ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生命保険」最新記事一覧

300人を超える新規加入:
ビッグデータ分析で生活習慣病の入院リスクを予測 第一生命が保険の加入範囲を拡大
第一生命保険と日立製作所が、8大生活習慣病に起因する入院の可能性と日数を予測する定量評価モデルを開発。従来は対象外だった人も生命保険に申し込めるよう、引き受け基準を見直した。(2017/9/1)

保険業界の先陣走る:
日本生命、AIを活用した営業支援で実現したいことは?
全国約5万人の営業職員の提案力を高めて売り上げアップを図るため、さまざまな手段で支援してきた日本生命保険。このたびAIを導入して実現したいこととは?(2017/7/18)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」 役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意
「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい」――LINE役員のこんなツイートが話題に。LINEは厳重注意したという。(2017/5/18)

損保系生保と生保系損保で明暗:
どんどん社名が長くなる保険会社(変遷図付き)
生命保険会社と損害保険会社の相互参入が解禁されて20年余りが経過した。(2017/5/11)

生命保険会社の“苦情件数と割合の一覧表”に驚きの声 「こんなデータ公開されてたのか」「納得感がある」
ただし案内の機会が多いほど苦情受付件数が多くなります。あくまでも参考に。(2017/5/1)

「利便性」と「セキュリティ」の両立:
PR:なぜ朝日生命は顧客満足度向上にタブレットPCが不可欠だと感じたのか?
営業の基本である「顧客満足度の向上」のために、多くの企業がさまざまな施策を展開している。生命保険大手の朝日生命保険は、契約手続き時における顧客の利便性アップに向けて、それまで営業職員に配付していたノートPCをタブレットPCへ置き換えることを決断した。そこで課題となったのがセキュリティの担保だった――。(2017/4/6)

PR:謎の役職「会長」はいつも何をしてるの? 留年した東大生が聞いてきた
東京大学2年生・高野りょーすけがライフネット生命保険の出口会長に会ってきました。(2017/3/30)

第一生命保険、「健康増進サービス」のクラウド基盤にMicrosoft Azureを採用
第一生命保険は、生活習慣改善をサポートする「健康増進サービス」のシステム基盤として、「Microsoft Azure」を採用。ビッグデータ分析とAIを活用し、顧客の健康リスクを評価・分析し、個々人に最適なアドバイスを提供する。(2017/3/23)

ライフネット生命の出口会長が退任へ
ライフネット生命保険の共同創業者、出口治明氏が6月に代表取締役会長を退任する。(2017/3/15)

GMOペイメントゲートウェイに不正アクセス クレジットカード情報など約72万件が流出した可能性
GMOペイメントゲートウェイが提供する決済サービスに不正アクセスがあり、東京都の都税クレジットカードお支払いサイトと、住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイトから、クレジットカードなどの情報約72万件が流出した可能性がある。(2017/3/10)

不正アクセスで:
都税支払いサイトからカード情報6万件超が流出か
東京都の都税支払いサイトと、住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料支払いサイトに不正アクセスがあり、クレジットカード番号などが流出した可能性。(2017/3/10)

西武ドームが「メットライフドーム」に ライオンズ本拠地の命名権取得で
メットライフ生命保険が西武ドームのネーミングライツを取得。新名称は「メットライフドーム」に。(2017/1/16)

大同生命保険、アバイアのコールセンターシステムを導入 高齢者には自動応答をやめてサービス向上
大同生命保険が、アバイアのコールセンターソリューションを更新し、ルーティングの高度化と統計情報を活用しアデータ分析の強化を実現した。高齢者からの電話には自動応答システムでの対応をやめ、オペレーターが直接対応するなど、品質向上を図っている。(2016/12/20)

Trend Micro DIRECTION特別講演:
劇的なスピードでIT環境が変化する今、三菱化学エンジニアリング、太陽生命保険、ローソンが取り組むセキュリティ対策とは
トレンドマイクロが2016年11月18日、「情報セキュリティカンファレンス Trend Micro DIRECTION」を開催。本稿では、三菱化学エンジニアリング、太陽生命保険、ローソンが取り組むセキュリティ対策の講演の模様をレポートする。(2016/11/22)

医療機器ニュース:
生命保険に医療ビッグデータを活用する共同研究を開始
第一生命保険と日立製作所は、医療ビッグデータを生命保険事業に生かすための共同研究を開始した。将来の疾病罹患や予後を予測するモデルを構築することで、保険の引き受けや支払い査定機能の高度化、新たな保険商品の開発などを目指すという。(2016/9/21)

第一生命と日立、医療ビッグデータを生命保険事業に活用する共同研究を開始
第一生命と日立は、「保険アンダーライティング機能」(保険の引き受け・支払い査定機能)の高度化や、新たな保険商品の開発などを目指し、医療ビッグデータ活用の共同研究を開始した。(2016/9/7)

「ドコモでほけん相談」提供開始――ドコモショップで無料セミナーも開催
NTTドコモは日本生命保険やあんしん生命ほか保険会社9社と代理店契約を締結し、専門スタッフに保険について個別相談できる「ドコモでほけん相談」を提供開始。ドコモショップで店内でお金・保険に関する無料のセミナーも開催する。(2016/8/25)

満足度向上:
PR:保険金支払い満足度は96.8%! メットライフ生命の「サイエンス」アプローチとは?
国内の生命保険業界は世帯加入率の高さや少子高齢化などを背景に成熟した状況にある。こうした状況で生命保険会社が生き残るためには、顧客満足度をどれだけ高められるかがカギになるだろう。この課題に対して、メットライフ生命が面白い取り組みをしている。それは……。(2016/7/6)

au、生命保険と携帯の「セット割」廃止 還付金に変更
au携帯ユーザーが「auの生命ほけん」に申し込むと、携帯電話料金から月額200円割り引く「セット割」を廃止。同額の還付金に切り替える。(2016/6/20)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

アップグレードや製品評価にも活用
12PBのデータを管理、巨大生命保険会社が勧めるストレージの選び方
12PB以上のデータを管理する大手生命保険会社は通常のSANやNASストレージの他に、オブジェクトストレージやハイパーコンバージドシステムを使っている。各システムをどう評価しているのか?(2016/5/16)

クロスチャネルマーケティングの取り組み強化へ:
ライフネット生命保険が「Marketo」を導入
マルケトは、ライフネット生命保険がマーケティングオートメーションツール「Marketo」を導入したと発表した。(2016/4/25)

「auのほけん・ローン」、セット割りは月額200円を最大60カ月
KDDI(au)は4月5日から、「auのほけん・ローン」の提供を開始する。生命保険と住宅ローンにはauスマホとのセット割りも用意した。(2016/4/4)

KDDI、auブランドの保険とローンを4月開始 セット割りも
ライフネット生命保険、au損害保険、じぶん銀行とパートナーシップ。Fintechも活用する。(2016/2/17)

「同性のパートナー」も可 ライフネット生命保険が死亡保険金受取人の指定範囲を拡大
11月4日から同居期間等の一定の条件のもと指定可能に。(2015/10/29)

ドコモ、来夏から生命保険を販売 スマホで入るワンタイム保険も提案
日本生命と中長期の事業提携を締結。スタート時点で日生を含む5〜6社の商品を代理販売する。スマホから加入できる「ドコモの保険」も併せて提案する。(2015/10/23)

三井、明治安田の生保2社 キヤノンMJ開発のSFAを導入
キヤノンMJがSalesforceを活用した金融機関向けの法人営業支援システムを新たに開発し、三井生命と明治安田生命が先行導入している。(2015/10/21)

ドコモ、生保販売で日生と提携
ドコモが日本生命保険と提携し、ドコモショップで生命保険の販売に乗り出す。(2015/10/21)

システム移行のポイントとメリットを紹介
わずか2日足らずで移行を完了 大手保険会社が絶大なる信頼を寄せる技術基盤とは
三井住友海上あいおい生命保険では、保険契約に関するシステム基盤を全面更改し、2015年1月から本稼働を開始している。切り替え作業に要した時間はわずか2日足らず。「全く不安がなかった」と信頼を寄せる技術とは。(2015/7/1)

マネーの達人:
大手生保が増配を発表――生命保険の配当金のしくみを理解する
2015年3月、大手生命保険会社が2014年度決算で、個人契約者への配当金の増額を計画しているという内容の記事が掲載された。今回は、生命保険の配当金のしくみを紹介する。(2015/4/6)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第56回:
遠い国で暮らすわが子にお母さんの「手料理」を――保険会社「AIA」の泣ける動画広告
ある生命保険会社が韓国で公開した動画広告が「泣ける」と話題だ。再生回数は350万回超。生命保険の加入を検討し始める年頃の若者の感情に訴えかけ、思わずシェアしたくなるストーリーだ。(2015/3/30)

夫に内緒の“へそくり”は432万9000円
夫に内緒の資産を持っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のサラリーマン世帯の主婦に聞いたところ「へそくりを持っている」と答えたのは43.4%だった。ネオファースト生命保険調べ。(2015/1/20)

”ヅカオタ”をコミカルに描いた『ZUCCA×ZUCA』全8回の特別版として復活
かんぽ生命保険の「ドリームかんぽキャンペーン2015」特設サイトで公開。全8回で、毎週火曜更新。(2015/1/14)

とある生命保険会社の社名が長すぎて年末調整の欄に書ききれない人が続出しているんだが短縮して通用しないわけがない
長い。(2014/11/14)

ライフネット岩瀬大輔氏 × クラウドワークス吉田浩一郎氏:
フリーランスが抱える不安とは? お金にまつわるセーフティーネットを考える
正規雇用者と違い、安定した収入も、企業からの保護もないフリーランス。21世紀の新しい働き方をしている彼らが抱える不安と、解消したくてもできないその実情についてクラウドワークスCEO・吉田氏とライフネット生命保険COO・岩瀬氏が語り合った。(2014/11/7)

ユーザー企業導入事例:
明治安田生命が“生保業界最大級”のプライベートクラウド基盤 5年間でTCO 60%削減へ
明治安田生命が“生保業界最大級”のプライベートクラウド基盤を構築。「VMware vCloud Suite」とVMwareコンサルサービスを採用して実現した。(2014/10/29)

働く女性社員の理想の男性上司、「いざというときに頼りになる」約5割
理想の男性上司はどんな人ですか? メットライフ生命保険が調べたところ「いざというときに頼りになる」が約半数を占めることが分かった。女性上司の場合で同じ質問をしたところ、「いつも相談に乗ってくれる」という項目で大きく差が出た。(2014/8/22)

マネーの達人:
「保険の約款」を読んで、理解できますか?
あなたは、現在加入している生命保険や損害保険の「ご契約のしおり・約款」を読んだことがありますか? 難しくて読んでいないという人もいるのではないでしょうか。保険商品の約款は商品そのもの。全ての内容が記載されていますから、この機会にぜひ読んでみましょう。(2014/8/12)

20代の社会人に贈りたい、スヌーピーの名言は?
20代の社会人に贈る言葉として、スヌーピーの名言の中で最も共感できものは? 40〜50代の社会人に聞いた。メットライフ生命保険調べ。(2014/7/31)

過去最高! 主婦の“へそくり”は452万4000円
夫に内緒の“へそくり”を持っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のビジネスパーソン世帯の主婦に聞いたところ……。損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険調べ。(2014/7/1)

消費税10%への再増税、3人に2人が反対
消費税が5%から8%に増税されたが、10%への再増税についてはどのように考えている人が多いのだろうか。20〜50代の男女に聞いたところ、66.6%の人が「反対」と答えた。メディケア生命保険調べ。(2014/6/23)

スマホでも安心して利用できる保険を目指して――ライフネットが挑む新スタイルの実現
「対面」が常識の生命保険の世界で、近年に存在感を高めつつあるネット専業のライフネット生命保険。スマホユーザーのネット利用が増える今、この潮流をビジネスへ取り込もうとする同社の狙いを聞いた。(2014/4/7)

生命保険のテレビCMは視聴者への“脅し”だった?
テレビCMなどで見かける生命保険に加入するとき、わたしたちは非合理的な行動をとっている? 保険業界を渡り歩いてきた後田亨氏、年金制度を専門とする大江英樹氏に、生命保険加入時に注意すべき点などについてお話を伺いました。(2014/1/23)

導入事例:
あんしん生命、ペーパーレスの生保申込システムの運用スタート
東京海上日動あんしん生命保険は、スマートデバイス上で生命保険申込手続きができるサービス「らくらく手続き」の本格運用を開始した。(2014/1/8)

思うように人の心を動かす話し方:
「お隣のAさんもBさんも」――“まわりの人”を利用する
例えば、生命保険の契約をしようと思うとき、はたしてどのくらいの額の保険に入るのが妥当なのか分からない。明確な基準というものがないからだ。そこで「お隣のAさんもBさんも」というように、判断に迷っている相手には“まわりの人”を利用して提案するのが効果的。人は不安なときほど、他人の行動が気になるものなのだ。(2013/10/8)

“恋愛パワー”を授かるために、行きたいと思うパワースポット
恋愛・縁結びのパワーを授かるために行きたいと思うパワースポットはありますか? 20〜30代の独身男女に聞いた。メディケア生命保険調べ。(2013/10/7)

導入事例:
三井住友海上あいおい生命、契約者情報管理システムをクラウド化
業務処理の大幅な増加を見込み、三井住友海上あいおい生命保険とMS&ADシステムズは、オラクルの「SPARC T5」サーバによるクラウド基盤を構築した。(2013/7/4)

「契約者貸付制度」の4つの落とし穴とは
積立タイプの生命保険に加入している人が利用できる「契約者貸付制度」。これは、自分の保険の解約払戻金からお金を借りられる制度なのですが、注意すべきポイントがいくつかあります。具体的に紹介しましょう。(2013/6/24)

最低3年は勤めたいですか? 新社会人の希望する働き方を調査
入社後3年以内の離職率が高いことが問題視されているが、就職活動をした学生はどのように考えているのだろうか。2013年春に就職を予定している大学生に聞いた。ライフネット生命保険調べ。(2013/3/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。