ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TechCrunch」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TechCrunch」に関する情報が集まったページです。

Payments Dive:
Metaの決済事業、2024年に実を結ぶか……アナリストの見解は?
みずほ証券のアナリストは、2024年3月20日の週の報告で「MetaとAmazonとの提携は、ソーシャルメディアを取引プラットフォームに変える転換点になるかもしれない」と述べている。(2024/5/14)

デルで情報漏えいか 海外では4900万件流出との報道も 【ユーザーに届いたメール全文掲載】
デル・テクノロジーズは、顧客情報が漏えいした可能性があるとユーザーに告知した。同社がユーザーに送ったメールで分かった。氏名、住所、製品の注文情報について、外部からアクセスされた可能性があるという。(2024/5/10)

AT&T、約7300万人分の個人データ流出を確認 社会保障番号が含まれるものもあり
米通信キャリア大手のAT&Tは、約7300万人分の顧客および元顧客のデータがダークWeb上で公開されていることを認めた。このうち760万人の現在の顧客のパスコードをリセットし、顧客に連絡した。(2024/4/1)

Appleを米司法省がiPhoneでの市場独占で提訴 Appleは「積極的に抗弁する」
米司法省は16州とコロンビア特別区とともに、Appleを独禁法違反で提訴した。顧客をiPhoneに依存させ、競合する端末に乗り換える可能性を低くすることを目的とした行為が違法だとしている。(2024/3/22)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【後編】
短期間で二度もランサムウェア攻撃を受けた医療機器メーカー その“悲しい”理由
米国で2023年11月に発生したランサムウェア被害の4事例を紹介する。大手医療機器メーカーが立て続けにランサムウェア攻撃を受けたのはなぜだったのか。(2024/3/8)

Instagram、若いユーザーに「夜も遅いから寝たら?」表示へ
Metaは、Instagramの十代のユーザーが深夜にリールやDMを使っていると、寝るよう促す画面を表示すると発表した。無視して使い続けることはできるが、表示を無効にすることはできない。(2024/1/19)

Androidで「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、送受信不能に
12月4日にGoogle Playストアで公開されたばかりのAndroidから「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」で、8日から送受信できなくなっている。開発元のCEOはAppleから遮断されたのかという問に「データはそう示している」と答えた。(2023/12/9)

23andMe、690万人のDNAデータを含む個人情報が盗まれたと認める
米遺伝子検査企業の23andMeは、10月に報告した顧客情報漏えいの規模が、当初発表した1万4000人ではなく690万人だったことを認めた。顧客には2要素認証の採用を求めている。(2023/12/5)

事例で学ぶAIガバナンス:
「責任あるAI」チームを再編した米Meta ビッグテックですら手探り、AI倫理に“最適解”はあるのか
米Metaは「レスポンシブルAI」(責任あるAI)チームの再編を発表した。AIの開発や運用、利用が倫理的に行われているか運用していくチームに当たるが、なぜMetaはその再編を行うに至ったのだろうか。(2023/12/5)

Social Media Today:
AmazonとMetaが提携 「Instagramでモノが買える」よりもっと重要なポイントとは?
MetaとAmazonが提携。これにより、Amazonの販売業者はFacebookやIGのユーザーとつながることができるようになる。(2023/11/14)

Social Media Today:
X(旧Twitter)がステマ助長? 米FTCににらまれたら、どうするマスク氏
Xに掲載される広告に幾つかの不具合が生じている。この事態はFTCから警告を受ける可能性がある。(2023/9/27)

Social Media Today:
Threadsに漂う出オチ感、それでも消えないTwitter(現X)からの移行先としての期待
Twitter対抗アプリ「Threads」の会員数は最速で1億人を突破した後、その伸びが急激に鈍化していると報じられている。Threadsはこのまま衰退してしまうのか。それとも……。(2023/7/28)

新SNS「Threads」、サービス開始2時間で200万人突破 ザッカーバーグ氏「10億人超目指す」
すごいペース。(2023/7/6)

Twitter、家賃滞納で退去を命じられる Google Cloud、AWSへの未払いに続き
Twitterが家賃滞納によりオフィスの退去を求められていると、現地メディアが報じている。報道によると同社は、米国コロラド州にあるオフィスにおいて3月以降の家賃を支払っていないという。(2023/6/15)

GitHub「完全テレワーク計画」の余波【前編】
GitHubが「出社なしの完全テレワーク」実現へ ただし人員「1割削減」の裏事情
人員1割の削減と、完全テレワークへの移行を明らかにしたGitHub。同社が経営に大なたを振るう目的は何なのか。米国IT業界を揺るがす“人員削減の嵐”との関係は。(2023/4/21)

Spotify、昨年買収した音楽クイズHeardleを終了へ
Spotifyは、昨年7月に買収した音楽クイズ「Heardle」の提供を5月5日に終了する。グローバル展開するとしていたが、日本に来る前に終わる。「音楽を発見するための他の機能に注力する」ためとしている。(2023/4/15)

Google、金融アプリによる個人の写真や連絡先データへのアクセスを禁止へ
Googleは金融関連アプリのポリシーを更新した。5月31日からは、関連アプリによるユーザーの連絡先と写真へのアクセスを禁止する。負債者への脅しに悪用されるおそれがあるためとみられる。(2023/4/7)

Payments Dive:
シリコンバレーバンクの危機で分かったペイメント系スタートアップの明暗
スタートアップが頼りにしていた金融機関の破たんはペイメント系スタートアップ企業の経営にも大きな影を落とした。一方でこれを商機と見る企業もある。(2023/4/4)

LinkedIn、OpenAIのGPT採用の自動生成機能追加 プロフィールと求人投稿で
OpenAIに出資するMicrosoft傘下のLinkedInは、ユーザー向けの2つの生成系AIツールを発表した。個人のプロフィールと求人投稿の作成を支援する。年内に世界の有料ユーザーが利用可能になる見込みだ。(2023/3/16)

米国防総省のメール3TBが設定ミスで誰でも閲覧できる状態に TechCrunch報道
米国防総省がメールサーバを誤ってインターネット上に公開し、約3TBのメールデータが外部から閲覧可能になっていたと米TechCrunchが報じた。サーバにパスワードが設定されておらず、IPアドレスを知っていれば誰でもアクセスできる状態だったという。(2023/2/24)

次世代LLM採用の「新しいBing」でチャットbotと話してみた
Microsoftが発表した新LLM「プロメテウス」採用の「新しいBing」を試してみた。日本語でチャットbotと会話できる。ChatGPTと異なり、最新の情報にも対応している。(2023/2/10)

Social Media Today:
AIネット論客が爆誕? メタバースも作れる? コンテンツ自動生成ツールの可能性
コンテンツ制作の領域におけるAI(人工知能)活用が進んでいる。自動ツイートや3Dモデル制作さえ可能になりつつあるようだ。(2023/1/30)

MicrosoftとGoogleの大規模リストラで影響を受ける部門は?
MicrosoftとGoogleが1月に発表した大規模リストラ。対象部門は公表されていないが、対象となった従業員のSNSなどから明らかになってきている。(2023/1/23)

Payments Dive:
マスク氏が狙うTwitterの決済プラットフォーム化「成功するに決まっている」派の言い分
マスク氏はTwitterを決済サービス基盤にする考えを持つ。大半の業界人が屍累々の事業計画だと警告する一方で、「成功の可能性が高い」とみるアナリストも存在する。勝ち筋を聞くと、確かに不可能ではなさそうだ。(2022/11/24)

自動運転新興企業Argo AI、終了
2017年にGoogle(Waymo)とUber出身のエンジニアが立ち上げた自動運転技術企業Argo AIが企業として終了する。従業員の多くは主要株主のFordとVolkswagenが雇用する。(2022/10/27)

Google、中国本土でのGoogle翻訳サービス停止
Googleは、中国本土での「Google翻訳」サービスの提供を停止した。同社は米メディアに対し、「使用率が低いため」と説明した。(2022/10/4)

「GoogleWalkout」で退社したウィテカー氏、Signalのプレジデントに」
Googleの元AI関連幹部のメレディス・ウィテカー氏がE2EEメッセージングアプリ「Signal」のプレジデントに就任する。同氏はAI誤用とハラスメントに抗議し、2019年にGoogleを退社した。Signalは非営利で、有志やユーザーの寄付で成り立っている。(2022/9/7)

DoorDashもTwilioと同じフィッシング攻撃の被害 ユーザーのメアドや電話番号にアクセス
フードデリバリー大手のDoorDashの顧客と配達員の個人データに不正アクセスがあった。サードパティベンダーがフィッシング攻撃を受けた影響としている。影響を受けた個人には直接連絡している。(2022/8/27)

GoogleのIoT管理クラウドが終了へ 猶予は1年、ユーザーからは困惑の声も
米Googleが、2023年8月16日にIoT管理クラウド「Google Cloud IoT Core」を終了する。ユーザーからは「仕事のプロジェクトで重要だったのに」などと困惑の声も出ている。(2022/8/19)

E2EEメッセージのSignal、Twilioへのフィッシング攻撃でユーザー約1900人に影響
E2EEメッセージングアプリ「Signal」がTwilioへのフィッシング攻撃の影響を受けたと発表した。Twilioの番号認証サービスを利用しているため。約1900人のユーザーの電話番号とSMS確認コードが攻撃者の手に渡ったが、全員に通知済みだ。(2022/8/17)

Innovative Tech:
「予測されやすいパスワード」有名サイト75%で許可 米プリンストン大が警鐘
米プリンストン大学の研究チームは、Webサイトで新しくパスワードを設定する際にユーザーが保護される仕様になっているかを調査し考察した論文を発表した。世界で最も人気のある英語圏のWebサイト120のパスワードポリシーを調査した。(2022/6/28)

Google、iPhoneにスパイウェアをインストールさせるイタリア企業の手口を解説
Googleは、iPhoneとAndroidにスパイウェアをインストールさせる伊企業の手口を解説した。ISPに協力させる手の込んだ方法だ。被害者には既に通知済み。(2022/6/24)

iPadOS 16の目玉「ステージマネージャ」がM1限定な理由 Apple上級副社長が説明
Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が、iPadOS 16のステージマネージャについて説明した。(2022/6/16)

ビル・ゲイツ氏、「NFTは大馬鹿理論に基づいている」
世界長者番付4位のビル・ゲイツ氏は、NFTはGreater fool theoryに基づいていると語った。形あるものを生産する組織に投資することを好み、暗号通貨やNFTには関心がないという。「サルの高価なデジタル画像は世界を大きく発展させるだろうが」とも。(2022/6/16)

言論サイト「BLOGOS」、サービス終了→過去記事削除 「cakes」「SlowNews」などに続き
LINE社が提供する言論サイト「BLOGOS」(ブロゴス)が、サービスを終了した。オリジナル記事など一部コンテンツはアーカイブとして残るものの、多くの過去記事は削除され、閲覧できないようになった。(2022/5/31)

「cakes」閉鎖後に記事はどうなる? noteに聞いた
noteが展開する有料オンラインマガジン「cakes」のサービス終了が5月25日に発表された。7月31日にサイトの更新を終了し、8月31日をもってサイトを閉鎖する。その後は、すべての記事が閲覧できなくなるとしている。(2022/5/26)

Engadget日本版はなぜ終わったのか、最後の編集長・矢崎飛鳥氏に聞く(第3回) 編集スタッフの「次のフェーズ」はどうなるのか
Engadget日本版最後の編集長・矢崎飛鳥さんと西田宗千佳さんとの対談も、これが最終回。今回はサイトクローズのその後について聞いてます。矢崎さんの行った先は……。(2022/5/24)

Engadget日本版はなぜ終わったのか、最後の編集長・矢崎飛鳥氏に聞く(第2回) 終わりは突然やってきた
Engadget日本版最後の編集長となった矢崎飛鳥さんと、西田宗千佳さんの対談。第2回目の今回はクローズを言い渡された当時の状況。(2022/5/23)

Engadget日本版はなぜ終わったのか、最後の編集長・矢崎飛鳥氏に聞く(第1回) 「矢崎Engadget」はいかにして生まれたのか
Engadget日本版最後の編集長となった矢崎飛鳥さんと西田宗千佳さんとの対談を3回に分けてお届けする。今回はその第1回、(2022/5/18)

Spotify Stations、5月16日に終了
Spotifyは、2018年にオーストラリアでテスト公開したアプリ「Spotify Stations」を5月16日に終了する。ユーザーが作成したステーションはメインアプリに移行できるが、新たにカスタマイズすることはできなくなった。(2022/5/7)

「Web上に記事が残らない」ことは何が問題なのか
Engadget日本版の記事が4月末に全て削除されてしまうことで、Webから記事が消えてしまう問題が大きく取り上げられた。西田宗千佳さんがこのテーマについてまとめた。(2022/4/28)

エンガジェット日本版後継は「テクノコア」 Ittousai編集長で6月立ち上げへ
エンガジェット日本版は4月末で消えるが、6月には後継新媒体が立ち上がる。(2022/4/21)

別れの季節、到来 「サンライズ」「潤羽るしあ」「auの3G」今日で最後を迎えるものたち
令和3年度をもって別れを迎えるものたちがいる。ITmedia NEWSで取り上げた記事の中から、5つ紹介する。(2022/3/31)

エンガジェット日本版、最終日の編集部からYouTubeライブ あす午後8時から
3月31日を最後に記事の更新を終える「エンガジェット日本版」の編集部が、同日午後8時から、編集スタッフ全員が出演する生放送を配信する。配信では日本版の立ち上げに携わったIttousai氏が、最後の記事をリアルタイムで執筆する。(2022/3/30)

イノベーションは日本を救うのか(39)番外編:
シリコンバレーの“光と影”
巨大テック企業や、有望なスタートアップがひしめくシリコンバレー。米国の富の源として強烈な“光”を放ってきたシリコンバレーだが、近年はそれらが生み出す深刻な”影”の部分も明らかになってきた。(2022/3/14)

Instagram、「IGTV」より前に単体アプリ2本をひっそり終了していた
Meta(旧Facebook)傘下のInstagramが、2本の単体アプリを終了していた。2014年リリースの「Hyperlapse」と2015年リリースの「Boomerang」。同社は2月末に、単体アプリ「IGTV」の終了は発表した。(2022/3/8)

Instagramの「1日の時間制限」設定、15分は選択不能に
Meta(旧Facebook)のSNS、Instagramのウェルビーイング機能がひっそり変更され、利用時間の制限設定の最短時間が30分になった。リマインダーも、これまで5分おきの設定が可能だったが最短が10分おきに変わった。(2022/2/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
エンガジェット、TechCrunch日本版の終了を惜しむ 海外メディアの運営って結構大変という話
エンガジェット日本版、TechCrunch Japanが5月1日で閉鎖すると運営元のBoundlessが発表した。海外媒体の日本版を維持する難しさをMacUserの元編集長である松尾氏が語る。(2022/2/16)

5月にサイト閉鎖、約15年の歴史に幕:
「TECHCRUNCH JAPAN」「エンガジェット日本版」、3月末で終了へ 「米国本社のグローバル戦略に伴う決定」
インターネットメディア事業などを手掛けるBoundlessはニュースサイト「TECHCRUNCH JAPAN」「エンガジェット日本版」の更新を3月末で終了すると発表した。サイト自体も5月1日に閉鎖し、同月2日以降は米国サイトに自動的にアクセスするようになる。(2022/2/15)

「エンガジェット日本版」「TechCrunch Japan」終了へ 5月1日で閉鎖
テックメディア「エンガジェット日本版」と「TechCrunch Japan」が5月1日に閉鎖すると運営元のBoudless(旧Verizon Media Japan)が発表した。(2022/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。