ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「服装」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「服装」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

常見陽平のサラリーマン研究所:
君たちはどうサボるか? 中国の働き方から学ぶ「手抜き」
『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(西谷格、小学館新書)を読んで、衝撃を受けた。中国でのテキトーな働きぶりが紹介されているわけだが、働きすぎの日本人も学ぶべきところがあるのではないだろうか。それは……。(2018/6/15)

経済インサイド:
ハチの輸入拡大の背景→“泣きっ面にハチ”だった国内養蜂業者の悲運
花粉交配や害虫駆除に利用されるハチの輸入量が拡大している。東京税関によると、平成29年は前年比4.9%増の約348万匹となり過去最高を記録した。(2018/6/14)

永野芽郁、「半分、青い。」TシャツにNG? 「写真撮るためにでも恥ずかしかった笑」
部屋着ならオッケーのようです。(2018/6/7)

関西の議論:
日本人は気づかない? 京都で聞いた訪日外国人の「意外」な本音と不満
年間を通じて観光客でにぎわう京都。外国人観光客からの人気も高く、京都市の調査では9割以上が「観光に満足した」と答え、伝統文化や治安の良さ、街の清潔さなどが高い満足度につながっているようだ。(2018/6/7)

レオタードはもともと、“フランスのマッチョなヒゲダンディー”が着るものだった
ナイスバディー(筋肉)(2018/6/5)

両手に荷物で帰宅した人、鍵を忘れた人などなど…… 部屋の入り方50種を1人で演じたストップモーションアニメーターの動画
日常の中の細かすぎるモノマネ動画としても楽しい。(2018/6/3)

「安室ちゃんヘアも似合いすぎ!」 佐田真由美、安室奈美恵ラストツアーに超ミニスカボディコンで参戦する
全力で楽しむスタイル好き。(2018/6/3)

8年連続顧客満足1位のワケ:
ヨドバシの接客力を支える「すごい教育」
社員の接客レベルや商品知識の深さが評判のヨドバシカメラ。高い接客力を支えているのは社内の教育体制にあった。いったい、どんなことをしているのか?(2018/5/31)

スピード逮捕に貢献:
ドライブレコーダーが犯罪解明の決定打に 新潟女児殺害事件でも「動く防犯カメラ」として活躍
新潟市西区のJR越後線の線路で小学2年の大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件では、新潟県警が事件発生から1週間後に会社員の男(23)を“スピード逮捕”した。(2018/5/31)

「仕事してる場合じゃなーい!」 山田孝之、ニュース番組のAD役で“ゲーム好きの本音”を全国に叫び散らす
AD役でも前に出ちゃう山田さん。(2018/5/30)

ドライブレコーダーが犯罪解明の決定打に 新潟女児殺害事件でも「動く防犯カメラ」として活躍
新潟市の線路で小学年の遺体が見つかった事件では、発生から1週間後に容疑者が“スピード逮捕”。容疑者を絞り込む一助になったのがドライブレコーダーだ。「動く防犯カメラ」といわれ、街頭設置の防犯カメラが少ない住宅地などの死角を埋める効果もあるとされてきた。(2018/5/30)

32歳女性社長がひらめいた! スーツに見える作業服「ワークウェアスーツ」人気
作業服なのにスーツに見える「ワークウェアスーツ」が、工事や技術関連の現場仕事に従事する人たちに人気だ。3月に発売するやいなや注文が殺到し、最初の1カ月だけで売り上げ目標の5倍を達成した。(2018/5/28)

「これ困りますよね」 磯山さやか、スーツ姿での“巨乳あるある”がうらやましすぎる悩み
巨乳も困ってる。(2018/5/23)

機能性も十分:
32歳女性社長がひらめいた! スーツに見える作業服「ワークウェアスーツ」人気
東京・池袋の水道工事関連会社が売り出した作業服なのにスーツに見える「ワークウェアスーツ」が、工事や技術関連の現場仕事に従事する人たちに人気だ。(2018/5/23)

井川遥&板谷由夏のアラフォー美女コンビが超クール! “ピンクハウスコーデ”とのギャップに「朝ドラとは服装が」
何を着ても結局かわいい井川さん。(2018/5/20)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
異業種とのAPI連携で進むみずほ銀行のFintech 規制産業の常識を“よそ者”が変える
FinTech時代に生き残るためには――。多くの金融機関が変革を迫られる中、みずほフィナンシャルグループは、API連携によるオープンイノベーションを進めている。社内のルールも変えながらプロジェクトを進めるキーマンに話を聞いた。(2018/5/14)

あのころのモーニング娘。だ! 紺野あさ美、“懐かしい”だらけの若かりし姿に「時代を感じます」
今ではお母さんになったメンバーもたくさん。(2018/5/12)

これは入手せねばぁぁぁ! スーパーカー自転車の「超精巧ミニチュア」爆誕 めっちゃスゴイ仕上がり
「丸石サイクルのレジェンド」も納得、再現度まじハンパねぇぇ!(2018/5/12)

これはBL? それともGL? 女装コンビの両片思いがめんどくさくて愛おしい
あっ。最高のやつですね。(2018/5/10)

「まじ後悔した」 ダメージズボンで船釣りに出掛けたら足に縞模様の日焼けができてしまった人
日差しのきつい場所に行く際は服装にご注意を。(2018/5/9)

「Fate/Zero」4人のおっさん見分けつかない問題に共感の声 キリツグ……キレイ……? 別人……?
髪が白くなって1人分かるようになる。(2018/5/8)

シャープが「AQUOS R2」発表 6型WQHD+液晶、静止画+動画用のデュアルカメラ搭載【更新】
シャープが「AQUOS R2」を夏モデルとして投入する。「EDGEST fit」デザインになり、縦長の6型ディスプレイを搭載。静止画用と動画用の2つのカメラを背面に搭載している。(2018/5/8)

狙いは「働き方改革」ではない:
賛否両論の丸紅「社内副業」義務化 人事部長に真意を聞いてみた
大手総合商社の丸紅による「社内副業義務化」報道が議論を呼んでいる。丸紅の鹿島浩二人事部長に真意を聞いた。(2018/5/7)

無機質なAIが美少女に マスターへの「アイ」だけは負けない、思わずときめくSF漫画
恋愛音痴なマスターも思わずときめいてしまう。(2018/5/5)

ディズニーとドラえもんの差:
ネコのドラえもんが、ネズミのミッキーに絶対勝てない理由
一般的にネコはネズミより強いが、コンテンツの世界では、ネズミがネコを圧倒している。最新作の『映画ドラえもん のび太の宝島』は興行収入が44億円を超えているが、ディズニー映画に比べると20分の1ほど。なぜこれほどの差がついてしまったのかというと……。(2018/5/1)

銀座の老舗喫茶室「炎上覚悟で申し上げます」 小さな子連れ客に向けたツイートが反響
店内では騒いだらだめ。(2018/4/26)

これはクソウマ娘 JRAと「ポプテピピック」がコラボ、観客席をポプ子とピピ美が埋め尽くし競馬場はもうダメ
ペンギン一家がコースに迷い込んできそう。(2018/4/26)

「ナチュラルに乗ってる!」 川口春奈、変装ゼロの電車移動ショットにファン驚き
100%川口春奈。(2018/4/18)

「ID婚活」行政が人工知能とビッグデータで縁結び、結婚900組成立 愛媛県
行政が紡ぐ「赤い糸」――愛媛県の「えひめ結婚支援センター」による婚活事業は、人工知能と蓄積されたユーザーデータを使い、相手を幅広く選べるシステムも導入し、約900組で結婚が成立した。(2018/4/12)

見た目はスーツ、実は作業着 「ワークウェアスーツ」はなぜ生まれたか
「スーツの代わりに着たい」という声もあがるなどさまざまな反響が。開発元に聞きました。(2018/4/13)

会場スタッフ「愛を表現するんだ!!」 ジョジョ原画展へ東方定助コーデで行ったら「オレェ?」という状況に
ジョジョファンの熱さが伝わってきます。(2018/4/8)

JD用語「バップ」「ガン萎えチャラメン」ってなんだ? LINEの「イマドキの大学4年間を4分でまとめた動画」が最新過ぎて未知の世界
今の大学生すごい……。(2018/4/8)

はるやま商事、スーツ姿によく似合うフォーマルな「レザースニーカー」発売 営業さんの心強い味方に
長時間歩くビジネスマン向け。(2018/4/5)

「妊婦さんかと思った」 新婚の菊地亜美、“妊娠”疑惑の写真に「まだ子どもはいません笑」
妊娠じゃないぞ、手がぶれてるだけだ。(2018/4/3)

朝日新聞、就活生に「リクルートスーツで来ていただく必要ありません」と宣言 SNSでは賛否両論
真面目なイメージの会社が呼びかけるとインパクトがあります。(2018/4/3)

あなたの知らない路線図の世界:
「あるはずの駅がない」? “観光用路線図”のヒミツ
用途と目的によって姿を変える路線図。外国人観光客向けに作られた路線図は、普段私たちが触れているのとは違った景色を見せてくれる。中には「天狗」が登場する路線図も……?(2018/4/2)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(37):
大分編:東京のゲーム会社が「別府」で歓迎された理由――温泉Tシャツで知事と握手!
大阪、福岡、札幌のようなメジャーな都市ではなく、名刺交換した相手が「どうしてそんなところに支社を?」と、つい聞いてしまうような地域に支社を作りたかった――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編スタートです。(2018/4/2)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)

「どんな絵にも描いた奴の努力は出る!」 東京五輪マスコットを描いた元“専門学校の先生”のエピソードに反響
東京五輪のマスコットキャラクターをデザインした谷口亮さんとの思い出が描かれています。(2018/3/30)

深まる疑問:
Uber車の死亡事故、センサーは機能していたのか?
Uberの自動運転車が起こした、歩行者の死亡事故。地元警察が公開した映像を見ると、高性能なはずのセンサー類が、歩行者をどの程度検知できていたのか、大いなる疑問が残る。(2018/3/29)

「僕の大好きな彼氏」のために 一途に恋人を思って日々を頑張る超プラトニックな創作BL漫画が純愛すぎる
ルイくん……!(2018/3/24)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
日本のCEOの約3割が「デジタル人材の獲得は非常に困難」と回答──PwC Japanグループ調査
デジタルビジネスの本質を理解し、情報やデータをつないで価値を創造することができる人材を欲しがる企業は多いですが、現実的には日本の約3割のCEOが、デジタル人材の獲得は「非常に困難」だと答えています。(2018/3/23)

女の子をもっと魅力的に描きたい 『ちょっとドキドキする女の子の仕草を描くイラストポーズ集』が登場
かわいすぎてけしからん。(2018/3/21)

「Galaxy S9」先行レビュー 新しいカメラやセキュリティ機能の実力は?
Mobile World Congress 2018で発表された「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」。恐らく日本でも発売されるに違いないGalaxy S9/S9+を、バロセロナ滞在中にいち早く試用する機会を得た。進化したカメラや、新たなセキュリティ機能を中心にじっくりと試した。(2018/3/16)

ヒーロー大好き少年が魔法少女に!? 『サムライうさぎ』作者の新連載『ボクらは魔法少年』が刺さりまくる人続出
乙女チックな服装に少年が恥じらいながら戦うだけかと思いきや――衝撃の展開にも注目。(2018/3/13)

ガリガリ君の赤城乳業 セクシーな妖精がアイスを勧めてくるご乱心CMを引っさげ新アイスブランドを立ち上げ
おいしそうなのに、セールスポイントが全然頭に入ってこない。(2018/3/7)

「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で
社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も
多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。(2018/3/2)

最上もが、歌って踊るソロMVでコスプレ七変化! グループ脱退後初の歌声にファン感動
歌詞ももがさんに合わせた内容に。(2018/3/1)

AIを活用するときの注意点とは?:
カメラが都市全体を見守る熟練者の“目”に、AIで警備業はどう変わる?
労働集約型の産業と見られがちな警備業だが、IT化を差別化の切り札に躍進を遂げてきた企業も確実に存在する。それらの企業は、AI活用に向けた検証にすでに本腰を入れている。その1社である綜合警備保障(ALSOK)の商品サービス企画部で次長を務める干場久仁雄氏の講演から、具体的な“中身”を紹介する。(2018/2/27)

子ども泣いちゃうよ! 横山だいすけ、歌のお兄さんから関西風おばちゃんと化してしまう
全力でノリノリ。(2018/2/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。