ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BladeSymphony」最新記事一覧

ANA、従量課金PaaSの日立クラウドを採用へ
日立製作所がプライベートクラウドを構築し、多数の業務システムを順次移行させる。(2015/7/14)

BS500×Brocade VDX スイッチ 導入事例:
PR:「BladeSymphony」と「Brocade VCS ファブリック」でサーバ仮想化の効果を最大限に引き出すネットワークを構築
三協立山株式会社はシステム基盤強化のため、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony BS500」と10Gbps DCBスイッチモジュールを採用。さらに、革新的な「Brocade VCSファブリック」を利用することで、従来の2倍以上の帯域を実現。運用性とコスト低減を両立させた。(2014/5/12)

国内金融機関最大規模のVDI環境を構築:
PR:損保ジャパンが「実績と信頼」を評価した日立のノウハウとは?
国内有数の損害保険会社である株式会社損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)は、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模なVDI環境を構築した。導入に際しパートナーとして選定したのは日立製作所(以下、日立)。自社導入・運用事例を始めとする豊富な導入実績を評価してのことだという。(2014/1/28)

グループ1400人のPC環境を全面刷新へ:
PR:将来的な環境変化も見据えてデスクトップ仮想化に挑戦 J-オイルミルズ
BCP強化や運用管理コスト削減などを目的に、デスクトップ仮想化への動きが本格化している。製油業界の代表的メーカーであるJ-オイルミルズは、グループ企業約1400ユーザーのクライアント環境更改に当たり、日立の「デスクトップ仮想化ソリューション」を導入。モビリティの向上や将来のクラウド化も見据えた柔軟なIT環境の構築を実現した。(2013/11/28)

日立のDB製品「HADB」が業界標準ベンチマークで新記録 初の“100テラバイト級”に
日立のデータベース製品「HADB」が、DBシステムのベンチマークテスト「TPC-H」で世界で初めて“100テラバイト級”として認定された。(2013/10/21)

日立、処理性能を高めた「BladeSymphony」「HA8000」新モデルを発売
日立製作所が「BladeSymphony」「HA8000」の新モデルを発表。最新チップの搭載で処理性能を従来比1.3倍に高めたという。(2013/9/19)

仮想化/クラウド時代の解:
PR:垂直統合型プラットフォームは有益な武器となり得るのか?
ミドルウェア導入などの煩雑な作業から解放されることで開発生産性を高めたい――。こうしたニーズからPaaS型のクラウドや垂直統合型プラットフォームに対する企業の関心が日増しに高まっている。そうした中、日立製作所は「ベストオブブリードvs.垂直統合─IT基盤モダナイゼーションの本命は?」と題したセミナーイベントを開催。本稿ではその模様をレポートする。(2013/9/3)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

スループットはHDDの10倍以上:
PR:既存アプリは触りたくない! DB高速化の本丸「Oracle RAC on SSD」を徹底解剖する
データベース性能のボトルネックとなりがちなI/Oとストレージ。ここに焦点を当てて日立製作所が投入したのが「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」だ。本ソリューションのもたらす威力について、日立でPFコンピテンスセンタ長を務める鬼頭昭氏に聞く。(2013/3/18)

資格取得によるスキルの標準化が急務:
PR:運用管理者はシステム運用が複雑化する中、スキル不足にどう対応していくべきか?
仮想化やクラウドの普及でシステムが複雑化する中、運用管理者の人員・スキル不足が深刻化している。この問題を解消するためには、運用の自動化や人員の全体的なスキルアップがキモになる。今回は運用管理者の効率的なスキルアップの一助となる「日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度」を紹介する。(2013/3/1)

導入事例:
群馬銀行が情報系システムを刷新 統合DBを「Oracle BI」で検索可能に
群馬銀行は情報系システムを刷新し、2013年1月に稼働させる。オラクルのBIツールの導入で顧客サービス向上を目指すという。(2012/12/20)

Windows Server 2012対応の新サーバ群を発売 日立製作所
日立はWindows Server 2012に対応した「BladeSymphony」および「HA8000シリーズ」を発表した。(2012/11/21)

導入事例:
肥後銀行、3000人利用の仮想デスクトップシステムを導入
日立製作所が肥後銀行の大規模シンクライアントシステムを刷新した。(2012/10/10)

1台のサーバで複数のハイパーバイザを動作可能に、日立とレッドハットが提供
BladeSymphony上で複数のKVMを実行できるクラウド向けソリューションを日立製作所が開発した。(2012/9/13)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載のサーバブレードを発売
日立製作所がブレードサーバ「BS500」と周辺機器のラインアップを拡充。新たにインテル「Xeon E5-2400ファミリー」を採用したサーバブレード「BS520Aサーバブレード」などを発売する。(2012/6/27)

コープネット事業連合が物流システムをクラウド化
関東・信越の生協が加盟するコープネット事業連合は、日立のシステムを活用して物流システム基盤をプライベートクラウドで構築した。(2012/6/19)

日立がサーバ新製品を多数リリース、仮想化やクラウド、ビッグデータ対応を推進
処理性能やメモリ容量、ストレージ容量を強化したアドバンストサーバ「HA8000シリーズ」の新製品8機種を発売する。(2012/5/29)

日立製作所がサーバ新製品を投入、仮想化やクラウド対応を強化
「BladeSymphony」およびアドバンストサーバに新モデルを追加し、製品ラインアップを強化する。(2012/4/12)

日立、医薬基盤研究所らによる10年間の創薬研究プロジェクトを支援
2002年度からのプロジェクトで実現した「トキシコゲノミクスデータベース」に関わる研究をシステム面から支援した。(2012/3/29)

日立製作所、Xeon E5ファミリー搭載サーバを発売へ
インテル Xeon E5-2600 シリーズを採用したBladeSymphonyおよび「HA8000シリーズ」を発売する。(2012/3/8)

日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA
SAP HANAのパフォーマンスを最大限発揮するための日立の回答
SAPがビッグデータ時代に送り込んだインメモリデータベース「SAP HANA」。これまでのデータベースのパフォーマンスを1万倍高速化するというSAP HANAをアプライアンス提供するために、日立が導き出した回答とは?(2012/1/27)

法政大学、日立のクラウドソリューションで学内クラウド環境を構築
法政大学は7日、学内クラウド環境を実現する新システム基盤「情報システム2011」が本格稼働したことを発表した。サーバやストレージの台数を従来比で約50%削減し、業務処理量に応じたITリソースの動的割り当てが可能になったという。(2011/11/7)

北大、国内最大規模の学術クラウドシステムを日立製作所と共同提供へ
北海道大学情報基盤センターは、国内最大規模の学術クラウドシステム「北海道大学アカデミッククラウド」を構築。11月1日よりサービスを開始すると発表した。(2011/10/31)

北洋銀行、全職員に仮想デスクトップを配備へ
2012年秋から5000台規模の仮想デスクトップを本部および営業店で利用する。(2011/9/26)

ITシステムの共通基盤化に向けて:
PR:“Oracle RAC on Virtage”は基幹系システムをクラウド化する切り札になるか?
「Oracle Real Application Clusters」の稼働環境として、日立のサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」が認定された。メインフレームに由来する信頼性を持つVirtageとOracle RACのコラボレーションは、基幹系システムのクラウド化を後押しすることになるだろうか。(2011/8/1)

ソリューションセンターも開設:
日立の仮想化機構「Virtage」がOracle RACの稼働環境に認定
ハードウェアを論理分割して利用する日立独自の仮想化機構Virtageが、Oracle RACの稼働環境として認定された。(2011/6/13)

北大が採用:
日立、XeonプロセッサE7系搭載のブレードサーバを発表
日立はハイエンドのブレードサーバBS2000にXeonプロセッサE7系を搭載する。同機種は、北海道大学情報基盤センターが採用する予定だ。(2011/5/25)

日立とSAPが協業関係を強化 ソリューション開発拠点を新設
ブレードサーバ「BladeSymphony」にリアルタイム分析製品「SAP HANA」を組み合わせるなど、日立とSAPは製品連携を強化していく。(2011/5/17)

グループウェアSaaS化の実際:
SaaSで始めるコラボレーション――基盤を支えるデータセンターもポイントに
グループウェアの全社展開というニーズがありながらも、さまざまな不安から躊躇している企業がある中、日立はセキュアな協働作業環境を提供するSaaS型グループウェアのサービスを開始している。そのメリットと安全性の裏側を探る。(2011/1/28)

SMB向け業務パッケージ紹介【人事・給与編】:ユーフィット
人事管理と給与業務をオンデマンドで一元処理 SaaS型人事・給与「Quefit ZeeM」
業務パッケージで中小企業が不安を感じるのは、導入から運用までユーザー自身が自己責任の下で行わなければならないこと。しかし、ユーフィットのSaaS型人事・給与サービスなら事情は違ってくる。(2010/7/21)

日立、BladeSymphonyにハイエンドモデルを追加――I/O割り当ての柔軟性を向上
日立はブレードサーバにハイエンドモデルを追加する。専用のI/Oスロット拡張装置を用意し、構成の柔軟性を向上した。「N+1コールドスタンバイ」構成をとる際の構築負荷も軽減する。(2010/7/14)

日立、ブレードサーバにXeon 5600番台モデルを追加
日立はブレードサーバ「BladeSymphony」に最新のインテルプロセッサXeon 5600番台搭載モデルを追加。併せてI/O性能の強化を図った。(2010/3/17)

PR:VMwareやHyper-Vに加え、Virtage――それはクラウドを見据えたサーバ仮想化技術
景気の逆風をむしろ追い風にして普及するサーバ仮想化技術。多くのサーバベンダーがVMwareやHyper-VによるIAサーバの仮想化に取り組む中、高性能/高信頼というメインフレームのDNAを受け継いだサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」を加え、ソリューション展開を図るのが日立製作所(以下、日立)である。(2010/2/15)

特集:仮想環境はここまで管理できる(1):
“業務視点の機能強化”で、仮想環境の運用を効率化──日立製作所
仮想化環境ではシステム利活用の自由度が増大するだけに、運用管理やガバナンスの巧拙の影響が大きく出る。それを受けて、運用管理ツールベンダも製品強化に力を入れている。本特集では各ベンダ製品の強化内容を具体的にリポートする。(2010/1/25)

24台を3台に:
日本オラクルと日立、ブレードサーバとRACによるDBサーバ統合で協業
日本オラクルと日立は、Oracleのデータベースクラスタリング技術と日立のブレードサーバを組み合わせたデータベースサーバの統合について、効果の検証を完了したと発表した。(2009/10/26)

日立とトレンドマイクロ、ネットワークセキュリティ事業で提携
2社は仮想化環境におけるネットワークセキュリティ対策で製品連係を図る。(2009/7/29)

グリーンIT次の一手:
「ファシリティとIT」双方のベンダーが限界突破に挑む
データセンターなどIT機器が集積された空間での電力消費抑制は喫緊の課題だ。ファシリティとIT双方のソリューションベンダーが稼働情報の共有によって新たな手法を生み出した。(2009/7/1)

約30%のTCO削減を図る:
日立、集積度を高めたシンクライアント製品を発表
日立はシンクライアント製品「FLORA bd500」を5月19日より販売開始。5Uのシャーシには40枚のモジュールを搭載でき、クライアントPC管理の負荷とコスト低減を図る。(2009/5/18)

国際標準規格として提案:
日立とNTTファ、サーバと空調を連係制御する技術を提供
日立とNTTファシリティーズはブレードサーバと空調機の稼働を連携制御する技術を発表。一般向けにも提供する。(2009/4/21)

「仮想化シフト」が鮮明に:
Nehalem搭載ブレードの登場ラッシュから見えるもの
インテルのXeon 5500番台、開発コード名「Nehalem-EP」のリリースに合わせ、サーバベンダーの新製品ラッシュが続いている。そこに加えられる各社の独自色から、ユーザーが注目すべきトレンドも見えてくる。(2009/4/2)

内蔵HDDは必要? 不要?:
ブレード活用のトレンドはSANブートか
かつてのブレードサーバに搭載されていたストレージは、信頼性や堅牢性が十分とは言い難いものだった。しかし、ブレードサーバの進化とともに、ストレージをめぐる環境も改善されつつある。(2009/3/30)

Nehalem登場前夜:
プロセッサとともに進化するブレードサーバのラインアップ
インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。(2009/3/24)

Hyper-Vも選択肢に:
ブレードサーバが仮想化プラットフォームとして選ばれる本当のワケ
ブレードサーバは、サーバ統合を目的として導入されるケースが多い。この際、サーバを物理的に集約するだけでなく、サーバ仮想化技術を導入する例も増えつつある。なぜ、ブレードサーバがサーバ仮想化のプラットフォームとして選ばれるポイントはどこにあるのか?(2009/3/19)

本格的な普及期を迎える?:
この春、ブレードサーバのトレンドを読む
厳しい経済情勢の中、多くの企業がITコストの削減に躍起になっている。だが、いくら景気が悪くとも企業が扱う情報量は否応なく増え、それに対処するためのITへの投資は欠かせない。最も効率のよいITへの投資は何か。その解としてさらに注目されているのが、ブレードサーバだ。(2009/3/18)

7年のハードウェア保証をオプション提供開始:
日立の新ブレードサーバ、インテル新CPUで仮想化性能を向上
(2009/3/10)

VirtageとHULFTで動作検証:
日立とセゾン情報システムズ、「仮想化でも物理サーバと変わらない」
(2008/12/25)

電源問題、騒音を解決:
ブレードサーバがオフィスにやってきた!
比較的規模の大きいサーバ統合などで利用されることの多いブレードサーバだが、最近になってオフィススペースに設置可能な製品が登場している。冷却ファンや防音構造の本体ケースにより、執務環境への設置に耐えうる静音性が実現されたのだ。(2008/9/12)

トレンドはメモリ組み込み型:
VMware ESXiで盛り上がる仮想化専用ブレード
ブレードサーバの仮想化専用モデルがアツい。VMware ESXiなどを組み込みんで出荷されるラインアップが増え、本格的なサーバ仮想化時代の到来を予感させる。(2008/9/11)

VMwareだけじゃない:
仮想化技術を軸にブレードサーバを選んでみる
ブレードサーバは仮想化に適したプラットフォームとして注目が高い。IA以外の環境での仮想化に対応するIBMやサン、仮想環境でのNT4.0サポートを表明する富士通、独自の仮想化機構を作り上げた日立など、各社の戦略にも特徴がある。(2008/9/10)

ハコから出してすぐつながる:
サーバネットワークのトレンドはI/Oの仮想化
管理者にとってネットワークの設定は煩雑なもの。ブレードサーバにおいてはI/Oの仮想化という手段で管理負荷軽減のアプローチが取られている。(2008/9/4)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。