ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「発泡酒」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

成城石井でそろうレモネードとビールで夏向け爽快カクテル! パナシェ3種を飲み比べ
休日のお昼に飲むのに、ぴったりなカクテルのひとつ。(2019/6/16)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

今日のリサーチ:
店舗の売り上げデータに見る平成の大逆転劇――インテージ調べ
平成の間に生活者のライフスタイルはどのように変化したのでしょうか。(2019/4/9)

“泡”で業界底上げ目指す:
ビールの味が変わる? 「プレモル」が注力する“体験”戦略
ビール市場の縮小が続く中、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」は足元の販売が堅調だ。ビールの「泡」のおいしさを体験する機会を増やす活動に注力している。「業界全体の活性化につなげたい」と話す山田賢治社長に戦略を聞いた。(2019/3/20)

「第3のビール」だったのか、果たして:
「極ZERO」訴訟で国に敗訴したサッポロ、控訴へ 「正当性主張する」
ビール系飲料「極ZERO」の酒税として納付した約115億円の返還を巡って国に敗訴したことを受け、サッポロビールが控訴すると発表。「引き続き当社の正当性を主張してまいります」とコメントしている。(2019/2/13)

ビール事業の活路探る:
オリオンビール買収の行く末は?
オリオンビールが、野村ホールディングスと米投資ファンドのカーライル・グループによる買収を受け入れた。厳しい環境にあるビール事業をどう発展させるのか。新体制の手腕が試されている。(2019/1/30)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

「第3のビール」ってそもそも何? 第2のビールもあるの?
お酒を飲む人には常識?(2018/11/20)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

キリンビールは9年ぶり増収増益:
キリンHD、1〜6月事業益は4.3%減 ビール類販売計画は上方修正
キリンホールディングスの18年1〜6月期連結業績のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益が前年同期比4.3%減の860億円になった。(2018/8/7)

エビスが大きく減少:
サッポロHD、今期営業益予想を下方修正 国内ビール類が不振
サッポロHDは18年12月期の連結営業利益予想を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正。(2018/8/3)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)

ついにビールまで透明に!? アサヒが透明なクラフトビールを開発
(2018/6/25)

ヤッホーが新商品:
「かつお節」使ったビール、その味は? 酒税法改正が後押し
ヤッホーブルーイングが「かつお節」を使ったビールを発売。酒税法改正により「ビールの定義」が広がったことを追い風に、さまざまな原料を使ったビールを提案していく。(2018/3/14)

国内ビール類はマイナス見込む:
アサヒ、今期は9.2%営業増益計画 欧州など国際事業が寄与
アサヒグループホールディングスは、18年12月期の連結営業利益が前年比9.2%増の2000億円になる見通し。(2018/2/15)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

17年は6%減:
キリン、苦戦の新ジャンルに新商品 攻勢で立て直し急ぐ
キリンビールは、苦戦する新ジャンルカテゴリーに新商品「本麒麟」を投入。ビール市場全体の縮小傾向が続く中、低価格商品の立て直しを急ぐ。(2018/1/11)

「インスタ映え」だけじゃない:
キリンとメルカリに学ぶInstagramマーケティング
「インスタ映え」が社会現象となるほど浸透したInstagram。ビジネス利用もますます盛んになっている。キリンとメルカリはInstagramを使ってどのようにマーケティングしているのか?(2017/12/15)

「1缶でしっかり酔いたい」ニーズ:
7%で「コスパ意識」つかむ キリン「のどごし STRONG」
キリンビールがアルコール度数7%のビール類「キリン のどごし STRONG」を新発売。高発酵技術を活用し、飲みごたえとキレのある後味を実現した。(2017/11/21)

ちょっと本格的! ビールをもっと美味しくする「ビールアワー極泡バーサーバー」
今回紹介するのは、「ビールアワーシリーズ」の新製品「極泡バーサーバー」。市販の缶ビールを逆さに取り付けて注ぐだけで、超音波振動によるきめ細かい泡を作り出すことができる。ビール好きは要チェック!(2017/9/11)

クラフトビール市場の盛り上げ目指す:
「よなよなエール」リニューアルの裏側の“追い風”
ヤッホーブルーイングが主力ブランド「よなよなエール」をリニューアルする。20年目にして初のリニューアルの背景には何があるのか。(2017/9/7)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
「プレミアムPC」とは? 高価な商品を買うあなたが“次世代に貢献”している理由
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「プレミアムPC」について解説します。(2017/6/19)

実は主食はお米! 意外と日本人の口に合う「セネガル飯」を紹介してみる
フランスから来た人も「おいしい」というレベル。(2017/4/16)

お花見用にいかが? 缶ビールの泡を超音波でクリーミーにしてくれる「極泡ポータブル」がコンパクトで便利そう
お店みたいな泡のビールが飲めるぞー!(2017/3/8)

ビールの魅力向上へ:
キリン、クラフトビールで「楽しさ」提案
キリンビールは2017年、クラフトビールの取り組みを強化する。多品種のクラフトビールを手軽に提供できる仕掛けを飲食店に提案。クラフトビールを選んで楽しめる場を提供する。(2017/1/12)

発泡酒は引き続き苦戦:
サッポロの17年計画 ビール類2.1%増、ワイン強化
サッポロが、2017年の事業計画を発表した。昨年に続いて「エビス」「黒ラベル」などに注力するほか、ワイン事業の拡大も目指すという。(2017/1/11)

「ザ・ドリーム」テコ入れ:
アサヒ、ビール類0.4%増 17年計画
アサヒビールは2017年のビール類の販売目標を前年比0.4%増の1億6200万ケースとする計画を発表。16年に苦戦したビールの新ブランド「ザ・ドリーム」を大幅にリニューアルするほか、好調なブランドにも磨きをかける。(2017/1/6)

星6つ! イオントップバリュ「バーリアル 糖質50%オフ」をレビュー!
今回選んだのはイオントップバリュの「バーリアル 糖質50%オフ」(95円/税込、店頭価格)です。(2016/8/17)

星8つ! 花王「ヘルシア モルトスタイル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア モルトスタイル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/27)

星7つ! アサヒビール「ザ・ドリーム」をレビュー!
今回選んだのはアサヒビールの「ザ・ドリーム」(203円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/19)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

秋ビール、差別化のカギは「配色」にあり?
秋ビールの季節になりました。秋ビールと言えば紅葉がデザインされたパッケージが多いので、今まで似たり寄ったりでしたが、今年は差別化された商品が登場。色とデザインの視点から分析したところ……。(2015/9/1)

ねとめし:
バニラアイスにビールをかけるとめっちゃウマイ!→バニラアイスにかけるとおいしいビールはどれ?
アイス+ビールでメロンクリームソーダやコーヒーフロートよりも大人なデザートに!(2015/7/3)

サントリー「モルツ」が販売終了 「ザ・モルツ」に
モルツからザ・モルツへ。プレミアムモルツより40円安いです。(2015/6/23)

2014年度の酒類市場――ウイスキー好調、新ジャンル苦戦
矢野経済研究所は6月19日、酒類市場に関する調査結果(2015年)を発表した。(2015/6/19)

名古屋でしか飲めないレモン地ビール「クラフトリモーネ」がおいしそう!
800リットル限定醸造。(2015/6/10)

スピン経済の歩き方:
「デキる男はチョコを食う」は本当か
デキる男はチョコを食う――。明治がサラリーマンを対象に調査をしたところ、年収の高い人ほどチョコを食べるという。信じられない話だが、筆者の窪田氏は「ビジネスパーソンのトレンドを踏まえると、この調査結果は納得できる」という。その理由は……。(2015/5/19)

世界を「数字」で回してみよう(15) ダイエット:
人類は、“ダイエットに失敗する”ようにできている
今回から新シリーズとしてダイエットを取り上げます。ダイエット――。飽食の時代にあって、それは永遠の課題といっても過言ではないテーマになっています。さて、このダイエットにまつわる「数字」を読み解いていくと、実に面白い傾向と、ある1つの仮説が見えてきます。(2015/5/14)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

アドテク市場大幅な伸び:
電通が発表、「2014年 日本の広告費」6年ぶりに6兆円上回る
電通は2月24日、わが国の総広告費と、媒体別/業種別広告費を推定した「2014年(平成26年)日本の広告費」を発表した。同社は2014年広告費の全体的な特徴として、次の3つを挙げている。(2015/2/25)

日本初、ノンアルコール飲料にトクホ認定
許可が下りたのは、サッポロビールと花王の飲料2商品。(2015/2/18)

3分で分かるビジネス戦略:
キリンビールの戦略は? クラフトビールに期待
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。前回の「LINE」に続いて、今回は「キリンビール」の戦略をご紹介します。(2015/2/12)

爆速導入の“裏ワザ”を情シスが解説:
ニッカのアサヒ、年間5億円のコスト削減――トップダウンで在庫最適化に挑んだ理由とは?
メーカーのコストカットというと、原材料費などが浮かぶかもしれないが、ITコストの削減も大きな効果を生む。飲料、食品メーカー大手のアサヒグループも基幹システムの統一で大幅なコスト削減を目指している。厳しい時間制約のなか、導入を成功させた裏側に迫る。(2014/12/2)

レモンの香り:
若者向けの発泡酒「キリン フレビア」はどのようにして開発されたのか
キリンビールとセブン&アイ・ホールディングスが若者向けの発泡酒「フレビア レモン&ホップ」を発売する。「若者のビール離れ」が指摘されているが、どんな商品を開発したのか。キリンビールの担当者に話を聞いた。(2014/11/21)

ハト型ドローンが住民を空撮? 大分県竹田市でちょっと変わった取り組み
キリンビールの新しい発泡酒「KIRIN off white」のキャンペーンです。(2014/9/25)

コンビニ業界初! ヤッホーブルーイングとローソンが「僕ビール、君ビール。」を開発
「よなよなエール」を手掛けるヤッホーブルーイングとローソンは共同で、20〜30代をターゲットにしたクラフトビール「僕ビール、君ビール。」を開発した。(2014/9/10)

“ゼロ発泡酒”が続々登場:
プリン体0.00×糖質0、キリン「淡麗プラチナダブル」注目の理由
9月2日、ビール大手4社から「プリン体ゼロ&糖質ゼロ」な発泡酒が出そろう。プリン体や糖質を減らした商品はこれまでもあったが、なぜ今「ゼロ」な発泡酒なのか? キリンビールに取材した。(2014/9/2)

窪田順生の時事日想:
厚労省と農水省が、「炭水化物」をススメている理由
厚労省が定める「食事バランスガイド」をみると、「ごはん」や「パン」といった炭水化物をたくさん食べたほうがいい、と記している。科学的根拠があるわけでもないのに、なぜ炭水化物をススメてくるのだろうか。(2014/8/5)

第3のビール→発泡酒 「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」再販売で「注文は順調」
発泡酒です。(2014/7/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。