ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経営コンサルティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経営コンサルティング」に関する情報が集まったページです。

職場の多様性担保にも必要:
投資額は10年で17倍! 急拡大する「フェムテック」市場を働く男性こそ知るべき理由
最新の技術を使って、女性特有の健康問題を改善する「フェムテック」。その市場規模が急速に拡大している。多様性のある職場をつくるためにも、男性こそ知っておくべきと筆者が主張する理由とは?(2021/2/26)

中小企業のDX 阻んでいるのは「認識の壁」
中小企業のDXを阻む要因として経営者の「認識の壁」があげられる。DXを製品の押し売りで不要なものだと思ってしまう、DXで全てを変えようとしてしまうなどの勘違いがある。経営者はこれらを見直し、必要に応じてDX化を模索していくべきだ。(2021/2/2)

コロナ禍をチャンスに:
業績好調のアイリスオーヤマ マスクで見せた「一点突破全面展開」と「時流適応経営」の秘密
アイリスオーヤマの業績が好調。その強さの秘密は「時流適応型経営」にある。マスクの生産も話題になったが、ここにも重要な戦略が隠れているという。(2021/1/29)

「コロナだから仕方ない」はNG!:
コロナ禍の「事業計画」のヒントとは? 環境分析と数値計画の考え方
新型コロナウイルス流行の影響で今後の経営環境・企業業績を予測することが難しくなっています。それでも企業は事業計画を立案しなければなりません。その際、どのような観点で予測し、計画に落とし込むべきかについて考えます。(2021/2/1)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

カジュアル化の流れ:
アパレル“総崩れ”はコロナのせい? 復活に必要な6つの「シフト」
コロナ禍でアパレル業界が窮地に陥っている。しかし、根本的な変革が求められていたと筆者は主張する。業界の“悪弊”を抜け出すために必要な戦略とは。(2020/12/28)

正社員の平均年収、2020年は「409万円」 デューダが「平均年収ランキング2020」発表
20歳〜65歳までの正社員が対象の調査です。(2020/12/11)

データサイエンティスト、ITコンサル、プロマネの平均年収は? dodaが調査結果を発表
dodaが「平均年収ランキング2020」を発表。その中でIT関係の職種に注目してみた。プロジェクトマネジャー、ITコンサルタント、データサイエンティストなどの年収はどの程度なのか……?(2020/12/10)

職種別1位は819万円の……:
20年版、ビジネスパーソンの平均年収ランキング
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「平均年収ランキング2020」を発表。2019年9月〜20年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳〜65歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめた調査。20年の全体の平均年収は……(2020/12/7)

復活のシナリオは:
コロナ禍で服の“クリーニング離れ”が深刻化 成熟市場でも消費者の心をつかむために必要な3つの視点とは
全国的にクリーニング屋さんの店舗数だけでなく、消費者の支出も減っている。コロナ禍でますますクリーニングの需要が落ち込んでいる。成熟市場で再度成長するために必要なこととは?(2020/11/30)

Computer Weekly製品ガイド
AIを生かしたインテリジェントなセキュリティ対策
セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。(2020/11/30)

イノベーションは日本を救うのか(最終回):
イノベーションは日本を救うのか
長く続いてきた本連載も、いよいよ最終回を迎えた。連載名でもある「イノベーションは日本を救うのか」という問いへの答えを出してみたい。(2020/11/10)

独自の経営哲学:
従業員に“報いる”経営で31期連続増収増益 埼玉の「ヤオコー」がコロナ禍でも成長する理由
郊外の食品スーパーはコロナ禍でも順調。その中でも埼玉が地盤のヤオコーは31期連続増収増益で、コロナ禍でも絶好調。強さの秘密は従業員に“報いる”経営スタイルにあった。(2020/10/28)

「コンタクトレス・アプローチ」に迫る:
リモートワーク下の「孤独な営業」にどう立ち向かうか
営業職でもリモートワークが進む。「時間に追われている」「孤独」感じる人も。自分自身をどうマネジメントするか?(2020/10/30)

「コンタクトレス・アプローチ」に迫る:
テレワーク下でこそ威力、「顧客と会わない営業」の極意とは?
営業が訪問しづらいテレワーク時代。「顧客と会わない」新たな営業手法が台頭。このコンタクトレス・アプローチとは?(2020/10/11)

「総務」から会社を変える:
生産性を高める「健康」と「幸福」 総務が防ぐべき“宝の持ち腐れ”とは?
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍の中、いかに従業員の「健康」を維持・増進し、「幸福」へとつなげられるかが総務主導で生産性を高めるカギだと豊田氏は指摘する。(2020/10/5)

インテリジェントなセキュリティ対策【前編】
SIEMの活用にはAIOpsが必要な理由
セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。(2020/9/30)

巣ごもり需要で好調:
コロナ時代をどう戦う? IKEA、ニトリ、無印、それぞれの戦略
IKEA、ニトリ、無印良品は巣ごもり需要で好調だった。家具・インテリア雑貨を扱ってはいるが、それぞれの戦略は大きく異なる。コロナ時代をどう戦おうとしているのか。(2020/9/28)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

イノベーションは日本を救うのか(36)番外編:
コロナ禍を考察する 〜ベンチャー投資から日本に必要なDXまで
今回は、最終回の前の番外編として、AZCAが以前から行ってきた働き方をご紹介するとともに、コロナがもたらすベンチャー投資への影響や、コロナが加速するであろうDX(デジタルトランスフォーメーション)について触れてみたい。(2020/8/25)

「アパレル」「子ども服」「小売業」は三重苦か:
店内は客が少ないのに25年連続増収 西松屋がコロナ禍でも絶好調の理由
コロナ禍でも業績好調の西松屋チェーン。店内は客が少ないのに、なぜ成長を続けられるのか。同社の“非常識経営”に迫る。(2020/8/24)

Weekly Memo:
気象予測データをDXに生かせ KPMGと日本気象協会が展開する協業サービスとは
気象予測データをさまざまなビジネスに生かしてもらおうと、経営コンサルティング会社と気象情報機関が協業して総合コンサルティングサービスの提供を始めた。果たして、どんなサービスなのか。導入する企業にとってはデジタルトランスフォーメーション(DX)の足掛かりになりそうだ。(2020/8/11)

職務分掌の設計が重要
無思慮なS/4HANA移行で発生するセキュリティリスク
SAP ERPの導入時にありがちなのが「誰が何をできるのか」を十分に考慮して実装しないことだという。S/4HANA移行が本格化しつつある今、再び同じミスを繰り返してはならない。(2020/7/22)

日本に進出して21年:
気付けば日本に30店舗 コストコが女性から熱狂的に支持される理由
コストコが日本に進出してから21年。着実に店舗数を増やし続け、有料会員も600万人を超えた。特に女性客から圧倒的に支持される理由をビジネスモデルの観点から解説する。(2020/7/21)

Gartner Insights Pickup(167):
デジタルイノベーションを実現するエンタープライズアーキテクチャ
エンタープライズアーキテクチャは、デジタルイノベーションを導くことができる。エンタープライズアーキテクトや技術イノベーションのリーダーは今後、コラボレーションと人工知能(AI)に力を入れる必要がある。(2020/7/17)

顧客起点でデザインするサービスイノベーション(2):
サービス化に必要な「顧客理解のステップ」とその方法論
製造業がサービス化を実現するためのポイントとしてサービスイノベーションの手法や事例について紹介する本連載だが、第2回となる今回は顧客理解のステップについて、有効性や方法論について解説する。(2020/7/20)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(3):
「コンサルティング3.0」で必要とされるエンジニアの現場力
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第3回は、「コンサルティング3.0」の時代へ入りつつある中で、なぜエンジニアの力が求められるのかについて論じる。(2020/7/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「経営の役割分担と相互けん制」で、会社経営の安定と成長が両立できる
With/Afterコロナ時代の中小・ベンチャー企業に求められるのは、経営チーム、「経営の役割分担と相互けん制」による経営だ。(2020/6/25)

送料無料の除菌アルコールジェル登場 1本967円から
センスインタナショナル(東京都豊島区)は、除菌アルコールジェルの販売開始を発表した。容量は500ミリリットルで、2本セット2660円(税込・送料込)から。(2020/6/1)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIがデジタルトランスフォーメーションの起爆剤に? “ミニDX”から始める企業変革
ここ数年で「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉をよく聞くようになった。具体的にDXとは何を指しているのか。同様に注目されている技術の一つであるAIとの関係も見ていきたい。(2020/5/29)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIの攻撃をAIで防御、サイバーセキュリティの“いたちごっこ”最新事情
AI技術の進化によって、サイバー攻撃やそのセキュリティ対策も高度化が進んでいる。AIを悪用した攻撃や、その対応策にはどのようなものがあるのか現状をまとめた。(2020/5/22)

クラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【前編】
なぜ企業は“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切るのか
オンプレミスのインフラからクラウドサービスに移行したアプリケーションを、再びオンプレミスに戻す“脱クラウド”は、なぜ起こるのか。事例と調査結果を基に説明する。(2020/5/12)

電話でもチャットでもないのはなぜ?:
Web会議で「顔出しNG」の人が急増中? それでも、「顔出し」でWeb会議をすべき理由とは
新型コロナによるテレワークで増える「Web会議」。着替えるのが面倒だったり、家から出ないため化粧をしなかったりして「顔出し」をしたくない人も少なくないのでは。しかし、経営コンサルタントの横山信弘氏は「顔出し」が重要だと強調する。音声だけでなく、ビデオも使って会議をすることの重要性とは。(2020/5/5)

動画の世紀:
不安あおる情報、陰謀論――YouTubeにあふれる新型コロナ動画が生む「サイバー心気症」
新型コロナウイルス感染症が世界中で流行する中、YouTube上ではコロナに関連するさまざまな動画が投稿されている。恐怖や不安をあおる動画も多い中、私たちはこうした情報とどう付き合っていけばいいのか。(2020/4/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
人工知能は新型コロナの流行を知っていた パンデミック対策の最新事例
新型コロナウイルス感染症が世界中で大流行している。パンデミックに立ち向かう手段として進むAI活用。海外の最新事例を紹介する。(2020/4/15)

5つの種類にタスクを細分化:
オフィスと自宅、結局どっちが効率的な“職場”なのか 重要なのは「タスク管理」
新型コロナウイルスの感染拡大で増える在宅勤務。多くの人が気になっているのが「オフィスと自宅、どっちが効率的なのか」という点だろう。経営コンサルタントの横山信弘氏は、自宅の方が効率的に働くことができるとしたうえで、「タスク管理」をしっかり行えば、2日分の仕事を1日でこなすことも可能だと指摘する。(2020/4/15)

よくわかる人工知能の基礎知識:
2020年は量子コンピュータ元年? 実用化の可能性やAIとの関係を考える
最近話題の量子コンピュータとは一体何なのか。基本的な知識と、実用化の可能性を探る。(2020/4/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「上司」としての、その立ち振る舞い、OKかNGか
部下たちを変えようとする前に、まず「上司」の自分から変えてみませんか?(2020/4/2)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
DX実現まで2.5年、スピードが命のDXで自社は「ベニザケ型」か「ヒメマス型」か
DXにまい進する企業と、途中で停滞してしまう企業があります。その違いはどこから生まれるのでしょうか? ベニザケとヒメマスの生態と、DXに取り組む企業行動は酷似しています。今回は、その類似性に由来する閑話です。(2020/3/27)

動画の世紀:
新型コロナウイルスで削除される動画が増える? パンデミックが促すYouTubeの変化
COVID-19の影響は動画サイトにも出ている。(2020/3/25)

無駄な会議が生まれる理由、なくすコツ:
今こそ「脱会議」! 生産性を下げる無駄な「1LDK」をテレワークで淘汰しよう
企業をむしばむ「ムダ」な会議。その中でも特に注意が必要なのが「1LDK」だと経営コンサルタントの横山信弘氏は指摘する。いったいなぜ、無駄な会議は生まれ、そしてなくならないのか。幸か不幸か、新型コロナウイルスの影響で広がるテレワークにより、「脱会議」の機運は高まるか(2020/3/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
なぜクラウドではダメなのか? いま「エッジAI」が注目されるワケ
最近よく聞く「エッジAI」という言葉。エッジAIが注目されている理由や、その活用領域について解説します。(2020/3/19)

MAツール活用最前線:
エンジニア出身マーケターが「マーケティングファースト」を推進――アイ・エス・アイソフトウェアー
専門性が高く高額で売るのが難しい商材を売るためにMA(マーケティングオートメーション)を導入したアイ・エス・アイソフトウェアーに、現在の仕組みを構築するまでの話を聞きました。(2020/3/17)

金融業はAIを人員削減に利用
「行員をトレーニングするAI」で人材強化に取り組む銀行の挑戦
金融業界では、将来的に人員をAIに置き換える動きが始まると予想されている。一方でAIを行員のトレーニングに利用して人材の強化に取り組んでいる銀行もある。AIが職を奪うとは限らない。(2020/3/17)

モバイルフォーラム2020:
日本でも訪れる“5Gの幻滅期” MVNOが果たすべき役割は?
テレコムサービス協会MVNO委員会は3月6日、「モバイルフォーラム2020」を開催。企の代表取締役、クロサカタツヤ氏が「MVNOにとっての5Gと2020年」と題して基調講演を行った。海外で展開している5Gの実情や、MVNOとの関連性などについて語った。(2020/3/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
勝利の鍵はAI? スポーツとデータ分析の相性が良い理由
スポーツ業界でAIはどのように活用されているのか。選手のパフォーマンス向上やスタジアム経営、メディアでの情報発信など、さまざまな観点で紹介したい。(2020/3/6)

深夜・休日は上司から部下への連絡禁止:
コンサルティング業界の「ストレス度の低い企業ランキング」 日本アイ・ビー・エム、アクセンチュアを抑えての1位は?
コンサルティング業界の「ストレス度の低い企業ランキング」――。2位「日本アイ・ビー・エム」、3位「アクセンチュア」、4位「野村総合研究所」、5位「デロイト トーマツ コンサルティング」と続いた。1位は?(2020/2/28)

内部通報制度を整備しても……不正に関する通報件数が1割未満の企業は全体の8割以上
(2020/2/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

女性の平均年収上位は実績の分かりやすい「コンサルティング職」 2019年度版「女性の平均年収ランキング」発表
男女のキャリアの築き方の差も数字に表れています。(2020/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。