ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ぐるなび」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

年末も20%〜50%還元のお得な施策が続く スマホ決済12月のキャンペーンまとめ【2021年12月5日】
2021年12月もスマホ決済キャンペーンが充実しており、ボーナス商戦を盛り上げそうだ。au PAYでは、最大20%還元の「たぬきの大恩返し 冬」も見逃せない。d払いは最大50%を抽選で還元するキャンペーンも行う。(2021/12/5)

EVの長い充電時間をどう過ごすか 充電スポット周辺のグルメ情報伝える「EVごはん」
EVのデメリットとして真っ先に挙げられるのが充電時間の長さだ。マーケティングコンサルタントの石井啓介さんは充電時間を楽しむため、EVユーザー自身に充電スポットの近くで見つけたグルメ情報を投稿してもらうSNSグループ「EVごはん」を発足した。(2021/11/30)

「超PayPay祭」は28日まで、高還元率の施策にも注目 スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月22日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。年末にかけて楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントのキャンペーンも充実している。(2021/11/22)

ぐるなびが飲食店向けECサイト 食材と資材1万点以上 食材受発注領域に本格参入
ぐるなびが飲食店向けの業務用食材・資材仕入れECサイト「ぐるなび仕入モール」を先行公開した。(2021/11/17)

10%〜50%還元の施策がめじろ押し スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月14日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。d払いは、初めて利用する人に向けて50%を還元するキャンペーンを継続している。(2021/11/14)

ぐるなび「無断キャンセル保険」開始 飲食店のNo show対策サポートを強化
 ぐるなび(東京都千代田区)は、11月1日より「無断キャンセル保険」の提供を開始した。(2021/11/4)

10%〜50%還元の施策がめじろ押し スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月4日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。d払いは、初めて利用する人に向けて50%を還元するキャンペーンを継続している。(2021/11/4)

ぐるなびが「無断キャンセル保険」スタート 予約したのに来店しない“No show”被害を軽減
ぐるなびは、無断キャンセルが起きた際に飲食店が被る損害を補償する「無断キャンセル保険」の提供を始めた。(2021/11/1)

緊急事態宣言下で迎えることに:
シルバーウィークの過ごし方1位は「自宅で」 予算の平均額は? 最大10万円との回答も
ぐるなびは、20〜60代のぐるなび会員を対象に3連休と敬老の日の傾向を調査した。3連休に掛ける予算を聞いたところ、全年代の平均金額は1万504円だった。また、3連休や敬老の日の過ごし方について聞いた。(2021/9/17)

Facebook日本版に「レストラン予約機能」 飲食店ページに「予約」ボタン表示
Facebook日本版に「レストラン予約機能」追加。飲食店は、自身のページに「席を予約する」ボタンを表示できる。(2021/8/26)

画像をAIが解析:
ぐるなび、ライブカメラで混雑状況が分かる実証実験 飲食店への送客拡大狙う
ぐるなび(東京都千代田区)は、商業施設の飲食エリアをAIカメラで可視化する「飲食店LIVEカメラ」の実証実験を開始すると発表した。隣席との間隔や店内のスペースが広く、ゆったりしているお店を選びたいというニーズに対応する。(2021/8/5)

スピン経済の歩き方:
真面目に運営していても、「飲食店」だけが叩かれるシンプルな理由
4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店がまた攻撃されている。西村康稔経済再生相からは、まるで「反社」扱いされたわけだが、なぜ飲食店はここまで叩かれるのか。背景にあるのは……。(2021/7/13)

グルメサイトで飲食店の感染対策を”採点” 7月中にも導入
西村康稔経済再生担当相が、飲食店が新型コロナウイルスの感染対策を適切に講じているかを、大手グルメサイトを通じて利用者から情報収集するシステムを導入することを明らかにした。「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」の協力を得て、7月中にも開始する方針。(2021/7/5)

ぐるなび、楽天デリバリー事業とテークアウト事業を承継 「食の総合サービス」化を目指す
ぐるなびは、楽天が運営する「楽天デリバリー」事業とテークアウト事業を7月1日より承継することを発表した。食の総合サービスへの進化を目指す。(2021/6/29)

PR:紙、紙、紙! リモートワーク導入の裏で“見えざる”闘い ぐるなびの改革
ぐるなびが「遠隔地勤務」を4月に制度化。その裏では、バックオフィス部門が大量の紙と闘っていた。どのように解消したのか。(2021/5/24)

駅のホームから「時刻表」が消えた ……ネットにも困惑の声
「困惑している」「パッと調べられないのはやっぱり不便だと思う」といった声も。一体なぜ?【訂正】(2021/4/22)

中小ビジネス支援の取り組みを強化:
Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策を行っている。関連機能について紹介する。(2021/4/22)

「ぐるなび」アプリに脆弱性、フィッシング詐欺被害の恐れ 「最新版へ更新を」IPAが呼び掛け
「ぐるなび」のアプリにアクセス制限の不備があり、フィッシング詐欺などの被害にあう恐れがあるとして、IPA(情報処理推進機構)とJPCERT/CC(JPCERTコーディネーションセンター)がアプリを最新版にアップデートするよう注意を促した。(2021/4/15)

グルメサイト、3割が「信用しない」 飲食店側も6割が評価気にせず
グルメサイトの点数やランキング表示について、ユーザーの3割が「信用していない」――。こんな調査結果を、飲食店に予約システムを提供するTableCheckが公開した。(2021/4/9)

ぐるなび調べ:
緊急事態宣言解除後、外食に行くと答えた人の割合は?
ぐるなびは緊急事態宣言解除後の外食意向についての調査結果を発表した。(2021/3/11)

地図上で飲食店の混み具合が分かる「飲食店LIVEカメラ」 ぐるなびが実証実験
ぐるなびは、飲食店に設置したカメラで混雑状況を可視化し、リアルタイムに発信する「飲食店LIVEカメラ」の実証実験を始めた。(2020/12/22)

出社率は20%:
面積を40%削減、座席数は75%減 ぐるなび流「たくましい社員」に使ってもらえる本社オフィス
ぐるなびが11月、新しい本社オフィスの運用を始めた。本社オフィスの面積を40%減らし、オープンスペースにブース状の小部屋を用意するなど、レイアウトを大きく変えた。(2020/12/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“無限くら寿司”と”無限かっぱ寿司”が終了  「Go To Eat」ポイント付与対象の予約受付が次々と締め切り
回転寿司チェーン「くら寿司」のオンライン予約を受け付けている「EPARK」は、「Go To Eat」キャンペーンのポイント付与の対象になる予約受付を、11月16日午後2時59分をもって終了した。(2020/11/16)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“ファミマ端末用紙切れ”続出 これから本格化する「Go To Eatプレミアム食事券事業」への懸念
「Go To Eat」で今後混乱が起きそうなのが、プレミアム付き食事券事業だ。25%のプレミアム分を含んだ食事券を都道府県別に販売するものの、開始時期は地域によってバラバラだ。東京都で始まるのは11月20日からで、今後さらなる混乱も予想される。現時点での問題点を提起してみたい。(2020/11/13)

「めっちゃ損した」……「Go To Eat」のレストランに、予約なしでGo Toしてしまった件
先日の昼、とても美味しいランチを食べたのだが、「めっちゃ損した」と、悔しい気持ちが消えない。その店が「Go To Eat」対象店舗だったのに、予約なしでふらっと入ってしまったからだ。(2020/10/24)

「Go To Eat」でも悩み:
グルメサイトは飲食店の味方なのか?
新型コロナウイルスにより客足を奪われて苦境に陥っている飲食業界。実は以前からグルメサイトという存在に悩まされ続けており、今回の「Go To Eat」キャンペーンでも悩みは続きそうだ。(2020/9/1)

ぐるなびが動向を調査:
「居酒屋」「焼肉」の利用が増加 緊急事態宣言中と比べて外食は増えている?
ぐるなびの調査によると、7月中旬以降に外食をした人は8割を超え、緊急事態宣言が出ていた4〜5月と比べて1.8倍だった。特に、居酒屋と焼肉において、上昇幅が大きかった。感染対策に配慮しながら、外食利用を再開している人が増えているようだ。(2020/8/31)

コロナ禍の影響も:
焼き肉と寿司はどちらが人気? 「2020年上半期によく食べたメニュー」ランキングをぐるなびが発表
ぐるなびが「2020年上半期によく食べたメニュー」と「2020年下半期に食べたいメニュー」のランキングをそれぞれ発表。焼き肉と寿司ではどちらが人気なのか。(2020/7/31)

Instagramが「料理を注文」に本腰 パートナー拡充で「グルメサイトを介さない新しい広告宣伝」へ
Instagramが、飲食店支援機能で国内12社とパートナーシップを締結。PayPayやRettyなどが「料理を注文機能」や、飲食店がクーポン券などを販売できる「ギフトカード機能」に参加する。パートナー企業は「グルメサイトを介さない新しい広告宣伝が成立する」と期待を寄せる。(2020/6/24)

飲食店を科学する:
「生ビール190円」の原価率は85%? お客が3杯飲んでもしっかり利益が出る仕組みとは
「生ビール1杯190円」という看板を見かける。安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。どんな狙いがあるのか。(2020/2/26)

キャンセル料への理解は広がる:
飲食店の無断キャンセル、5割がグルメサイト利用 「取りあえず予約」が温床に
「取りあえず予約」という気軽な気持ちが無断キャンセル発生につながる――。TableCheckが実施した消費者意識調査で、無断キャンセルに関する利用者側の意識が明らかになった。(2019/11/21)

スピン経済の歩き方:
えっ、日本産でない? 「韓国の納豆」が世界市場を席巻する日
今年の鍋のトレンドは「発酵鍋」らしいが、筆者の窪田氏はちょっと懸念していることがあるという。「発酵の中でも、特に『納豆』にチカラを入れなければ、遠くない未来に悔やんでも悔やみきれない事態が起きるかも」というのだ。どういう意味かというと……。(2019/11/12)

専門家のイロメガネ:
【後編】なぜ食べログは公正取引委員会の調査を受けたのか?
口コミサイトでありながら、広告を取るという、食べログのビジネスモデルは矛盾している。筆者は、食べログのユーザーレビュー操作については推定無罪というスタンスだが、それでも炎上が続く原因として、矛盾だらけの代理店の取り扱いがある。(2019/10/17)

公取委、「食べログ」「ぐるなび」などグルメ情報サイトの実態調査へ
公正取引委員会が、「食べログ」「ぐるなび」などを含むグルメ情報サイトの実態調査を始めた。(2019/10/10)

モバイル決済の裏側を聞く:
キャンペーンは「とことんやる」、手数料は「悪いようにはしない」 PayPay馬場副社長に聞く決済戦略
コード決済の事業者は、ほぼ出そろいつつある。その中でも、圧倒的な資金量と営業力で、後発ながら存在感を見せつけるのがPayPayだ。同社で加盟店開拓を主に担当する、取締役副社長執行役員COO兼営業統括本部長の馬場一氏に、現状の手応えや今後の目標などをうかがった。(2019/9/10)

大学生がインターンに行きたいIT企業、LINEやNTTデータが上位に 1位は……?
「楽天みん就」が、大学生・大学院生(2021年卒)からのインターンシップの人気が高いIT企業を発表した。2位はLINE、3位はNTTデータ、4位は富士通、5位は楽天が入った。1位は……?(2019/7/26)

21年卒「インターンシップ人気企業ランキング」 楽天みん就が発表、プログラム充実の企業が上位に
1位のニトリは最大4つの仕事を体験できます。(2019/7/26)

ぐるなび「みんなのごはん」更新停止へ 過去記事の公開は継続
6月27日までは新たな記事がリリースされます。(2019/6/4)

ぐるなびのオウンドメディア「みんなのごはん」更新停止
ぐるなびが運営する食に関するオウンドメディア「みんなのごはん」の更新が6月27日に停止する。同社は業績が低迷し、コスト削減を進めている最中だ。(2019/6/3)

ぐるなびが一時ストップ高 提携強化で楽天が筆頭株主に
提携強化で、楽天のノウハウをぐるなびの飲食店への送客力向上に活用します。(2019/5/23)

ぐるなび株が年初来安値、赤字転落予想を嫌気 楽天が増資検討も売り先行
5月14日の東京株式市場で、ぐるなびの株価が急落。競合する飲食店予約サービスが乱立する中で苦戦が続いており、20年3月期は赤字転落を予想している。資本業務提携している楽天が増資を検討しているものの、厳しい状況を嫌気した売りが先行している。(2019/5/14)

楽天、ぐるなびへの追加出資を検討 15%の議決権取得、データ活用・相互送客を加速
楽天がぐるなびへの追加出資を検討すると発表。ぐるなびの発行済み株式数の9.6%を所有しているが、議決権ベースで15%まで引き上げる計画という。データの相互利用や相互送客などの協力体制を強化する。(2019/5/13)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済もOK、補助金も受けられるモバイルPOSは? 主要サービスを紹介
個人店や小規模店舗であればmPOSの導入が効果的であり、mPOSサービス各社は決済サービスへの登録申請も代行してくれる。消費税増税に伴う軽減税率対策の補助金を受けるには、指定のレジを購入する必要がある。ここでは、軽減税率対策補助金に対応した主要なmPOSサービスを紹介したい。(2019/4/18)

「ぐるなびPay」が決済手段を拡大、SuicaやPayPayなど14ブランドを導入
ぐるなびは、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」へ電子マネー・QRコード決済の全14ブランドを導入。電子マネー決済「Kitaca」「Suica」や、QRコード決済「d払い」「PayPay」などに対応する。(2019/3/28)

店舗向け決済サービス「ぐるなびPay」に「楽天ペイ」を導入
ぐるなびは、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」へ「楽天ペイ(アプリ決済)」の導入を決定。既に各種カード決済や中国のQRコード決済「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」にも対応し、国内QRコード決済は初となる。これにより、ぐるなびネット予約などで貯めた楽天スーパーポイントを飲食店の支払いで利用することが可能となる。(2019/3/13)

決済サービスの名称として「Pay」を商標登録できないのはなぜか?
Apple Pay、Google Pay、PayPay、楽天Pay、LINE Pay、メルペイ、古くはPayPal、WeChat Pay、Alipay。「なんとかPay」だらけだが、「Pay」という決済サービスはない。なぜだろう?(2019/2/27)

PR:SalesTech――営業×ITで売るための仕組みを作る
顧客中心のビジネスを実現するため、テクノロジーが営業部門に貢献できることとは何か。(2019/2/4)

PR:電子化を進めたのに営業活動が効率化しないのはなぜなのか?――弁護士ドットコムに学ぶSalesTech成功のヒント
今、“SalesTech”の中でも特に注目されているのが「電子契約」サービスだ。これまでのハンコ文化を置き換え、契約をスピード化。これにより経営のスピード化まで期待できる。サービスを提供しているのは弁護士ドットコム。同社の実践事例から、SalesTechを成功に導く“本命サービス”の魅力を探る。(2019/2/4)

ぐるなびの「えきから時刻表」3月29日で終了 利用者から「大打撃」と悲鳴
横断的に調べられる点などが便利と評価されています。(2019/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。