ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3D対応PC」最新記事一覧

関連キーワード

2012年PC夏モデル:
REGZA/AV連携強化、すべて第3世代Core i7搭載──東芝「dynabook」、夏の新モデル
東芝がPC夏商戦向け新モデルを発表。地デジ液晶一体型の「REGZA PC」、AVノート「Qosmio」、スタンダードノート「dynabook」の各シリーズを“Ivy Bridge”世代の新CPUに刷新した。5月25日より順次発売する。(第2弾追加)(2012/5/18)

週末アキバ特価リポート:
残り物の福を狙え!――GeForce GTX 580の値下げが加速
セール品として店頭に並び、お得状態のまま気づかれずにたたずんでいるアイテムや、世代交代で底値となっているGeForce GTX 580搭載カードをチェック!!(2012/3/24)

“全部入り”PCの最前線:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(前編)――PS3もBRAVIAもつながる3D機能とは?
「とりあえず、一番いいのを頼む」という人は「VAIO L」のハイエンドモデルはどうだろう? これ1台で強力なテレビ&レコーダー機能、タッチ操作、そして高品位な3D立体視までカバーできる。(2011/6/29)

2つのテレビ機能+新感覚のタッチ操作が楽しい:
新型「VAIO L」徹底検証――“テレパソ”の弱点を克服した24型ボードPC
PC、テレビ、レコーダーを1台で実現できる“テレパソ”は機能が豊富な半面、各機能が中途半端になりがちだ。ソニーの新型「VAIO L」は、この問題に正面から挑んできた。(2011/4/19)

性能もキラリと光るか?:
新型「VAIO C」徹底検証(後編)――新素材の蛍光ノートをじっくりテストする
集光材によって“電源なしで光る”ボディを実現した新型「VAIO C」。その斬新かつ目立ちまくる外観に、性能面はついていっているのか、各種テストで実力に迫った。(2011/4/6)

節電しながら目立てます:
新型「VAIO C」徹底検証(前編)――“電気なしでボディが光る”個性派ノート
電源いらずでボディを光らせるという、一風変わったノートPCがソニーから登場した。この新型「VAIO C」なら、無駄な電気を使わず、電飾のような光彩感が楽しめる。(2011/4/5)

4倍速フルHD液晶+3D立体視+第2世代Core i7+外部GPU:
「VAIO F(3D)」徹底検証(後編)――3DノートPCの本命か?
3D立体視の品質にこだわり抜いたVAIO F(3D)は、それを支えるパフォーマンス面にも力が入っている。レビュー後編は、PCとしての実力を各種テストでチェックしよう。(2011/3/24)

2DのBlu-rayも地デジも3D変換:
「VAIO F(3D)」徹底検証(前編)――さすがに“4倍速フルHDの3D映像”は格が違った
「PCの3D立体視はイマイチ……」と思っている人は少なくないかもしれない。しかし、VAIO初の3D立体視対応モデルには、その不名誉な印象を覆すだけの実力が確かにある。(2011/3/23)

2011年PC春モデル:
ソニー初の3Dノートは4倍速駆動で高画質化――「VAIO F」
VAIO初の3D立体視対応モデルが、AVノートPC「VAIO F」シリーズから登場した。240Hzの4倍速駆動で立体視の高画質化を図り、フルHD映像の2D/3D変換機能も備える。(2011/3/8)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――3D立体視、新モバイル、集光ボディ、新テレパソ
ソニーは「VAIO」の2011年春モデル第2弾を3月19日より順次発売する。3機種のノートPCと1機種の液晶一体型PCを用意し、いずれもボディとアーキテクチャを一新した。(2011/3/8)

2011年PC春モデル:
富士通が「FMV」春モデルを発表――グラスレス3D、Sandy Bridge、AMD Fusion APUなど大幅強化
富士通は個人向けPCの2011年春モデルを1月20日より順次発売する。グラスレスでの3D立体視に対応したモデルを投入するほか、新CPUや新デザインを積極採用した。(2011/1/12)

2011 International CES:
東芝、CESで大型「グラスレス3Dレグザ」やネットテレビを展示
東芝が「2011 International CES」のブース概要を発表した。専用メガネなしで3D映像が視聴できる「グラスレス3Dレグザ」や「NET TV」を参考展示。(2011/1/5)

こんな液晶一体型PCは見たことない:
3D立体視×3波ダブル録画×ナノイー搭載だと!?――「FMV ESPRIMO FH900/5BM」を試す
国内メーカーのオールインワンPCといえば、てんこ盛りの機能が特徴だが、「FMV-ESPRIMO FH900/5BM」は一味違う。ボディの後ろに何かが付いてるのだが……。(2010/12/16)

これなら3Dを導入していいかも?:
“3つの3D体験”がノートPCにもやってきた――「FMV LIFEBOOK AH570/5BM」検証
PC USERで人気のノートPCといえば、モバイル機だが、世間での売れ筋は15型前後の据え置き機だ。では、3D立体視に対応した富士通の主力ノートを見てみようではないか。(2010/12/2)

FPD International 2010:
どこから見ても裸眼で3D立体視が可能なノートPCが登場する?
フラットパネルディスプレイの技術展示会「FPD International 2010」の注目は、3D対応テレビや次世代電子ペーパーだが、ここではPC向けで少し気になった展示を紹介していこう。(2010/11/11)

ASUS、ノートPC「G51Jx 3D」など3モデルの価格を改定
ASUSTeKは、ノートPC「G51Jx 3D」「U30Jc」「UL20FT」の価格改定を発表した。(2010/10/29)

立体視に最適なゲームは?:
3D Vision対応の「G-Tune」でいろいろなゲームを試してみた
マウスコンピューターの「3D for GAMER」ロゴ取得モデルで、FPSやRTSなどさまざまなゲームを試してみた。3D立体視に最適なゲームはなんだろう?(2010/10/28)

CEATEC JAPAN 2010:
「グラスレス3D dynabook」&「3D VAIO」、2011年登場か
CEATEC会場では、東芝の裸眼3D対応“グラスレス3Dレグザ”が人気。PCも複数の方式で3D表示を実現するモデルがいくつか登場したが、「グラスレス3D dynabook(?)」も開発中だという。(2010/10/6)

「地デジ」「3D立体視」、そして「ナノイー」:
「テレビよりワクワク」──富士通のFMV説明会
富士通は、9月29日に2010年PC秋冬モデルを発表した。その新製品を紹介する説明会を行い、新モデルの注力ポイントをアピールした。(2010/9/29)

見えるぞ!わたしにも見える!!:
富士通の「FMV ESPRIMO FH550/3AM」で身近なアレやコレを3D化した
手軽に3D立体視を楽しめる液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH550/3AM」なら、2基のWebカメラを内蔵して3D映像を簡単に作成できる。この手軽さはクセになる!?(2010/9/7)

けいおん!にウルトラマン80も飛び出す、だと!?:
富士通の「FMV ESPRIMO FH550/3AM」で2D→3Dのリアルタイム変換を満喫した
富士通が投入した3D立体視対応モデルが「FMV ESPRIMO FH550/3AM」だ。早速、リアルタイム2D→3D変換に適したジャンルを試したところ……。(2010/9/3)

「FinePix Real 3D W3」で3D自炊
テレビにパソコンと対応機器は増えたがコンテンツがなかなか増えない3D。ならば自分で撮影して、まずは3Dパソコンで楽しんでみましょうというお話。(2010/9/3)

HP、3DノートPC「ENVY 17 3D」を発表
ENVY 17 3D」は17.3インチディスプレイを搭載し、アクティブシャッターグラス方式で3D映像を表示する。(2010/9/1)

元麻布春男のWatchTower:
今そこにある「dynabook TX/98MBL」の3D立体視を試す
コンシューマー市場に投入され始めた3D立体視機能対応ノートPC。国内大手PCメーカーでは初となる、NVIDIA 3D Vision対応の「dynabook TX/98MBL」を試した。(2010/8/17)

エプソンダイレクト、ASUS製ゲーミングノート「G51Jx 3D」の取り扱いを開始
エプソンダイレクトは、同社直販にてASUS製ゲーミングノートPC「G51Jx 3D」の取り扱いを開始する。(2010/7/20)

IONはどうなる。Tegraはどうなる:
「PowerDVD 10 MarkII」で普通のユーザーに訴求する3D Vision
「NVIDIA 3D Vision」は、Blu-ray 3Dの対応に続いて、立体視変換性能が向上。その実力と「ION」「Tegra」対応の可能性をNVIDIA幹部に聞いた。(2010/7/16)

「PCで3Dをより身近に」――イーフロンティアが3D体験イベント
イーフロンティアが3D体験イベントを実施。NVIDIA 3D Visionを使ったシステムを紹介しながら、3Dを楽しめる環境が整いつつある状況をアピールした。(2010/7/5)

イーフロンティア、パソコンの3Dコンテンツを紹介する体験イベントを実施
イーフロンティアは、3D体験イベント「3Dコンテンツショー 〜NVIDIAR 3D VISIONによるパソコンの3D〜」を7月3日、4日に開催する。(2010/6/30)

MSI、COMPUTEX TAIPEI 2010の展示ブースを日本で再現
MSIが、6月26日に秋葉原で「お客様大感謝祭」を行った。会場には「3DMark 11」のデモや、立体視対応PCの体感コーナー、日本初公開のPCパーツが並んだ。(2010/6/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
拡張現実も立体視もオーバークロックも詰め込んだ!――「Intel in Akiba 2010 Summer」
先々週の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」に続き、先週末は「Intel in Akiba 2010 Summer」が開かれた。自作上級者向けの技術解説から誰でもワクワクできる最新トレンドまで、幅広い内容で来場者を楽しませた。(2010/6/21)

アキバでぶらり3D:
マウスコンピューターの秋葉原ダイレクトショップで“3D”を体験
秋葉原に店舗を構えるマウスコンピューターの直営店「秋葉原ダイレクトショップ」が5月末から3D対応PCの体験ブースを常設している。同社マーケティング統括部の杉澤竜也氏にその狙いを聞いた。(2010/6/18)

Lenovo、3DノートPC「IdeaPad Y560d」を発表
Lenovo初の3DノートPCは、2Dの動画や写真を3Dに変換することもできる。(2010/6/18)

立ち上がる3D市場 テレビが起爆剤に
3D市場が立ち上がり始めた。テレビ、PC、デジカメなど対応機器も増えている。3D市場拡大のカギはテレビが握っていると、BCNのアナリストは指摘する。(2010/6/10)

2010年PC夏モデル:
東芝がBlu-ray 3Dも再生できる3D Vision対応ノートPCを投入――「dynabook TX」
東芝のメインストリームを担う「dynabook TX」シリーズに、同社初となるNVIDIA 3D Vision対応モデルが投入される。発売は7月下旬の予定だ。(2010/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
デバイスマネージャーでチェックする「次世代 Eee PC」
Eee PadやEee Tabletに注目が集まりがちなCOMPUTEX TAIPEI 2010のASUSノートPC。しかし、主力のEee PCラインアップも着実に進化しているようだ。(2010/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
最初はやっぱり笑顔ですか――「COMPUTEX TAIPEI 2010」開幕
2010年6月1日にアジア最大のICT展示会「COMPUTEX TAIPEI 2010が開幕した。スタートダッシュで激写したのは……えーと、すみません。これも仕事なのです。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
NVIDIA、「3D PC」の定義を発表――ASUS、東芝、Microsoftらと提携
3Dメガネ、GPU、120Hz駆動の液晶ディスプレイを備えた「3D PC」の価格は約1500ドルから。DVDやゲームのほか、MicrosoftのSilverlightによって3D動画ストリーミングも視聴できる。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIがタブレットPC「Wind Pad」やコンセプトモデル「Sketch Book」などを公開
COMPUTEX TAIPEI 2010は6月1日から始まる、が、前日から多数の事前発表会が行われた。MSIは、タブレットPCや立体視PCのほか、ユニークなコンセプトも披露した。(2010/6/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
「今は3Dが熱いです!」――アキバで見られるデモ事情
PCパーツショップの店頭には、RadeonとGeForceを同居させた難易度の高いマシンや、12コアのCPUを搭載した豪勢なマシンが当然のように並んでいる。その中で今、最も注目度が高いのは立体視対応のデモ機だ。(2010/5/31)

Acerの野望 2010 in 北京:
家庭内コンテンツをいつでもどこでも同じ操作感で――Acerが「clear.fi」を発表
Acerのプレスカンファレンスで話題の核となったのは、新たなホームネットワーク構想「clear.fi」だ。デバイス間の差異を吸収する統一されたUIを使い、ホームネットワーク上に分散するデジタルコンテンツをどのデバイスからでも利用できるようになる。(2010/5/28)

2010年PC夏モデル:
NEC、3D対応PCを発表──「VALUESTAR N 3D対応モデル」6月下旬発売
NECが3D表示対応のデスクトップPCを発表。3D表示は“偏光板方式”を採用し、Blu-ray 3Dタイトルのほか、既存DVDを3D変換して楽しめる。発売は2010年6月下旬、価格は22万円前後。(2010/5/27)

NVIDIA 3D Vision標準対応:
“3D”対応ノートPC「G51Jx 3D」の飛び出し具合を体感する
映画やテレビで“3D”が盛り上がりを見せる中、3D対応のゲーミングノートPC「G51Jx 3D」が登場。さまざまな3Dゲームや映像を立体視できる注目の1台を試した。(2010/5/24)

マウスコンピューター、立体視PC向け「3D-PCロゴプログラム」対応PCを発表
マウスコンピューターは、“NVIDIA 3D Vision”対応のデスクトップPC計3製品を発表した。(2010/5/24)

3D液晶搭載PCも今後投入:
月12万台出荷を目標、「PC需要の回復傾向を追い風に」──NECのPC夏モデル発表会
NECが個人向けの2010年PC夏モデルを発表。「低価格/スタイリッシュPC」や「テレビ機能付きPC」など、ライト層/ファミリー層向けのラインアップを特に拡充した。(2010/4/19)

NEC、“立体視"対応PCを2010年上期中に投入
NECは、4月19日に行った2010年夏モデルの説明会で立体視に対応したPCを参考展示し、2010年上期中にリリース予定であることを明らかにした。(2010/4/19)

ルパァァン!画面から飛び出すなああ!!:
モンキー・パンチも期待する“立体視”ノートPC「G51Jx 3D」登場
ASUSから発表された「G51Jx 3D」はNVIDIA 3D Vision対応の“立体視”ノートPCだ。製品発表会ではモンキー・パンチ氏が立体視普及への期待を語った。(2010/4/15)

ASUS、“3D Vision”対応のハイスペックノート「G51Jx 3D」
ASUSTeKは、NVIDIA 3D Visionを標準でサポートしたCore i7搭載ハイスペックノートPC「G51Jx 3D」を発売する。(2010/4/14)

ASUS、3D表示対応ノートPC「G51Jx 3D」発売
ASUSが3D表示対応ノートPCを日本で発売。NVIDIAの技術と専用眼鏡を使い、既存のゲームソフトで3D表示を楽しめるという。(2010/4/14)

実写の顔が動いて喋る 人間のようなマネキン
(2006/3/24)

自宅PCから世界の天文データを解析――バーチャル天文台構想
テラバイトクラスの膨大な天文データを、世界どこにいても利用できる「バーチャル天文台」や、立体視できるプラネタリウム……国内天文学の取り組みを紹介する。(2004/9/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。