ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファイナンシャル・プランナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファイナンシャル・プランナー」に関する情報が集まったページです。

飲食業界の新トレンド? 牛めし「松屋」が「カレー屋」「かつ屋」と合体!? 増加する併設店の今
そばチェーンである「ゆで太郎」との併設店を増やす「もつ次郎」。「ガスト」「から好し」だけでなく、「松屋」「マイカリー食堂」「松のや」など、複数の業態を組み合わせた「併設店」が増えている。今回はそんな併設店の現状を探る。(2024/7/13)

はなまるうどんと丸亀製麺 「うどん同級生」でなぜ、明暗が分かれたのか
同じ2000年に1号店をオープンした、セルフ式うどんチェーンのはなまるうどんと丸亀製麺。近年は大きな差が生まれている。一体なぜ、こうした差が生まれたのか。(2024/7/12)

15年ぶり大規模出店の「吉野家」 2つの店舗スタイルで女性層を取り込めるか
長らく店舗数が横ばいだった牛丼業界に動きが出そうだ。吉野家が、15年ぶりに100店舗規模の拡大を目指す。軸となるのは2つの業態だという。(2024/6/29)

物価高時代に、なぜ競合より「ちょい高」なコメダ・星乃が伸び続けているのか
長く衰退を続けている喫茶店業界。その中で、多くの競合よりもちょっと高いながら人気を博しているのが、コメダ珈琲店と星乃珈琲店だ。両社の強みを探っていく。(2024/6/22)

業界が縮小する中で、なぜスタバだけ元気に増加しているのか ヒントは、20年前に始めた店舗にあった
長く衰退を続けている喫茶店業界の中で“一強”状態なのがスターバックスだ。なぜスタバだけが店舗を増やし続けているのか、ヒントは競合にはまだ少ない、20年前に始めた「あるスタイル」にありそうだ。(2024/6/14)

「いきなり!」凋落の一方で規模拡大の「やっぱりステーキ」 明暗分かれた納得の理由
ステーキ業態で一時期ブームとなった「いきなり!ステーキ」が凋落している一方で、勢力を拡大しているのが沖縄発の「やっぱりステーキ」だ。なぜ明暗が分かれたのか。(2024/6/8)

ラーメン・餃子・生ビール「1000円」の壁を突破! 3年連続値上げ「日高屋」、ロードサイド進出はうまくいくのか
3年連続で値上げを実施した日高屋。競合と比較してまだ安い部類ではあるが、今後の成長戦略として期待するロードサイドには、一抹の不安もよぎる。(2024/6/5)

「290円ラーメン」終売でもまだまだ安い幸楽苑、なぜコロナ禍が明けても不調が続いているのか
コロナ禍明けで各業界が復調に沸く中、取り残されているのが幸楽苑だ。290円の中華そばがなくなったとはいえ、まだまだ競合と比較して安い部類に入るのに、なぜ不調が続いているのか。(2024/5/29)

なぜ、3年で4回も値上げしたココイチが好調なのか 客単価1000円を突破、驚くべき“太客”の存在
カレーチェーンのココイチが好調だ。過去に何度も値上げし、決して「安い」チェーンではないにもかかわらず、なぜ業績が伸びているのか。(2024/5/22)

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

いきなり!ステーキが、名物「オーダーカット」を廃止していた! ピークから5年、経営再建の現在を探る
いきなり!ステーキが再建を目指している。栄華を誇ったころから5年ほどがたった現在は、名物だったオーダーカットがなくなっている。これまでの歴史と、現状の取り組みなどを解説していく。(2024/5/6)

高級メニュー並ぶ銀座の「くら寿司」 3貫1000円超に潜む勝算
くら寿司が銀座1号店となるグローバル旗艦店をオープンした。価格設定が強気なメニューも多く、どのような勝算が潜んでいるのだろうか。実際に現地へ足を運んでレポートする。(2024/5/2)

「らしくない」高級商品がズラリ! イオン「トップバリュ」の若者狙い撃ち戦略
イオンがPBで尖った商品を続々と発売している。いったいどのようなニーズを背景に、どんな商品を出しているのだろうか。(2024/4/29)

なぜ、PBなのに安くないの? ウエルシアとマツキヨココカラが「高級志向」を始めた背景
従来、価格の安さが売りになることも多かった小売り各社のPB商品。それがここにきて、高級志向の商品を扱うケースが増えている。今回はドラッグストア業界の2社にフォーカスし、戦略を読み解いていく。(2024/4/20)

ユニクロが展開する古着・リメーク商品の狙いは? 実際に見て「ある程度売れるかも」と思ったワケ
ユニクロが、実験的に古着の販売を始めている。2023年に続き、第2弾となるポップアップストアを2店舗で設置。果たして今後、ユニクロの新業態となっていくのだろうか。(2024/4/13)

クセになるスープがドライバーを魅了! 「ラーメン山岡家」がコロナ禍明けで一気に成長できたワケ
ラーメンチェーン「ラーメン山岡家」の成長が著しい。他のラーメン店とは一線を画す運営方針も影響しているとみられる。あらためて、コロナ明けに絶好調の要因を探っていく。(2024/4/8)

就職・転職などに向けた資格取得、8割超が「役に立った」 月の勉強代はどれくらいかかった?
NEXERと宅建学院が、資格取得に関する調査結果を発表した。勉強法や予算などが明らかになった。(2024/4/3)

“見せつける”ようなデザインが避けられてる? 家電やファッションで進む「ロゴなし化」 シャープ、アップル、ユニクロの特徴
家電やファッションで「ロゴなし」が進んでいる。背景には「クワイエット・ラグジュアリー=静かなぜいたく」と呼ばれるトレンドがあるという。(2024/3/29)

ユーザーから厳しい評価も? 「ダイソー」初の公式アプリ、使ってみて分かった課題と可能性
100円ショップ「DAISO」などを展開する大創産業が「初」の公式アプリをリリースした。店頭の在庫などを確認できる仕様で、100円ショップとしては非常に珍しいアプリだ。実際に使って課題や将来性を考えてみた。(2024/3/21)

競合の業績は堅調なのに…… スノーピークがアウトドア市場で大きく落ち込んでしまった理由
スノーピークが苦境に立っている。コロナ禍以前からアウトドアニーズの増大を背景に成長してきたが、23年度は売り上げは前年比で減少。最終利益にいたっては99.9%減となっている。アウトドア市場は堅調なのに、なぜなのか。(2024/3/18)

スマホ注文は導入したのに、サイゼはなぜ「配膳ロボット」を導入しないのか
人手不足に悩むファミレス各社でさまざまな取り組みが進む。その中から、今回は“三種の神器”でDXを進めるすかいらーくHDと、注文方式の変更で話題になったサイゼリヤに焦点を当てていく。(2024/2/29)

スイーツ市場は横ばいなのに、シャトレーゼ「一人勝ち」のなぜ 不二家、コージーコーナーとの違い
近年横ばいが続く、菓子市場。その中で一人、気を吐くのがシャトレーゼだ。不二家や銀座コージーコーナーといった競合が苦しむ中、なぜ「一人勝ち」できるのか。(2024/2/22)

唐揚げ専門店の倒産が相次ぐのに、増え続ける「コンビニ唐揚げ」 ファミチキ、からあげクンと並ぶ存在に育つか
コロナ禍でブームとなった唐揚げ。専門店も乱立したが、昨今は倒産するケースも増えている。一方で商品が増えているのがコンビニ唐揚げだ。両者の違いはどこにあるのだろうか。(2024/2/16)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

なぜ、ファミマで「普通の服」を売ろうとしているのか 「ユニクロ並み」価格を実現できた背景
ファミリーマートがアパレル商品を展開している。これまでは靴下やTシャツなどがメインだったが、2023年12月からは本格的な商品も発売。「ユニクロ並み」の価格でラインアップをそろえており、新たな定番商品としての期待がうかがえる。(2024/1/22)

無印、3COINSを脅かす? ダイソー系列のこだわり「300円ショップ」が急増している背景
100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業が、300円ショップを精力的に展開している。どのような背景や狙いがあるのか。(2024/1/18)

多角化進めるニトリ 2年前に始めた「レストラン」は今、どうなっているのか
2021年にニトリが始めた外食事業。発表から2年以上が経過しており、店舗数は6つまで増えている。一方で、業態は現在3つを展開する。どのような狙いがあるのか。(2023/12/30)

値上げラッシュでもなぜ「値下げ」? 幸楽苑・ガスト・なか卯、それぞれの戦略
値上げラッシュが続く中でも値下げに踏み切る外食チェーンは少なくない。なか卯・幸楽苑・ガスト、それぞれの懐事情と狙いを分析する。(2023/12/21)

カギは「男性客」? しのぎを削る、やよい軒と大戸屋 その似て非なる戦略
近しい立ち位置の定食チェーンとして、国内に300店舗超を展開する「大戸屋」と「やよい軒」。両者の違いを細かく見ると、どんなことが分かってくるのか。(2023/12/13)

ザブングル加藤、宅建合格を報告「去年駄目だったのでめちゃくちゃ嬉しい」 7月にはFP2級も取得
めでたいです!(2023/11/25)

総菜業態・冷食にも注力:
コロワイドによる買収で「大戸屋」はどう変わった? 「離脱者層」呼び戻しで“がっつり”メニュー投入か
相次ぐ値上げの影響もあり、客離れを招き業績不振に悩んだ大戸屋。コロワイドの買収意向、さまざまな施策によって復活を果たしつつある。当社の取り組みと今後について、専門家が解説する。(2023/11/25)

両者の共通項とは?:
回転寿司の代名詞「1皿100円」は消えるのか “最後の砦”かっぱ寿司・はま寿司のこれから
かつては回転寿司の代名詞だった「1皿100円」が姿を消しつつある。一定規模のチェーンで維持するのは、今やかっぱ寿司・はま寿司に限られる。なぜ、両社は高コスト時代でも100円を維持できるのか。そして、今後はどうなるのか。(2023/11/14)

ウェンディーズの失敗を乗り越えられるか:
「ゼッテリア」に勝機は? ついに2号店もオープン 「ロッテリア」買収したゼンショーの狙いを探る
ロッテリアを買収したゼンショーHDが新業態「ゼッテリア」を着々と展開している。ロッテリアは「ほぼ同期」のマクドナルドに大差をつけられ、ゼンショー自身もウェンディーズの苦い過去がある中での船出。どのような狙いがあるのか。(2023/10/28)

異例:
NECが「資産運用」サービス開始 あえて金融に乗り出すワケ
NECが資産運用サービスに乗り出す。NECが資産運用? と思った人もいるだろう。NECは資産運用サービスを提供することで何を目指しているのか。また、資産運用業界は今どんな状況にあるのかきいた。(2023/10/16)

回転寿司は「回らない」がスタンダードに?:
スシロー「デジタル回転寿司」の衝撃 くら寿司との都心決戦を左右する「レーン戦略」
スシローとくら寿司、しのぎを削る回転寿司の両チェーンで「レーン」の向き合い方に違いが出ている。前者はデジタルを駆使し、後者は従来の回転レーンを維持しながら商品を提供するスタイルだ。どうしてこのような違いが生まれているのか。(2023/10/14)

両王将を比較:
同じ中華チェーンでも結構違う! 「餃子の王将」と「大阪王将」のビジネスモデルを分析してみた
かつて餃子の王将から生まれた大阪王将。似ているように見えるが、意外と双方の違いは多い。一方、最近では大阪王将で“先祖返り”につながりそうな動きも出てきているようで。(2023/10/1)

経済の「雑学」:
有名メニューのきっかけはマクドナルド? びっくりドンキーが愛され続ける納得の理由
根強い人気を博す「びっくりドンキー」。同社の歴史には意外な転換点があった。メニューや店舗の工夫とともに、びっくりドンキーが愛され続ける理由を解説していく。(2023/9/23)

敵は「磯丸水産」だけではなかった:
看板「500円ランチ」が消滅? さくら水産、知られざる「高級シフト」の今
かつて「500円ランチ」や安価な海鮮メニューを武器に人気を博した「さくら水産」。ピーク時には約150店舗を展開していたが、現在は20店舗ほどにとどまる。そんなさくら水産が、意外な変貌を遂げていた。(2023/9/16)

大戸屋との違いは?:
「ご飯お替わり自由」に続け! やよい軒「無限クーポン」「牛肉フェア」の狙いを探る
「ご飯お替わり無料」が有名なやよい軒。運営元のプレナスが上場廃止したことも話題となった。昨今では成長に頭打ちを迎えた感もあるが、今後の成長余地はどこにあるのだろうか。大戸屋との違いも交えながら、解説していく。(2023/8/30)

7割が「スキルがなくて困った……」と感じた経験あり 取得した資格は?
大阪商工会議所が「社会人の必須スキル」に関する調査を実施した。(2023/8/29)

強みを分析:
「かつや」追う「松のや」の特徴は? “破格”250円朝食も 似て非なるそれぞれの戦略
松屋フーズホールディングスの「松のや」が6月に300店舗を達成した。ライバルがアークランドサービスホールディングスの「かつや」だ。似て見える両社だが、メニューやシステム、立地を眺めるとそれぞれの戦略に違いが見えてくる。(2023/8/22)

独自戦略の強み:
「コメダ珈琲店」グループ1000店舗突破 使いやすい駐車場、高い営業利益率 強固なビジネスモデルに迫る
「コメダ珈琲店」がグループ1000店舗を突破した。どうしてここまで急成長できたのか。広い駐車場、逆詐欺メニューなど、ビジネスモデルを分析する。(2023/7/29)

ビジネスモデルを分析:
なぜ「サイゼ」が最も支持されるのか 「ミラノ風ドリア」300円を維持できるワケ
大手ファミレス「サイゼリヤ」は、大規模な満足度調査や好きなファミレスランキングで1位を獲得している。最大の武器である「安さ」を維持できるワケは?(2023/7/13)

ロードサイドで成長:
「焼肉きんぐ」300店舗達成の衝撃 ライバルは苦戦しているのになぜ?
「焼肉きんぐ」の勢いが止まらない。店舗数が増え続け、300店舗を突破している。ライバルが苦戦しているのになぜ好調を維持しているのか。(2023/6/30)

コロナ禍も克服:
「7%割引カード」でコア層維持 「餃子の王将」が過去最高売上を達成しているワケ
「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの業績が絶好調だ。テークアウトやデリバリーに注力し、コロナ禍も乗り切った。コアなファンを維持する割引カードの戦略とは?(2023/6/19)

『ちいかわ おかねのドリル』発売前重版決定 付録はかわいい「くまさんポシェット風 さいふ」「お金カード」
楽しく算数とお金の学習ができます。(2023/6/14)

強みを分析:
なぜ「かつや」に何度も通ってしまうのか 男性客を虜にする「100円割引券」戦略に迫る
とんかつチェーン「かつや」の店舗数が増え続けている。成長してきた理由はいくつもあるが、筆者は「100円割引券」に注目する。その理由とは?(2023/5/29)

貯金に取り憑かれていた女性が、お金の使い方を見つめ直し…… 自分のためにお金を使えるようになるまでの漫画に共感
自分の望みを叶えてあげることも大切。(2023/5/5)

PdMって何してるんですか?:
PR:活躍の場広がる「プロダクトマネージャー」 リクルートが持つ巨大PdM組織の“お仕事”をキーマン対談で探る
(2023/3/13)

社会人500人に聞いた:
家計の危機を立て直す方法 3位「副業・ポイ活」、2位「無駄を削る」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、「家計の危機を立て直す方法」に関する意識調査を実施した。物価上昇が家計に影響を与える中、かさむ出費を立て直す方法を聞いたところ「食費を見直す」との回答が最多となった。(2023/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。