ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「服装」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「服装」に関する情報が集まったページです。

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第13話:包囲網(後編)
数々の企業を苦しめた攻撃者へ、ついにCSIRTが反撃に出る! 「絶対に捕まえる。あくまで合法的な方法で」――意気込むメンバーが仕掛けた作戦とは? 「側線」、ついにクライマックス。(2018/12/7)

プリキュアのコスプレでマラソンに参加する理由とは 「なんでもできる! なんでもなれる!」を体現
陸連登録者の仮装は禁止だからと、登録を外して挑む執念。2年ぶりに神戸マラソンに参加し力走する姿が話題に。(2018/12/3)

「オシャレが襲ってくる!!!!」 青山に初めて行ったレポート漫画に「あそこは東京育ちでも怖い」と共感の声
すんげーとこ来ちまった!(2018/12/1)

「色覚検査の攻略本」「本当は効かない色弱治療」はなぜ存在したのか 進学・就職制限を受けてきた「色弱」の歴史とこれから
カラーバリアフリーの取り組みを行う団体・CUDOに話を伺いました。(2018/11/30)

「ブランドのパンフレットみたい」 福山雅治、オシャレアーティストの肖像に違和感なくなじむ眼鏡ショット
エゴン・シーレとバスキアに挟まれても見劣りしない福山さん。(2018/11/26)

ブスをバカにしていた男子が女子になって気づく“かわいくなる大変さ” 漫画『朝起きたらブスだった』で人生ハードモードな世界を知る
かわいいをつくる苦労と方法がいろいろと勉強&参考になる。(2018/11/23)

語源は不明:
「シュッとしている」野菜や文字にも……広まる新関西弁
「シュッとしている」――。関西人の会話に出てくるこの言葉はさまざまな意味、場面で使われている。大阪市内で大阪府民に聞くと、9割近い人々が使っていた。「すらっとしている」「背が高い」「スマート」「清潔感がある」「スタイリッシュ」「男前」といった意味だが、野菜や文字、建物、道、仕事にも用いられていた。専門家によると、この20〜30年で浸透した言葉とみられ、擬態語特有のインパクトがある。語源は不明だが、すでに東京などでも使われており、全国に広がる可能性がある。(張英壽)(2018/11/22)

「シュッとしている」野菜や文字にも……広まる新関西弁
「シュッとしている」――関西人の会話に出てくるこの言葉はさまざまな意味、場面で使われている。大阪市内で大阪府民に聞くと、9割近い人々が使っていた。「すらっとしている」「背が高い」「スマート」「清潔感がある」「スタイリッシュ」「男前」といった意味だが、野菜や文字、建物、道、仕事にも用いられていた。(2018/11/21)

今も昔も、女の子たちはそれぞれの戦場に立っている 『だから私はメイクする』劇団雌猫×『日本のヤバい女の子』はらだ有彩
『だから私はメイクする』刊行記念イベントレポ。(2018/11/17)

「ジョイマン高木になれる時代がきた」「早くジョイマン高木になりたい」 待望の「ジョイマン高木になれるアプリ」が配信開始 
前からジョイマン高木になりたいと思っていました。(2018/11/13)

見渡す限り犬、犬、犬……! 犬好きの楽園「世界名犬牧場」のレポ漫画がうらやましすぎる
行きたい……!(2018/11/12)

「魔法の杖」や「ニュートのトランク」 魔法アイテム製作を一手に担う男が完全に小道具の魔術師
「ハリポタ」「ファンタビ」シリーズの小道具を一手に担うピエール・ボハナ造形美術監督に聞きました。(2018/11/12)

お人形さんみたい! 石田ひかり、赤と白でコーディネートした“幼少期”の姿に「大事に育ててもらったんだなあ」
おしゃれさんだ。(2018/11/8)

「マンモスきゃわたん」「見てるこっちも恥ずP」 有吉弘行、“マンモス恥ずP”な女装に注目集まる
これがオバショットを超えた女子力……!(2018/11/5)

10月30日にホワイトコーデで集合? ハロウィーンかな?→全身白タイツで行ったらまさかのオシャレ系パーティーで浮く悲劇
妊娠した友人の安産を祈願する「ベビーシャワー」パーティーだったそうです。(2018/11/1)

「名探偵コナン」×「THE KISS」コラボ! 赤井さんのシルバーブレッド&安室さんカラーのアクセサリーなど全14種が登場
新一、蘭、怪盗キッド、哀、赤井、安室の全6モデル14種。(2018/11/1)

5大商社で「働き方改革」進む:
住友商事、週2日までテレワーク可能に フレックス制からコアタイムも撤廃
住友商事が11月1日にテレワーク制度を導入。在宅などで週2日までの勤務を認める。コアタイムなしのスーパーフレックス制度も導入する。大手商社で「働き方改革」の流れが加速している。(2018/10/29)

PR:社会で活躍する人材を育てる 麹町中学校・工藤校長が推し進める大改革
変化の激しいこれからの時代に、柔軟に対応できる社会人をいかに育成すればよいのか――。これを実現するために、ユニークな取り組みをしている公立中学校がある。千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長に話を聞いた。(2018/10/22)

「ソウルキャリバー 6」発売で恒例のキャラクリ祭りスタート! ボーボボやレッドマンなど再現度高すぎな作品の数々を御覧ください
ボーボボやVTuberの姿も。言われなければ何のゲームだか分からない。(2018/10/19)

シーテック開幕 国内企業アピール 東京五輪向け新技術が続々
東京五輪・パラリンピックが2年後に迫る今回は、大会運営や観戦のほか、需要が一層高まる訪日客対応に役立つ技術を、多くの企業がアピールしている。(2018/10/17)

「あみちゃんが2人?」 結婚式挙げた菊地亜美、そっくりすぎる姉との2ショットにファン混乱
ぱっと見、わかりませんでした。(2018/10/16)

アトムもBJも美少女に 女性化された手塚治虫キャラが戦うゲームアプリ「絵師神の絆」始動
ほかにも火の鳥など、原作の面影を残す美少女が続々。(2018/10/16)

シーテック、IoTやAIで先端技術を提案
今年の大きな特徴は「モノのインターネット(IoT)」をテーマにした展示エリアが、昨年と比べて広さを2倍に拡大したことだ。(2018/10/16)

司書メイドの同人誌レビューノート:
イベント参加予定表から在庫・売り上げ管理まで 同人サークルに特化した「サークル手帳」が超便利
1冊あるとありがたい。(2018/10/14)

「自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」 パンテーンの広告に「攻めてる」と反響
広告が話題に。(2018/9/28)

PR:仕事を「時間と場所」から解放せよ! 週休3日、スーパーフレックス──新しい働き方は日本企業に通用するか
(2018/9/28)

好きな格好しようぜ! ガーリーとボーイッシュが互いをうらましがる漫画に「私達は誰の目を気にしているのか」
私が着たい服ってどんな服だったっけ。(2018/9/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヒップをきれいに見せたい女性が増加 「ブラジリアンビキニ」ブームの真相
露出度が高く、ヒップを美しく見せるブラジリアンビキニがブームになっている。縮小を続けた女性の水着市場も底を打ったとみられているが、背景には何があるのだろうか。ブームの仕掛け人に聞いた。(2018/9/25)

「ぺこちゃんおっきくなった?」 りゅうちぇるとガリットチュウ福島の2ショットにファン二度見
サイズ感に注目。(2018/9/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ザ・謝罪社会で、私たちはどのように謝ればいいのか
日本は「ザ・謝罪社会」である。仕事上のちょっとしたミスでも謝罪しなければいけないが、どのように謝れば先方の怒りは静まるのだろうか。筆者の常見陽平氏のよると……。(2018/9/21)

失敗OK、服装自由化……パナソニックは生まれ変われるか
今年で創業100年を迎えたパナソニックが変わろうと必死だ。世界に目を向ければ、急成長を遂げた米アップルやグーグルなど新興勢に後塵(こうじん)をして久しい。「官僚組織」ともいわれきた同社は、自由で風通しのいい組織になるため、内側から企業文化を変えようと試行錯誤を重ねている。(中山玲子)(2018/9/19)

闇の宴「自分の史上最高にダサい服で集まる飲み会」開催 10万いいねを集めた優勝者のお召し物を御覧ください
飲み代がタダでも割に合わない気がしてきた……。(2018/9/19)

窪田正孝&広瀬アリス、映画「モンスト」で初共演も息ぴったり 収録中は2人で“はだし”に
映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」完成披露試写会の模様をお届け。(2018/9/14)

「たまに学校をサボってスーパー銭湯」 あびる優&紗栄子の“同級生2ショット”がクラスの最強コンビ感
ファン「高校生の頃の2人を見てみたいなあ」。(2018/9/14)

あなたの職場でもきっとできる:
生産性向上の第一人者が厳選した“出社したくなるオフィス”5社
NTTデータ、Google、味の素、タマノイ酢、オトバンク……。「テレワーク時代」が到来する中、従来のオフィスの在り方を見直し「社員が来たくなるオフィス」作りに工夫を凝らしている企業もある。(2018/9/14)

憤慨する地元住民:
インバウンドで注目の大阪・西成の簡易宿泊所、覚醒剤密売の拠点に
覚醒剤の密売拠点は、警察署からわずか50メートルの距離にあった。大阪・西成区の簡易宿泊所(簡宿)で覚醒剤を売ったとして、大阪府警が8月までに無職の男2人を摘発した。日雇い労働者が集う西成の「あいりん地区」ではかつて、路上での違法薬物の密売が横行していたことから、府警が徹底的な浄化作戦を展開。取引は鎮静化したとみられていたが、訪日外国人客が利用することで注目を集めるようになってきた簡宿で、密売が続けられていたことが明らかになった。地元住民は「いつまでもイメージが改善しない。普通に暮らしたい人もいるのに」と憤慨する。(2018/9/13)

沈黙を不安に感じてはいけない:
ガチャ切りされない電話術、勝負は最初の15秒
「仕事で電話をするのは苦手」という人も多いのでは。では“ガチャ切り”されないためには、どうすればいいのだろうか。勝負は最初の15秒であって……(2018/9/13)

「安易な萌えキャラでオタク釣るな」と言われ:
じぶん銀行が「ガチで萌える」2次元美少女の行員を作りこむ深い訳
じぶん銀行がカードローンPRのため2次元美少女行員「小鳥遊つぐみ」を起用。Twitterでつぶやく「中の人」も若手女子行員にしてリアルさを追求。マスCMでなく若い男性層に特に刺さる戦略を取る。(2018/9/7)

娘が連れてきた同性の結婚相手に母がかけた言葉は…… 母の心情描いた漫画に涙が出る
お母さんの優しさに涙が止まりません。(2018/9/1)

Oculus Go! Go! Go!:
「Oculus Go」でバーチャル編集会議をしてみた結果
「Oculus Go」で“バーチャル編集会議”を敢行。リアル会議やビデオ会議とは何が違うのか。(2018/8/28)

「どっちがどっちかわからない!」 斉藤祥太&斉藤慶太、リアル双子コーデでファンを惑わせる
向かって左が祥太さん、右が慶太さん。(2018/8/27)

中国で進む小売業の進化:
歩いて、ポイントで医者に問診――ニューリテールで変わるオンラインとオフラインの垣根
「Amazon Go」をはじめとするニューリテールで、小売業界が変わろうとしている。特にニューリテールが進む中国を例に、IT×小売業界の新しい在り方を探る。(2018/8/27)

大阪で目撃情報相次ぐ「霊感タクシー」正体は―― 利用者からは「大阪を感じる」と意外に好評
※記事閲覧中に心霊現象が発生した場合、当社では一切の責任を負いかねます。(2018/8/27)

どこにいってしまうのか:
サラリーマンの「背広」が、“死語”になりつつある
高度成長期などにサラリーマンたちが使っていた「背広」という言葉が死語になりつつある。大阪の街頭で20代の男女に聞いたところ、「分からない」「思い浮かばない」などと30%近くが全くこの言葉を知らず、正確に知っている人でもほとんどが日常的に使っていなかった。(2018/8/20)

【子育てあるある】「ママ だいじょうぶ?」 外出時のママに突き刺さった子どもの何気ない一言
このTシャツは「よそいき」なのよ。(2018/8/10)

35度以上なら出社しないで仕事 「猛暑テレワーク」導入のインフォテリアに話を聞いた
利用率など聞きました。(2018/8/6)

取材を受けていた:
大口病院点滴殺人 実像と乖離した容疑者像  顔色が変わったのは……
横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で、入院患者2人が薬物を投与されて殺害された連続点滴中毒死事件で、神奈川県警に逮捕された久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)は、数度にわたり本紙記者の取材に応じていた。(2018/8/2)

乙女ゲームの“攻略される側”、本当はこんな気持ち? 男子キャラの視点で葛藤を描いた漫画
私に興味がなさそうだったあのキャラも実はこう思ってたのかも……。(2018/8/2)

「FGO Fes」開幕! FGOファンの“祭典”を写真レポート【画像順次追加】
ここにいる人、(たぶん)全員マスター。(2018/7/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中京テレビの「2次会強要禁止」、“飲み会も仕事のうち”は変わるのか
上司による2次会参加の強要禁止、社長の一言を廃止――。中京テレビが発表した働き方改革が話題になっている。一見、生産性とは関係なさそうだが、これまでの「当たり前」を問い直すという、本当の働き方改革につながる。なぜなら……。(2018/7/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。