ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FMV ESPRIMO」最新記事一覧

随所に見える使い勝手の改善 「FMV」の2016年夏モデルは“ベーシック”に注目
富士通のPC事業が分社化してから初めて登場する「FMV」の新モデル。さまざまな面で使い勝手を改善した2016年夏のベーシックモデルには特に注目したい。(2016/5/17)

2016年PC/タブレット夏モデル:
2番組同時録画に対応 AV機能がさらに充実した23型オールインワン「FMV ESPRIMO FH53/YD」
23型ワイド液晶を搭載した「FH77/XD」は、最新CPUやDDR4メモリ、USB 3.1 Type-Cポートを搭載するなど、さらなるハイパフォーマンスを実現した。(2016/5/16)

富士通、最新CPUを導入した法人向けPC/タブレット計16機種を投入
富士通は、同社製法人向けPC/タブレットPCのラインアップを一新、新たに11シリーズ計16機種の販売を開始する。(2016/4/21)

簡単、安全、ミライセキュリティ:
PR:子どもがマイクラを始める前に、親が考えるべきこと
子どものネット利用には難しい問題が多い。パスワードは煩雑さを増し、ネットは空間の概念がないため、悪意はどこにでも、どこまでも届く――たとえ相手が子どもであっても。そこで注目したいのが、未来を予測して考えられた「ミライセキュリティ」だ。(2016/2/29)

2016年PC/タブレット春モデル:
最新CPU採用でパフォーマンスを向上した23型オールインワン――「FMV ESPRIMO FH77/XD」など
23型ワイド液晶を搭載した「FH77/XD」は、最新CPUやDDR4メモリ、USB 3.1 Type-Cポートを搭載するなど、さらなるハイパフォーマンスを実現した。(2016/1/18)

SOHO/中小企業に効く「コンパクトPC」の選び方(第2回):
即戦力の「コンパクトPC」を選んでみた
一般的なデスクトップPCに比べれば省スペース、ノートPCに比べれば高性能かつ拡張性も高く、かつ低消費電力――そんな特徴が評価され、オフィスに導入される機会が増えたのがコンパクトPCだ。そんなコンパクトPCの選び方を提案する本連載の後編は、各社の1LサイズPCの代表的なモデルを紹介する。(2015/12/11)

PC USER 週間ベスト10:
「Windows 10 November Update」に要注目(2015年11月23日〜11月29日)
今回のアクセスランキングは「Surface Book」のレビューをはじめ、初の大型アップデートが実施されたWindows 10関連の話題が上位を占めています。(2015/11/30)

スマホ連携やハイレゾ対応も:
イマドキの“テレパソ”はどうなっているのか?――「FMV ESPRIMO FH77/UD」を試す
「テレパソ(テレビ付きPC)」の隆盛も今は昔……だが、スマホ/タブレット連携やハイレゾ対応など、時代に即した進化を遂げている。(2015/11/23)

懐かしいあの機種も展示:
指紋、顔、虹彩そろい踏み――富士通の2015年秋冬PC・タブレット・スマホの生体認証機能
富士通のPC・タブレット・スマートフォンの2015年秋冬モデルは、「いつでもどこでも安心・安全」のコンセプトにもとづいて生体認証に力を入れている。(2015/10/6)

富士通、Windows 10搭載の文教専用タブレットなど法人向けPC計12機種を発売
富士通は、Windows 10を搭載した法人向けPC計12機種を発表。新たに文教向け10.1型タブレットモデルなどが追加された。(2015/10/6)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
富士通、実売17万円前後の23型オールインワンPC――「FMV ESPRIMO FH」
23型ワイド液晶を搭載した「FH」シリーズの2015年秋冬モデルは、付属キーボードの改良とATOK標準搭載がポイント。(2015/10/6)

2015年PC秋冬モデル:
富士通、3DカメラでWindows Helloの顔認証に対応した液晶一体型PC――「FMV ESPRIMO WH」
富士通の液晶一体型PC「FMV ESPRIMO WH」は、Windows 10プリインストールモデルとなり、3Dカメラを使ったWindows Helloの顔認証機能に対応した。(2015/9/24)

2015年PC秋冬モデル:
富士通、Windows 10搭載の15.6型ノートPCベーシックモデル――「FMV LIFEBOOK AH」
富士通がWindows 10搭載の2015年PC秋冬モデルを発表。主力となる15.6型ノートPCの下位機種をモデルチェンジした。(2015/9/24)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

メーカー別のサポート情報:
「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ
今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?(2015/7/27)

キャラにもインテルはいってる インテルがPCを擬人化したキャラクターの人気投票コンテストを開始
自分の推しPCに投票しよう。(2015/6/26)

キャラにもインテル、入ってる!?:
インテルが“PCの擬人化”コンテスト……だと!?
インテルさん急にどうしちゃったの(困惑)(2015/6/26)

2015年PC/タブレット夏モデル:
ハイレゾ対応スピーカーを搭載した狭額縁デザインの一体型PC――「FMV ESPRIMO FH」
富士通の液晶一体型PC「ESPRIMO FH」がデザインを一新。ハイレゾ対応の「Sound by Pioneer」スピーカーを内蔵した。(2015/5/18)

2015年PC/タブレット夏モデル:
シンプルデザインを追求した主力の15.6型ノートPC――「FMV LIFEBOOK AH」
富士通主力の15.6型ノートPC「FMV LIFEBOOK AH」は、シリーズ全体をシンプルなデザインにまとめた。4コアCore i7のハイスペックな構成から、Celeronのエントリー構成まで4機種を用意する。(2015/5/18)

「春だ! FMVでワクワクをはじめよう!」:
インテル次世代技術「RealSense」の一般体験イベントを実施
インテルと富士通は、東京、名古屋、大阪で、インテルの次世代技術「RealSense」や、富士通の2015年春モデルを体験できるタッチ&トライイベントを展開する。(2015/3/2)

メイドインジャパンの現場力(4):
富士通が貫く福島発“メイドインジャパン”としての誇り
富士通のデスクトップPC生産を担う富士通アイソテックは、同社のデスクトップPCの累計出荷台数が2000万台を達成したことを発表。今や多くのメーカーが当たり前のようにPC生産の海外移転を進める中、福島県伊達市に本拠を置き、独自の生産プロセスの改善によって日本国内での生産を続けてきた同社の取り組みを紹介する。(2015/2/27)

ゴールドに光る記念モデルもお披露目:
富士通「伊達モデル」はダテじゃない!――デスクトップPC累計2000万台出荷の工場を見てきた
富士通アイソテック(福島県伊達市)で生産される国産デスクトップPCの累計出荷台数が2000万台を達成。現地で開催された記念式典、生産ライン、リサイクルセンターの様子をリポートする。(2015/2/23)

2015年PC/タブレット春モデル:
“家ナカ”利用の自由度を高める新提案――富士通PC春モデル発表会
富士通が2015年PC春モデルを発表。高速画面転送を実現した大画面のワイヤレスディスプレイで新たなPCの活用シーンを提案する「FMV LIFEBOOK GH」シリーズに注目だ。(2015/1/20)

2015年PC/タブレット春モデル:
“小型PC+ワイヤレス液晶”の新スタイルPC登場、第5世代Coreの高性能モバイルノートも――富士通「FMV」春モデルの見どころ
富士通が「FMV」のPC春モデルを発表。小型デスクトップPCとワイヤレスの大画面ディスプレイを組み合わせた新スタイルPCや、第5世代Core搭載のハイスペックモバイルPCなど6機種を店頭向けに発売する。(2015/1/20)

2015年PC/タブレット春モデル:
ソフトが最新版になった21.5型オールインワンPC――「FMV ESPRIMO FH」
富士通の液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO FH」シリーズからは、エントリークラスの春モデルが1製品発売される。ソフトウェアを最新版にしたマイナーチェンジモデルだ。(2015/1/20)

Made in Japan:
富士通WEB MART、国産スリムタワーPCの新モデル「FMV ESPRIMO DHシリーズ WD2/S」――BTOの選択肢が増加
富士通は11月10日、同社直販サイト「WEB MART」において、BTOの選択肢を広げたスリムタワーPCの新モデル「FMV ESPRIMO DHシリーズ WD2/S」を投入した。(2014/11/10)

富士通WEB MART、指定PCモデル購入者にイラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」をプレゼント――先着150名
富士通は、同社直販サイト「WEB MART」で同社製PCを購入したユーザーを対象とするプレゼントキャンペーンを開始した。(2014/10/22)

2014年PC/タブレット秋冬モデル:
世界初のRealSense搭載PC、新設計の10.1型2in1、8型タブレットも――富士通「FMV」&「ARROWS Tab」秋冬モデルの見どころ
富士通がPCとタブレットの秋冬モデルを投入。個人向けのPCやタブレットに限らず、法人向け、そしてNTTドコモが取り扱うモデルまで、一堂に会する新製品発表会を開催し、同社の「ユビキタスプロダクト事業」が持つ強みをアピールした。(2014/10/10)

富士通、安全性やサポートに優れた企業向けAndroidスマートフォン/タブレットを発売
富士通は、高度なセキュリティを備え堅牢性に優れたスマートフォン「ARROWS M305/KA4」とタブレット「ARROWS Tab M555/KA4」を12月から順次発売。(2014/10/9)

富士通、企業向けのスマートフォン/タブレット端末のラインアップを強化
富士通、企業向けのスマートフォン/タブレット端末のラインアップ強化を発表。ほかノートPC/デスクトップWSの新モデルなどを加えた計5シリーズ計18製品を順次投入する。(2014/10/9)

2014年PC秋冬モデル:
“3waystyle”で使いやすさが向上した新デザインも──「FMV ESPRIMO WH」「FMV ESPRIMO FH」
富士通が発表した液晶一体型PCでは、新開発のボディを採用してユーザーの利用目的にあった使いやすい形を提供するモデルが登場した。(2014/10/9)

PC USER 週間ベスト10:
次期WindowsとCore Mの動向が気になった1週間(2014年8月11日〜8月17日)
今回のアクセスランキングでは、次期Windowsの行方、上半期の2in1/モバイルPCアワード、ITっぽいマンガ連載、Core Mの詳細解説、ちょっと意外なPCレビューが上位につけています。(2014/8/18)

送料込みで7万円台から:
実は“隠れた売れ筋”の国産スリムタワーPC――「FMV ESPRIMO DH WD2/R」を試す
Windows XPサポート終了と消費税増税が重なった2014年春、富士通の直販サイトで(なぜか?)デスクトップの「FMV ESPRIMO DH」シリーズがよく売れたという。この夏にモデルチェンジし、さらに買い得感が増した新機種「WD2/R」の実力をチェックする。(2014/8/15)

富士通、静脈認証対応の企業向け12.5型タブレットなど計10機種を発表
富士通は、企業向けタブレット/デスクトップPCなど計10機種を発表した。同社初となるゼロクライアントモデルなども用意される。(2014/5/15)

2014年PC夏モデル:
CPUにHaswell Refresh、無線LANはacも──「FMV ESPRIMO FH」
処理速度とAV関連機能を重視した液晶一体型PCだけに、最新の“Haswell Refresh”世代のCPUをいち早く採用。SNSと連携した新しいテレビの楽しみ方も導入した。(2014/5/14)

富士通、IGZO液晶採用のコンバーチブル型Ultrabookなど企業向けPC計5機種を投入
富士通は、企業向けノートPC「LIFEBOOK」新モデルなど計5製品を発表。いずれもOSとして最新のWindows 8.1 Proを導入している。(2014/2/4)

2013年PC秋冬モデル:
富士通、一部仕様を強化したエントリークラスのノートPCと液晶一体型PC
富士通は2013年PC秋冬モデルに一部仕様を強化したノートPCと液晶一体型PCを追加し、1月23日に発売する。(2014/1/16)

CAE事例:
富士通PC開発における「モノを作らないモノづくり」
薄型軽量のノートPCやタブレット端末、スマートフォンなど、従来なかった仕様の機器開発においてCAEの活用は必須だ。(2013/12/13)

2013年PC秋冬モデル:
富士通、ARROWS Tab QH77/Mと同QH55/Mの発売を繰り上げ
富士通はARROWS Tab QH77/M、ARROWS Tab QH55/M、FMV ESPRIMO WH77/Mを当初の予定より早く発売する。(2013/10/30)

富士通、2560×1600ピクセル・10.1インチWindows 8.1タブレット「ARROWS Tab QH55」
2560×1600ピクセル10.1インチIPS液晶とBay Trail-T搭載Windows 8.1タブレット「ARROWS Tab QH55」を富士通が発売。(2013/10/8)

2013年PC秋冬モデル:
タッチ操作に最適化した“家族向けPC”の新シリーズ登場――「FMV ESPRIMO WH」
富士通製液晶一体型PCの新シリーズ「FMV ESPRIMO WH」は、画面のチルト角度を自由に調節できるデザインを採用。キーボードとマウスを使うデスクトップPCスタイルと、タッチ主体のタブレットスタイルを自由に切り替えられる。(2013/10/8)

2013年PC秋冬モデル:
ラインアップを整理、テレビチューナーなしの廉価モデルが登場――「FMV ESPRIMO FH」
液晶一体型PC「ESPRIMO FH」シリーズの2013年秋冬モデルはラインアップを整理し、テレビチューナーを省いたエントリーモデルが登場した。(2013/10/8)

2013年PC秋冬モデル:
2つの防水タブレット、スタミナ&IGZO液晶モバイルノート、タッチ特化デスクトップなど新顔が続々――富士通「FMV」&「ARROWS Tab」秋冬モデル
富士通は「FMV」と「ARROWS Tab」の2013年秋冬モデルを発表。高精細表示+ペン対応のタブレット、着脱式コンバーチブルPC、画面を寝かせられる液晶一体型PCなど、7シリーズ11モデルを10月18日より順次発売する。(2013/10/8)

CEATEC JAPAN 2013:
富士通が未発表製品を展示、21.5型液晶一体型と10.1型/12.5型Windowsタブレット
CEATEC JAPAN 2013の富士通ブースでは、秋冬モデルの目玉になりそうな未発表製品を展示している。一足先に写真でチェックしよう。(2013/10/1)

2013年PC夏モデル:
3200×1800ドットの超高解像度Ultrabookや視線操作でWeb閲覧――富士通がPC夏モデルをデモ
富士通が2013年PC夏モデルのデモを実施。一足先に新モデルを体験してきた。(2013/6/5)

2013年PC夏モデル:
視線とタッチで操作できる地デジ内蔵液晶一体型PC――「FMV ESPRIMO FH78/LD」
テレビ機能付き液晶一体型PCのラインアップにタッチ対応モデルが登場。キーボードもマウスも使わずに操作できる。(2013/6/5)

2013年PC夏モデル:
“超ハイスペック”を追求、Web限定の第4世代Core搭載分離デスクトップ──「FMV ESPRIMO DH」
セパレートデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」は、カスタマイズが可能なWeb直販限定モデルとして展開。Core i7-4770+Radeon+デュアル24型ディスプレイ+32Gバイトメモリ+256GB SSD&3TB HDDのツインドライブなど、夢のハイスペック構成でオーダーできる。(2013/6/5)

2013年PC夏モデル:
14型“3200×1800”IGZO液晶+第4世代CoreのUltrabookが登場――富士通「FMV」夏モデル
富士通は「FMV」の2013年夏モデルを6月7日より順次発売する。Ultrabookと液晶一体型PCに特徴的な最上位機を追加した一方、多くの機種は春モデルの継続販売となる。(2013/6/5)

富士通、新デザイン筐体モデルなどを追加した企業向けPC計10シリーズを発売
富士通は、企業向けノートPC「LIFEBOOK」、デスクトップPC「ESPRIMO」などのラインアップを改定、10シリーズ計18機種の販売を開始する。(2013/4/18)

FMVとEIZOの強力コラボPCは今だけ:
PR:爆速×スリム×高画質×日本産――「至高の写真編集用PC」を限定特価で発売!
高画素の写真データを大量に管理、現像、編集、印刷するにはパワフルなPC環境が必須だ。今回は富士通とナナオの協力のもと、店頭ではお目にかかれない高速、省スペース、高画質の写真編集用に最適化した「FMV ESPRIMO DHシリーズ WD2/J」と「ColorEdge CS230-CNX」のPCセットをITmedia PC USER限定特価で販売することが決定! とはいえ、その実力は確かなのか? ITmediaでPC USERやデジカメプラスを中心に活躍しているプロカメラマンの矢野渉氏が徹底チェックする。(2013/3/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。