ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外資」最新記事一覧

メカ設計メルマガ 編集後記:
外資ベンダーのミッドレンジ3D CADの10年、これからの10年
この10年間で、3D CADという製図・モデリングツールが、高度な「設計システム」に進化していきました。(2017/10/24)

検索型UIを全て対話型UIに変える覚悟:
gooが20周年でAI戦略を発表、「世界が驚愕する日本の“おもてなし”要求を取り込んで外資勢に対する競争優位を獲得する」
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは2017年9月20日、メディアカンファレンスを開催し、2017年度下期事業展開として、AIを応用した2つの取り組みを開始すると発表した。(2017/9/22)

キャリアニュース:
製造業でセールス/マーケティング職のプロを積極的に採用
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、採用動向レポートを公開。製造業で、専門知識と英語力を持つセールス/マーケティング職のプロフェッショナルを積極的に採用している。 (2017/8/22)

Weekly Memo:
SAPが日本の公共事業に本腰、“外資の反転攻勢”なるか
SAPが日本で公共事業に注力し始めた。グローバルでのノウハウを活用すると言うが、裏を返せば日本ではこれまで公共分野で苦戦を強いられてきたようだ。果たして“反転攻勢”なるか。(2017/7/10)

DMS2017まとめ:
外資CADベンダー各社の“推し技術”に違いあり、ポリゴンとソリッドの歩み寄りも
2017年6月21〜23日、東京ビッグサイトで開催された「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」に出展していた、外資系の主要CADベンダーや国産CADベンダーの展示製品や傾向について、IoT(モノのインターネット)、AR/VRといった技術キーワードも交えて紹介する。(2017/7/10)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
“メイドインジャパン”は本当に高品質か? 製造国の表記に隠された理由とは
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「製造国の表示」について語ります。外資系メーカーによる日本生産プロジェクトの裏話も。(2017/5/15)

【最終回】失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「外資系パッケージソフト」の導入で失敗しないために
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回は最終回ということで、初回からの記事を振り返ります。(2017/4/26)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
ユーザーの言いなりになるのがメーカーの仕事ではない
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。パッケージソフトウェアを導入する際に陥りやすい落とし穴を紹介しています。今回はソフトウェアのバージョンアップのお話。現行バージョンをできるだけ使いたいというニーズ、特に日本だと多い話のようですが……?(2017/4/17)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「これバグでしょ?」 vs. 「それは仕様です!」(後編)
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。前回に引き続き、いわゆる仕様とバグの問題を取り上げます。この争い、実は製品を購入してしまったあとでは、ユーザー企業が不利になるケースが多いのです。その理由とは?(2017/4/5)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「これバグでしょ?」 vs. 「それは仕様です!」(前編)
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。読者の皆さんも、一度は「それは仕様です」という悪しき“魔法”の言葉を聞いたことはありますよね。ともすれば、トラブルに発展しがちなこの状況はなぜ生まれるのでしょうか。(2017/3/22)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「障害の復旧」と「問題解決」を勘違いする人たち
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回からは、ソフトウェア利用の長き道のりである「運用」についてのお話をします。あなたは障害が起こったとき、メーカーへの問い合わせで苦労したことはありませんか?(2017/3/6)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
ユーザーテストを軽視しすぎる日本企業の問題点
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回はリリース前に行われる「ユーザーテスト」に焦点を当てます。世界的に見て、日本企業はユーザーテストを軽視する傾向にありますが、その理由は? そしてどのような問題があるのでしょうか。(2017/2/20)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「直感的な操作で誰でも使える」 そんなソフトウェアなど存在しない
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。「提案の時は簡単に使えると聞いていたのに……」「動作確認のスクリーンショット取らないの?」 そんなユーザーとベンダーの“すれ違い”から起きる悲劇についてお話します。(2017/2/6)

Vorkers調べ:
社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング」1位は?
社員と元社員の「口コミ」から働きがいのある企業をランキング化する「働きがいのある企業ランキング」結果が発表。外資系企業が目立つ一方、リクルートグループや総合商社もランクインした――Vorkers調べ。(2017/1/24)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
外資系ベンダーが「何でもやってくれる」なんて、あり得ない!
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。導入プロジェクトも佳境に差しかかり、いよいよ本格稼働に移行……というときにアレ? 今回はそんな失敗例を紹介します。(2017/1/23)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
なぜ、日本の企業は「標準化」ができないのか?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回は、重要だけれども失敗しやすい「標準化」のお話です。日本のIT運用の現場において、驚くほど進んでいない標準化。その理由はどこにあるのでしょうか。(2017/1/12)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
パッケージソフトの機能を「使いこなさない」人たち
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。本当はいろいろなことができるソフトなのに、一部の機能しか使っていない……。そんな状況に陥っていませんか。もちろん全ての機能を使うことが正しいわけではありませんが、その理由によっては大きな問題を引き起こしてしまうかもしれません。(2016/12/26)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
変化を嫌う現場の“抵抗勢力”、3つの攻略法
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。選定も終わっていざ導入しようとしたものの、現場での抵抗に遭い、結局方向性がブレてしまった――なんて経験はありませんか?(2016/12/19)

「B2Bhack.com」主宰 飯室淳史氏が講演:
「顧客中心」の組織作り、誰もやらないならマーケターがやるしかない
外資系医療機器メーカーのデジタルマーケティング責任者を長く務めた飯室淳史氏が「デジタル時代を勝ち抜くマーケティングと組織」を語った。(2016/12/15)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
なぜ、パッケージソフトの「カスタマイズ」で失敗してしまうのか?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回からはソフトウェア選定後、実際に導入を進める上で陥りやすい落とし穴を紹介していく。まずは、失敗例が本当に多い「カスタマイズ」問題を取り上げる。(2016/12/5)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
ソフトウェア、「タダ」より高いものはない
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回紹介するのは、価格に関するお話。皆さん「無料」って言葉は好きですよね。パッケージソフトウェアの世界では、そこにワナが潜んでいるわけですが……。(2016/11/28)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
パッケージソフトの“機能追加”に期待すると失敗する
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回紹介するのは、機能追加に関するお話。購入時点で存在しない機能に期待して、パッケージソフトを導入するケースを見ますが、ほぼ100%追加されないと考えた方がいいでしょう……。(2016/11/21)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
機能比較の「○×表」を信じて大失敗!?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回紹介するのは製品比較のときに使う「○×表」にまつわる落とし穴。ベンダーもボランティアではなくビジネスである以上、相手の言うことをうのみにするのは避けたいところです。(2016/11/14)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「日本語対応してますか?」「もちろんです!」の落とし穴
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回からは、いよいよ失敗例をもとに導入のコツを解説していく。最初に紹介するのは、多くのユーザーがハマりがちな“日本語対応”の問題だ。(2016/11/7)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
「国産」と「外資系」のパッケージソフト、結局何が違う?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。本題に入る前に、外資系ベンダーと国産ベンダー、両者の製品の違いについておさらいしておこう。(2016/10/31)

電力自由化で勝者になるための条件(22):
電力小売システムはコストに大きな違い、ITベンダーから導入する場合の注意点
すでに数多くのITベンダーが小売電気事業者を対象にしたシステムを提供している。外資系の大手ITベンダーをはじめ、電力会社やガス会社が構築したシステムを販売するベンダーもある。導入コストに大きな差があるほか、小売事業をサポートする機能面の違いや改修のスピードにも注意が必要だ。(2016/10/26)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の転職――採用が多いのは外資系・大手企業
転職サイト「ミドルの転職」が「年収1000万円以上の転職実態調査」の結果を発表した。年収1000万円以上のポジションで採用が多いのは、外資系・大手企業の本部長クラス。既存事業拡大のためにスペシャリストを募集するケースが多いようだ。(2016/9/27)

国内企業の導入目的は「コスト削減」:
国内「SDS」市場、認知度は上昇するも市場形成は緩慢傾向──IDC調べ
IDCジャパンが、国内SDS(Software-Defined Storage)製品市場の2016年調査結果を発表。国内市場形成の速度は緩慢だが、今後、外資系ベンダーのSDS製品が国内市場にも浸透していくと予測している。(2016/8/30)

新人記者(オタク女子)が行く:
大ヒット『シン・ゴジラ』 ゴジラ襲来による日本の被害額はどれくらい? 試算してみた
大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』。巨大不明生物ゴジラの襲来によって甚大なダメージを受けた日本ですが、被害額はいくらだったのか? 外資系戦略コンサルティングファームのマネジャーとともに試算してみました。(2016/8/29)

モノづくり最前線レポート:
外資系製造業が国内生産に踏み切る理由――3Mの防じんマスクの場合
製造業にとって日本国内で生産を行うには一定のリスクが伴う。特に、外資系の製造業であれば、新興国で低コストで生産し、それを輸入販売すればよいので、国内で新たに生産を始める必然性は低い。しかしこのほど、グローバル企業・3Mの日本法人であるスリーエム ジャパンは、防じんマスクの国内生産に踏み切った。その理由とは。(2016/8/19)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
オフィスの中に山手線や動物園?日本文化が溢れる外資系オフィス
あの世界的外資系企業に内山信二が潜入! 日本のオフィスは“山手線”仕様。西口がロビー、南口が執務スペース、東口には何があった? 既に恒例となったホワイトボード落書きで、まさかの画才が開花か!?(2016/8/13)

Go AbekawaのGo Global!〜Jon T. Robertson編:
ヴイエムウェアのガイジン社長が考える、エンジニアが果たすべき「責任」とは
カナダ生まれカナダ育ち、金髪碧眼の外資系IT企業社長の社会人生活は「種子島」でスタートした。以来25年、日本のビジネスマンとしてIT業界を疾走してきた「ガイジン」が、日本のエンジニアにしてもらいたいこととは――。(2016/8/10)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(9):
不本意な配置もバネにして――営業出身エンジニアが、20代で外資系IT企業のアナリストになれた理由
現在、アバナードでアナリストとして活躍中の濱口兼行さんは、SNSのようなサービスを作りたいとIT業界に入った。しかし、就職したのは企業向けシステムを開発するSI企業、配属は営業職だった――。(2016/8/3)

企業ファイナンスの視点:
ITの“現場”を離れて、はじめて見えた景色――吉田優子さん
「ファイナンス」というと経理や会計の分野をイメージしがちだが、外資系の企業でその仕事は、財務戦略や資金調達、事業投資まで多岐にわたる。そんなITとは離れた業務にSEから転身した人がいる。会社の“裏側”を見ると仕事の見え方が変わるのだという。(2016/6/3)

製造業界別に考える転職活動、成功のカギ:
外資系機械/機器メーカーへの転職――日本人技術者は日本市場攻略にとって不可欠
メーカー各社の業績が回復してきたことから設備の補強が進み、業績好調な外資系機械/機器メーカーが増加。日本法人の新規立ち上げなどのため、日本人技術者を積極的に採用する動きも広まっているとジェイ エイ シー リクルートメントの澤田氏は分析している。(2016/4/5)

シャープ、鴻海が買収 外資傘下で再建へ
シャープが、台湾の鴻海精密工業の出資を受け入れ、同社傘下での再建を決めた。(2016/2/25)

導入の“失敗”を回避するための予備知識:
PR:マーケティングオートメーションの理想と現実
外資系大手企業を中心として、「マーケティングオートメーション」を旗印に掲げるさまざまな製品が登場している。しかし、導入しても効果的に活用できない企業が多いのはなぜだろうか。(2016/1/27)

6年間という歳月をかけグローバル基準を日本基準へ
あの外資PCベンダーが日本の法人向けクライアントPC市場本格参入
日本の個人向け市場における存在感を確立したASUSが2015年に満を持して法人向けクライアントPC市場に参入する。今参入する“理由”と“思い”とは?(2015/11/30)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第29回 「スタートアップ」ってベンチャー企業のことでしょ?
スタートアップ企業とベンチャー企業。意味は同じと思っていませんか? 外資系スタートアップに籍を置く知人は、そろってベンチャー企業と呼ばれることをいやがります。それはなぜなのでしょう……。(2015/10/2)

外資系エグゼクティブの働き方:
1つの喜びで立ち止まってはいけない
外資系エグゼクティブの特徴、それは「上昇志向」です。今の自分や環境に満足して立ち止まることなく、さらに自分の力がある間に上へ上へと伸び、横へ横へと広がっていこうとするのです。(2015/7/8)

エネルギー業界の転職市場動向(3):
グローバルなキャリア形成と高年収が魅力、外資系エネルギー企業への転職
業界トップクラスの外資系企業も参入して、日本の再生可能エネルギー市場はますます活発になってきた。外資系企業は転職市場においても、ビジネス拡大に備えて人材採用に積極的だ。ジェイ エイ シー リクルートメントの転職コンサルタントが、外資系エネルギー企業の採用事情を解説する。(2015/4/10)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(3):
いますぐ実践できる、英語面接に生かせる考えかた
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に、いますぐ実践できる、英語面接に生かせる考えかたを聞く。(2015/3/30)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(2):
日本人が抱える「英語トラウマ」の取り除き方
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に、日本人が抱える「英語トラウマ」の取り除き方を聞いた。(2015/3/27)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(1):
グローバルビジネスに「英語力」が必要なワケ
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に聞く、グローバルで通用する「生きた英語力」とは? 全3回。(2015/3/26)

“若返り”で変革を加速:
顔は外人、でも「どさんこ」なMS新社長平野氏 社長交代の狙いと舞台ウラ
日本マイクロソフトの社長が50代後半の樋口氏から、40代半ばの平野氏に交代する。「世代交代で変革を加速させる」という外資企業らしい攻めの姿勢がありつつも、数年前から社長人事を計画していたという、非常に“日本企業らしい”一面もあった。(2015/3/3)

国内外企業の広告戦略を支援:
エスワンオーインタラクティブ、海外戦略チームを発足
トレーディングデスク事業を営むエスワンオーインタラクティブは1月8日、海外戦略チーム(International Strategic Team)を発足したことを発表した。日系企業の海外プロモーションをはじめ、外資系企業の日本国内プロモーションのメディアプラン立案/運用や、海外アドテクソリューションの日本参入支援を強化していく。(2015/1/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
“アップル新横浜拠点”が示すアベノミクスの到達点
外資系企業にとって「日本」はどのように見えているか。(2014/12/11)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

KDDIが参入した理由とは?:
「アジア最後のフロンティア」――ミャンマーの携帯電話市場を探索する
ミャンマーはあらゆる産業の外資への開放が遅れ、携帯電話の普及も10%台とアジア各国の中でも出遅れていた。だが2014年夏から海外資本による2社が携帯電話事業に参入したことで急速な発展が見込まれている。アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーの携帯電話市場は今、どうなっているのだろうか。(2014/12/8)

製造業界別に考える転職活動、成功のカギ:
重電業界(電力・LNG・石油化学)への転職――同業界内での転職が大半。日系と外資、企業文化の変化が動機に
重電メーカーでは、技術職・営業職問わず、「英語力」「高圧電気」「計装制御」に関するスキルが求められるため、技術的に非常に特殊でもあるため、同業界からの転職事例が圧倒的に多いとジェイ エイ シー リクルートメントの和泉氏は語る。(2014/11/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。