ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「財務会計」最新記事一覧

質問!財務・会計・経理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で財務・会計・経理関連の質問をチェック
財務会計製品一覧 − TechTargetジャパン ERP&IFRS

「導入も操作も簡単」という宣伝文句の意味を見抜こう
今度こそ“脱Excel”で管理会計のシステム化、経理担当者でも使えるBIツールの選び方
「BIツールを使えば、どんな分析も簡単にできるだろう」と深く検討せずに導入したら、実は情シスしか使いこなせなかった……。そんな“落とし穴”にはまらないように、どんな観点でBIツールを選べばよいだろうか。(2016/7/1)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クラウドの定義」
クラウドコンピューティングは、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)の定義を基に、サービスモデルの違い、またはシステムの配置モデルの違いによって整理することができます。(2016/6/24)

需要旺盛な航空機リース:
三菱商事傘下の航空機リース大手が「シリコンバレーのデファクト」を採用
ネットスイートは、航空機リース大手のMCアビエーション・パートナーズが「NetSuite OneWorld」を採用したことを明らかにした。格安航空会社などを中心に旺盛な需要が見込まれ、グループ会社を横断した、より効率的な統合会計システムが求められていた。(2016/6/3)

SuiteWorld 2016 Report:
ガンプラやフィギュアを世界へネット通販するホビーリンクがNetSuiteを採用
「ガンプラ」をはじめとする模型や玩具を海外向けにネット通販しているホビーリンク・ジャパンが、NetSuite OneWorldを採用する。グローバル対応はもちろん、優れた在庫管理機能や柔軟な受注管理機能が決め手になった。(2016/5/19)

SuiteWorld 2016 Report:
夢の高速移動システム「Hyperloop」構想も、クラウドERPが後押し
シリコンバレーのど真ん中、サンノゼでクラウドERPの雄、NetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2016」が開幕した。夢の高速移動ネットワーク「Hyperloop」を開発するベンチャー企業も顧客としてステージに上がった。(2016/5/18)

新人のための「クラウド」基礎講座(1):
「クラウド」とは何か
あなたは、「クラウド」を本当に正しく理解していますか? 新卒エンジニアやいきなり業務で必要になった若手、IT業界で働く営業担当者などのために、“やさしい先輩”が順番に「クラウド基礎講座」をお届けします。「そんなの知ってるよ」という人も、あらためて知識を確認・整理してみてはいかがでしょうか。(2016/4/22)

企業の競争力アップの最後の砦
「紙の使い勝手のままデジタル化」がコツ、意思決定を速めるドキュメントマネジメントとは
クラウド時代といわれる昨今においても、紙の文書は企業全体の業務の中でそこかしこに点在している。だが紙による業務のデジタル化は、企業の意思決定を迅速化し、競争力を強化する上では欠かせない。(2016/3/31)

「君たちはPCと机に向かうな」 ダイハツのIT部門が現場に飛び込んだ理由
自動車製造業のIT部門が、机に向かっているのは間違いだ――。社長の言葉を受けて、ダイハツの情シスは“インフラ運用部隊”と現場に飛び込む“遊撃隊”に分けられた。IT部門の存在意義とは何か。試行錯誤を繰り返す中で、ダイハツがたどり着いた答えとは?(2016/3/18)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(4):
複雑すぎる原価管理、IoTでどうカイゼンするか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第4回となる今回は、原価管理におけるIoTの活用ポイントについて紹介します。(2016/3/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(23):
採用通知=正式契約、ですよね?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、正式契約なしに着手した開発を、ユーザーが「契約成立」と主張し、ベンダーが「契約不成立」と反論し争った裁判を紹介する。通常とは逆パターンの本事件、果たして何が起こったのか?(2016/1/18)

最新のIT技術で変わる医療の現場:
PR:“データ”を医療サービスの向上、病院経営の武器に――ときわ会 常磐病院のDWH/BI活用
「病院内で利用しているさまざまなシステムのデータを集約/分析するDWH/BI基盤を整備し、医療サービス向上や経営効率化の推進力とする」──福島県いわき市の常磐病院で進められているこの取り組みが、大きな成果を生みつつある。そのDWH/BI基盤を担うのが“Oracle Database 12c on ODA”だ。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Engineered System][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/1/14)

宮城は全てに「ちょうどいい」:
PR:努力家エンジニアが才能を花開かせた「Jターン」という選択
大都市ほどギスギスしていない。田舎と言われるほど不便でもない。仕事をするにも暮らすにも、全てにおいてちょうどいい「宮城」でITエンジニアとして働くということ。(2016/1/6)

ホワイトペーパー:
グローバル企業が解決すべき9つの課題と解決策
海外拠点を構えるグローバル企業にとって、ビジネスのコントロールにかかる膨大なコストと時間は大きな障害だ。税制や財務期間、商習慣の違いがある中で、正しい数字を可視化していくのは容易ではない。本項ではその課題と解決策を提示していく。(2015/12/15)

Weekly Memo:
公の場に初登場した日本IBM新社長が語った「ビジネスの勝負どころ」
今年1月に日本IBMの社長に就任したポール与那嶺氏が先週、顧客企業向けの自社イベントで講演を行った。公の場に初登場した同氏が語った「ビジネスの勝負どころ」とは――。(2015/5/25)

サポート終了直前緊急特別対談:
PR:Windows Server 2003のサポート終了は10年先を見据えた経営革新の機会とせよ
直前に迫ったWindows Server 2003の延長サポート終了。日本マイクロソフトは新しいIT基盤への1日も早い移行をユーザー企業に呼びかけている。この取り組みは、今どこまで進んでいるのか。企業の経営者にIT投資を納得してもらうには何が求められているのか――。ジャーナリストの松岡功氏が日本マイクロソフトの佐藤久氏に迫った。(2015/5/15)

北海道の4国立大学、SaaS型購買システムを共同運用
北海道にある4つの国立大学がクラウド型電子購買システムの共同利用を始めた。物品購買業務の効率化と内部統制強化を目指す。(2015/4/28)

二者択一で悩む必要はない:
PR:クラウドを最大限に活用するためのデータ管理とは
クラウド的なデータ管理がしたいが、クラウドサービス事業者に、自社のデータのコントロールを奪われたくない。そう考えるIT担当者は、従来型のストレージ製品と、クラウドサービスの二者択一となっている現状に悩んでいる。だが、実はよく見ると、それ以外の選択肢はたくさん出てきている。(2015/4/13)

マイナンバー対応、完了企業は約2割に
JIPDECとITRの調査によれば、2016年1月に開始される「マイナンバー」制度への対応では約2割が完了と答える一方、3割近くは「予定なし」「わからない」と回答した。(2015/3/24)

経営会議が生まれ変わる:
PR:ビジネスに勝つ“データドリブン型組織”を生み出す方法
「データはビジネスのヒントが隠された宝の山」――。そんなデータの分析が経営の意思決定に重要な役割を果たすことは、今や疑う余地がないだろう。マイクロソフトが提供する「Office 365」と「Power BI」を使えば、正確かつリアルタイムなデータ分析で、あなたの会社の経営会議が生まれ変わるかもしれない。(2015/3/2)

基幹の住民情報管理にクラウドサービスを採用した栃木県小山市、その理由は?
税や福祉など自治体にとっては非常に重要な基幹業務に関わる住民情報管理システムに、富士通のクラウドサービスを採用した。(2015/2/25)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(5):
失敗しないERP導入プロジェクトの進め方(選定編)
中堅製造業に効果的なグローバルERPの活用方法と、失敗しない導入方法を解説する本連載。前回から3回にわたり、ERP導入を成功に導くための重要なポイントについて、プロジェクトのステップごとに解説しています。今回は、ERP製品と導入ベンダーの選定について説明します。(2014/12/22)

エンタープライズアプリ開発、Web/モバイル化が伸張
IDCの調査によると、2013年の企業向けWeb/モバイルアプリケーション開発ソフトウェア市場の規模は69億円、前年比5.1%増になることが分かった。(2014/11/17)

経理部門絶賛のツールを紹介
マンガで解説:「Excel」頼みを脱して経営リポートを効率的に作るには?
会計データをまとめ、さまざまな角度から事業を分析したリポートは経営のかじ取りに欠かせない。しかし、作成する経理部門にとって、その作成は大変な作業だ。効率的にリポートを作成する方法を漫画で紹介する。(2014/10/20)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(2):
「アメーバ経営」の3つの目的
「アメーバ経営」を製造業の運営にどう当てはめるかという手法と事例を解説する本連載。第2回となる今回は、アメーバ経営で目指すべき“3つの目的”を紹介する。(2014/10/6)

Microsoft、新取締役にVisaのCEOを指名
サティア・ナデラCEOの下、改革を進めるMicrosoftが、2人の取締役交代を発表した。新取締役にはVisaのCEOのとKraft FoodsのCFOが就任する。(2014/9/17)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(1):
「アメーバ経営」とは何か
グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。(2014/9/12)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
研究開発を牽引するクラウドとビッグデータ、リスク管理をどうするか
健康医療分野の研究開発ではクラウドやビッグデータの活用が進んでいる。だが、ステークスホルダーや活用されるデータの広がりとともに、様々な情報セキュリティやリスクの問題も浮上する。先行する米国での事情はどのようになっているだろうか。(2014/9/9)

導入事例:
ワコール、グループ68社の共通IT基盤をプライベートクラウドへ移行
繊維メーカー大手のワコールは、グループ共通のプライベートクラウド基盤としてデータベースマシン「Oracle Exadata」を導入。総保有コストの大幅な削減を見込んでいる。(2014/8/6)

「AWS Summit Tokyo 2014」EdTech & Research セッションリポート
広島大学が基幹系をAmazonクラウドへ移した理由
「Amazon Web Services(AWS)」に基幹系システムを移行した広島大学。その決断を後押ししたものとは何か。なぜAWSなのか。同大学の情報担当副理事を務める相原玲二教授の話から明らかにする。(2014/7/31)

PR:ITをビジネスの武器として駆使するあきんどスシローがクラウドERPを選択した理由
クラウドファーストをIT戦略として掲げ、早期から業務・分析系のシステムのクラウド移行を進めてきたあきんどスシロー。顧客の需要を予測する“ビッグデータ”分析など、店舗でのIT活用を原動力に急成長を遂げてきた。そうした中、欧米、アジアなど世界各国におけるすしの需要拡大を見込み、海外への店舗展開を見据えた国際会計基準(IFRS)への対応に着手した。これまでオンプレミスで運用していた既存の会計システムを捨て、グローバルの会計基準に対応し、かつ、膨大な数の企業業務を研究して製品に組み込んだ「業務のいいとこどり」であるベストプラクティスを持つ「SAP ERP」をクラウドで稼働させた。その狙いとは――。(2014/8/18)

PR:「バッチ処理が終わらない!」──そんな悪夢を解消するデータベース基盤としてOracle Exadataが支持される理由
日本企業のシステムで特徴的なのは、各種の業務処理でバッチが多用されている点だ。昨今、このバッチ処理が規定時間内に終わらず、業務に支障を来す企業が増加している。そうした企業の多くが、この問題の根本的な解決を図るために高速なデータベース基盤として導入を進めているのが「Oracle Exadata」である。その理由はなぜか、Oracle Exadataはバッチ処理をどう高速化するのか。日本オラクルの岩崎護氏に聞いた。[パフォーマンス改善][Engineered System](2014/6/16)

導入事例:
福岡県添田町、日立の自治体用クラウドサービスを利用
福岡県添田町は、日立の自治体ソリューション「ADWORLD 自治体クラウド」の利用を開始した。(2014/5/22)

SuiteWorld 2014 Report:
世界を睨むDeNA、10カ国でNetSuiteの会計と人事を展開
DeNAがビジネスのグローバル化を睨み、「NetSuite OneWorld」を10カ国に展開。グローバルな会計と人事によってリアルタイムの業績可視化を実現する。同社のNetSuiteシステムはアジア地域で最大規模だという。(2014/5/16)

仕事で使えるWebサービス:
「経費精算」はスマホで解決できるか? bizNoteを試してみた
経理担当者から「経費の申請は早めに」と怒られることはないだろうか? 経費精算が面倒くさくなければ領収書の処理を月末に先伸ばしてしまうこともない。(2014/5/16)

SuiteWorld 2014 Report:
クラウドERPの雄、NetSuiteが野心的なUIやB2B機能を披露
サンノゼで「SuiteWorld 2014」が開幕し、クラウドERPのリーダーは、ビジネスアプリケーションの新しいスタンダードを目指した野心的なUIや、B2Bでもオムニチャネルを実現する「B2B Customer Center」を披露した。(2014/5/14)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第3回】
ワークスアプリケーションズが太鼓判を押す高機能OS、その最新事例とは
大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」シリーズを開発・販売するワークスアプリケーションズがCOMPANYシリーズをアウトソーシング社にわずか1週間で導入。短期導入を実現したのはある高機能OSだった。(2014/3/10)

日本オラクルがERPの新版公開、オンラインパッチ機能を追加
「E-Business Suite」最新版では財務会計や購買管理、サプライチェーンや人材管理分野において数百以上の業務機能が強化されている。(2013/10/10)

導入事例:
千代田化工建設、中期経営計画を支える基盤システムを刷新
千代田化工建設は、データマネジメントを実行するための基盤システムとして「SAP ERP 6.0」を導入した。(2013/9/26)

製造ITニュース:
日立システムズ、生産・販売管理システムの機能を強化――他社製品と連携が円滑に
日立システムズは、製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のラインアップのうち、「製造業向け生産・販売管理システム」と「卸売業向け販売管理システム」の機能を強化した。(2013/9/16)

今こそIFRS再入門【第1回】
IFRS任意適用を真剣に考えるべきこれだけの理由
IFRS任意適用300社時代の到来か――金融庁などの方針で企業のIFRS任意適用が今後、大幅に増える見通しだ。いつ、どのようにIFRSを適用するのか。「関係ない」と言えなくなった担当者にIFRS再入門記事をお届けする。(2013/8/12)

導入事例:
埼玉県が仮想基盤とネットワーク基盤を新たに構築
埼玉県は、県民サービス向上と職員の業務効率化を目的に、情報系システムを稼働させる仮想基盤と大規模なネットワーク基盤を構築した。(2013/8/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/17)

導入事例:
水戸市、財務会計システムにクラウドサービスを採用
水戸市は財務会計システムにNECのクラウドサービスを採用し、災害時の事業継続性を確保した。(2013/7/8)

SAP事例で学ぶ!中堅・中小企業のIT投資課題への取り組み:
PR:クラウドERPのメリットを見極めるには?
これまでERPシステムはオンプレミス型が主流だった。しかしクラウド型の登場によって、昨今ではクラウドに関心を持つ企業が増えてきているという。果たして中堅・中小企業はどちらを選択すればよいのだろうか。(2013/6/10)

目指せT字型人材! 中小企業エンジニアのスキルアップ(6):
これだけは知っておきたい! 「ファイナンスの勘所」
中小企業にとって、資金繰りは会社の死活問題! 経営者だけではなく、現場担当者もファイナンスの基本をしっかり理解しておきたい。(2013/5/24)

棚番管理などの新機能を追加:
SAPジャパン、中小企業向けERPの最新版を提供
中小企業向けERPの最新版「SAP Business One 9.0」では、棚番管理や固定資産管理、業務プロセス別の数量単位の新機能が追加された。(2013/5/20)

PR:世界共通のオペレーションを! “ニッポン製造業”が勝ち抜くための条件
長らく日本経済をけん引してきた製造業。質の高いオペレーションを実現するために、各社はフルカスタマイズした独自のITソリューションを構築してきた。しかし、これが海外に事業展開する際の足かせになっているという。化粧品大手の仏L’Orealをはじめ先進的な企業の取り組みなどから、日本企業が進むべき道を探る。(2013/5/20)

SuiteWorld 2013 Report:
巨人、SAPのクラウド戦略を皮肉るNetSuiteのネルソンCEO
サンノゼで5000人規模のカンファレンスを開催したNetSuiteのネルソンCEOは、「SAPやOracleは、クラウドに関して本来顧客に伝えるべきことを伝えていない」と噛みついた。(2013/5/16)

SuiteWorld 2013 Report:
クラウドERPの時代、起業家精神あふれる企業が次々と踏み出す
サンノゼ・コンベンション・センターでNetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2013」が開幕した。待たれていた製造業向けのソリューションも披露され、伸び盛りの新興企業を中心に顧客やパートナーら5000人以上がシリコンバレーに詰めかけた。(2013/5/15)

10年を経てとうとう「PKI元年」なるか?:
職員の認証は電子証明書で、足立区がプライベートクラウドでPKIを全面採用
東京都足立区は、プライベート・クラウド型情報システム基盤「足立区プライベート・クラウド」を構築した。このシステムのセキュリティ確保には、エントラストジャパンの製品を用いた公開鍵認証基盤(PKI)を活用し、電子証明書を用いた認証を導入している。(2013/5/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。