ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「服装」最新記事一覧

“雅すぎるおじゃる丸”復活? 実写ドラマ版「おじゃる丸」が11月3日放送 主演はモデル・ゆうたろうさん
「おじゃる17」風の謎の美しい青年が現代東京に現れる。(2017/9/20)

公開2日で250万再生突破! “バブリーダンス”で話題沸騰の大阪・登美丘高校ダンス部がパワーアップしたPV公開
オッケー! バブリー!!!(2017/9/18)

もしアスリートが江戸の町にタイムスリップしたら……? 日光江戸村で武士と忍者から逃げるパルクール映像がかっこいい
ドイツ人のジェイソン・ポールさんが跳んで登って逃げまくりです。(2017/9/17)

「諦めるのはまだ早い」 “THE オタク”から3年かけてイケメンになったコスプレイヤーの劇的変化に驚きの声
見た目がイケメンになると、心もイケメンに。(2017/9/17)

待ってたよ! 「咲-Saki」実写化第2弾は「阿知賀編」 ドラマと映画で
ドラマは全4話で12月放送、劇場版は2018年1月公開。(2017/9/15)

「10まんボルトォォオ!」「ほんっとうるさい!」 浅野忠信と芦田愛菜、「ポッ拳」新CMでガチバトル
浅野さん「負けたらなんでもするから」。(2017/9/14)

人事評価に「臭い」の項目も:
増えるスメハラ、悩める経営者 対応次第では人権侵害に
セクハラ、パワハラに続いて、臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」(スメハラ)の対策に乗り出す企業が増えてきた。(2017/9/12)

「上司が臭い」 増えるスメハラ、悩む経営者 人事評価に「臭い」加えた企業も
臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメハラ」対策に乗り出す企業が増えてきた。ただ、対応次第では人権侵害につながる恐れもあり、悩む経営者は多い。(2017/9/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
最初の3〜7秒で第一印象は決まる――「カッコいいオヤジ」の魅せ方、教えます!
人の第一印象は、最初の出会いから3〜7秒で決まるという。そこで、重要になるのが、髪形、顔、服装、ボディーメークなどのちょっとした工夫によるイメージ戦略である。第一印象を変えることで、仕事の意識も、人生観も改革できる。(2017/9/6)

「爪バッテン」はやっちゃダメ! 蚊に刺されたときの「かゆみ」対策を専門家に聞いてみた
秋口になってもまだまだ蚊の季節です。(2017/9/6)

魔改造されたプーさんがインパクト大! 世界の終末で斧を持ったクマ「HONEY BEAR」はナニヲ思う……
不気味な姿になってしまった理由とは……?(2017/8/28)

“彼女とデートなうに使っていいよ写真”ブームに乗り遅れた竹達彩奈 「時を越えたデート」にファン歓喜
「ブームに乗るのがいつも遅い!」(竹達さん)。(2017/8/27)

真説・人工知能に関する12の誤解(5):
「人工知能ってどこでダウンロードできるんですか?」→無理です
「人工知能をダウンロードして使ってみたい」 こんな相談を受けることがありますが、そんなことはできません。こうした勘違いをしてしまうのは、人工知能の根幹技術である「機械学習」について、よく理解していないからではないかと考えています。(2017/8/24)

「肩が出る服装は禁止」の校則に男子生徒が「性差別」と抗議の肩出しルック登校 その結末は?
(2017/8/23)

愛知からコミケに「チャリで来た」 ママチャリで箱根を越え往復700キロ走破のコスプレイヤーに話を聞いた
行って帰ってきたら肌は真っ黒に。(2017/8/23)

毎日新聞の報道でTwitterトレンドに「海パン刑事」が出現 こち亀の名物キャラと勘違いする人が続出
「私の言うことを聞け、さもないとパンツを脱ぐぞ」。(2017/8/16)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「クールビズ」が浸透しにくい理由とは?
この時期、話題になるのがクールビズである。実施率は6割にとどまっているようだが、その理由について考えてみたい。(2017/8/11)

驚きのシンクロ率 梶裕貴&神木隆之介、打ち合わせ一切なしの“双子コーデ”が話題
“W康一”の双子コーデ。(2017/8/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
Uberのセクハラ騒動が、私たちに教えてくれたこと
世界的なIT企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーがざわついている。「セクハラ問題」だ。騒動の発端は……。(2017/8/3)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
くるぶしオヤジの登場も近い? ファッションと働き方改革の関係
日本の暑い夏に働くビジネスパーソンの間で「クールビズ」という考え方はすっかり定着しました。そんな中でクールビズファッションはさらに進化し、くるぶしを出すスタイルが今注目されています。(2017/7/31)

ぜんぜん違うじゃないか……! 「Instagram写真VS現実」対比写真で完璧に見える必要がないことを知る
ここまで違って見えるとは……!(2017/7/29)

「未成年に見える」 “合法ロリ”長澤茉里奈の飲酒写真がセーフなのにアウトにしか見えない
安心してください、合法ですよ。(2017/7/27)

「胸の再現度やばい!」 ざわちんの『ONE PIECE』“ハンコック”メークが石化待ったなしのクオリティー
石化してしまう。(2017/7/26)

「セクハラでなく合意」 研究室で「不適切な行為」……懲戒解雇された大学を訴えた元准教授の“言い分”
ある大学の男性准教授が、妻子がいることを隠して教え子の女子学生と交際。裸の写真を要求したり、研究室でも行為に及んだり――その結果、懲戒解雇になったが、男性は解雇の無効を主張して訴訟を起こした。(2017/7/24)

今どきのファンタジーキャラはオーブもマントも身に着けない? Twitter漫画が指摘したジェネレーションギャップの恐怖
言われてみれば……。(2017/7/21)

目指すのは外食のオープンソース化:
小さな定食屋に“お手伝い”が全国から集まる理由
東京・神保町にある小さな定食屋「未来食堂」。この未来食堂には年間で約450人もの“手伝いさん”が国内外からやって来るという。一体なぜなのか。オーナーの小林せかいさんに話を聞いた。(2017/7/21)

色塗りパーティーへにようこそ 映画「ダイ・ハード」の公式ぬり絵がヴィレヴァン通販に登場
「イッピーカイエー、マザー○ァッカー!」(2017/7/19)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
トレーニングは手段にすぎない! ライザップが提供するのはお客さまの自己実現
「結果にコミットする。」をキャッチコピーに、日本のみならずアジアにも店舗を展開している。お客さまに選ばれ続ける理由について話を聞いた。(2017/7/19)

週刊少年マガジン×ねとらぼ:
「何でこんなブ男と!?」恋愛に踏み出せない、自信のないオタク男子号泣回 マンガ『徒然チルドレン』から『恋はカッコ悪い』
洋服はし○むらでいいんだよ! 食事はサ○ゼリヤでいいんだよ!(2017/7/18)

「将来は孤独死」元カレをネットで実名中傷……「公益性」めぐるドロ沼訴訟
「一生独身で生きていって」。元交際相手の女が巨大掲示板に書き込んだ誹謗中傷の数々に怒った男性は、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。一方の元交際相手も反訴。掲示板への書き込みは「公益性があった」と主張した。泥沼訴訟の行方は――。(2017/7/7)

引っ張り操作でオンライン対戦も可能な「みんゴル」配信開始 「みんなのGOLF」がスマホ向けに
最大8人のオンライン対戦が可能。(2017/7/4)

「法螺貝」から「オルガニストルム」まで 世界中の楽器を紹介するフリー素材サイトがスゴイ
見たことのない楽器がこんなにあったとは。(2017/7/2)

HoloLensで複合現実の「スーパーマリオブラザーズ」をプレイ 主観でプレイするとこんな感じだったのか!
土管は横を通ればいい。(2017/6/22)

さすが元アイドル! 後藤真希、産後約3カ月で腹筋割れた圧巻のスタイル披露「くびれヤバすぎ」
妊娠線が見当たらないどころか、腹筋の縦線入っちゃってます……。(2017/6/21)

男性、女性、ゾンビにバレリーナまで! 人の歩き方100種を1人で演じたストップモーションアニメーターの動画が参考になりそう
ランニングマシンを使ってさまざまな歩き方を再現しています。(2017/6/17)

これがマルフォイの歌声だフォイ! トム・フェルトン、プラハの路上でギターを弾き語るも全く気付かれず苦笑い
意外と美声なんだフォイ!(2017/6/17)

奇跡の調和! 後藤真希、ビーナス級の美しさは最先端ファッションを余裕で着こなす
ゴマキにはゴールドも似合うことが証明された。(2017/6/16)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す
ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。(2017/6/15)

伊藤忠、金曜を「脱スーツ・デー」に 服装マナー見直し
金曜日にカジュアルな服装を社員に推奨する「脱スーツ・デー」を、伊藤忠商事が始める。伊勢丹新宿本店のスタイリストがコーディネートを助言する取り組みも。(2017/6/14)

おめでとう! 6月9日はドナルドダックの誕生日
今日はデイジーダックとデート。(2017/6/9)

山寺宏一のツイートから「彼氏とデートなう」写真が大流行 → なぜか企業がシュールな投稿をしまくる大喜利状態に
「デート」の概念が崩壊中。(2017/6/2)

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)
ついに火を噴くやしろあずきの中二病時代の遺物。(2017/5/31)

法制度・規制:
徹底した省エネを、政府が夏季の取り組みを発表
関係政府機関で構成する「省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議」は、2017年度夏季の省エネルギーに向けた取り組みを発表した。政府の取り組みと各産業界への呼びかけを一部紹介する。(2017/5/31)

AIで線画に自動着色 お絵かきアプリ「pixiv Sketch」に新機能
1月にSNSで話題になった線画自動着色Webサービス「PaintsChainer」の技術を活用した。(2017/5/24)

ポケモンGOで「いわタイプ祭り」開催! タダでもらえる「探検家の帽子」をかぶってみた
(2017/5/19)

花火と音楽の新感覚エンターテインメント「STAR ISLAND」がお台場で開催
きらびやかな水上ショーも楽しめます。(2017/5/17)

これぞ眼福! 土屋太鳳&広瀬すずの “新世代ヒロイン”2ショットに反響「贅沢美人ショット!」
この最強感。(2017/5/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2時間の差は人生の差
あと2時間早く帰れるだけで勉強したり、人に会ったりできる。2時間早く帰ることができる人と、できない人には仕事の量ではなく生産性の差がある。(2017/5/11)

失敗フォローでやる気向上:
新人のやる気を奪う言葉、1位は「仕事に向いていない」
社会人1〜2年目の若手社員にとって、やる気のアップ・ダウンにつながる要素は?――ソニー生命保険調べ。(2017/5/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。