバーメッセ2023:
「自動化とデジタル化の黄金時代」とシーメンス、半固体電池メーカーとの協業も
「今まさに、自動化とデジタル化の黄金時代が到来している」――。ドイツのSiemens(シーメンス)は世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2023年4月17〜21日)で最新の自動化、デジタル化技術を紹介し、現在の社会課題を背景に、産業界での導入が加速していると強調した。(2023/4/27)

IoTセキュリティ:
電子証明書とPKIの一元管理でデジタルトラストを確保、デジサートが新サービス
デジサート・ジャパンは、米国本社CEOのアミット・シンハ氏の来日に合わせて東京都内で会見を開催。グローバル戦略を説明するとともに、認証局ベンダーに依存しない電子証明書管理とPKIサービスを一元管理する「DigiCert Trust Lifecycle Manager」を発表した。(2023/4/6)

「OSSを利用することで企業がその恩恵を享受している」:
企業はなぜオープンソース技術を使い続ける? Linux Foundationが企業調査
Linux Foundationが発表した調査によると、企業はOSSの最大のメリットをコスト削減、開発の迅速化、オープンスタンダード、相互運用性と認識しているという。(2023/3/17)

PR:「ゼロトラスト」の土台になる――“検知に依存しない防御”とは? 海外大手が続々導入したツールに見る対策
(2023/3/15)

ビデオ会議での公平性を追求! ペルソナベースで課題解決を進めるHPと合併した「Poly」の日本担当者に聞く
コールセンター用ヘッドセットや会議システムで知られる「Poly(ポリー)」が、PC大手のHPに買収された。組織面での統合が進められている両社だが、これは日本における「Poly」「HP」両ブランドにどのような影響を与えるのだろうか。日本HPの担当者から話を聞いた。(2023/2/7)

OracleとRed Hatの協業拡大がもたらす4つのメリット
OracleはRed Hatとの協業拡大を発表した。同社によれば、今回の協業には4つのメリットがあるという。それは一体何か。(2023/2/3)

深刻化する企業のデータ課題 解決するソリューションはあるのか
データの保護や管理の重要性が増す中で、対応できていないエンタープライズ企業は多い。ベリタスが提供する新たなサービスはこのようなニーズを満たすものになるか。(2023/2/3)

製造業のための「カスタマーサクセス」入門(3):
カスタマーサクセス2.0を実践する製造業に学ぶ、顧客視点でのサービスづくり
顧客の成功体験づくり、「カスタマーサクセス」の重要性に国内外の製造業から注目が集まっています。本連載ではこの概念を分かりやすく解説します。第3回は前回紹介した「カスタマーサクセス2.0」を実践する企業の事例を取り上げて、エッセンスを抽出していきたい。(2023/1/25)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(4):
AIOps、プロセス自動化などのツールを提供するPagerDutyが日本進出本格化を発表
システムのインシデント対応、AIOps、プロセス自動化などのツール「PagerDuty」を提供するPagerDutyは、日本法人設立を披露するキックオフイベントを開催した。海外クラウドベンダーを支援するジャパン・クラウド・コンピューティングと戦略的パートナーシップを締結し、日本市場での展開を加速するという。(2023/1/19)

完訳 CNCF「クラウドネイティブ成熟度モデル」(1):
CNCFが公開したクラウドネイティブ成熟度モデル:プロローグ編
CNCFが公開した「クラウドネイティブ成熟度モデル」は、組織におけるクラウドネイティブの取り組みの成熟度を5つの段階に分け、各段階で具体的に何をすべきかを示すガイド文書。連載の第1回は、同ガイドのプロローグ部分を翻訳してお届けする。(2023/1/17)

「KOL Radar」が日本で本格展開:
D2Cの越境ビジネスを支えるインフルエンサーマーケティング、科学的に進めるには?
台湾のスタートアップ企業iKalaは、AI技術で企業のインフルエンサーマーケティングを支援するプラットフォーム「KOL Radar」を提供する。(2022/11/17)

企業のセキュリティ変革を支援:
SB C&Sが、Zscalerとのディストリビューター契約を締結 注力するゼロトラストのポートフォリオを拡充
SB C&Sは、セキュリティベンダーのZscalerとのディストリビューター契約を締結した。セキュリティ分野でも成長が著しいゼロトラスト関連エコシステムのポートフォリオを拡充する。(2022/11/14)

TCFD提言を契機とした攻めのGX戦略(3):
いま企業が再エネに投資するメリットとは――市場環境とコストから考える
TCFD提言を契機とした企業のGX(グリーントランスフォーメーション)の実現に向けた方策について解説する本連載。第3回では昨今の市場環境を踏まえた上で、企業が再生可能エネルギーなどのグリーンエネルギーに直接投資を行うことのメリットについて解説する。(2022/10/31)

製造業のための「カスタマーサクセス」入門(1):
国内外の大手製造業がいま、顧客の「成功体験づくり」を重視するワケ
顧客の成功体験づくり、すなわち「カスタマーサクセス」の重要性に国内外の製造業から注目が集まっています。本連載ではこの概念がなぜ注目されているのか、どのような取り組みを進めるべきなのかを解説していきます。第1回は国内外製造業のカスタマーサクセスの取り組み事例と狙いを紹介していきます。(2022/10/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
Googleもだました? LinkedInに氾濫する偽役員や偽社員、企業も対応に苦慮
転職活動や企業の人材採用などに幅広く使われているビジネス向けSNSのLinkedInで、大企業の役員や特定分野のエキスパートをかたる偽アカウントが大量に作成されているのが見つかった。誰が何の目的で仕掛けているのかは分かっていない。(2022/10/13)

金属3Dプリンタ:
ニコンがドイツの金属3DプリンタメーカーSLMを買収、パウダーベッド方式も追加へ
ニコンは2022年9月2日、ドイツの金属3DプリンタメーカーであるSLM Solutions Group(以下、SLM)を買収すると発表した。SLMの増資を引き受ける他、1株当たり20ユーロの現金対価による公開買い付けを行う。加えて、SLMが実施する転換社債の公開買い付けも行い、100%子会社化を目指す。取引総額は6億2200万ユーロ(840億円)になる見込みだという。(2022/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。