ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Ryzen 5」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ryzen 5」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPick UP!:
Windows 7終了特需で伸びるSSD、しかし値上がりが進む
2019年から2020年に切り替わり、CPUの売れ筋にも変化が見られた。ホットスポットはハイエンドからミドルに移行している気配だ。また、メモリやSSDが値上がりとの情報も各所で聞かれるようになってきた。(2020/1/14)

CFD、Ryzen 5を標準搭載したミドルレンジ向けゲーミングPCを発売
シー・エフ・デー販売は、CPUとしてRyzen 5 3600を装備したミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2020/1/9)

AMD、薄型デバイス向けの新モバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズを発表
米AMDは、最大8コア16スレッド動作を実現するモバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズの発表を行った。(2020/1/7)

デル、Ryzen Mobileを搭載したエントリー14型モバイルノート
デルは、モバイル向けRyzenプロセッサを標準装備した14型ノートPC「New Inspiron 14 5000(5485/AMD Ryzen)」を発表した。(2019/12/18)

マウス、薄型デザインのRyzen搭載15.6型ノート 15.4時間駆動を実現
マウスコンピューターは、Ryzen APUを搭載した15.6型ノートPC「mouse X5-B」シリーズを発売する。(2019/12/17)

PR:“IntelとAMDの共演”で実現したスリムでパワフルなゲーミングノートPC「G-Tune P3」を徹底チェック
マウスコンピューターが、久しぶりにモバイルPC「G-Tune P3」を投入した。パワフルな性能を自在に持ち運べる秘密は何か。実機を徹底的にチェックしてみた。(2019/12/18)

日本HPが「Spectre」「ENVY」の新2in1モデルを順次発売 「LTE」「リアルウッド」も用意
日本HPが「Spectre」「ENVY」ブランドのノートPCの新製品を発表。SpectreはLTE通信機能を搭載するモデル、ENVYにはパームレストとタッチパッドに実際の木材を使ったモデルや日本限定の新色が目玉だ。(2019/12/4)

冬ボやクリスマスで何を買う?:
RyzenにするかAthlonにするか、それが問題だ DeskMini A300でCPU選びを満喫する
約2LのMini-STXフォームファクターの小型ボディー採用したASRockの「DeskMini A300」。TDP 65WまでのAPUを搭載できるが、可能な限り予算は抑えたい。価格と性能のバランスをサイコムの「Radiant SPX2700A300A」で探ってみた。(2019/11/28)

マウス、Ryzen搭載の14型スリムノートPC 限定台数価格は税別7万9800円
マウスコンピューターは、プロセッサとしてRyzenを採用する14型フルHD液晶内蔵ノートPC「m-Book X400B」を発売する。(2019/11/22)

AMD、製品購入で最新ゲームがもらえるキャンペーンを実施中 12月31日まで
AMDは、同社製CPUまたはグラフィックスカード製品購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始した。(2019/10/25)

サイコム、ミニタワー型ゲーミングPC計2機種をリニューアル
サイコムは、ミニタワー型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「G-Master Spear-Mini」の新モデル計2機種を発表した。(2019/10/17)

AMDがOEM向けのRyzen 9 3900などを投入――12コア24スレッドでTDP 65W
AMDが10月9日、第3世代Ryzenの新モデル「Ryzen 9 3900」と「Ryzen 5 3500X」を発表した。(2019/10/9)

「Suface Pro 7」「Surface Pro X」「Surface Laptop 3」日本上陸へ Pro 7とLaptop 3は10月23日発売
10月2日(米国東部夏時間)に発表された新しいSurfaceファミリー。これらのうち「Suface Pro 7」と「Surface Laptop 3」が10月23日に日本で発売されることが決まった。「Surface Pro X」についても、時期は未定ながら日本で発売する予定だ。(2019/10/3)

「Surface Laptop 3」登場 15型モデルには初のAMDプロセッサ
MicrosoftのSurfaceブランドのラップトップ(クラムシェルノートPC)が第3世代に。13.5型と15型の2サイズ構成で、15型モデルには、Surfaceとしては初めてAMDプロセッサが搭載される。【追記】(2019/10/3)

TDP 65Wで最大12コア24スレッド:
AMDがビジネス向けのZen 2コア採用「Ryzen PRO 3000」を投入――「Zen+」コアのAPUも
AMDが9月30日(現地時間)、ビジネス向けデスクトップPCのCPU「Ryzen PRO 3000」シリーズとAPUを発表した。(2019/10/1)

ASUS、Ryzenを搭載したスリム14型ノート「ZenBook 14 UM431DA」
ASUS JAPANは、Ryzenプロセッサを採用する薄型デザインの14型ノートPC「ASUS ZenBook 14 UM431DA」を発表した。(2019/9/26)

ASUS、第9世代Core+RTX 2080搭載ハイエンドノートなどゲーミングPC計8製品を投入
ASUS JAPANは、国内向けゲーミングPCの製品ラインアップ拡充を発表、8製品計12モデルの販売を開始する。(2019/9/11)

古田雄介の週末アキバ速報:
Ryzen 7 2700Xセット割で6000円オーバー! Core i7-9700Kなら8000円以上値引きも!
CPUとマザーボードの組み合わせで、1パーツ分も浮くようなセット割が今週は各所で目立っている。Ryzen 7 2700X限定モデルも2.8万円切りの底値で入手可能だ。(2019/8/31)

CFD販売、GIGABYTE製パーツを採用したゲーミングPC「AORUS GAMING PC」の販売を開始
シー・エフ・デー販売は、GIGABYTE製ゲーミングブランドの「AORUS」製パーツを採用したゲーミングPC「AORUS GAMING PC」の取り扱いを発表した。(2019/8/30)

サイコム、ミニタワー型ゲーミングPC「G-Master Spear Mini」にRyzen 3000シリーズ搭載モデル
サイコムは、同社製ミニタワー型ゲーミングPC「G-Master Spear Mini」シリーズのラインアップに第3世代Ryzen搭載モデルを追加した。(2019/8/19)

サードウェーブ、APU搭載のコンパクトデスクトップPC「mini Regulus」
サードウェーブは、AMD製APUを標準搭載したコンパクトデスクトップPC「mini Regulus」シリーズの販売を開始した。(2019/8/2)

頭脳放談:
第230回 AMD Ryzenが高コストパフォーマンスを実現した3つの理由
久しぶりにAMDのCPUに注目が集まっている。第3世代のAMD Ryzenが性能の高い上に、価格がリーズナブルであると、特に自作PCユーザーに人気だ。AMD Ryzenが高コストパフォーマンスを実現できた理由を考えてみた。(2019/7/22)

マウス、Ryzen 3000シリーズ搭載のミニタワーPCを販売開始
マウスコンピューターは、同社製ミニタワー型デスクトップPC「LUV MACHINES」にRyzen 3000シリーズ搭載の新モデルを追加した。(2019/7/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
第3世代Ryzen販売スタート! 遅れた3800Xは12日頃登場か
7月7日に販売スタートとなったRyzen Desktop 3000シリーズやAMD X570チップセット搭載マザーボード、Radeon RX 5700シリーズ採用グラフィックスカード。いずれも好調だが、人気が過熱したモデルはすでに取り合いの空気になっている。(2019/7/9)

Ryzen 3000シリーズ搭載PCが各社から一斉に発売
AMD製最新CPUのRyzen 3000シリーズを搭載したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2019/7/8)

夏の自作特集:
マルチで圧倒、Intelに互角以上の性能を備えた「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」をテスト
AMDから、開発コード名Naviの新GPU「Radeon RX 5700」シリーズとともに、Zen 2アーキテクチャを採用した次世代CPUとなる第3世代Ryzenが発売された。今回は、AMDの評価キットを入手し、Ryzen 9 3900XおよびRyzen 7 3700Xをテストした。(2019/7/7)

第3世代Ryzenがついに:
AMDがRyzen 3000シリーズの国内価格を発表 8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xは税別3万9800円
日本AMDが、Zen 2アーキテクチャベースを採用した第3世代Ryzen(Ryzen Desktop 3000)シリーズの発売を前に、国内価格を発表した。(2019/7/5)

両CPUの特徴を整理
Intelの第10世代Core「Ice Lake」と、AMDの第3世代「Ryzen」の違いは?
開発コードネームで「Ice Lake」と呼ばれるIntelの第10世代「Core」と、7ナノ製造プロセスを採用したAMDの第3世代「Ryzen」。この2種類の新たなCPUは、何が違うのか。(2019/7/3)

PCで10チャンネル同時に受信・録画できるテレビチューナーボード登場 ニコ動風の視聴機能も
組み込み済みPCも用意。(2019/6/30)

グラフィックス性能に強み
「ThinkPad」第2世代AMD Ryzen PRO搭載モデルは、Intel搭載モデルよりお得か?
Lenovoは「ThinkPad T」「ThinkPad X」シリーズのラインアップにAMD製プロセッサ「AMD Ryzen PRO」シリーズ搭載モデルを追加した。「ThinkPad T495」「ThinkPad T495s」「ThinkPad X395」の性能や特徴を探る。(2019/6/22)

週末アキバ速報:
Core i9-9900KとROG STRIXのセットがお得! 税込み7万5599円
DeskMini A300などのRyzen系セット特価が目立つ中で、Intel系セットの特価も光るものが見つかる週末。Lexarの512GB microSDXCカードが7980円となるなど、フラッシュ系も相変わらず狙い目だ。(2019/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
AMDが12コア24スレッドで499ドルの「Ryzen 9 3900X」など第3世代Ryzenファミリーを発表 出荷は7月
AMDが台湾国際会議中心で次世代GPUや第3世代Ryzenプロセッサなどの製品群を紹介した。ここでは第3世代Ryzenについて見ていこう。(2019/5/29)

AMD、12コア/24スレッドで499ドルの「Ryzen 9 3900X」発表 競合製品の半額で性能上回る
米AMDがCPU「Ryzen」シリーズの新製品を発表した。競合する米Intelの「Core」シリーズの半額で、同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するという。(2019/5/27)

AMDがRyzen買うと次世代Ryzenが当たるキャンペーンを展開
日本AMDが5月24日、現行の第2世代Ryzen購入者を対象に、未発表の次世代Ryzenを抽選でプレゼントするキャンペーンを発表した。期間は2019年6月30日までだ。(2019/5/24)

AMDが創立50周年を記念してイベントとキャンペーンを開催
AMDが創立50周年を迎え、4月29日から「AMD 50周年記念!人気のゲームがもらえるキャンペーン」を開始、5月1日には記念イベント「#AMD50周年記念」を開催する。(2019/4/29)

13型台モバイルノートパソコンおすすめ“3選” 12万円以下の良コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも13型台モデルは持ち運びがしやすいことから人気です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格12万円以下の機種を3つご紹介します。(2019/4/25)

15型台Windowsノートパソコンおすすめ“4選” 10万円前後の高コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも15型台モデルは“激戦区”です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格10万円前後の機種を4つご紹介します。(2019/4/20)

AMD、モバイル向けの第2世代「Ryzen PRO」を発表
AMDは、同社製モバイルプロセッサの最新モデル「Ryzen PRO 3000」シリーズの発表を行った。(2019/4/9)

サードウェーブ、「PC Building Simulator」推奨ゲーミングPCを発売
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップに「PC Building Simulator」推奨モデルを追加した。(2019/4/3)

ASUS、Ryzen 5+Radeon搭載で9万円台の15.6型ゲーミングノート「ASUS TUF Gaming FX505DY」
ASUS JAPANは、AMD製APUを搭載した15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505DY」を発表した。(2019/4/3)

サイコム、ミドルタワーPC「G-Master Spear」に「SEKIRO」推奨構成モデルを追加
サイコムは、同社製ミドルタワーPC「G-Master Spear」シリーズのラインアップに最新ゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨モデルを追加した。(2019/3/26)

サードウェーブ、「SEKIRO」推奨ゲーミングPCを発売 4K対応モデルなど7製品
サードウェーブは、最新ゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨ゲーミングPC計7製品の販売を開始した。(2019/3/22)

PR:Ryzen搭載でコスパも高い! 弁当箱サイズのデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」
容積が約2LというMini-STXフォームファクターのボディーにAMD Ryzenを搭載したコンパクトデスクトップPCが登場。人気の高い「DeskMini A300」をベースにサイコムらしいカスタマイズを加えた製品だ。(2019/3/15)

ユニットコム、「THE DIVISION2」推奨のRyzen搭載ゲーミングPCを発売
ユニットコムは、最新アクションゲーム「THE DIVISION2」推奨をうたったRyzen搭載ミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2019/3/7)

サイコム、ゲーミングPC「G-Master Spear」に“Division 2”推奨モデルを追加
サイコムは、オンラインRPG「Tom Clancy's The Division 2」推奨のミドルタワー型ゲーミングPCを発売した。(2019/3/1)

サイコム、Ryzen APUを搭載した省スペースデスクトップPC
サイコムは、ASRock製小型ベアボーンキットをベースにした省スペースデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」を発売した。(2019/2/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
前評判に違わぬ売れ行きで「DeskMini A300」がデビュー
Ryzenが載せられる超小型ベアボーン「DeskMini A300」が各ショップで好調に売れている。加えて、新GPU「RADEON VII」の売れ行きも順調な様子だ。(2019/2/12)

アーク、ASRock製ベアボーンを採用したRyzen搭載コンパクトPC
パソコンショップアークは、Ryzen搭載コンパクトデスクトップPCを発売した。(2019/2/8)

週末アキバ特価レポート:
グリーンハウスのSSD、480GBが6000円切り 240GBが3350円に
SSDのスポット特価が複数店で起きており、今週末はグリーンハウスの「GH-SSDR2S」シリーズが狙い目だ。また、「Ryzen 5-1600」のスポット特価もみられる。(2019/2/2)

「LAVIE Note」に2019年春モデル 学生向け「LAVIE Note Mobile」はキーボードをより打ちやすく
NECパーソナルコンピュータが、ノートPCの2019年春モデルを発表。学生向けモバイルPC「LAVIE Note Mobile」は、2018年モデルの基本コンセプトを引き継ぎつつ、キーボードのキーサイズを見直してより快適に利用できるように改善した。(2019/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。