ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「発泡酒」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

アサヒグループHD・勝木敦志社長 毎年1億ドルコスト削減、DXなど投資加速
原材料や資材の調達をグループ全体で管理し、毎年1億ドルものコストダウンを進めてデジタル化や研究開発投資を積極化させる考えを示した。(2024/1/17)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

ギトギトの油汚れは“ビール”で落ちるらしい→実際にキッチンコンロを掃除して確かめてみた
発泡酒でも検証してみました。(2023/12/27)

直近1年でよく飲まれたビール 2位「一番搾り」、1位は?
直近1年でよく飲まれたビールは何か。マイボイスコムが8回目となる「ビールの利用」に関する調査結果を発表した。(2023/11/25)

10月の価格はどうなる? 「第3のビール」や電気ガス代は上昇
昨年来の食品値上げは10月にピークアウトしそうだ。帝国データバンクによると4500品目超と高水準の値上げが見込まれるが、前年同月比では3カ月連続で減少して勢いは鈍化する。ただ……。(2023/9/26)

泡と香りにこだわり:
アサヒ「生ジョッキ缶」第2弾を発売 見据えるのは酒税改正後の“新しい”ビール市場
アサヒビールは7月11日から、プレミアムビールの新ブランド「アサヒ食彩」を発売する。コンビニ限定の発売で、価格は284円(340ミリリットル)。開栓するときめ細かいもこもこの泡が自然発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる「生ジョッキ缶」の第2弾となる。(2023/7/5)

グッドパッチとUXの話をしようか:
サントリーの「ビアボール」 ビール離れ進む若者の間で話題に、なぜ?
ここ15年以上「前年割れ」を記録しているビール市場で、サントリーの新ビール「ビアボール」が、若者の人気を集めている。どのようにこの熱狂が作られたのかというと……(2023/6/21)

1100人に聞いた:
ビールCMの出演俳優ランキング 3位「阿部寛」、2位「二宮和也」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、ビールのCMに出演した人気俳優ランキングを発表した。その結果1位は、大泉洋さん(パワースコア37.2ポイント)だった。(2023/5/28)

酒類はビールが奮わず:
暑くなったら売れる飲みもの、食べものランキング それぞれ1位は?
True Dataが「暑くなると売れるものランキング」を発表した。気温上昇と購買金額の相関が強い商品がランキング形式で明らかになっている。食べもの、飲みものの1位は何だったのか。(2023/5/18)

リスク分析の優先順位とは:
キリンがスリランカの茶葉農園を支援した切実な理由 「午後の紅茶」が生命線
キリンホールディングスは、気候変動への的確な対応策が求められる気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づくシナリオ分析を2017年から率先して実施してきた。環境対策で日本企業の先頭を走っているCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)戦略部の藤原啓一郎シニアアドバイザーに、その狙いと具体的な対応の方策を聞いた。(2023/2/22)

オレンジページが調査:
女性に聞いた月々の「お酒代」 2位「5000〜1万円未満」、1位は?
オレンジページ(東京都港区)は全国に住む成人女性を対象に、「お酒にまつわる意識調査」を実施した。(2023/1/15)

PR:亀田の柿の種、“逆転発想”の新味を発売! 「トリュフ塩」「燻製塩」ナッツの濃さ×「素焼き柿の種」の素朴なうまさが新しい
ねとらぼのお菓子&お酒大好き編集部員がレビューするよ。(2022/12/20)

ぐるなび1000人アンケート:
スポーツ観戦で食べたいグルメ 3位「フライドポテト」、2位「唐揚げ」、1位は?
ぐるなびが運営する「ぐるなびリサーチ部」は、スポーツ観戦時のグルメについて1000人に調査した。スポーツ観戦で食べたい物の1位は「ピザ」(28.5%)だった。(2022/11/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビールや水着の「キャンペーンガール」が次々と消滅 ポスターが盗まれるほど人気だったのに、なぜ?
キャンペーンガールやイメージガールが減っている。かつては商品をアピールするための大きな役割を担っていた。企業が取りやめる背景とは?(2022/9/23)

地域経済の底力:
オリオンビール、発売1年未満で缶チューハイをリブランド リピート率が高かったのに、なぜ?
オリオンビールのnatura WATTAは、沖縄県産の果実で、かつ防腐剤およびワックス不使用のものだけを原材料として活用。消費者のウケは悪くなかったものの、ビジネス上の課題もあってなかなか売り上げ拡大につながらなかった。そうした反省を踏まえて、発売から1年もたたない今年7月に商品のリブランドに踏み切ったのである。その背景を取材した。(2022/8/14)

食品ロスを解消へ:
横浜高島屋、期限切れのパンを肥料に 新たな商品開発も
横浜高島屋は、食品ロス問題の解消を目指し、販売期限切れのパンを堆肥として利用する取り組みを実施している。地下1階ベーカリースクエアにあるパン店「KANAGAWA BAKERs’ DOCK」では、パンを堆肥として育てた野菜を使った商品「ぱんクル(ぱん+リサイクル)」を6月15日から28日まで販売する。(2022/6/17)

店内にいる人のLINEに広告配信「LINE POP Media」 ローソンなど導入へ
LINEユーザーが実店舗に来店した際、LINEのトークリスト最上部にメーカー企業の広告を掲載できる「LINE POP Media」スタート。ローソンやサンドラッグなど22社、約2万4000店舗での導入が決まっているという。(2022/6/16)

1万人超に聞いた:
好きなスナック菓子の味 4位「チーズ」、3位「コンソメ」、2位と1位は?
マイボイスコムはスナック菓子に関する調査を実施した。どのようなシーンで食べるのか、どんな味を好んでいるのかといったことを聞いた。(2022/6/9)

片付けに手をつけられない女性のもとに、謎の生命体がやってきて…… きれいな部屋と心の平穏を取り戻す話に不思議と癒やされる
読むと心が元気になる。(2022/5/7)

1位は全年代が支持:
ビールの人気ランキング発表 2位はサントリー「金麦」、1位は?
CCCマーケティング(東京都渋谷区)は、7000万人を超えるT会員の購買データを基に「1歳刻み!7000万人の購買商品ランキング」調査を実施した。調査から分かったビールの人気ランキングを発表する。(2022/3/28)

酒税改正を見据えて:
キリンビールの「本麒麟」が好調 敏腕マーケターに聞く「売れ続ける理由」
キリンビールのビール類の販売量が減っている中、気を吐いているのが新ジャンル(第3のビール)の「本麒麟」だ。マーケティング本部の松村孝弘ブランドマネージャーに開発コンセプトを聞いた。(2022/3/18)

【Amazonタイムセール祭り】「お酒」の売れ筋ランキング! 1位はキリン「本麒麟」
他にもサッポロ「GOLD STAR」やおなじみブラックニッカクリアもランクイン。(2022/2/27)

まとめ買いが多い:
毎月の「家飲み用」酒代 2位は「1万〜2万円」、1位は?
カクヤスは、同社のメールマガジンに登録しているユーザーを対象に、「毎月の家飲み代や贅沢なお酒の基準」について調査を行った。毎月の家飲み用の酒代を聞いたところ、最も多かったのは「5000円〜1万円」だった。(2022/2/10)

3年連続1位:
ローソンの「からあげクン」、2021年に最も売れた都道府県は?
ローソンは、全国約1万5000店舗のローソンおよびナチュラルローソン店舗のPOSデータをもとに都道府県別の商品販売高ランキングを発表した。同社の看板商品「からあげクン」が最も売れている都道府県は? そのほか、おにぎりや菓子パン、冷凍デザートが売れている都道府県も調査した。(2021/12/22)

【Amazonブラックフライデー】アサヒスーパードライ5種スペシャルギフトセットがお買い得! ビール・チューハイ・ノンアルのセールまとめ
おいしそうなお酒が続々です。(2021/11/27)

仕掛け人を直撃:
台頭するハイボールやレモンサワー サントリーは「ビール」をどう売っていくのか
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。一方で、消費者の好みが多様化しているが、同社はビールをどのように売ろうとしているのか。(2021/9/30)

仕掛け人を直撃:
商品名に「パーフェクト」ってどうなの? 「パーフェクトサントリービール」担当者が社内を説得できた理由
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。同社初の糖質ゼロビールはどのようにして開発されたのか。(2021/9/29)

男女別でも調査:
給料日のプチぜいたくランキング6位は「スタバに行く」 トップ5は?
ビズヒッツは「給料日のプチぜいたくランキング」を発表した。「スタバに行く」が6位にランクインした。トップ5は? 男女別でもランキングを算出した。(2021/9/25)

小倉優子「週末の夜はお酒を解禁」「本当は毎日飲みたい 笑」 久々のカクテル“シャンディーガフ”に舌鼓
お酒好きで知られている小倉さん。(2021/8/22)

【Amazonタイムセール祭り】ビール・発泡酒特集 アサヒ「スーパードライ」や「コロナ」、「ハイネケン」などがセールに
国内外のビールが集結。(2021/7/16)

生誕20年:
キリン「氷結」、6月に過去最高売り上げを記録 ビールユーザーの獲得を狙う
キリンビールの「氷結」が好調だ。6月は過去最高売り上げを達成した。氷結の好調を支えた要因は?今後の戦略についても見ていこう。(2021/7/13)

ECはリニューアルで売り上げ200倍:
なぜオリオンビールはアルコール度数「9%」を止めて「2%」の商品を首都圏でも発売したのか
キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ。国内ビール市場トップ4社だ。では5位はどこだろう。それがオリオンビールだ。若者のアルコール離れが叫ばれる中、国内シェア約1%の地方発ビール会社は新たな飲酒文化の創造に向けた挑戦を続けている。(2021/4/1)

コロナ禍で拡大した需要とは:
10〜12月は5割増 キリン「一番搾り」缶を急伸させた“ビールで糖質ゼロ”の潜在ニーズ
コロナ禍で業務用を中心にビール類の販売が落ち込む中、キリンビール「一番搾り」は家庭用の缶商品が好調。新商品「一番搾り 糖質ゼロ」のヒットが貢献している。ビールで初めて糖質ゼロを実現し、幅広い層の新たなニーズを獲得。存在感を強めている。(2021/2/17)

チョコミント風味の発泡酒が登場 スイーツ感覚のお酒
チョコレート麦芽を一部使用し、ペパーミントを加えています。(2021/1/16)

潜在ニーズを開拓:
アサヒビール、度数0.5%の“微アルコール”投入 飲まない層にも新しい選択肢を提案
アサヒビールは、低アルコール商品を強化する。3月にはアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料の新商品を発売する。度数1%未満を「微アルコール」と定義。2025年までに度数3.5%以下の商品構成比を、19年の3倍強となる20%に引き上げる。(2021/1/6)

「美味しいとは言えません」 とあるスーパーの“正直すぎるコメント”に「好き」「逆に買いたくなる」と反響
オーケー社に始めたきっかけを伺いました。(2020/10/17)

10月1日酒税率改正、半数超が「知らない」 税額が上がる「第3のビール」に求められるものは?
安さだけではない魅力も重要になってきそう。(2020/9/4)

酒税法改正に商機を見いだす:
キリン、糖質ゼロのビール10月発売 健康意識の高まり背景に
キリンビールは糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、売り上げの拡大を狙う。また、コロナ禍で健康意識も高まっていて、それらのニーズにも応えられるとしている。(2020/8/27)

導入事例:
田根剛氏設計の「弘前れんが倉庫美術館」で、日本製鉄の意匠性チタンが屋根材に採用
日本製鉄の意匠性チタン「TranTixxii(トランティクシー)」が、青森県弘前市に2020年7月11日にオープンした芸術文化施設「弘前れんが倉庫美術館」の屋根材に採用された。(2020/8/25)

AIが作ったビールで“優勝”してみた 意外とおいしい?
AIが作ったビールを試飲。味をレビューしてみた。(2020/7/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由
新型コロナで苦境のビール業界。特にアサヒにその影響が直撃。同社本来の「強み」が仇になったと筆者は分析。(2020/6/23)

缶詰3.4倍、うどん3倍、ベーキングパウダーも 巣ごもり消費の売れ筋を「Yahoo!ショッピング」が発表
ECサイトの「Yahoo!ショッピング」が公開した注文数ベースの「売れ筋食品」調査によると、缶詰やカップうどんなどの保存食が昨年同時期に比べて3倍以上に伸びたという。ホットプレートやベーキングパウダーなど巣ごもり消費とみられる商材も。(2020/4/15)

森永卓郎が提言〜ふるさと納税の泉佐野市除外は法治国家の否定だ
過去に行儀が悪いということだけで「無期限謹慎」?(2020/3/7)

今日のリサーチ:
消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査」を実施しました。(2019/11/12)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(9):
短期間でマーケティング基盤のクラウド移行を成功させたサッポロホールディングス、その秘訣とは
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。サッポロホールディングスは、移行の際に、何を目指し、何に気を付け、プロジェクトをどう進めたのか。移行後の効果には、どのようなことがあったのか。(2019/8/13)

ひろゆきの仕事哲学【後編】:
ひろゆきが“日本の未来”を憂う理由――「他人は変えられない」
「平成ネット史」の最重要人物、ひろゆきへの独占インタビュー最終回――。ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか?(2019/7/22)

成城石井でそろうレモネードとビールで夏向け爽快カクテル! パナシェ3種を飲み比べ
休日のお昼に飲むのに、ぴったりなカクテルのひとつ。(2019/6/16)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

今日のリサーチ:
店舗の売り上げデータに見る平成の大逆転劇――インテージ調べ
平成の間に生活者のライフスタイルはどのように変化したのでしょうか。(2019/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。