ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「COMPUTEX」最新記事一覧

関連キーワード

VRのケーブル問題を解決する背負式ゲームPC、MSIが発表
VR ReadyなPCは現在ほとんどがデスクトップタイプで、VR HMDとケーブルで接続すると動きを制限されてしまう。この問題を解決できそうな背負えるVR Ready PC「Backpack PC」をMSIがCOMPUTEXで披露する。(2016/5/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Atomに見切りを付けたIntel 安価なWindowsタブレットは存続の危機か?
Intelはスマートフォン/タブレット向けの次期Atomプロセッサをキャンセルすると発表。同社の戦略変更は、Windowsデバイス市場にも大きな影響を与えそうだ。(2016/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10スマホ/タブレットがUSBの進化でもっと便利に――Dual Role+Type-Cの仕組み
スマートフォン、タブレット、そしてノートPCも、USB規格の進化でより便利に変わろうとしている。(2015/10/13)

CEATEC 2015:
1人1台「3Dスキャナ」の時代に!? 3万円を切るパーソナル3Dスキャナ年内発売予定
XYZプリンティングジャパンは「CEATEC JAPAN 2015」に出展。多機能パーソナル3Dプリンタやハンディ型3Dスキャナ、3Dペンなど、日本未発表の新製品ラインアップを多数展示した。(2015/10/8)

CEATEC 2015:
国内未発表の多機能パーソナル3Dプリンタや低価格3Dスキャナを展示
XYZプリンティングジャパンは「CEATEC JAPAN 2015」に出展し、日本未発表の新製品ラインアップを多数展示すると発表した。(2015/10/6)

東京ゲームショウ2015:
未発売の注目ゲーミングデバイスをまとめてチェック――アイ・オー、東プレ、マッドキャッツ、ロジクール
最新PCゲーミングデバイスが多数展示されている東京ゲームショウ2015。アイ・オーのディスプレイ、東プレのキーボード、マッドキャッツのマウス、ロジクールのヘッドセットをまとめて見ていこう。(2015/9/20)

ZenFone Selfieを初展示:
ASUSTeKが日本初の路面店「ASUSフラッグシップ・ストア」を19日オープン
19日から23日にかけてオープン記念セールとイベント、そして、抽選会を実施。抽選会では最大1万円のクーポン券が当たる。(2015/9/18)

IoT観測所(13):
ARM「mbed OS」の現在地
ARMが発表したIoT向けOS「mbed OS」は2015年10月のリリースを目指して作業が進められており、その意図するものもある程度は見えてきた。Bluemix連携やMUCの55mmシフトなどトピックの多いmbed OSの「いま」を解説する。(2015/9/17)

IFA 2015:
ASUS、「ZenFone」ファミリーの最新モデルや「ZenWatch 2」の実機を披露
IFA開催に合わせたプレスカンファレンスで、ASUSが「ZenFone 2 Deluxe」「ZenFone Max」「ZenFone Selfie」「ZenFone Zoom」などのスマートフォンや、Android Wear搭載のスマートウォッチ「ZenWatch 2」を紹介した。(2015/9/4)

「USB PD」の詳細は? :
USB Type-CとThunderbolt 3の“紛らわしい関係”をIDF 2015で整理する
MacBookから始まって最新マザーボードでも採用が進む“Type-C”だが、いまひとつ誤解も多い。IDF 2015で得た最新情報を給電規格「USB PD」とともに解説する。(2015/8/25)

潤沢になるのは10月ごろ:
「Z170マザーに一気移行」──Skylakeイベントでパーツベンダーに出荷見通しを聞いてみた
インテルが秋葉原でSkylake発売記念イベントを実施。“Z170”モデルの展示で参加したマザーボードベンダーの関係者が注目モデルの日本出荷予定を明らかにした。(2015/8/8)

極冷対策のギミックも:
MSI、“Z170”搭載マザーボードの機能概要を公開
GAMINGシリーズでは一挙8モデルが登場。有線LANと無線LANを連動して高速転送を可能にする機能やDDR4、サウンド関連機能を強化した。(2015/8/2)

“物言う大株主”の圧力を退けられず……:
Qualcommのリストラは、技術者を軽視した愚行だ
約4700人を解雇すると発表したQualcomm。この決断に至るには、Qualcommの大株主であるJana Partnersからの要請があったのではないかと推察される。だが、この大株主からの要請は、Qualcommの技術開発力を考慮していない、無情なものではないだろうか。(2015/7/29)

なんて悩ましいタイミングなの:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(後編)
6月に登場したデスクトップPC向けBroadwellの性能と存在意義を考えるこのレビュー。今回は、メモリ制御とグラフィックス性能を検証する。(2015/7/24)

この時期に「省電力とグラフィックスの重視」は正解か:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(前編)
6月のCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせてデスクトップPC向けBroadwellが登場。インテルが「KではなくC」と説明するその理由をベンチマークテスト結果で考える。(2015/7/23)

使わなきゃ損:
Zenfone 2の「美人エフェクト」はセルフィー時代の思いやり!
自撮りがもっと楽しく美しくなる「Zenfone 2」の「美人エフェクト」。インカメラだけでなくメインカメラでも使えるこの機能を試してみた。(2015/7/2)

「3.1とくれば当然」「Windowsじゃ!」:
「自作PCユーザーよ、人柱たれ」──高橋氏、「パーツの犬モデル」1周年記念イベントで自作PC動向予測
そして、艦これ阿賀野型軽巡とともにPCの組み立てにも挑戦す。(2015/6/28)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
ファーストステップと人柱は違う――“普通”のWindows Phone「MADOSMA」でこだわった品質
マウスコンピューターの「MADOSMA」は、日本では約4年ぶりのWindows Phoneだ。PCではニッチで話題性のある製品が多い同社だが、MADOSMAはスペック的には平凡で、ある意味で“らしくない”ような気もする。そこで、同社の商品企画部長の平井氏に、MADOSMA発売の狙いについて、改めて聞いた。(2015/6/26)

台湾Apacer、基板上にM.2スロットを備えたDDR3メモリ「Apacer Combo SDIMM」
台湾Apacerは、任意のM.2 SATA SSDを装着可能なM.2スロットを備えたDDR3メモリ「Apacer Combo SDIMM」を正式発表した。(2015/6/26)

東芝との連携がもたらすメリットとは?:
「OCZのM.2対応が遅れている理由」をTaipeiでCMOに聞いた
ハイエンドメモリベンダーからハイエンドSSDベンダーにシフトを進めるOCZが、日本市場にもう一度攻勢をかけようとしている。その戦略を指揮官に聞く。(2015/6/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
なぜWindows 10は発売前に無料アップグレードを提供するのか?
既存のWindows 7/8.1ユーザーに対して、Windows 10をリリース開始から1年間は無料で提供することに決めたMicrosoft。新OSの発売に先駆けて無料アップグレードを行う狙いはどこにあるのだろうか? また、搭載PCはいつ発売されるのだろうか?(2015/6/16)

ASUS本社潜入リポート:
マザボアートに「ヒィィィ」となるテストにランチまで――台湾のASUS本社を見学してきたゾ
世界最大級のコンピューター関連イベント「COMPUTEX TAIPEI 2015」の開催に合わせて開催されたASUS本社のメディアツアー。普段見られない同社の品質への取り組みや社内の様子を、写真を中心に紹介しよう。(2015/6/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
肝心の「Windows 10 Mobile」はいつ登場するのか?――Windows Phone購入前に知っておきたい問題点
マウスコンピューターが受注を開始したスマートフォン「MADOSMA」を皮切りに、Windows Phoneが再び日本でも利用可能になる。現状でのOSはWindows Phone 8.1 Updateだが、肝心の「Windows 10 Mobile」にはいつアップグレードができるのだろうか?(2015/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! 台北の会場で友好関係を築く
台湾語で語りかけてくる彼女たちのなんと可愛らしいことよ。(2015/6/14)

ゲームでも本気みせるぜ:
Intel、最適設定をゲームタイトルごとに伝授する「Gameplay.intel.com」を開設
Iris Pro 6200などの最新ドライバのダウンロードサービスや、Raptrへのリンクも用意。もちろん、日本語でOK。(2015/6/11)

ナディラもクルザニッチもだいたい友達:
Lenovo、“大和”と同クラスのThinkPadラボを中国に設置
「Lenovo Tech World 2015」を開催したのは5月28日。“Taipei”に参戦しないLenovoはCOMPUTEX直前の基調講演で世界に向けてなにをいいたかったのか?(2015/6/11)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Acerのブースで発見した未発表2in1 PC「Aspire Switch 10“V”」をチェックする
4月のニューヨークイベントでも登場しなかった“V”な2in1 PCをAcerブースで発見。ほかにも鉛筆対応タブレットにASUSのSkylake対応超小型PCも紹介。(2015/6/10)

電源の中にパソコンが入る時代になりました ACアダプタ型の超小型PC「Quanta Compute plug」登場
コンパクトだな!(2015/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Trend Micro×Mediatek、「セキュリティは一括管理!」のネットワークコントローラを公開
展示ブースでは、ワイヤレスネットワークルータのコンセプトモデルを使って、PCやスマートフォンで一括管理ができるデモを行った。(2015/6/10)

筆者の独断と偏見です:
COMPUTEX TAIPEI 2015で気になったスマホ、ウェアラブルまとめ
諸事情でIoT(モノのインターネット)やPOSシステム関連の展示が多かったCOMPUTEX TAIPEI 2015。そんな中で、筆者に“ビビッ”ときたスマホとウェアラブルデバイスを一挙にご紹介しよう。(2015/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ASRock、デュアルチャネルメモリ対応で4K再生を実現したNUCサイズの「Bee BOX」発表
独自検証でデュアルチャネルを利用可能に。トラベルルータを内蔵するゲーミングルータも登場した。(2015/6/9)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Apacer、NFCでロック解除するSSDや水中動作SSDを展示
COMPUTEX TAIPEI 2014で「メモリスロットにさせるM.2」などユニークな製品を展示していたApacerは、今回も独自性をアピールしていた。(2015/6/9)

超堅牢iPhoneケースから、猫の餌やり器まで:
COMPUTEX TAIPEI 2015で見つけた“変わり種“ガジェットを総チェック!
COMPUTEX TAIPEI 2015では、スマホ関連の “変わり種”ガジェットがたくさん出品された。筆者が独断と偏見で選んだ、気になるアイテムを一挙にご紹介する。(2015/6/9)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! X99マザーの“GODLIKE”なイルミネーションをMSIブースで直撃
“かわいい”製品担当者が1分半でレクチャー。ほかにも、デスクトップPC用最強グラフィックスカードを搭載できてしまうディスプレイ一体型PCも出現した。(2015/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! Cherry Trail搭載「ASUS Pen Stick」をASUSブースで直撃
プロダクトマネージャーがITmedia読者に導入OSと出荷時期予定とスペックについてレクチャーしてくれた。(2015/6/8)

PC USER 週間ベスト10:
PCの未来をCOMPUTEXでちょっと先取り(2015年6月1日〜6月7日)
今回のアクセスランキングは、Windowsタブレットやスティック型PCの注目機種レビュー、そしてCOMPUTEX TAIPEI 2015の現地リポートが多数入りました。(2015/6/8)

石野純也のMobile Eye(5月25日〜6月5日):
「MADOSMA」に続くスマホも――日本で再びWindows Phoneが登場した理由
マウスコンピューターが、日本では約4年ぶりとなるWindows Phone搭載スマホを発売するなど、日本で再びWindows Phoneが盛り上がりを見せつつある。今回はグローバルと日本、それぞれの観点からWindows Phoneを取り巻く状況を解説する。(2015/6/7)

週末アキバ特価リポート:
反響が読めない「Broadwell」の予約状況
今週から多くのショップがデスクトップ版「Broadwell」の販売予約を受け付けている。6月18日発売とのことだが、反響は……?(2015/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ECS、Skylakeな「One」にCore Mな「LIVA Core」を公開
搭載するチップセットは、Intel B150 Express、または、vProに対応するIntel Q170 Express。Windows 10対応でCortanaも利用可能だ。(2015/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Thermaltake、壁掛けPCケースを日本でもドドドン!とこの秋に出荷開始
あなたー! こんなバカでかいの買ってきてどこに置くつもりなのおおおお! となっても、これなら大丈夫。(2015/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
「Windows 10無料アップグレード」を積極アピールするMicrosoft
米MicrosoftはCOMPUTEX TAIPEI 2015の基調講演にて、7月29日公開の「Windows 10」を改めてアピール。同OS対応の新デバイスもお披露目した。(2015/6/5)

Dell、わずか13センチの超小型デスクトップPCなど「Inspiron」新製品を発表
Dellは、台北で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2015で、ノートPC、2in1、デスクトップなど「Inspiron」シリーズの新製品6機種を発表した。(2015/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015で見つけたIoT製品:
これはかわいい!――女性デザイナーが考えたキノコ型Wi-Fiカメラ
キノコの形が特徴的な「OCam-M1」は、台湾Ahoku社が開発したWi-Fiカメラ。赤ちゃんのいるお母さんや、自宅のペットが心配だけど毎日の帰宅が遅い女性などが買いやすいデザインを目指した。(2015/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
緊急現地検証! “Hでくせの強い”Broadwellの実力を「Core i7-5775C」で試す
「ええ! ここでいまやるの? きーてないなぁー」と人気番組で定番のセリフを口にしつつ、台北にあるホテルの一室でベンチマークテストを走らせるのであった。(2015/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Mini-ITXも登場! ASRock、まっとうな「Z170」チップセット搭載ハイエンドマザーボード公開
“Skylake”対応マザーボードには、Type-A/C対応USB 3.1インタフェースユニットが標準で付属するという。(2015/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GIGABYTE、“なんだかかっこいい”「Z170」チップセット搭載Gamingマザーボードを公開
巨大なホワイトヒートシンクの上を鮮やかなレッドラインが走るデザインは、中の人をして「久々に自腹で買いたいマザーボード」と言わしめるほど。(2015/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2015で見つけたIoT製品:
“ネコダイエット”もOK――愛猫の顔を認識して餌を与える「Catfi」
Zilliansは、飼い主が不在中でもネコに食事や水を与えることのできる自動給餌機「Catfi」を出展。ネコの顔を認識し、食事量の記録や管理もできる。(2015/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Intelが「Thunderbolt 3」を発表――USB 3.1 Type-Cとの共存で延命へ【詳報】
新しいMacBookがコネクタをUSB-Cに集約したことで、Thunderboltの存続が危ぶまれる声もあるが、「Thunderbolt 3」はUSBコネクタとの共通化により生き残りを図る。(2015/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
DELL、“Carrizo”搭載やゲーミングなInspiron新モデルを公開
グラフィックスコアに“Radeon R8 M3500X”を搭載するゲーム利用を重視したInspironブランドのゲーミングPCが登場。Alienwareとの違いはなに?(2015/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2015 3Dプリンタニュース:
3Dプリント、3Dスキャンに続く“第3の機能”を搭載するパーソナル3Dプリンタ
XYZprintingは、台湾・台北市で開催されている「COMPUTEX TAIPEI 2015」において、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズ/「ダヴィンチ Jr.」シリーズの新製品の他、低価格な3Dスキャナや3Dペンなどを披露。注目は、3Dプリント、3Dスキャンに続く“第3の機能”だ。(2015/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。