ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国際会計基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

IFRS:International Financial Reporting Standards
-こちらもご覧ください-
国際会計基準 − @IT情報マネジメント用語事典
国際会計基準が日本にもやってくる − @IT自分戦略研究所
IFRS 国際会計基準フォーラム
質問!財務・会計・経理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で財務・会計・経理関連の質問をチェック

関連キーワード

PR:IFRS16対応の“誤解”とは? 2019年はグローバル対応「元年」、どう進めるべきか
IFRS16の適用年度となる2019年を迎えたものの、多くの企業の対応はいまだ道半ば。加えて「2019年の課題」として持ち上がっているのが海外子会社のIFRS16対応だ。それを欠いては、思わぬ不利益を被りかねない。どう向き合い、対応するべきなのか。(2019/6/28)

LINEの1Q、103億円の最終赤字 LINE Payへの投資響く
LINEの1〜3月期連結業績(IFRS)は、103億円最終赤字だった。「LINE Pay」への投資がかさんだ。(2019/4/25)

高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も
クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット
ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。(2019/3/13)

PR:海外子会社のIFRS16適用を! 会計基準をグローバル統一する“最短”手法とは
ついにIFRS16の適用年度となる2019年が到来した。残された期間がわずかな中、作業が山場を迎える企業も多いことだろう。だが、たとえ対応作業を完了しても次の課題が待ち受けている。それが、海外子会社も含めた会計処理のIFRS16への統一だ。(2019/2/14)

連続2桁成長の主役:
「SAS Viya」が加速させるアナリティクスの民主化とデジタル変革、2019年度はどうなる?
SAS Institute Japanが2019年度のビジネス戦略に関する記者発表会を開催した。(2019/2/6)

PR:IFRS16の強制適用まであとわずか! 円滑対応に向けた“3つ”の心得
2019年1月以降の事業開始年度から強制適用が始まるIFRS16。一方、その対応が予定より遅れている企業も少なくない。実際に対応作業を進める企業が直面している課題やその解決方法を参考に、つまずきやすいポイントを解説する。(2018/11/19)

日本は5000台上乗せ:
ホンダ、今期の連結営業利益予想を上方修正 四輪販売計画は据え置き
ホンダは、2019年3月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前期比5.2%減の7900億円の見通し。(2018/10/30)

PR:「IFRS16」対応のシステム要件 “処理”と“運用”両面の機能拡張がカギ!
適用期日まで残すところ数カ月にまで迫った「IFRS16」。本基準の対応には、業務プロセスだけでなく、システム面の対応も欠かせない。では、具体的にどんな機能を準備しておくべきなのか。「処理」と「運用」の両面から、その詳細を解説する。(2018/9/3)

キャリアニュース:
信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社
リスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。(2018/8/24)

キリンビールは9年ぶり増収増益:
キリンHD、1〜6月事業益は4.3%減 ビール類販売計画は上方修正
キリンホールディングスの18年1〜6月期連結業績のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益が前年同期比4.3%減の860億円になった。(2018/8/7)

エビスが大きく減少:
サッポロHD、今期営業益予想を下方修正 国内ビール類が不振
サッポロHDは18年12月期の連結営業利益予想を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正。(2018/8/3)

求人ニーズは増加中:
18年下半期に「転職がうまくいく人材」の特徴は……?
2018年下半期に求人数が増える職種と、転職市場で求められる人材は?――パーソルキャリア調べ。(2018/7/2)

PR:残り1年を切った「IFRS16」強制適用! 未適用企業も“無関係ではない”理由とは?
国際財務報告基準「IFRS」の最新基準であるIFRS16号(IFRS16)が、2019年1月から始まる事業年度からいよいよ強制適用となる。その対応は近い将来、IFRS未適用企業にも必要になると見込まれている。どう対応を進めるべきなのか。(2018/6/8)

世界販売は110万台:
スバル、今期営業益予想は20%減 円高と米国での販売費増が響く
SUBARU(スバル)の2019年3月期(今期)は連結営業利益が前期比20.9%減の3000億円になる見通しだ。(2018/5/11)

世界537万台販売計画:
ホンダ、今期営業利益は16%減の見通し 為替想定は1ドル105円
ホンダの19年3月期連結営業利益は前期比16%減の7000億円になる見通しだ。(2018/4/27)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

海外は65%増益:
ファーストリテ、今期予想を上方修正 国内外でユニクロ事業好調
ファーストリテイリングは、2018年8月期の業績予想を上方修正すると発表した。(2018/4/12)

ユニー・ファミマ、19年2月期の営業益は2.4倍予想 コンビニ統合寄与
ユニー・ファミリーマートホールディングスは、2019年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期から2.4倍の685億円になるとの見通しを発表した。(2018/4/11)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか
人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。(2018/2/21)

国内ビール類はマイナス見込む:
アサヒ、今期は9.2%営業増益計画 欧州など国際事業が寄与
アサヒグループホールディングスは、18年12月期の連結営業利益が前年比9.2%増の2000億円になる見通し。(2018/2/15)

増収増益のDeNA、ゲーム事業はやや落ち込み 期待の「新規協業タイトル」も
ディー・エヌ・エーが2017年度第3四半期(17年10〜12月)の連結業績を発表。前年同期比では増収増益だったが、主力のゲーム事業は「年末商戦が期待に届かなかった」と営業利益がやや落ち込んだ。しかし好調な任天堂との協業タイトルに新たな動きも。(2018/2/8)

四輪販売を上積み:
ホンダ、通期業績予想を上方修正 アジア四輪・二輪好調と円安で
ホンダは、18年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。(2018/2/2)

PR:企業評価のグローバル基準、IFRSによる「攻めの会計」の道筋とは?
近年、IFRSを企業評価の尺度として捉える機運が急速に進んでいる。「攻めの会計」においてIFRSの意義は増しており、その点の理解を欠いた場合、財務戦略および広報戦略などの面で同業他社に後れを取りかねない。果たして企業は今後、IFRSにどう向き合うべきなのか。(2018/2/13)

「サブブランド」優遇 してる? してない?――KDDI、UQ、ソフトバンクが説明
大手キャリア(MNO)やそのグループ企業が運営する、いわゆる「サブブランド」と呼ばれる通信サービスに対して、一部MVNOから批判が噴出している。総務省が主催する会合において、当事者たちが反論した。(2018/1/24)

製造IT導入事例:
IDEC、グローバル対応のためERPソリューションを導入
日本オラクルは、同社のERPソリューション「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud」を制御機器メーカーのIDECが採用し、稼働を開始したと発表した。同ソリューションの多くの国際財務報告基準対応実績などが評価された。(2017/12/13)

PR:IFRS16対応は“脱・表計算ソフト管理”の好機? システム対応すべき4つのポイント
IFRSの最新基準、「IFRS16新リース会計」が、いよいよ2019年1月から適用される。本基準で業務負荷が増加する会計処理をミスや抜け漏れなく行うために注意すべき4つのポイントとは。(2017/11/13)

NVIDIA株上昇のファンドも貢献:
ソフトバンク、上半期は営業益35%増 統合破談のSprintが好調
ソフトバンクグループが2017年4〜9月期の連結決算を発表。米T-Mobile USとの統合が破談に終わった米携帯子会社Sprintが好調だった。米NVIDIA株が上昇した影響で「Softbank Vision Fund」も大きく貢献した。(2017/11/6)

ファナックが1位転落:
金持ち企業ランキング、首位に立ったのは……
ネットキャッシュが多い「金持ち企業」は?――リスクモンスター調べ。(2017/9/11)

PR:強制適用まで残り1年半! IFRS16により激変する業務と日本基準への適用の行方
日本国内でも導入企業が増えているIFRS(国際財務報告基準)。2019年1月から、その最新基準IFRS16が適用される。IFRS16は現行業務にどのような影響を与えるのか、対応に向けた主な論点は何か、日本基準の改正の行方はどうなるのか――。これらの疑問点についてIFRS16対応の固定資産管理ソリューションを提供するプロシップに聞いた。(2017/8/30)

LINE「主要4カ国」月間ユーザーが初の減少
LINEは、日本、タイ、台湾、インドネシアの「主要4カ国」のMAUが初めて減少したことを明らかに。日本のユーザーは200万人増えたが、残り3カ国で400万人減った。(2017/7/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
千葉ロッテに「身売り説」が再燃する裏事情
千葉ロッテマリーンズの「球団身売り説」が再燃している。チームが低迷している中で、なぜこのようなウワサが飛び交っているのか。(2017/5/18)

どうするIFRS16号対応:
PR:新リース基準で経理部門の業務負荷は2倍以上に!? 今から備える方法
日本国内でも導入企業が増えているIFRS(国際財務報告基準)。その最新基準IFRS16号が、2019年1月から適用される。今回の変更は国内企業にどのような影響を及ぼすのか。市場に先駆けてIFRS16に対応した固定資産管理ソリューションを提供するプロシップに聞いた。(2017/2/27)

新型車も好調:
ホンダ、業績予想を上方修正 コスト低減効果 17年3月期
ホンダは、2017年3月期の連結営業利益が前期比55.9%増の7850億円になる見通しだと発表。業績予想を上方修正した。(2017/2/3)

製造マネジメントニュース:
為替変動に揺れるパナソニック、「テスラとの事業を積極的に発展させる」
パナソニックは、2016年度第3四半期の決算について説明。同四半期単体の業績は円高ドル安の影響で減収減益となったが、通期業績見通しは現在の円安ドル高傾向を織り込んで上方修正した。トランプ政権が発足した米国では「テスラ(Tesla Motors)と進めている、二次電池やソーラー関連の事業は積極的に発展させていく」という。(2017/2/3)

広告事業が全体をけん引:
LINEのIPO後初決算は営業益10倍、最終黒字に転換
LINEが2016年12月期通期の決算(IFRS)を発表。売上高が前期比16.9%増の1407億円、営業利益は前期比で約10倍の198億9700万円と大幅な増収増益。通期で最終黒字に転換した。(2017/1/25)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは業績予想下方修正も「新規領域へのシフトと先行投資進める」
パナソニック社長の津賀一宏氏は、2016年度第2四半期の決算説明会で、「ハードウェアからサービスという社会変化にいかに対応するかが重要であり、そのためには新規領域へのシフトと先行投資が必要。これらを進めれば進めるほど、業績面の短期的な数字に痛みが出るがしっかり進めていきたい」と語り、成長に向けた戦略投資の重要性を強調した。(2016/11/1)

営業益が大幅増、北米・中国の新型車効果で ホンダの中間決算
ホンダが発表した2016年4〜9月期連結決算は、営業利益が前年同期比22.5%増の4949億円。日本や北米、中国など各地域で新型車がけん引した。(2016/10/31)

NEC、営業利益が153億円悪化 16年4〜9月期 円高の影響などで
NECが発表した2016年4〜9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比で80.3%減の37億円となった。円高などの影響でテレコムキャリア事業の収益が大きく減少した。(2016/10/31)

合理化で上方修正 デンソーの17年3月期営業益
デンソーが発表した16年4〜9月期連結決算は、情報安全分野などで生産量が増えたものの、円高の影響で減益に。合理化の成果を織り込み、通期の利益予想は上方修正した。(2016/10/31)

お茶でも飲みながら会計入門(105):
決算短信で読み解く「アイティメディア」の財政状況
元ITエンジニアで現会計士の吉田延史さんが、アイティメディアの決算短信を題材に「決算書の読み方」を伝授します。(2016/8/17)

LINEの1〜6月期、売上収益約20%増 LINE広告が拡大
LINEの16年1〜6月期は売上収益が前年同期比19.8%増の673億円に。(2016/7/27)

コメダ、ほろ苦デビュー 上場初日は公開価格割れ
「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングスが新規上場したが、初日は公開価格を下回った。(2016/6/29)

LINE上場、正式発表 東証・NY市場に 「グローバル展開積極化」
LINEの新規上場を東証が正式発表。NY市場にも同時上場する。時価総額は6000億円に迫る規模に。(2016/6/10)

ホンダ、営業利益24.9%減 16年3月期 リコール関連費響く
大手自動車メーカーのホンダが2016年3月期の連結決算を発表。エアバッグのリコールに伴う品質関連費の増加などで営業利益は前年比24.9%減となった。(2016/5/13)

LIXILグループ、187億円の最終赤字 
LIXILグループは、2016年3月期の連結決算を発表した。(2016/5/9)

伊藤忠、純利益20%減 資源価格下落響く
伊藤忠商事の2016年3月期連結決算は、純利益が20%減の2403億円だった。(2016/5/6)

16年3月期通期決算:
減収減益のNEC、次の3年はどう動く?
NECが2016年3月期通期の連結決算を発表。官公庁や公共向けおよび、通信事業者向け事業が不調で減収減益となった。同日発表した新たな中期経営計画では、3つの事業領域に注力し、ビジネスの成長エンジンを海外に求める姿勢を示している。(2016/4/28)

「LINE」ユーザー伸び悩み続く 業績は堅調 1〜3月期
LINEのグローバルのMAUは伸び悩みが続いている。1〜3月期の業績は堅調だ。(2016/4/28)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第1回:「あるべき姿」にTransformするための道標としての中期経営計画
環境変化に対応し続ける企業体に変革する、Transformation。多くの企業が現在行っている取組みだが、これを成し遂げるためのポイントはどこにあるのだろうか。日本企業の中でもいち早くTransformationに着手してきたコニカミノルタを事例に、6回に渡ってこれを考えてみたい。第1回は、2011年、14年に同社が策定した2回の中期経営計画が果たした役割について考察する。(2016/4/19)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。