ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「架空請求」最新記事一覧

米国で年間6000億ドルの損失
深刻化する医療詐欺、“予防”に役立つ3つの分析手法
データ分析は、医療詐欺対策に役立つ効果があることが証明されている。そして、その予防的手法は幅広い業界に恩恵をもたらす可能性がある。(2016/5/16)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

マーケティング自動化、IoTも:
米SASがアナリティクスでSAS言語以外に対応、クラウド対応、API連携進める
米SAS Instituteは2016年4月19日(米国時間)、同社アナリティクス製品群の統合アーキテクチャ「SAS Viya(ヴァイア)」、マーケティング自動化の新製品「SAS Customer Intelligence 360」、IoTソリューション「SAS Analytics for IoT」を同時に発表した。Viyaでは、Python、Lua、Javaに対応する。(2016/4/20)

バズワードになってしまった「AI」
「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値
人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。(2016/4/15)

R25スマホ情報局:
最新「ゼロクリック詐欺」の傾向と対策
ここ数年「ワンクリック詐欺」がスマホユーザーを脅かしている。対策としては悪質なサイトをブロックするセキュリティアプリをインストールすることが肝要だという。それでも、架空請求のポップアップ画面が表示されたら、決して電話をかけることなく、落ち着いてキャッシュ削除の操作を行いたい。(2016/3/7)

警視庁公認の防犯アプリ「Digi Police」がリリース ケモノ娘「テワタサナイーヌ」も活躍
いざというときに役立つさまざまな情報を配信。(2016/3/1)

「有料動画の料金支払え」――DMM.comをかたる架空請求に注意 12万円支払った人も
DMM.comをかたる事業者による架空請求の相談が相次いでいるとし、消費者庁が注意を呼び掛けている。12万円支払った人もいたという。(2016/1/19)

DMM.comを装い架空請求するメッセージにご用心 消費者庁が注意呼びかけ
DMM.comを装って有料動画の未払料金を請求するSMSが報告されています。(2016/1/18)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト口座へ振り込んだ1万4000件の電話番号流出か
三菱東京UFJ銀行の一部の口座入出金明細が不正アクセスで漏えいし、出会い系サイトに振り込んだ人の電話番号約1万4000件が流出した可能性が高いという。(2015/12/1)

三菱東京UFJ銀行、出会い系サイト運営者の口座からサイト利用者の電話番号が漏えい 1万4000件か
すでに電話番号を用いた架空請求詐欺も発生し、同行は謝罪とともに注意喚起しています。(2015/12/1)

PR:人気の「格安スマホ」が抱える落とし穴とは? 無料の「360セキュリティ」でリスクを解消
人気の“格安スマホ”だが、コスト優先でセキュリティに関するサポートが弱い一面もある。マルウェアなどの脅威から格安スマホを守るため、ユーザーはどのような対策をすればいいのだろうか。(2015/8/27)

R25スマホ情報局:
最新迷惑メール事情、傾向と対策は!?
内容や詐欺の方法など、多様化している迷惑メール。受け取った側は、冷静さと用心深さをもって対処するしかなさそうです。(2015/6/3)

Weekly Access Top10:
今日のお昼ごはんの写真を10年後に見るかもしれない
スマートフォンで撮った写真はひたすらストレージにためていますが、10年経った時一体どんな感想を持つのでしょうか……。(2015/6/1)

「払わなければ財産差し押さえ」と脅迫 「LINE PLAY合同会社」名乗る会社の架空請求に注意呼びかけ
あの「LINE」アプリの会社とは無関係です。(2015/5/30)

「LINE PLAY合同会社」からの架空請求に消費者庁が注意喚起 LINEとは無関係
「LINE PLAY合同会社」からの架空請求メールに消費者庁が注意を呼び掛けた。コミュニケーションアプリ「LINE」や「LINE PLAY」を運営するLINEとは無関係だ。(2015/5/29)

小中学生はネットの“情報整理”が苦手 文部科学省が調査
複数のWebページの情報を整理するのが苦手なもよう。(2015/3/25)

PR:生体認証はここまで進化した――第一人者、横浜国立大学大学院の松本教授に聞く
「なりすましができない」と言われ注目を集める生体認証技術。この分野に詳しいセキュリティ研究者・松本勉教授に、安全性や最近の動向について話を聞いた。(2015/3/5)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
健康・医療分野におけるビッグデータイノベーションの動向
健康医療はビッグデータ利活用への期待が高い反面、厳格な法規制の下で情報セキュリティのリスクも高い。日本では医療介護データの有効活用によって医療費削減を図る方針が打ち出されたばかりだが、先行する米国はどのような形で取り組んでいるのだろうか。(2014/8/21)

小寺信良「ケータイの力学」:
子供へのネット規制の歴史(1)
子供たちがケータイを手にするようになって10年以上がたつ。その間、どんな問題が起こり、大人たちはどう向かい合ってきたのか。その流れをまとめてみた。(2014/8/4)

松岡功の時事日想:
第二のベネッセ事件を起こさないために──情報セキュリティ、10のポイント
IT社会の進展でますます深刻な問題となっている「情報セキュリティ」の脅威。複雑化するセキュリティ脅威にはどんなものがあるか、最近、注目されている脅威は何か。専門家だけでなく、ビジネスパーソンもきちんと認識しておくべき「2014年版 情報セキュリティの10大脅威」を紹介する。(2014/7/30)

小寺信良「ケータイの力学」:
ベネッセ・データ流出事件で想定される被害
ベネッセの個人情報が大規模に流出した。事件に巻き込まれた側の立場から、今後考えられる家庭への影響を考えてみたい。(2014/7/22)

R25スマホ情報局:
アダルトサイト高額請求、回避法は?
アダルトサイトで高額な料金を請求されたとするスマホ利用者からの相談件数が約2.5倍に増加したことが明らかになった。具体的にどのような事例があるのだろうか。(2014/6/11)

PR:アナリティクスと戦略の専門家が集う新組織、IBMが目指す“真”の顧客価値創造とは?
技術革新によるデジタル化がここまで進んだことで、新技術への対応度が企業の明暗を分けるまでになった。また、さらなる競争力強化に向け、ビッグデータの活用も進みつつある。こうした中、IBMは新技術による多様なデータ分析を支援すべく、アナリティクスと戦略コンサルタントの専門家を集めた新組織「Strategy & Analytics(S&A)」を立ち上げた。その狙いや具体的に提供するソリューションとは一体何か。米IBMの同部門統括責任者が語った。(2014/3/31)

識者が選ぶ2013年最大の脅威は「標的型メールとスパイ」
情報セキュリティ分野の研究者や実務担当者など117人が2013年の「10大セキュリティ脅威」を選定。トップは影響範囲が拡大しつつある標的型メールを使ったスパイ活動だった。(2014/3/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
アダルトサイトのリスク、注意事項総まとめ
これまで企業向けの話題を中心に取り上げてきたが、最近は「個人をターゲットにした相談も含ませて欲しい」という希望をいただく。そこで今回は、個人向けを含めて相談の多い「アダルトサイト」の注意事項をまとめてみたい。(2014/2/21)

個人情報そのやり方では守れません:
SNS上で、見知らぬ人と友達になってはいけない
Facebookを利用していて見知らぬ人から友達申請を受けることがありますが、たいていは偽アカウントなので友達になってはいけません。個人情報が偽アカウントの作成者の手に渡り、プライベートが筒抜けになってしまうからです。うっかり「友達」になってしまうと、痛い目にあうかもしれませんよ。(2014/2/19)

女神的リーダーシップ:
信頼関係で結ばれた人々がグループで保険に入る
保険料を抑えながらより大きな安全や幸せを保障する、独創的な仕組みがある。信頼関係で結ばれた人々が合意してグループで保険に加入するというもの。複数の加入者を束ねることにより、巨額の保険金請求があった場合のリスクを分散しようというものだ。(2014/1/21)

Windowsネットワーク管理者のためのAndroid活用入門:
第3回 Androidアプリのストア環境について知っておくべきこと
Androidをターゲットとしたマルウェア(不正アプリ)の報道が増えている。背景にはAndroidのアプリ・ストア環境にも一因がありそうだ。エンドユーザーを抱える管理者として注意すべき点をまとめる。(2013/5/29)

都内の若者に聞く、悪質商法の被害を受けたのは4.0%、勧誘されたのは?
東京に住む若者で、いわゆる“悪質商品”の被害にあったことがある人はどのくらいいるのだろうか。都内に在住する18〜29歳の人に聞いた。東京都調べ。(2013/3/25)

ITマネジャー覆面座談会 第2回:
PR:ただのビッグデータには価値がない、生かすためには人が重要だ
(2013/2/26)

ネットワンシステムズで不正発覚 社員ら架空請求、総額7億円超か
ネットワーク専業のネットワンシステムズで社員が関わる架空請求が発覚。総額7億4800万円に上る可能性があるという。(2013/2/12)

ニッポンの電子化は無駄ばかり、真の「IT化」を――イーコーポレーションドットジェーピー廉社長
電子化ではなく情報化を。ただ単に今まで行われていた業務を電子計算機を利用し自動化しても多少コストは下がるが、真の意味での利便性と業務効率化、本格的なコスト削減にはつながらない。国民がメリットを享受できる公共サービスは何か。現状の全面否定からスタートする、その発想が必要だ。(2012/8/22)

“ウイルスバスターだけじゃない” トレンドマイクロがコンシューマー事業で新展開
トレンドマイクロは、クラウドサービスなどを中核とした「ソリューション型ビジネス」をコンシューマー市場で展開する。2016年に売上高を650億円規模に増やす計画を掲げている。(2012/7/31)

デジタルアーツが調査:
未成年のスマホユーザー、フィルタリングの設定率が低下傾向
デジタルアーツが未成年とその親の携帯電話・スマートフォンの使用実態に関する調査結果を発表した。スマホユーザーの低年齢化が進むと同時に、フィルタリングの設定率が低下していることが分かった。(2012/7/13)

ファイルを“人質”に金を要求するランサムウェアが国内にも出現
トレンドマイクロは6月度のセキュリティレポートで、海外では発見事例の多い「ランサムウェア」が国内でも見つかったと報告している。(2012/7/10)

振り込め詐欺にひっかかる奈良県民、なぜ?
奈良県内で振り込め詐欺被害が止まらない。今年は4月の時点で、昨年1年間の被害総額を上回った。詐欺被害が広がる背景には、一体何があるのだろうか。(2012/7/5)

PR:この夏注目のAndroidスマートフォンに導入しておきたい全方位のセキュリティ
2012年夏、Androidスマートフォンがアツい。国内市場で端末の機能や性能が成熟し、選択の幅も広がって、買い時を迎えている。そんなAndroidスマートフォンに、忘れずに入れておきたいのがセキュリティアプリだ。すでにAndroidスマートフォンを使っているユーザーも、セキュリティ対策は抜かりなく実行しておきたい。(2012/7/5)

ニューヨーク市に学ぶ大規模データ活用の真髄
ブルームバーグ市長が推進するニューヨーク市政府の大規模データ活用に携わっていた筆者が、さまざまな実例を基に、企業が今後いっそう注力すべきデータ解析のキーポイントをお伝えする。(2012/6/6)

Kasperskyセミナー(2):
Androidを狙った詐欺サイトや偽AVソフトなど――国内の最新事例を紹介
Kasperskyのメディア向けセミナーで、日本情報セキュリティラボ所長、ミヒャエル・モルスナー(Michael Molsner)氏が日本で見られるセキュリティ脅威の最新事例を紹介した。(2012/4/16)

スマートフォンを狙った架空請求が増えている
「無料と思い込んでアダルトサイトにアクセスしたら料金請求画面が消えない」。スマートフォンを狙った架空請求が急増していることが、東京都生活文化局の調べで分かった。(2012/3/26)

振り込め詐欺を電話の声から見破る新技術、富士通と名大が開発
悪質な通話相手から心理的抑圧を受けて“だまされやすくなっている状態”を自動検出し、振り込め詐欺を見破るという新技術を、富士通と名古屋大が開発した。(2012/3/19)

不正請求をクリーンアップするサービス、トレンドマイクロが提供
PC画面にワンクリック詐欺などの不正請求メッセージが表示されるのを、技術者が停止させるサービスを始めた。(2012/2/3)

夏休みに心掛けたい会社や家庭でのセキュリティ対策
IPAは、夏季休暇を前に企業のシステム管理者や社員、個人に向けたセキュリティ対策での注意事項などを紹介している。(2011/7/28)

変革期をリードするIT経営者:
【第5回】ビジネス・インテリジェンス力を高め非連続な変化を先取り
ビジネス・インテリジェンスの領域で近年急速に注目を集め事例が増えているのが、モデル化、最適化を行う情報活用、すなわち第3段階です。(2010/8/23)

アダルトサイトで遭遇する不正請求とマルウェア、IPAが再度の注意喚起
「ワンクリック請求」に関する相談件数が減らず、IPAは「“罠ではないか”と疑いを持ってほしい」と呼び掛ける。(2010/8/4)

「可能な措置をすべて講じている」――iTunes、消費者庁の再質問に回答
iTunes Storeから身に覚えのない請求を受けた事例が相次いでいる問題で、消費者庁からの追加の質問状にiTunesが回答。同庁に対し、「iTunesは日本のユーザーのために可能な措置はすべて講じていることを確認してほしい」と求めている。(2010/4/6)

SAS、メーカーのアフターサービスを改善する新製品を発売
SAS Institute Japanは、メーカーが製品を販売後に実施するアフターサービスの質を高めるソフトウェア新製品を4月1日から提供すると発表した。(2010/3/24)

2009年の国内サイバー犯罪は過去最高、不正アクセスやメールが増加要因に
警察庁は2009年の国内サイバー犯罪動向について発表した。不正アクセスや詐欺メールの犯罪が増加し、統計開始後では最多となった。(2010/3/4)

法人サイトの改ざん被害が急増、セキュアブレイン調べ
セキュアブレインは、1月のセキュリティ報告書を公開し、Gumblar型攻撃によるとみられる法人サイトの改ざんが急増していると発表した。(2010/2/23)

企業や家庭で実施すべき年末年始のセキュリティ対策――IPA
IPAは企業のシステム担当者や一般のPC利用者へ、年末年始のセキュリティ対策を呼び掛けている。(2009/12/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。