ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「退職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「退職」に関する情報が集まったページです。

2021年の上場企業「早期・希望退職」募集状況 開示した上場企業は84社に
暮秋企業は前年の93社から9社減少したものの、募集人数は1万5892人に達した。(2022/1/21)

離職した時期:
高卒者の退職理由は? 入社1年以内に辞めた人は45.9%
高校生向けの求人情報サイトを運営するジンジブは、高校卒業後に正社員として働いた人を対象に、早期離職とその後の再就職に関する調査を実施した。(2022/1/21)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

高止まりの恐れ:
上場84社が希望退職募集 2年連続高水準
令和3年に希望退職を募った上場企業が84社にのぼったことが15日、分かった。調査した東京商工リサーチが20日にも発表する。80社を超えるのは2年連続で……。(2022/1/17)

業務情報、フリマで流出 退職者がHDD売却 情報セキュリティのラックが謝罪
ラックは、同社の社内ビジネス文書が保存されたHDDがフリーマーケットに出品され、購入者に情報が流出したと発表した。HDDは回収済みで、情報の拡散はない。(2022/1/14)

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

連載「情報戦を制す人事」:
「人事データを人員配置、退職予測に使いたい」──その前に準備すべき3つのこと
「人事データを活用して戦略的な配置や退職予測を行いたい」と考える企業は多いが、当初の目的通りの効果を得られないケースも少なくない。目的達成に向けて頓挫することなく、有効に活用するためには?(2022/1/12)

満41歳以上の正社員が対象:
『まっぷる』の昭文社、希望退職者を募集 出版事業の苦戦で
昭文社ホールディングスは1月11日、連結子会社でガイドブック「まっぷる」などを手掛ける昭文社において希望退職者を募集すると発表した。主力の出版事業を中心に厳しい事業環境が続いていた。(2022/1/11)

年末ルーティンは「日記」と「手帳」:
ワタミ「早期退職はしない」 「SDGs経営で1兆円企業」を目指す
2021年もあと3日を残した。外食産業は厳しい経営を強いられたが年末は必ず、「今年もいい1年だった」と口にする。「すべきことはできた」と思っている。何よりも元気で楽しく仕事ができて、家族と毎日明るく過ごせた。これ以上の幸せはない。(2021/12/29)

米国は“大退職時代”:
離職率は2% 「退職ラッシュ」が続く中で、社員に選ばれる企業の舞台裏
米国では、コロナ禍をきっかけに働き方を見直す人が多く、「大退職時代」(Great resignation)と呼ばれている。しかしそんな中でも、社員の心をつかんで離さない企業が存在する。離職率は2%と低く、コロナ禍でも積極的に採用を行い、75%も社員が増加したというDuolingo社のCPOに話を聞いた。(2021/12/28)

2021年のニュース振り返り:
米国が直面する「大退職時代」――若手人材を中心に、日本企業にも到来しそうなワケ
今、米国では多くの労働者が退職し、新たなキャリアを歩み始める「大退職時代」を迎えている。2021年のニュースを振り返るに、この波は日本にも到来しそうだ。特に、若手人材を中心に……(2021/12/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「今のうち、切っちゃえ!」と続く黒字リストラ──厳しくなる労働環境の中、生きる策
希望退職を募る企業が増えた2021年。コロナ禍で業績不振な企業だけでなく、いわゆる「黒字リストラ」を行う企業も少なくない。終身雇用が崩壊し、厳しくなる労働環境の中、私たちはどのような心構えで働くべきなのか──?(2021/12/24)

博報堂、グループ全体で早期退職者100人募集 満50歳以上・勤続5年以上が対象
博報堂DYホールディングスは連結子会社の博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ(DYMP)を対象に早期退職者100人を募集すると発表した。2022年3月31日時点で満50〜59歳、勤続5年以上の社員が対象。22年1月14日まで受け付ける。(2021/12/9)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

営業職543人に聞く:
「プライベートは後回し」 営業職の約7割が退職を検討、感じるメリット・デメリットは? 
日本労働調査組合(東京都足立区)は、営業職の男女543人を対象に「営業職の勤務意識に関するアンケート」を実施した。(2021/12/2)

退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
純粋なまま大人になってほしい。(2021/11/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
50代は本当にお荷物か? “働かないおじさん”問題に悩む企業の勘違い
リモート勤務やジョブ型雇用、希望退職などが注目されるたび、話題になるのが「働かないおじさん」問題だ。50代など、ある一定の年齢になるだけで仕事の能力が低下するわけではないのに、なぜいつも話題になるのかというと──。(2021/11/26)

フジテレビ、早期退職者を募集 50代以上の社員が対象
フジテレビは11月25日、早期退職者の募集を発表した。50代以上の社員が対象となっている。日本経済新聞の報道によると、フジテレビが早期退職者の募集をかけるのは17年度以来2回目だという。(2021/11/25)

40代会社員に聞く「45歳定年制」の印象 早期退職を検討するきっかけは?
ソーシャルレンディング事業を手掛けるLENDEXが、全国の40代会社員を対象に「45歳定年制」に関する調査を実施した。(2021/11/25)

退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング」 3位「A.T.カーニー」、2位「グーグル」、1位は?
オープンワークは2018年1月〜21年10月の間に集まった4691社15万3302件のクチコミを元に、ランキングを作成した。(2021/11/19)

500人超の会社員に聞いた:
「退職代行サービス」を使ってみたい? 若者と中年では異なる傾向
日本労働調査組合(東京都足立区)は、退職代行サービスの利用状況を調査した。全国の20〜49歳の会社員533人が回答。自分が退職する際、退職代行の利用を検討すると回答した人の割合は?(2021/11/15)

上場企業の「早期・希望退職」募集が70社、1万4500人超 最多は日本たばこ産業の2950人
10月末地点で2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数は72社、1万4505人に達した。(2021/11/16)

「心臓が痛くなる」とIT業界で話題 トラブル対応に追われるエンジニアの漫画「100日後に退職する47歳」 作者に話を聞いた
炎上するプロジェクトで火消しに追われる主人公を描き、IT業界関係者から反響を集めました。(2021/11/8)

「定年延長のリアル」:
もう悩まない「定年延長」 賃金、退職金、組織の若返りをどうするか【まとめ読み】
高年齢者雇用安定法の改正により、企業は定年延長の検討を迫られている。その際、雇用形態や賃金改定、退職金制度、組織の高齢化についてはどう考えるべきなのか──。定年延長に悩める企業必読の記事をまとめて紹介します。(2021/10/26)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【後編】
「自己修復システム」でIT人員の負担軽減 導入の成否を決める“3つのステップ”とは?
IT人員の退職が続くことで人手不足が深刻化する。この企業の悩みを解消するのは「自己修復システム」だ。導入を成功させるこつは。(2021/10/26)

約9000社に調査:
大企業の約2割が「早期退職」制度を導入または検討、対象年齢は
東京商工リサーチの調査によると、上場企業を含む大企業の約2割が今後の検討を含め「早期退職・セカンドキャリア」制度を「導入する」と回答した。全体では約9割が「導入しておらず、今後も検討予定はない」としている。(2021/10/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
パナソニックの優秀人材流出、早期退職制度は人材の“焼畑農業”だ
パナソニックは10月1日、9月末で1000人以上の従業員が早期退職制度を利用して退職したことを発表した。“特別キャリアデザイン”というキレイな名称も、結局は対象の社員に「給与を下げるか、お金をもらって辞めるか」という選択を強いているものに過ぎない。この制度で、活躍が期待されていた優秀人材まで退職してしまったという寓話のような顛末となっていることも気がかりだ。(2021/10/8)

「疲れ果て退職したOLが福島で癒やされる漫画」が読者も癒やされる 「福島行きたくなった」「円盤餃子食べたい」
そろそろ旅行にも行けそうですし。(2021/10/3)

単語記憶テストで判明:
インターネットは健康に良い、退職後の利用が認知機能の維持に効果的
ランカスター大学マネジメントスクールなどの研究チームは、欧州各国の退職者2000人以上の認知機能を調査し、退職後のインターネット利用が、認知機能テストでの高得点と関連していることを発見した。(2021/9/29)

経験者500人に聞く“円満退職のコツ” 最も多かった回答は? 
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、転職経験のある男女500人を対象に実施した「円満退職についてのアンケート」の結果を発表した。(2021/9/29)

令和の「採用論」:
「退職者は裏切り者」と考える企業が、採用にもつまづくワケ
優秀な人材に選ばれる企業であり続けるため、企業はどう変わっていくべきなのだろうか? ワンキャリアの寺口さんは、「情報をオープンにすべき」と話す。その理由とは?(2021/9/14)

EC売り上げ、700%UPの企業も:
全員退職、数億円の借金──どん底で生まれた“接客DX”アプリ「STAFF START」は何がすごいのか
スタッフのECやSNSなどへの投稿をきっかけに、どれだけ商品が購入されたかを可視化するサービス「STAFF START」。導入企業の中には、店舗スタッフたちの活躍でEC売り上げが700%アップした例や、一人で月間9000万円以上を売り上げたスタッフもいるという。アパレル業界の期待を背負うSTAFF STARTだが、開発までの道のりは決して平たんではなかった──。(2021/9/13)

最も早く辞めた職場の退職理由 「賃金」や「仕事内容」を抑え1位となったのは?
総合求人サイト「イーアイデム」を運営するアイデムが、仕事探しに関する調査を実施した。(2021/9/3)

就業年齢の上昇は7割が「歓迎」:
シニア世代が「早期退職してもよい」と思える割増金額は?
サイボウズチームワーク総研は、55歳以上のビジネスパーソン約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を実施。シニア世代が「辞めてもよい」と思える早期退職割増金額や職場でのコミュニケーション状況などが明らかになった。(2021/9/2)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(2):
リーマンショックに翻弄され、エンジニア派遣会社へ
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第2回は、リーマンショックを契機に大手メーカーを退職した後、派遣エンジニアとしてVSNに就職したいきさつを紹介する。(2021/9/1)

活気づく労働者市場
退職をやめたらスポーツカーや「MacBook Air」を支給 激化する人材引き留め策
米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。(2021/8/31)

会社に「何でもいいから出して」と言われてデザイナーが作った退職届がカオス 「花火セット」「パチンコの激アツ演出」
人事はどんな顔で受け取ればいいんだ。(2021/8/19)

働き方の「今」を知る:
「ツイートを理由に退職処分」は適切だった? ホビージャパン問題から考える、社員の不適切SNS問題
転売を肯定するツイートが炎上した社員を退職処分としたホビージャパン。果たしてその処分は適切だったのか。また、社員のSNSを、企業はどのように管理すればよいのか。(2021/8/18)

社労士が解説:
退職勧奨で決めるべきこと 誰を対象にするのか、対象にしてはいけないのか
退職勧奨とは、会社が雇用する従業員に退職するよう促すことをいいます。退職勧奨を行う上で、あらかじめ決めておくべきことを解説します。(2021/8/16)

多様化する社員の職業観:
大和ハウス、早期退職制度の対象年齢を45歳に拡大 年齢構成の不均衡を是正
大和ハウス工業は早期退職制度の対象者を拡充する。対象年齢を49歳から45歳とした。その理由は?(2021/8/12)

「退職届を写経しました」→達筆ツイッタラー「私も写経しました」→本物の住職「読んでみました」 ネットの連鎖に「心が浄化される」「私も写経しちゃおう」
いつでも心に退職届を……。(2021/8/8)

自動車業界の1週間を振り返る:
先行き不透明でも手を打つ、バッテリー工場新設に希望退職、NSX生産終了
さて、今週で日系乗用車メーカーの2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の決算が出そろいました。各社とも、前年同期の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響から回復しており、増収増益です。(2021/8/7)

会社で過ごした“パッとしない10年” 退職の日にかけられた言葉がじわりと染みる漫画
作者は兄との日常を描く、もろこしさん。(2021/7/31)

中堅・中小製造業のDX:
PR:IT人材不足の中堅・中小製造業にDXは可能か 天野氏が問いかける「かっこいい製造業」への道筋
ベテランの大量退職時代まであと数年しか猶予がない中で、日本の経済を支える中堅・中小の製造業には何ができるだろうか。自ら製造業の経営者として活動するTeam Cross FA天野眞也氏から、中堅・中小の製造業が「現実的な形」でDXを進める際に必要な3つの視点を聞いた。(2021/7/27)

SNSでプラモ転売容認のホビー雑誌編集者、退職処分に 上司3人も降格 ホビージャパンが発表
自身のTwitterアカウントでプラモデルなどの買い占めや転売を容認する発言を行ったとして、ホビージャパンが雑誌「月刊ホビージャパン」の編集者を退職処分にしたと発表した。常務取締役など、監督者3人を降格させたことも明らかにした。(2021/7/26)

チェックリスト:
希望退職を募集して、応募者が「やっぱり辞めません!」と言ったら、どうする?
希望退職実施に当たって、どんなことを決めておくべきでしょうか。今回は、退職者への優遇措置員〜応募人員が少なかった場合の対応、再募集の有無までを解説します。(2021/7/14)

「アルムナイ」を活用せよ:
「退職者ネットワーク」は人材不足のIT企業を救うのか? TISの取り組みは
企業の離職者やOB・OGの集まりを指す言葉「アルムナイ(alumni)」。海外ではアルムナイを貴重な人材として捉える意識が浸透しているという。日本ではまだ聞きなれない言葉だが、大手システムインテグレーターのTISでは、「アルムナイネットワーク」を作り、退職した人たちとつながりを持ち続ける取り組みを行っているという。話を聞いた。(2021/7/12)

退職する運転士へ送る、フランス国鉄の派手すぎるサプライズに「オイ、これマジか……」と目が点
湿っぽいのは嫌ですから、らしいです。(2021/7/10)

50代、クレカへ不安 定年退職後に解約の声、収入減の影響懸念
定年退職や老後を目前に控えた50代、キャッシュレスが進む昨今ではクレジットカードの見直しやステータスカードを意識する人も多い。全国50代のクレジットカード保有者を対象に意識調査を実施したところ、3割以上が定年退職後のクレジットカードの見直しを検討していることが分かった。(2021/7/9)

年代別の傾向も分析:
職場の「人間関係」に悩む人は3割 退職の検討は?
職場の人間関係にストレスや悩みを感じている人はどの程度いるのか。日本労働調査組合(東京都足立区)がアンケート調査を実施した結果は?(2021/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。