ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米連邦取引委員会」最新記事一覧

FTC:Federal Trade Commission

「つながる」レンタカーに残る個人情報――米当局が利用者に注意喚起
米FTCによると、レンタカーでナビゲーションなどの機能を使ったり、自分のスマートフォンを接続したりすれば、個人情報が車のシステムに保存されて他人に見られる恐れもある。(2016/9/1)

2015年11月の合意発表からようやく:
オンセミのフェアチャイルド買収、規制当局が承認
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)によるFairchild Semiconductor(フェアチャイルドセミコンダクター)の買収が、条件付きで米国連邦取引委員会(FTC)に承認された。(2016/8/26)

米FTC、モバイル端末の脆弱性対応を調査 AppleやGoogleなど8社に情報提供を指示
FTCはAppleやGoogleなど8社に対し、モバイル端末に発覚した脆弱性や、その脆弱性を修正した時期などについて報告するよう命じた。(2016/5/10)

ASUS、ルータの脆弱性問題で米当局と和解
ASUSのルータの脆弱性や対応の遅れで消費者のホームネットワークが危険にさらされ、個人情報がインターネットに流出したとFTCは指摘している。(2016/2/26)

Google、米当局もAndroid関連で独禁法違反容疑の調査開始──Bloomberg報道
GoogleがAndroid端末メーカーに純正アプリのプリインストールを要請することが独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会(FTC)が調査を開始したとBloombergが報じた。この件については欧州連合が4月から正式調査を進めている。(2015/9/26)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国FTCにみるビッグデータのルールづくりと課題とは?
日本のビッグデータ論議でよく引き合いに出されるのが米国の行政機関の連邦取引委員会(FTC)だ。一方で技術標準化を推進するNISTとは、ビッグデータに関するルールづくりにどんな違いがあるのだろうか。(2015/5/26)

Uber、Googleの敏腕ロビイストを引き抜き──re/code報道
各国で当局からの規制や競合とのトラブルが絶えない配車サービスのUberが、Googleで長年EUやFTCとの交渉で活躍してきたコミュニケーション&ポリシー担当上級副社長、レイチェル・ウェットストーン氏を引き抜いたとre/codeが報じた。(2015/5/14)

米当局、「リベンジポルノ」サイトを摘発
女性のヌード写真の投稿を募り、本人に無断で掲載していたWebサイトの運営者が米連邦取引委員会(FTC)に摘発された。(2015/2/2)

Amazon.comをFTCが提訴 子どものゲーム内課金問題で
FTCが、Kindle Fireのゲーム内課金システムが親に無断で子どもがアイテムを買えるようになっているとしてAmazon.comを提訴した。FTCは同様の問題で1月にAppleと和解している。(2014/7/11)

Facebookの無断実験についてプライバシー擁護団体がFTCに申し立て
Facebookが実施した情動感染実験は同社のFTCとの和解条件に反するとして、プライバシー擁護団体のEPICが同社をFTCに提訴した。(2014/7/4)

Apple、子どものアプリ内購入問題でFTCと和解 3250万ドル支払いへ
子どもがアカウント保有者である親が知らぬ間に勝手にアプリ内購入するのはAppleの請求方法に問題があるとしてFTCがAppleを提訴していた訴訟で和解が成立した。(2014/1/16)

ビジネスニュース 企業動向:
的確な判断? マイクロソフトによるノキアの携帯事業買収
マイクロソフトによるノキアの携帯事業の買収が、米連邦取引委員会(FTC)および欧州連合(EU)によって承認された。アナリストは、「マイクロソフトにとって、この買収は適切な選択だったのではないか」とみている。(2013/12/9)

MicrosoftによるNokiaハードウェア事業買収を米連邦政府が承認
米連邦取引委員会と司法省が、MicrosoftによるNokiaのDevices & Services部門買収を承認した。後は欧州当局が承認すれば、買収は完了する。(2013/12/3)

NASAのサイトもアクセス不能に──米政府機関閉鎖で
米オバマ政権の暫定予算が通過しないまま新会計年度が始まったため、連邦政府機関の多くが閉鎖された。NASAの公式サイトはアクセス不能で、DOJやFTCなどは「閉鎖中」のメッセージが表示される。【UPDATE】(2013/10/2)

Microsoft、GoogleとFTCの和解は「説得力がなく、異常だ」と苦言
米連邦取引委員会がGoogleを提訴せずに独禁法調査を終了したことについて、Microsoftは落胆したと公式ブログで懸念を表明したが、寄せられたコメントのほとんどはMicrosoftに批判的だ。(2013/1/7)

GoogleとFTCが和解 アルゴリズム変更は不要、標準特許での販売差し止めは禁止
GoogleとFTCが、“検索不平等”問題とMotorolaの標準特許問題で合意に達し、FTCはGoogleに対する独禁法調査を終了する。(2013/1/4)

GoogleとFTC、今週にも“検索不平等”問題で和解か──Wall Street Journal報道
Googleは、対策案を示す調停書に署名することで、米連邦取引委員会(FTC)からの提訴を回避できるようだ。(2012/12/17)

FTCが“検索結果不平等”でGoogleを近く提訴か──Bloomberg報道
Googleが検索市場における優位性を不正に利用して競合他社に損害を与えているかどうかを1年以上調査している米連邦取引委員会が、数日中にGoogleを提訴する可能性が高まっているとBloombergが報じた。(2012/11/13)

FacebookのInstagram買収をFTCが承認
FacebookのInstagram買収を、英国と米国の当局が承認した。10億ドルの大規模買収として注目を集めているが、Facebookの株価下落のため、買収総額は約7億5000万ドルに縮小する見込みだ。(2012/8/23)

FTC、プライバシー保護問題めぐるFacebookとの和解を了承
Facebookには「広範に及ぶ詐欺的な行為」があったとFTCは述べ、有料のアプリ検証プログラムをめぐる問題も指摘した。(2012/8/14)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題でFTCに2250万ドル支払い
2月に発覚したGoogleによるSafariユーザーの無断Web履歴追跡問題で、米連邦取引委員会が過去最高額の制裁金を科した。(2012/8/10)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題で2250万ドルの制裁金――Wall Street Journal報道
Googleが広告cookieを利用してAppleのWebブラウザSafariのWeb履歴を追跡していたとされる問題で、Googleが米連邦取引委員会(FTC)と和解し、2250万ドルの制裁金を支払うとWall Street Journalが報じた。(2012/7/11)

セキュリティ対策の不備でユーザー情報流出、FTCが25万ドルの和解金提示
FTCによると、ソーシャルゲームサイトのRockYouはセキュリティ対策やプライバシー保護対策を怠り、登録ユーザー3200万人の電子メールアドレスとパスワードを流出させた。(2012/3/28)

プライバシー擁護団体EPIC、Googleのポリシー更新めぐりFTCを提訴
Googleの「Search plus Your World」に関してFTCに調査を申し立てたEPICが、今度はGoogleのプライバシーポリシー更新で必要なアクションを起こさなかったとしてFTCを提訴した。(2012/2/9)

プライバシー擁護団体EPIC、Google検索の新機能めぐりFTCに苦情申し立て
Googleが「Search plus Your World」で検索結果にGoogle+のデータを利用することは、プライバシー上でも競争上でも問題があるとして、EPICがFTCに調査を要請した。(2012/1/13)

Google検索をめぐる攻防が加熱 FTC介入の可能性も
エリック・シュミット会長は「Search plus Your World」はGoogle+偏重ではないと語ったが、プライバシー擁護団体EPICはこの件はFTCが調査すべきだとしている。(2012/1/12)

Facebook、プライバシー問題でFTCと和解
年内にも株式公開を申請するとみられるFacebookが、プライバシー問題で米連邦取引委員会と和解した。(2011/11/30)

Facebook、プライバシー設定を「オプトイン」に変更へ――Wall Street Journal報道
Facebookがプライバシー問題について、FTCとの和解に近づいている。和解案の条件の1つとして、プライバシー設定を従来のオプトアウトではなく、オプトインにすることが含まれる。(2011/11/11)

「米独占禁止当局がTwitterを調査」の報道
米連邦取引委員会は、EchofonなどのTwitterアプリを開発しているUberMediaに情報を求めているという。(2011/7/1)

GoogleへのFTCによる独禁法調査開始――Googleは「すべてユーザーのため」と主張
米連邦取引委員会がGoogleの検索・広告を含む商慣行についての調査を開始した。Googleは「ユーザーには複数の選択肢がある」とし、アルゴリズム改訂などはすべてユーザー体験改善のために行っていると主張する。(2011/6/26)

Googleに対し、FTCが独禁法違反調査の召喚状を準備――米報道
欧州委員会に続いて米連邦取引委員会も、Googleが検索結果でライバルのランクを不当に低くしている疑いなどに関する広範な調査を開始すると、Wall Street Journalが報道した。(2011/6/24)

Google、「Google Buzz」のプライバシー問題でFTCと和解
和解案は、Googleに包括的なプライバシープログラムの実施と向こう20年にわたる第三者機関による定期的な査察を義務付けている。(2011/3/31)

せかにゅ:
無料ゲームで高額請求、米議員がiPhoneアプリ内課金への調査要求
無料のiPhoneゲームで子供がアプリ内購入機能を使い、保護者に高額な請求が――というニュースを受け、米議員が米連邦取引委員会に懸念を伝えている。(2011/2/9)

Mozilla、Firefox向け行動追跡拒否機能を提案
FTCによる「Do Not Track」の提案を受け、Mozillaがユーザーの行動追跡をオプトアウトできるFirefox向け機能を発表した。同日GoogleもChromeブラウザの拡張機能として同様の機能をリリースしている。(2011/1/25)

Google、Chromeブラウザ向け「行動追跡防止」拡張機能をリリース
Googleが、ユーザーのプライバシー保護を目的に、広告企業などによるトラッキングをオプトアウトする拡張機能「Keep My Opt-Outs」をリリースした。FTCの「Do Not Track」システムに関する提案を受けたものだ。(2011/1/25)

FTC、Webユーザー向け「ネットでの行動追跡拒否」システム提案
消費者が「何を検索したか」「どのサイトを見たか」などの情報を、Web企業に渡すかどうかを決められる「Do Not Track(追跡拒否)」システムをFTCが提案している。(2010/12/2)

GoogleのWi-Fiデータ無断収集問題、米政府当局は提訴せず
Googleが地図サービス向け画像撮影車で誤って通信内容を傍受していた問題を調査していたFTCが、同社が22日に発表した対策措置を評価し、調査を終了した。(2010/10/28)

Intel、独禁法訴訟でFTCと和解
2009年11月のAMDとの和解に続き、FTCとも和解に至った。(2010/8/5)

FTCとTwitter、セキュリティ事件めぐる問題で和解
2009年にTwitterで発生したセキュリティ事件について、「個人情報の保護を怠ることによって消費者を欺き、そのプライバシーを危険にさらした」とFTCが批判した。(2010/6/25)

Intel、独禁法問題で当局と和解交渉
Intelが他社製CPUを採用しないようコンピュータメーカーに圧力をかけたとしてFTCが起こした訴訟が、和解に向かっている。(2010/6/23)

GoogleのAdMob買収、FTCが承認 AppleのiAd立ち上げが判断材料に
ライバルAppleのモバイル広告市場への参入が、独禁法当局にGoogleのAdMob買収を承認させる契機になった。(2010/5/23)

GoogleのAdMob買収に、強まる独禁法当局のプレッシャー
FTCはGoogleのAdMob買収を承認しない場合に備えて訴訟対策チームを結成し、議会でこの買収に関するブリーフィングを行った。(2010/4/8)

約100組織の個人情報がP2Pで流出、FTCが通告
企業からファイル共有ネットワークに流出した情報の中には、健康関連の記録や資産情報、免許証や社会保障番号などが含まれていた。(2010/2/24)

プライバシー擁護団体、Google BuzzめぐりFTCに苦情申し立て
Google Buzzはユーザーのプライバシーを損なうとして、電子プライバシー情報センターが米連邦取引委員会(FTC)に調査を求めている。(2010/2/18)

GoogleのAdMob買収、FTCの調査で完了延期
Googleが、モバイル広告企業AdMob買収に関して米連邦取引委員会から詳しい情報提供を求められた。(2009/12/24)

AMDとの和解の後に:
FTC、Intelを独禁法違反で提訴
米連邦取引委員会はIntelが「後れを取っているGPU市場でも非競争的行為を行っている」として同社を提訴した。Intelは11月にAMDと包括的和解に達し、EUとの訴訟に注力しようとしていた。(2009/12/17)

メーカーからの金品贈与:
FTC、ブロガーによる製品レビューに情報開示を義務付けへ
米連邦取引委員会の広告ガイドライン改定により、一般のブロガーが製品レビューを書く場合でも、製品や謝礼金をメーカーから受け取った場合はそうした授与について明示することが義務付けられるようになる。(2009/10/6)

FTC、GoogleとAppleの調査を継続
GoogleのシュミットCEOはAppleの取締役を辞めたが、両社にはもう1人共通する取締役がいるため、FTCは調査を継続する。(2009/8/5)

米連邦地裁が悪徳ISPに業務停止命令、FTC発表
米連邦取引委員会(FTC)は、マルウェア感染サイトや詐欺サイトなどの運営に加担していた悪徳ISPを閉鎖に追い込んだと発表した。(2009/6/5)

FTC、Rambusに対する訴訟取り下げ
RambusがDRAM標準化プロセスにおいて不正を行ったとしてFTCが起こした訴訟が終結した。(2009/5/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。