ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「先物取引」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「先物取引」に関する情報が集まったページです。

村上世彰氏が投資資金を一人20万円提供 N高が投資部を設立
角川ドワンゴ学園N高等学校が、実践的な金融教育を行う「N高投資部」を設立する。投資家の村上世彰氏が特別顧問に就任し、一人あたり20万円の投資資金を支給。実際に株式を売買することで、実践しながら金融教育を受けられる。(2019/5/22)

「世界のリーダーを目指す」:
中国が狙う「金融強国」とは 日本は存在感低下?
巨額の投資マネーを引き寄せる国際金融拠点として世界に冠たる力を誇る米国に中国が迫ってきた。英国の欧州連合(EU)離脱の動きがロンドン金融街に影を落とす一方、中国の習近平政権の政策も追い風に、香港が急速にマネーの吸引力を強めている。米中のはざまで、東京証券取引所を核とする日本は存在感を守れるのか、分岐点に来ている。(2019/3/19)

8月までには……:
「ビットコイン、19年中に強気相場に戻る」 著名アナリストが解説
2019年は仮想通貨相場にとって復調の年になるだろう。強気筋として知られる米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏が指摘。米CNBCに出演し、その理由を解説した。(2019/3/18)

企業に警戒感:
GW10連休、ATMの現金不足や小売店の人手確保どうする?
ゴールデンウイーク(GW)の10連休まであと2カ月に迫り、企業の警戒感が強まってきた。一斉休業でお金の動きが滞ればATM(現金自動預払機)の現金や釣り銭が不足する恐れがある。小売店ではアルバイト従業員が相次いで休暇を取り、人手不足が一層深刻化しそうだ。市場の混乱やサイバー攻撃の懸念もあり、企業は対応に追われている。(2019/2/28)

10連休 ATMの残高不足やサイバー攻撃に注意
10連休まであと2カ月に迫り、企業の警戒感が強まってきた。一斉休業でお金の動きが滞ればATMの現金や釣り銭が不足する恐れがある。小売店ではアルバイト従業員が相次いで休暇を取り人手不足が一層深刻化しそうだ。市場の混乱やサイバー攻撃の懸念もあり、企業は対応に追われている。(2019/2/27)

ビットコイン一時3400ドル台に:
長引く米政府閉鎖、仮想通貨業界にも悪影響か 「事業の弊害にはなっていない」と強調
メキシコ国境の壁建設予算を巡る米与野党の対立は収まらず、米政府機関では一部閉鎖状態が続いたままだ。仮想通貨関連の商品やサービスなどの審議を行う米証券取引委員会(SEC)などでも業務が滞っている。(2019/1/15)

カギは高技能労働者:
日本の介護問題、処遇改善よりも効果的な人材不足への対応策を
高齢化などに伴い、日本では介護人材の確保が困難となっている。その理由の1つには、介護職員の賃金が他産業と比較して低いことが指摘されている。そのため政府はさまざまな処遇改善策を実施してきたが……。(2018/12/28)

市場は過剰反応か:
SEC、計9件のビットコインETF案件を拒否 次は9月末までに判断
米証券取引委員会(SEC)は8月22日、ProSharesやGraniteShares、Direxionなどから申請された計9件のビットコインETF(上場投資信託)案件を拒否すると発表した。(2018/8/24)

寿命と引き換えにパワーアップ→今すぐ老ける 究極の選択を迫られる漫画が謎の説得力で笑い誘う
そっちかよ……!(2018/8/22)

NYSE運営のICE、MicrosoftやStarbucksと共に仮想通貨企業Bakkt立ち上げ
Intercontinental Exchange(ICE)が、Microsoft、Boston Consulting Group、Starbucksらと提携し、仮想通貨のグローバルなプラットフォーム構築を目指す新企業Bakkt(バクト)の立ち上げを発表した。(2018/8/6)

CMEの動向なども参考に:
仮想通貨の証拠金倍率設定、「検討はしている」=業界団体
日本仮想通貨交換業協会が仮想通貨の証拠金取引における証拠金倍率を4倍内に設定する自主ルールを設ける方向で調整に入ったと、一部報道機関が7月24日に報じた。(2018/7/25)

「サンチーム」「ブッシェル」って一体何なんです? 片仮名など1文字に詰め込む“謎記号”の意味
羅列して遊んでいる人はよく見るけれども。(2018/6/27)

12月には退任?:
「ビットコインは自分には合わない」 米GSのブランクファインCEOがまた批判
ビットコインに投資はしない、自分には合わない――6月19日に米ニューヨークで開催された経済イベント「Economic Club of New York」に参加した米Goldman Sachsのロイド・ブランクファインCEOが、再びビットコインに対する否定的な見方を示した。(2018/6/20)

コインチェックをマネックスが買収した5つの理由
「マネックスがコインチェックを買収した理由は5つある」――マネックスグループの松本大社長は6月19日、デジタルガレージが主催する「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2018 TOKYO」で、マネックスグループが仮想通貨事業に参入する理由を話した。(2018/6/19)

仮想通貨トレーダーが指南:
ビットコインではなくイーサリアムに投資すべき? 3つの理由
米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は6月15日、現時点ではビットコインよりイーサリアムの方が幾分か優れているとの見方を示した。その3つの理由を米CNBCで明かした。(2018/6/19)

米司法省はコメント拒否:
仮想通貨市場で価格操作? 米司法省とCFTCが捜査開始か
5月24日は仮想通貨市場の変動が大きい1日となった。Bloombergが米司法省と米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨の価格操作について公開捜査を行っているようだと報じたことが影響したとみられる。(2018/5/25)

新しいストーリーが必要:
熱狂冷めたビットコイン市場、大手参入で成熟に向かうか
乱高下を繰り返し、投資家をハラハラさせ通しだったビットコイン市場だが、専門家によれば、成熟が進み、比較的退屈な安定期へと向かっている可能性がある。(2018/5/8)

CFTCとSECが検討を進める:
イーサリアムは規制・監視の対象になるべきか? ルービン氏が反論
5月1日、イーサリアムの価格が6%も下落する場面があった。The Wall Street Journal(WSJ)が、イーサリアムやその他の仮想通貨を有価証券と同様の規制・監視の対象とするべきか米国商品先物取引委員会(CFTC)と米国証券取引委員会(SEC)の間で検討がされていると報じたためだ。(2018/5/2)

規制強化の意見目立つ:
金融庁、仮想通貨の研究会が始動 証拠金倍率引き下げ論も
金融庁が「仮想通貨交換業等に関する研究会」の初会合を開き、仮想通貨や交換業者をめぐる諸課題について、制度改正が必要か議論を始めた。(2018/4/10)

三菱UFJ銀行が目指す“デジタル通貨”の形とは:
「プログラミングできるお金」でお金の在り方はどう変わる――「Fintech Challenge 2018」レポート
2018年3月4日に三菱UFJ銀行が開催したハッカソン「Fintech Challenge 2018」の発表会で、ブロックチェーンやスマートコントラクトを使った新たなアイデアが9つ発表された。どのようなアイデアがあったのかを紹介する。(2018/4/13)

Zaif、ビットコイン先物取引を終了
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは2月28日、同取引所でのビットコインの先物取引について、3月31日をもって取り扱いを終了すると発表した。(2018/2/28)

「利益で留年した学費支払った」 学生にも仮想通貨取引広がる
大学生の間で仮想通貨取引が広がっているという。奨学金を元手に仮想通貨取引をするYさんに話を聞いた。(2018/2/15)

宇宙ビジネスの新潮流:
衛星AISで全世界の船をリアルタイムで追跡せよ
船舶の衝突事故が相次いでいる。他方で船の安全管理や航行管理のために衛星インフラの活用が着々と進んでいるのをご存じだろうか?(2017/9/9)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
「メモリ主導型コンピューティング」が実現すると起こること
本連載で紹介しているメモリ主導型コンピューティングは、大量のデータへの高速かつさまざまなアクセスがランダムに発生する用途に特に効果的です。今回もメモリ主導型コンピューティングによって実現するかもしれない世界を紹介しましょう。(2017/5/22)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(39):
アジャイルだか何だか知らないけれど、ドキュメントがないのでシステムは未完成ね
IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「システム開発におけるドキュメントは、何のために必要か?」を解説する。(2017/4/17)

東京金融取引所と富士通、AI技術で市場監視業務の精度向上に向けた共同検討
東京金融取引所は、富士通のAI技術「アノマリ検知技術」を活用した異常取引の自動検知について検討。取引の透明性や公正性を確保し、安定した市場の維持を目指す。(2017/3/13)

東証マザーズ指数先物取引で取引停止 米大統領選を受け金融市場の混乱続く
政治経済での先行き不安から、金融市場が不安定になっています。(2016/11/9)

電力自由化で勝者になるための条件(23):
電力小売システムのあるべき姿を考える、最初から過大な投資は禁物
IT(情報技術)を駆使したシステムをどのように構築していくのか。小売電気事業者にとっては事業の成否を左右する重要な選択である。電力の小売システムは特殊なものではなく、ベンダーによる違いはさほど大きくない。将来の改修費用も含めて投資の回収を見込むことが重要である。(2016/11/9)

電力自由化で勝者になるための条件(18):
卸市場を活用した電力取引で需給調整、前日と当日で取引の仕組みが違う
需給管理は電力事業に独特の業務で、常に需要に見合った電力を調達して供給する必要がある。調達方法の1つは卸市場を利用することだが、前日に取引する市場と当日に取引する市場では売買の方法が違う。それぞれの取引方法に対して運用体制とシステムの整備が欠かせない。(2016/9/30)

電力自由化で勝者になるための条件(17):
小売電気事業者に欠かせない需給管理の業務、外部委託も有効な選択肢
電力の小売事業で重要な業務の1つが需給管理である。過去の実績値をもとに需要を予測したうえで、それに合わせて電源を調達する。日々の需給計画を広域機関に提出する必要があり、効率的に計画を策定できるシステムの整備が欠かせない。需給管理業務を外部に委託することも選択肢の1つになる。(2016/9/28)

電力自由化、先行国はこう動いた(3):
消費者は二の次、国の経済事情で自由化に進んだポルトガル
2016年4月の電力小売全面自由化により日本の電力市場は大きく変容を遂げようとしている。ただ世界には多くの電力自由化先行国が存在する。先行した国々ではどういう変化が起こったのか。こうした変化を紹介するとともに日本のエネルギー産業における将来像を探る。第3回は、ポルトガルの動向を紹介する。(2016/9/28)

副業でも確定申告が必要? ネットオークションやアフィリエイト、LINEスタンプ――雑所得の基本を知ろう
余暇で行うネットオークションやブログのアフィリエイトも収入も立派な「所得」。サラリーマンでも一定金額を超えたら確定申告が必要です。(2016/2/17)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
投資信託の一番人気商品がお勧めできない理由
投資信託の中で最も人気がある「毎月分配型投資信託」。しかし、経済ジャーナリストの荻原博子さんは、お勧めできない商品だと説明します。その理由とは……。(2016/2/15)

トクする申告書の書き方:
FX取引でもうけたら――確定申告が必要です
FX取引の損益に対する課税は、他の所得とは分離して課税されます。年末調整を受けた会社員で、給与以外の所得がFX取引によるものだけという場合には、年間20万円以下の利益であれば所得税の申告義務はありません。(2016/1/26)

「シストレ24」で勝ちを狙う:
PR:人間VS. 人工知能! 初めてのFXで有利なのは? インヴァスト証券の担当者に聞いてきました
インヴァスト証券が提供するFXのシステムトレード「シストレ24」が注目されています。この分野で口座数ナンバーワンらしいので、ユーザーにとって何らかのメリットがあるはず。FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、同社にお邪魔して人気の秘密を聞いてきました。(2015/12/4)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(後編)
これから注目される「デジタル遺品」について前回は、広義の「遺産」で多くの人が直面するであろう問題点を解説した。今回は本論の「デジタル遺品」の定義から始めよう。(2015/10/30)

動き出す電力システム改革(38):
再生可能エネルギーの買取義務を変更、小売電気事業者に上限を設定
小売全面自由化に合わせて、固定価格買取制度の認定を受けた電力を買い取る義務が小売電気事業者に発生する。ただし販売量の少ない事業者にとっては、過剰な電力を買い取ることは難しい。政府は買取義務の上限を設ける考えで、事業者ごとに需要の大きさをもとに設定する方法を検討中だ。(2015/7/13)

動き出す電力システム改革(37):
電力も価格が変動する商品に、先物取引で15カ月先までリスクヘッジ
小売全面自由化が始まると、電力も一般の商品と同じように需要と供給のバランスで価格が決まる。事業者や需要家が1年後に売り買いする電力の価格をキープするためには、先物取引が有効な手段になる。現在の卸電力取引所に先物市場を新設して、15カ月先までの電力を売買できるようにする。(2015/7/10)

動き出す電力システム改革(36):
小売電気事業者の登録が8月3日に始まる、営業に関するガイドライン強化へ
小売全面自由化の実施に先立って、電力会社も新電力も「小売電気事業者」としての登録が必要になる。8月3日に事前登録の受付が始まり、2016年1月から需要家と契約変更の手続きを進めることができる。政府は契約時の説明義務などを規定したガイドラインを強化する予定だ。(2015/7/1)

スピン経済の歩き方:
ライザップを急成長させた「ちょびっとしんけん」とは何か?
テレビCMや電車の広告などでよく目にするライザップ。「2カ月で最大15キログラムまで痩せる」のをウリにしているが、なぜここまで急成長を遂げたのか。筆者の窪田氏は「ちょびっとしんけん」があるからだという。ん? ちょびっとしんけんって何?(2015/6/16)

捨てる「習慣」:
進化したければ、成功体験を捨てよ
過去の栄光を捨てられれば、時代や環境の変化にうまく対応できるようになります。(2015/2/6)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

窪田順生の時事日想:
「元極道」が明かす、詐欺師にダマされないためのポイント
詐欺の低年齢化が問題になっている。警察や自治体が問題解決に取り組んでいるが、なかには意外な人物もいる。それは、元・極道。広域組織の下部団体で組長を務めた人物に、詐欺の被害者にならないためのポイントを聞いた。(2014/6/10)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
市況予測のクラウドサービス? 三井情報がSAP HANAで挑む新境地
フロリダ州オーランドで開催中の「SAPPHIRE NOW 2014 Orlando」で三井情報は、SAP HANAを活用した市況予測を汎用的なSaaSとして提供していくことを明らかにした。SAPジャパンは国内のクラウドデータセンター開設を発表したばかりだが、その本番稼働一番乗りを視野に入れている。(2014/6/6)

「国内投資は増えない」は本当か?
資産運用先として注目を集める海外投資。分かりにくいことも多い海外投資の入門用書籍『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』の著者、森智紀さんにインタビューを行いました。(2014/6/5)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/7)

知財ニュース:
技術立国ニッポン! 日本の技術貿易収支が過去最高となる2兆2724億円の黒字に
総務省が発表した日本の技術貿易収支は20年連続の黒字となる2兆2724億円となり、過去最高の結果となった。技術貿易収支とは特許権やノウハウの提供、技術指導など技術に関連する収支額のこと。(2014/1/27)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちには、回収するお金とあげるお金がある
常に読み通りに儲かるとは限らないのがビジネスというもの。想定した収益が上がらず、リターンを得られないケースも発生します。その場合はどうするのか?(2013/12/11)

ゼロからはじめる株式投資入門:
株式相場のいろいろな決まり
今回は、株式投資の基礎の基礎として、株式相場のいろいろな決まりを紹介します。(2013/11/8)

動き出す電力システム改革(4):
売り手と買い手を増やして電力を流通、「先物市場」や「1時間前市場」も
電力会社の独占状態を変革する手段のひとつに、電力を売買できる取引市場がある。国内で唯一の「日本卸電力取引所」では、発電事業者と小売事業者の増加に伴って取引量が徐々に増えてきた。さらに電力の流動性を高めるために、短時間で売買できる「1時間前市場」を新設する計画もある。(2013/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。