ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「霞が関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「霞が関」に関する情報が集まったページです。

都市の構造が変化:
なぜ「池袋〜新宿〜渋谷」は混んでいるのか? “郊外”だった駅が繁栄したワケ
平日でも混雑している山手線の西側エリア。開業時の利用者はほとんどいなかったが、なぜここまで繁栄したのだろうか。(2024/5/9)

乗り間違えたらショックでけぇ…… 東京にも埼玉にもある「小川町駅」がワナすぎて話題
電車で90分以上の距離あるよ……。(2024/3/15)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

霞が関からも消えるフロッピーディスク 記録媒体も世代交代 経産省が除外
行政手続きの現場から、フロッピーディスク(FD)やCD−ROMが名実ともに消える。(2024/2/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ今、ロードスターがアップデート? そして990Sが消失したワケ
2015年のデビューなのでほぼ9年が経過したマツダ・ロードスターが大幅なアップデートを受けた。と聞いたら普通はいくつか疑問が出るだろう。(2024/1/29)

ファクス使用9割超、押印や署名書類も9割 学校のデジタル化に課題 文科省調査
全国の公立小中学校の9割超が業務にファクスを使っていることが、文部科学省が実施した校務のデジタル化に関する調査で分かった。(2023/12/27)

プロジェクト:
ダイビルが「虎の門三井ビルディング」を取得 「虎ノ門ダイビルイースト」にビル名変更
ダイビルは、東京都千代田区霞が関三丁目の「虎の門三井ビルディング」を取得した。ビルの規模は、地上17階建て、延べ2万3606平方メートル。(2023/12/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田社長の“あの時の話”を詳しく明かそう 2023年に読まれた記事
筆者が毎回サーキットに行くのは、普段はなかなかないほど長い取材時間が与えられるからだ。サーキットに行くと時間をたっぷり使って、かなり踏み込んだ話ができることがある。ましてや海外のサーキットとなれば、帰りの時間もない。その時、豊田社長が衝撃的な発言をしたことを、かなり思い切って記事にしたものが、今年の1位の記事だ。(2023/12/25)

インフラメンテナンス:
首都高「霞が関トンネル」で躯体損傷、12月上旬まで昼夜連続1車線規制で緊急補修
東京電力パワーグリッドによる都道の管路設置工事で、首都高「霞が関トンネル」のコンクリ躯体が損傷した。事故に伴い、2023年12月上旬まで昼夜連続で1車線の規制をかけ、トンネル躯体を緊急補修する。(2023/11/15)

インボイスで荷物届かなくなる? 競馬界にも激震 制度直前、高まる反対熱 「“消費税のネコババ”は誤解だ」
消費税のインボイス制度のスタートが10月1日に迫る中、反対の声が熱を帯びている。インボイスに反対する有志が、が東京・霞ヶ関で記者会見を開き、財務省の担当者などに署名を手渡した。(2023/9/4)

自動運転技術:
自動運転の進化と人材育成を両立するには? 競争促す「コンテスト」
名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 特任教授の二宮芳樹氏が自動運転技術の開発と人材育成の両方に資する技術開発チャレンジへの期待を語った。(2023/8/30)

ゼロイチ人材を募集:
経産省が学生の社会起業家をサポートする狙い 政府の起業支援で日本は何が変わるのか?
岸田政権は「スタートアップ育成5か年計画」を策定した。経産省も人材育成、資金供給、オープンイノベーションの観点で、予算事業や税制優遇など、幅広い施策を実施している。学生向け社会起業家アクセラレーションプログラム「ゼロイチ」について経産省などに聞いた。(2023/8/4)

コクヨが語る「成果を最大化する」オフィスのつくり方 社員を巻き込むコツとは?
「出社したら席が空いてない」「荷物がそのまま放置」「ごみが常にいっぱい」──居心地の悪いオフィスを改善し、社員が気持ち良く業務に集中してもらうには、どんな取り組みをするべきなのでしょう。(2023/6/30)

清水亮の「世界を変えるAI」:
サイバーエージェントが公開した大規模言語モデルの実力を試す
5月16日、サイバーエージェントが商用利用可能な7B(68億パラメータ)の大規模言語モデルOpenCalm7Bを公開した。早速その実力を試してみた。(2023/5/17)

「Yahoo!カーナビ」、誤進入が多いETC専用料金所で注意喚起 首都高速道路との連携で
ヤフーのカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が、首都高速道路と連携。ETC専用料金所のうち誤進入が多い「霞が関(内/外)」「代官町」「木場」「浦和南」「新山下(上)」「磯子」の6カ所で注意喚起する機能を提供開始した。(2023/4/24)

河野大臣、ChatGPTなどのAI活用は「積極的に考えていきたい」 霞が関の働き方改革巡り答弁
河野太郎デジタル大臣が、衆議院内閣委員会の答弁で、政府におけるChatGPTなどAI活用について「積極的に考えていきたい」と考えを述べた。(2023/4/7)

働き方の「今」を知る:
平気で「眠らない」日本人が知らない、睡眠不足がもたらす残念な結果
日本人の睡眠時間は短すぎる。睡眠不足は、従業員と企業にどのような悪影響を及ぼすのか。なぜ、勤務間インターバルは浸透しないのか。睡眠と働き方を巡る現状を整理する。(2023/3/29)

スピン経済の歩き方:
なぜ「さつまいもブーム」が起きているのか 背景に“エリートの皮算用”
「さつまいもブーム」が起きている。街には焼き芋や大学イモの専門店が増えており、おしゃれなカフェでもさつまいもを用いたスイーツが販売されるようになっているのだ。その背景に何があるのかというと……。(2023/3/22)

環境省の作ったパワポ資料がある意味すごいと話題 「曼荼羅(まんだら)みたい」「ウォーリーが隠れていそう」
何を言っているのかはよく分からないけれど、必要なことなのでしょう……きっと。(2023/3/7)

理不尽と戦う官僚のワンちゃんスタンプ「政府の犬」がかわいさの中に哀愁漂う 「リスケです」「登庁遅れます」
しゃびーってなんですか……?(2022/12/22)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県ふじみ野市で延べ1.4万m2の物流施設が竣工、霞ヶ関キャピタル
霞ヶ関キャピタルは、埼玉県ふじみ野市で開発を進めていた物流施設「LOGI FLAG 三芳I」が竣工したことを2022年11月21日に発表した。(2022/11/25)

グーグルやP&Gジャパンを抑え:
特許庁、「辞めたけど良い会社ランキング」で4位 ”眠らない霞が関”で唯一評価されるには理由があった
オープンワークが9月に発表した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い会社ランキング2022』」で特許庁が4位を獲得した。多忙を極めるイメージのある中央官庁の中で、なぜ評価されたのか?(2022/11/24)

デジタル庁がエンジニアに求める“必須スキル”は妥当? 求人要件に賛否 同庁に経緯を聞いた
デジタル庁の開発エンジニアの求人要件がTwitter上で話題になっている。政府職員が利用する基盤サービスの開発者を募集する求人で必須スキルとして「Webアプリの開発経験5年以上」など10項目を記載し、反響を呼んでいる。(2022/10/20)

Uber Eats配達員の自転車が盗まれた? 頼んだ豚丼がはるか隣県まで去るハプニングが話題
配達員に何かが起きたのか、あるいはスマホだけ盗まれたのか、詳細は不明。注文は自動でキャンセルとなり、Uberからはおわびとして500円のクーポンが届いたそうです。【追記あり】(2022/10/6)

スピン経済の歩き方:
16億円もかけたのに、なぜ「国葬」がチープに感じたのか 「低賃金」ならではの理由
16億円をかけた「国葬」が、その額のわりに「安っぽい」という指摘が出ている。確かに、パイプ椅子が並んでいたり、祭壇が薄く見えたりしたが、それ以外にも理由があるのではないか。筆者の窪田氏は「安いニッポン」が影響しているのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2022/10/4)

1位は1日平均40万人超え:
東京メトロの駅別平均乗降者数ランキング 3位「北千住」、2位「大手町」、1位は?
東京地下鉄(東京メトロ)が駅別の1日平均乗降者数ランキングを発表した。乗降者数2位は「大手町」、3位は「北千住」となった。(2022/9/3)

「今のオフィスは丸ごと捨てる!」 財務省出身の社長が力づくで働き方を改革したワケ
省庁を退職し、民間企業に招かれ取締役になる――これだけならよく聞く“天下り”の話だ。しかし、招かれた企業で時に反感を買いながらも、強力にペーパーレス化、働き方改革を推し進めているとなると、単なる天下りとは言えないだろう。財務省出身の日本電算企画・横江社長が実施した“力づくの働き方改革”とは?(2022/8/16)

DXの遅れに強い危機感を表明:
河野太郎デジタル大臣が初会見 「日本企業のDXはコストダウンや省人化止まり」
河野デジタル大臣が就任後初の記者会見を開いた。会見の中で同氏は、日本の行政府だけでなく民間企業におけるデジタル化とDXの遅れにも強い危機感を示し、その原因に言及した。(2022/8/15)

閣僚にも働き方改革?:
「今晩遅くなるので」──就任会見延期で話題の河野太郎デジタル相 きっかけに過去の問題提起
前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員がデジタル相に就任した。2021年9月の自民党総裁選出馬に向け、大臣を辞任して以来、約1年ぶりの閣僚復帰となる。(2022/8/11)

河野太郎氏、デジタル相へ 共同通信
岸田文雄首相がデジタル相に河野太郎氏を起用する方針を固めた。共同通信が報じた。(2022/8/9)

野原ひろしの兄「せまし」、アニメ初登場 『クレヨンしんちゃん』放送30周年記念で
人気アニメ『クレヨンしんちゃん』に、ある人物のアニメ初登場が決まった。それは主人公しんのすけの父である野原ひろし(以下ひろし)の兄「せまし」だ。アニメ放送30周年を記念して、8月6日放送回に登場すると、テレビ朝日がこのほど発表した。(2022/8/6)

バスでととのう:
「サウナバスを作りたい」──上司の反対を押し切り独立、バス会社社員の熱い思い
引退したバスを改造したサウナの「サバス」が話題となっている。作ったのは、神姫バスから独立したリバース代表の松原安理佐さん。上司の反対も押し切り進めたというサバスの誕生秘話を聞いた。(2022/7/29)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県横浜市で延べ1.1万m2の物流施設が着工、霞ヶ関キャピタル
霞ヶ関キャピタルは、JR西日本不動産開発やJR西日本プロパティーズからプロジェクトマネジメント業務を受託し、神奈川県横浜市で物流施設「LOGI FLAG COLD 横浜港北I」の開発を進めている。(2022/7/7)

河野太郎議員のツイートで明らかに:
外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?
外務省が、一部を除き、FAXの利用を原則廃止していたことが分かった。前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員のツイートで外務省のFAX廃止が話題となっており、外務省に確認したところ、事実関係を認めた。業務効率化や紙の使用量削減などが主な狙いだという。(2022/6/23)

「Internet Explorer」サポート終了で、東京・調布市「なんで急に」報道 自治体DXに必要な“たった1つ”のこと
「Internet Explorer」サポート終了で、東京都調布市の職員が「なんで急に」とコメントしたとする報道がTwitterで話題となっている。自治体DXの推進に必要な視点を考察した。(2022/6/18)

タクシーで「大井町まで」――そうして悲劇は始まった 配車アプリの大失敗が悲しくも教訓に
結局大井町付近を回って大井町へ着くまでにかかった運賃(授業料)、6万円オーバー……。(2022/5/10)

新デジタル監の浅沼 尚氏が就任会見 2つの注力ポイントとは?
デジタル庁新デジタル監の浅沼 尚氏が就任会見を行った。同氏は会見で「生活者視点のサービスをつくる」と抱負を語りつつ、同庁の組織づくりに課題があることを認めた。(2022/4/26)

「QRコード」は日本の発明品って知ってた? 4月18日「発明の日」に先立ち、特許庁が紹介
Twitterにて、ハッシュタグ「#あれ実は私なんです」をつけた投稿が話題になっている。その中で「QRコードを開発しました」と投稿をした企業がある。産業用ロボットの開発などを手掛ける、愛知県のデンソーウェーブだ。(2022/4/15)

アンコンシャス・バイアスにご用心:
法改正でもまだまだ道半ば? 男性育休促進を阻む「エセ女性活躍推進」の正体
男性も育休を取得すべき――これまでは女性が取得するものど思われがちだった中、社会の変化や法改正もあり、徐々に高まる男性育休の機運。一方で、まだまだ道半ばともいえそうだ。その背景に「エセ女性活躍推進」があると筆者は指摘する。(2022/4/8)

その取り組み、「裏」があるかも:
霞が関でも導入 民間企業がよく使う「若手の声を聞く作戦」に潜む欺瞞
組織が抱える課題を打破するためによく使う「若手の声を聞く作戦」。もちろん、十分に活用できればメリットがあるが、その一方で“欺瞞”もあるようで……。(2022/3/31)

PR会社のベンチャーキャピタル化、SDGsとパーパス、SaaSの隆盛など:
2022年の広報/PR、知っておきたい10のトレンド【後編】
マーケティングの隣接業務と位置付けられる広報/PRでは今どのような変化が起きているのか。国内外のB2B系IT企業を中心に広報支援を手掛けるビーコミ代表の加藤恭子氏が解説する。(2022/3/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
終身雇用の保証より、どれだけ変化しても活躍できる人材の育成が人を活かす経営の新常識
雇用を守るということは、本当に人を大切にしているのだろうか。雇用を守る経営を、何十年も続けていくと、ボディーブローのように効いてきて、内向き志向で村社会になり、キャリア意識が低下する。そこで求められているのがキャリア自律、自律型人材である。(2022/2/21)

行政向けネットワーク「LGWAN」で全国的な通信障害 自治体メール、証明書コンビニ交付サービスなどに影響【一部復旧】
「LGWAN」で全国的な通信障害が発生している。地方公共団体が利用するメールシステムや、コンビニでの証明書交付サービスなどに影響があり、地方公共団体情報システム機構が復旧を急いでいる。(2022/1/26)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
日本に「雑務ばかりの職場」がはびこる背景にあるもの
なぜ、職場から「雑務」がなくならないのか? 350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、「雑務ばかりの職場」を生む背景を8つに分けて考察し、その解決策を紹介する。(2021/12/15)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(後):
仕組みは作った、人はまだか
民間人材の登用、標準ガイドラインや工程レビュー。政府は健全なベンダーマネジメントを行うためにさまざまな施策を行ってきた。だがしかし、1番大きな問題がまだ残っている。(2021/11/19)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
3つの“あるある” 「礼儀という名の雑務」に時間を取られていませんか?
日本の組織には、ビジネスマナーや礼儀という名の雑務が多い。本記事では、実際のビジネスシーンでよくある雑務を挙げながら、どうしたら不要な雑務をなくし、スマートに働けるのかを考える。(2021/11/16)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
今変わるべき霞が関──「雑務」が日本を滅ぼす前に
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAXなど──とにかく雑務が多い日本。政府が「働き方改革」「DX」を掲げているにもかかわらず、霞が関内部にはガラパゴス化した理不尽な働き方がはびこっている。霞が関は変わることができるのだろうか? 具体的には、何から取り組むべきなのだろうか? 多くの企業や自治体、官公庁で業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/5)

新連載:沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
日本から「雑務」がなくならないのはなぜ? 震源地は“東京のど真ん中”
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAX、出頭、PPAP、印紙、注文請書……。日本から無数の“雑務”がなくならないのはなぜなのか。その原因はどこにあるのか? 多くの企業や自治体、官公庁などで業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/4)

仕事と自分を成長させる新しいキーワード「スモール・ハピネス」:
第2回:ビギナーズ・ラックとハイパフォーマーのわな
パフォーマンスは「つなぐ」はあくまで手段、つながるだけでハピネスとするスモールハピネスとは対照的。(2021/10/27)

テナント撤退が完了した世界貿易センタービルの夜の姿がまるで“黒い箱” 「今だけ見られる光景」「寂しい」
真っ暗……。(2021/9/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。