ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「eセールスマネージャー」最新記事一覧

Weekly Memo:
「CRM/SFA×ロボット」は企業に何をもたらすか
CRM/SFAとロボットを組み合わせれば有能な“営業マン”に――。ソフトブレーンがそんな新ソリューションを発表した。「CRM/SFA×ロボット」は企業に何をもたらすのか。(2016/3/28)

Pepperが営業力を強くする、担当者とロボットが連動してお出迎え
営業支援システムなどを手掛けるソフトブレーンが、Pepperを利用した受付システム「eレセプションマネージャー」を発売する。名刺交換の相手を絶対に忘れないロボットが、無人化の進む受付を営業のチャンスに変える。(2016/3/23)

ホワイトペーパー:
情報活用で営業課題解決──4つの成功例から学ぶ正しいSFA/CRM導入術
営業課題は企業によって異なるが、解決策の第一歩は「情報の活用」だ。SFA/CRM導入で課題を解決した4社の情報活用成功の秘訣とは?(2015/3/20)

Weekly Memo:
グループウェアとSFAの連携に見る新たな市場競争の幕開け
国内導入実績でトップクラスのグループウェアとSFAの相互連携が実現した。これによって、新たなステージでの市場競争が幕を開けそうだ。(2014/8/11)

導入事例:
日本生命、営業支援システムの導入で情報蓄積と営業活動の見える化を実現
日本生命は、営業の効率化を支援するサービスパッケージ「eセールスマネージャーRemix Cloud」を導入した。(2013/9/10)

ミサワホーム、「eセールスマネージャー」導入で営業力強化
営業活動の可視化などを目的にミサワホームが営業支援システムを採用した。(2012/11/16)

レポート スマートデバイス導入セミナー:
スマートデバイス業務利用の勘所
@IT情報マネジメント編集部では2012年6月7日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで「第17回 @IT情報マネジメントカンファレンス “活用・運用”をセットで学ぶスマートデバイス業務利用の勘所」を開催した。その要点をレポートする。(2012/7/10)

スマホで営業支援――ソフトブレーンが中小企業向けアプリ開発
ソフトブレーンが営業の効率化を支援する企業向けアプリを開発。機能を必要最低限におさえ、導入しやすい価格で提供する。(2011/7/20)

ソフトブレーン、スマホアプリ「eセールスマネージャーnano」を開発
中小企業向けに利用機会の多い機能を搭載するiPhone/Android用のSFAアプリケーションをソフトブレーンが開発した。(2011/7/19)

eセールスマネージャーにWeb会議機能、ソフトブレーンが提供
ソフトブレーンの「eセールスマネージャー」クラウド版でシスコのWeb会議サービス「WebEx」が利用できるようになった。(2011/6/30)

Weekly Memo:
ソフトブレーンが突きつけたSalesforce.comへの挑戦状
ソフトブレーンが先週、主力の営業支援ソフトのクラウド対応版を発表した。海外展開も強化した新サービスで、世界の強豪Salesforce.comに挑む。そのアドバンテージとは――。(2010/6/28)

「eセールスマネージャー」新版に宋文洲氏も手応え ソフトブレーン
ソフトブレーンは営業支援ソフトウェアの最新版を発表。クラウド環境への対応や使い勝手の強化を図った。(2010/6/24)

北海道ガス、営業支援システムで巡回活動を効率化
北海道ガスは、営業支援システムのパッケージソフト「eセールスマネージャー」の稼働を開始した。巡回活動で得た情報を基に、訪問活動の効率化や顧客満足度の向上につなげていく。(2010/3/16)

NEWS
サイボウズ総研とアプレッソ、ガルーン 2とGoogleカレンダー/SharePointがスケジュール連携できる製品を開発
サイボウズ総合研究所とアプレッソは、ガルーン 2と複数のグループウェアやSFA製品のスケジュール情報を単・双方向に自動同期できるソフトを発表した。30ユーザーで66万円から。(2010/2/8)

NEWS
ソフトブレーン、経営判断に必要な21帳票を追加した営業分析ツール新バージョン
ソフトブレーンは、新たに21帳票を追加した営業分析ツールの新版を販売開始。企業に蓄積された営業活動情報から予算達成に必要な情報を抽出し、リポートする。(2010/1/27)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
日本流と現地流の調和をどう生み出すか――ソフトブレーン・駒木専務
オフショア開発などで古くから中国進出に進出するソフトブレーンは、事業が軌道に乗るまでに人材面や社会環境の変化などのさまざまな課題に直面したという。それをどのように乗り越えて事業基盤を築いたのか、同社に聞いた。(2010/1/6)

ソフトブレーン、eセールスマネージャーのβ版APIを開発
ソフトブレーンは、営業支援システム製品「eセールスマネージャー」のWeb API(β版)を開発した。経費清算などの業務アプリケーションと連係して営業活動に伴うデータ処理を効率化する。(2009/11/16)

ソフトブレーン、売上予測のリポートツールをバージョンアップ
ソフトブレーンは、受注前の情報から売り上げなどを予測、分析するためのリポートツール「eセールスナビ」の最新版を発売した。(2009/11/6)

NTTファシリティーズ、営業支援システム刷新で売り上げ増を狙う
NTTファシリティーズは、売り上げの増加を狙い、営業支援システムを刷新した。6月にシステムを導入し、稼働を開始させている。(2009/10/23)

達人に聞く“営業の極意”(1):
目標から逆算すれば、営業予算を達成できる──ソフトブレーン
昨今の不況下でも着実に営業実績を伸ばしている企業も存在する。営業活動には、市場状況に左右されず目標予算を達成するための秘けつがあるのではないだろうか。ソフトブレーンに予算必達の極意を聞いた。(2009/9/8)

Gmailの連絡先と名刺を同期:
三三、名刺管理SaaSをGoogle Apps連動へ
(2009/7/1)

SMBのためのSaaS利用術【第2回】
「カスタマイズが肝」のCRM、どこまでSaaS事業者に合わせる?
SaaSアプリケーションの代表格ともいえるCRM(顧客系管理システム)。それだけに選択肢も広い。SMBに適したSaaS型CRMとは何か、各業務特性からチェックポイントを洗い出そう。(2009/6/11)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

日本通信、ソフトブレーン・インテグレーションのMVNO事業をサポート
日本通信が、ソフトブレーン・インテグレーションのMVNO事業参入にあたり、協業することで合意。MVNEとしてFOMA回線を提供する。(2009/4/14)

Excel管理から卒業:
ソフトクリームの売り上げ拡大へ、日世が営業情報の共有にSFA導入
ソフトクリームメーカーの日世は、Excelで管理していた市場動向などの情報を営業担当者が共有する目的でSFA(営業支援)システムを導入した。(2009/4/8)

“個人”営業から“組織”営業へ:
イー・モバイルが営業管理システムを構築
イー・モバイルはソフトブレーンの営業支援サービスを導入し、個人管理していた営業活動に関する情報を営業全体で共有する仕組みを構築した。(2009/1/21)

景気対策として:
eセールスマネージャー向けPHSサービス、ソフトブレーン・インテグレーションが提供
ソフトブレーン・インテグレーションは、営業支援ソフト「eセールスマネージャー」およびPHSをセット利用するサービスを開始する。(2009/1/20)

マイクロソフトなど3社、Office製品と業務アプリの相互接続に自信
マイクロソフト、アプレッソ、ソフトブレーンの3社は、Microsoft Office製品と営業支援システム間の相互接続を行うためのモジュールを共同開発した。.NETベースのシステムとJavaベースの業務システムの距離がますます近くなる。(2008/12/28)

Exchange、SharePointとSFA、グループウェアなどで連携:
アプレッソが複数の予定管理システム同期製品を発表
(2008/12/17)

eセールスマネージャーを活用:
プリンスホテル、営業支援システムで営業提案のロスを軽減
プリンスホテルは、複数のホテルで保有する法人顧客のデータを一元管理し、営業情報をホテル間で共有する環境を「eセールスマネージャー」で構築した。(2008/12/2)

ホワイトペーパー:
「売り込まなくていい営業」を可能にした顧客関係構築の秘訣
葬祭業大手であるメモリアルアートの大野屋は、徹底した情報共有と顧客接点重視のマネジメントに取り組み、顧客本位の販売体制を確立している。その体制を構築するために導入したのがSFA/CRM製品だ(提供:ソフトブレーン)。(2008/11/21)

富士通、部材調達のノウハウ共有を強化
富士通は、担当者のスキルに依存していた調達業務を可視化し、ノウハウを共有できるシステムの稼働を開始させた。世界の調達拠点の業務も共有できるという。(2008/10/14)

SFAとグループウェアをSaaS形式で合体:
打倒Salesforce.com? ソフトブレーンなどがSaaS型SFA発表
(2008/9/19)

SFAとグループウェアを仮想化で連携 センク、09年春にSaaSで
営業支援ソフト「eセールスマネージャー」とグループウェア「desknet’s」を仮想化基盤上で連携し、営業情報と各種データを有効に活用できるSaaSサービスを、センクが発表した。(2008/9/19)

訪問活動の履歴を参照:
NECネクサとソフトブレーン、医薬品製造業向けSFA製品をSaaSで提供
訪問活動に必要となる施設や医師などの活動報告の履歴を参照したり、情報を共有したりできるようになる。(2008/8/19)

まずはSFAから:
NEC、通信事業者向けSaaS基盤パッケージを発売
NECはSaaS事業の運営管理ソフトウェアとアプリケーションをセットにした通信事業者向け「アグリゲーション型SaaSソリューション」を発売した。(2008/6/2)

ソフトブレーン、eセールスマネージャーの最新版をリリース
eセールスマネージャー エンタープライズで予実管理のリポートができるようになった。(2008/5/7)

NEWS
ソフトブレーン、予実管理機能を強化したeセールスマネージャーの新バージョン
「eセールスマネージャーVer7.1 エンタープライズ」の販売を開始。「予実管理レポート機能」の追加により、目標予算に対する実績や見込みのリアルタイムな進ちょく把握が可能になったという。(2008/5/7)

9月からはSaaS形式で提供予定も:
SFA国内シェア1位のノウハウを生かした非製造業向け業務支援ソフト
(2008/4/10)

ソフトブレーン、国や部門をまたげる業務プロセス管理の新製品
ソフトブレーンは、国内外の拠点間や複数部門をまたいでの業務プロセスを管理できる「ビジネスクロス」を発表した。(2008/4/10)

アドテックとソフトブレーンI、EeePCと通信回線がセットのシンクライアントサービス開始
アドテックとソフトブレーン・インテグレーションは、低価格PC「EeePC」を利用したシンクライアントサービスを始める。(2008/3/3)

ソフトブレーン、手入力なしで名刺をSFAに反映するサービス
ソフトブレーンと三三は業務提携し、名刺データ化サービスとSFAシステムを組み合わせた新サービスを発表した。(2007/12/21)

ソフトブレーン、欧州で「eセールスマネージャー」の販売を強化
ヨーロッパでSFA製品「eセールスマネージャー」の拡販を目指すソフトブレーンは、英JRI Europeと販売パートナー契約を締結した。(2007/12/17)

圏外で業務情報を閲覧/入力、圏内でデータを同期――「eセールスマネージャーfor Windows Mobile」
(2007/12/14)

ソフトブレーン、中国版スマートフォンでも使えるCRMソフトを発売
ソフトブレーンは、Windows Mobileスマートフォン対応のeセールスマネージャーの日本語版および中国語版を同時発売した(2007/12/14)

NEWS
ソフトブレーン、Windows Mobile対応のCRM・SFAオフラインアプリケーションを発売
「eセールスマネージャー」のオフラインアプリケーション「eセールスマネージャー for Windows Mobile」の販売を開始。携帯電話などの電波受信圏外でも入力業務が可能に(2007/12/14)

MIJS標準の第一弾登場:
「オーディオコンポ」を目指した標準規格、SaaS化も視野に
MIJSコンソーシアムは、第2回カンファレンスで「MIJS標準規格」の第一弾を発表。同時に来年度に向けたSaaS利用形態での選択肢も増やす考えを示した。(2007/12/3)

さわやか信金、CRMシステムを全店導入 全員営業体制へ
さわやか信用金庫は、営業業務の効率化に向けCRMシステムを導入した。業務報告や個人の記憶に頼ってきた顧客情報をデータ化し、案件交渉プロセスを蓄積、共有する。(2007/12/3)

さわやか信用金庫が全62店舗で「eセールスマネージャー」を稼働
東京・神奈川エリアで営業展開するさわやか信用金庫に、ソフトブレーンのCRMパッケージ「eセールスマネージャー」が導入された。(2007/12/3)

NEWS
ソフトブレーンとインフォベック、SFAとERPを連携させた内部統制対応ソリューションを提供
ソフトブレーンのSFAソリューション「eセールスマネージャー」とインフォベックのERPパッケージ「GRANDIT」を日本オラクルの「Oracle BPEL Process Manager」で連携可能に(2007/11/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。